【今日最終日!】Lenovo週末限定クーポンThinkPadを買おう!

記憶のかさブタ掲示板

記憶のかさブタをご覧頂きありがとうございます。
本サイトへの御意見御感想等ございましたら どうぞ。

※スパム並び迷惑行為と思われる書き込みは削除いたします。
御了承下さい。

ホームページへ戻る

Name
Title
Mail
URL
Message
削除キー 項目の保存

[Name] ふにふにの境地 [Title] 有名人アニメ RES
[1338]

いつにも増して非常に面白かったです。全く知らなかったかほぼ存在を忘れていた作品ばかりで。冒頭で触れられていたカバ園長とかねむの木学園とか、あるいはムツゴロウさんのどんべえ物語といった感動系の作品は存在を覚えているのですが、どれも仇花になるべくしてなった作品ばかり。改めて「がんばれ!!タブチくん」と「じゃりン子チエ」の功罪というか、影響力の大きさを感じるのですが、その後はエモやんの「プロ野球を10倍楽しく見る方法」に元ネタが移り、最後は「Jリーグを10倍楽しく見る方法」にまで至ったような気がします。芸人さんがモデルという点では吉本の「ムチっ子物語」もそうかもしれませんが、やはり結果は推して知るべし。

特に「カックン・カフェ」は全く知りませんでした。なぎらさんのフォーライフ時代のベスト盤である「中毒」に、さいたまんぞうさんと歌っている「ソーリトレイン」という曲が入っていて、「何だろう?」と思っていたんですが、アニソンだったんですね。宣伝隊長に糸井重里さんが駆り出されているのも衝撃。なんでタイトルにカフェなんて言葉がついてるのかも謎ですが、糸井さんの仕事なのかもしれません。

こういう失敗を重ねた結果、誰もが政治や社会ネタで笑いを取ろうとするの億劫がるようになってしまいました。かかる労力に対する効果のカケラもないって奴です。「練馬大根ブラザーズ」や一時の「銀魂」が数少ない例外ですが、あの頃の「銀魂」くらいの勢いがないと扱えないという証明でもあります。「ゴキブリたちの黄昏」が日本でのみDVD化されていない、という事実も含めて。

でもほんと今回は労作だったと思います。素晴らしい!

2022/05/31/(Tue) 06:21:59


[Name] 管理人mvunit [Title] 有名税とは何ぞや?
[1339]

ふにふにの境地さま、ご意見ありがとうございます。
実在人物をテーマにしたアニメって、巨人の星やタイガーマスク
なんかも入れると結構数はあるんですが、こういう
新聞の政治批評的な風刺の扱いで、ある意味オモチャにして
遊ぶかのようなアニメが出てきたのは80年代の特徴ですね。
タブチくんでノウハウを身に着けた亜細亜堂の面々が
以降、この手のジャンルはほぼ独占というか。
プロ野球を10倍〜は劇場まで見に行きましたが
全体の1/3は実際の野球や大リーグの珍プレーや
好プレーに効果音やアテレコを施した映像で、
アニメパートではまあ実在の選手を弄ぶ弄ぶ。
どうしても翌朝の新聞の一面を飾りたい一心で
奮闘するも毎回巨人やスター選手のしょーもない話題で
努力がかき消される哀れな大洋のリリーフエース
サイトー(斉藤明夫)の悲喜劇の話は覚えてます。
やっと一面に載ったと思ったら、新聞記事に
「サイトー(みじめに)完投」と小さく一面に載ってて
結局物笑いの種にされてた…というオチ。今なら
クレームつきそうです。昭和の塩梅は実にざっくり。

カッくんカフェのカフェ由来はおそらく
1982年に公開された「アトミック・カフェ」から
いただいたものなんじゃないですかね。
あれはアメリカの核政策や放射能に対する認識を
痛烈に皮肉った内容だったそうなんで、
「痛烈な皮肉」という意図から用いたのかなと。
ただ、この映画のカックンは青春真っ盛りの
ラグビー部員だったり、歌手だったりスーパーマンだったり
と、あまり国会や政治が表に出てきません。
政治がらみの痛烈なネタも、ロッキード絡みの
ブラックジョークもありません。あくまでも
政治家をモデルにした「カッくん」らを使った
ショートショート、とでもいえばイイでしょうか。

こういう実在の人物にチャチャをいれるような雰囲気の
アニメはその後も何本か作られましたね。
もっとも、芸能人やコメディアンが主体になってましたが。
(和田アキ子はやたら多かった記憶があるなぁ。
 「プロゴルファーアッコ」なんていう15分くらいの
 あきらかに亜細亜堂が作ったとおぼしき作画のアニメが
 94年くらいの正月特番で日本テレビで放送されてたんですが
 特番一回こっきりのアニメだったんで資料が無い…。)

今回は2年半ぶりに国会図書館に行けて
資料がある程度揃えられたのでページを完成させる
事が出来ました。またご意見をお寄せください。

. 2022/06/03/(Fri) 17:31:28


[Name] OCEAN [Title] いつも拝見しております RES
[1336]

このHPで噂に聞いてデメタンを視聴しました。
やはり日本のアニメの典型ですな。
4話と13話と19話(亀と金魚とツバメの話)を観ましたが、子供や動物相手にも容赦ないですね、当時の日本のアニメーションは。
後のサンライズのロボットアニメや世界名作劇場を連想して、余計にそう思います。
あと日本のアニメというと、これも噂で聞きましたが、絵コンテが出来上がってから台詞や脚本を変えることもよくあったみたいです。
この作品もそういった形跡や匂い(特にヒロインの母親の件)が見受けられましたが、いかがでしょうか?あるいは周到に準備して作ったアニメーションかもしれませんが。支離滅裂でかつ証拠不十分なことをいきなり言ってすいません。

2022/05/23/(Mon) 19:15:20


[Name] 管理人mvunit [Title]
[1337]

OCEANさん、お返事遅くなりました。

ハッチやデメタンのようなアニメは
まさに日本だから出来たアニメ、と言えるでしょう。
根本には昭和当時の演劇で人気を得ていた
「母恋もの」「継母いじめもの」というべき
大衆演劇の定番演目のエッセンスが
多分に活きていて、とにかく「泣かす」「怒らす」
「(手に汗)握らす」の三要素ががっつり入っています。
推測ですが吉田竜夫さんも酒井あきよしさんも、
この手の物語を結構見てた世代だと思うので、
影響はあったのかな?
とはいえ、タツノコメルヘンの場合、
やりすぎともいえる露悪的な演出もあって
見ていてイヤだったんです。
憎らしい役のキャラは顔つきやセリフの一字一句、
一挙手一投足に到るまで憎たらしいかぎりに描かれてて
(目の下瞼が上がってるキャラは
たいがい憎いキャラ)、人間じゃなく
昆虫や動物だからってのもあってか、
やりすぎなくらい憎さが
オーバーデフォルメされてました。出会ったキャラが
死んだり殺されたりする事も多く、
余計に非情感が醸し出されてて。
演出家のセンスにもよるんでしょうけど、
こういうのって作っていくうちに
「これじゃ面白くないから、
もっと救いの無いヒドイ話にしよう」と
台詞や脚本を変えたとしても不思議じゃないですね。
それだけ演出家もノって作ってたという証ではあるんですが。
タツノコは完成したフィルムを
試写室で試写したあとで臆することなく
リテイク指示出しまくってたようですし、
(全体の4分の3が撮り直しなんて例もあって、
 当時演出助手で参加してた安彦良和氏は
「これはたまらん」とすぐ逃げ出したそうです)
大半の場合は作画リテイクだったと思いますが、
やっぱ展開が気に入らないから変えよう、
という大幅なリテイクもあったようです。
週一放送が義務付けられてるTVアニメで
それをするのはリスキーなんですが、
時間も予算も無い中で最善を尽くそうという
スタッフの心意気は十分伝わって来ます。

ただ、今の子供にハッチやデメタンを見せたいか?
と聞かれると、躊躇いますね。
私も幼少期見て、耳をふさぎチャンネル変えた
ような展開のアニメでしたから。

. 2022/05/30/(Mon) 16:28:18


[Name] ふにふにの境地 [Title] ご無沙汰しています RES
[1332]

「フータくん」のパイロットフィルムが国映の倉庫から見つかったそうで、(一部で)大騒ぎになっていますね。他にもいろいろ見つかったようで、今後の展開が楽しみです。ポルノラマ以来、いろいろ動いているようで。

デメタンもハッチもただただ懐かしい。この暗さこそが70年代であり、僕にとってのアニメの源風景なのです。それに尽きますね。

2022/05/12/(Thu) 22:52:42


[Name] 管理人mvunit [Title]
[1334]

ふにふにの境地さん、フータくんのフィルムはまさかの
親会社に戻っていたのですね。しかもカラーフィルムで
作られていた。ということは、白黒で買い手がつかなかったと
いうあの情報は勘違いによるものだったのか、
あるいは複数本あって、白黒のもの(ラッシュの可能性?)も
フィルムとしてあったのか?謎は深まります。
いずれ上映会などあったなら拝見したいものです。

浮世絵千一夜も、東映が過去ビデオソフト化してるから
テレシネマスター残ってないのかなぁ?あっても短縮版?

. 2022/05/13/(Fri) 18:33:08


[Name] ダマラ [Title] みなしごハッチについて RES
[1331]






[みなしごハッチ]はタツノコプロがフランスのアニメ制作会社から依頼されて制作されたアニメだそうです。
[みなしごハッチ]はフランスで放送されていた様です

2022/05/12/(Thu) 15:13:02


[Name] 管理人mvunit [Title]
[1333]

ダマラさん、みなしごハッチの誕生由来については海外からの
発注作品との話ですが、該当する情報が見つかっておりません。
改めて精査したいと思います。
当時外貨獲得の為に多くの特撮やアニメが海外市場を見越して
制作していたのは事実ですが。みなしごハッチも
イタリアなどで大ヒットしたという情報は伺っています。

. 2022/05/13/(Fri) 18:28:58


[Name] 波野克之 [Title] ほんと、ど根性ガエルですわ RES
[1328]

 けろっこデメタン…
身につまされていいのかいけないのかわからない心境にさせるかさぶた…
小学生だったので細かい話は記憶してないのですが(この番組でとは言えないんですけど)眼が潤んだりしてた気がしますが…
思うに(以前も同じような事を書き込んだ気がしますが)
実際酷い事件は起こってた時代だとは思いますが
筒井先生がキレて断筆宣言してしまうような文学表現に自主規制してしまう時代背景や
段々暴力表現を抑制する時代になってしまった現代
より
虚構で滅茶苦茶してた時代の方が…
と言うか

なんて言うか
政財官界が
酷い事を興している事に全く気づかない馬鹿エスタブリッシュに支配されてしまいました近代日本は。

キャシャーンの前とは知らなかった…ほんと大筋的には全く酷似してますね。三悪トリオとか。
一話の
田中英二、西城隆司、 水村十司、加藤 茂(御三方はキャシャーンの作監)
ってこの頃からタマプロダクションだったんでしょうか

高橋資祐(スタジオドウタク)
上条 修(?)
清山滋崇(マジックバス)

基本(何処でも何の職種もですが)
上手いと言うか特徴が作画に顕れてくる人からタツノコを離れて行ってしまうと他の仕事も請けて行ってしまうから…
いや
時代の流れも有るからどうしようもないですわ

 失礼しました。
寝番組《ツマラン御邪マン坊!》
でした。

2022/05/09/(Mon) 22:50:54


[Name] 管理人mvunit [Title]
[1329]

波野克之さん、ご意見ありがとうございます。
イジメがウケ要素の重要なパーツだった昭和の時代、
イジメて泣かせてナンボという作劇方法はたしかに
演出の定番としてありましたね。アニメだとそういうのの
ノリは世界名作劇場に結構ありましたね。
ネロやマルコもまあ、過酷な目に合うのが仕事かのように。
途中そういうイジメがなくなると視聴率も下降線を辿り(偶然ですかね?)小公女セーラでイジメ全開にしたら
視聴率が見事なV時回復。やっぱイジメものは視聴者を
惹きつける魅力があるんですかね(正確には前作
「牧場の少女カトリ」からイジメ路線は始まりつつ
ありましたが)。

タマプロを起用するのは監督の笹川ひろしさんの要望
らしいです。仕事が確実、ということで。キャシャーンの
一話もタマプロ、タイムボカンの一話もです。
タツノコのタッチを余すことなく活かしてくれるのは
タマプロをおいて他にない、と絶賛していて
デメタンも然りなのでしょう。なにせ竜夫社長直々の
「これアニメになんないかなぁ?」という肝入りの企画ですし。

上條 修さん(誤字だったので修正)はバルディオスの作画とかで
有名な方ですね。

. 2022/05/10/(Tue) 18:31:36


[Name] 波に野れない克之 [Title] 御返信かたじけのうござる・・・ です
[1330]

バルディオス・・・そうなんですっ管理人mvunitさんっ。
あれもオープニングだけで可哀相な番組でした。その作品だけじゃないけど。
唯、今時の奇麗?過ぎるアニメ(いや今は上手い方が職に就くのは良いのですが、根本的にアナログ的彩色ではなくてデジタル〔光に由る?〕的な彩色が現実感を失っている気がするんです。)
は内容にまで歳のセーの法則でもありますが踏み込めません。
 笹川ひろしさん・・・がでしたか?
まぁ、あーそうかテッカマンも笹川さん(ちゅうか二人監督ですが)ですね。(押井氏も言ってたような文節を読んだ気がする)
 話がバラバラになってすみません。

 世界名作劇場・・・
で余談ですが、
彩色のスタジオにロビンてありましたけど、昔そこの通信教育でフローネの動画(のテストみたいなもんですが)だけ描いたことがありますけど、デッサンから成ってない私は行かなくて良かった気がします。
 何の話や
だからイジメ問題ですよ
なんの分野のサブカルでも描写、表現を
イジメ撲滅の立場から
抑制するのが間違いなんですよ    ね。
 人間を教育する為に表現が有っていいんですよ。
また寝番組《ツマラナイ!お邪魔ン坊!》
最終回でした。

. 2022/05/10/(Tue) 22:30:04


[Name] 管理人mvunit [Title]
[1335]

波に野れない克之さん、テッカマンはどちらかというと
ガッチャマンのスタッフ中心だったんで鳥海さんのカラーが
強めですね。当時笹川さんはてんとう虫の歌から即
タイムボカンにシフトしたから、ほとんどそっちに
かかりっきりで、テッカマンも3話しか演出担当
クレジットされてませんし。笹川さんは「自分のところには
ギャグの仕事がよく回ってくるけど、シリアスなSFものは
回ってくる機会が少ない。好きなんだけど」と
自著「ブタもおだてりゃ木に登る」で書かれていましたっけ。
ガッチャマンUは久々のSFものということもあって
相当ノってやってたそうですが、そのころになると
逆に現場の力が(主力スタッフがタツノコからぞろぞろ
独立して、かなり厳しい状態)心許ない状況で、
放送に穴をあけかねない事態になったと聞いてます。
(第9話「滅亡のベルクカッツェ」はやむを得ず
 第一作目のフィルムを流用したエピソード。
 笹川さんはTV局に相当怒られたと聞きます)

彩色の通信教育ってありましたね。アニメ雑誌の
広告欄に記事があったのを覚えています。
あの頃はセルに手塗りでしたもんね。

. 2022/05/13/(Fri) 18:45:12


[Name] 波野克之 [Title] >現場の力が(主力がタツノコから 独立して、厳しい状態)心許ない状況
[1347]

 そうだったんですか…
GUって湖川滋氏作監の回しか観てなくて知らなかった。
 暇な今更、返信を判りました。ありがとうございます。
 ちなみに彩色のスタジオですが動画の通信教育です。確か透かす器材の上で描きました。塗った事はないのです。
唯あの頃の実際の作画崩壊作品を考えると…
しかしアルバイトしながら…じゃ家に仕送りは出来なく。まぁ余談でしかないけど。

 何の話題の返信かわからなくなったので次いでに
最近アパッチ野球軍(余りに高額だったのでローンレンジャーです)を観ました。
それで以前書かれてたAN(荒木中村)プロの意味が判りました。
この作品はテレビ局が替わって放映がずれてたようで、(多分あしたのジョー制作が終わって参加されたんですね)荒木氏とスタッフの話で(ストーリー的にも)通しで制作したみたいですね。
この後が荒木氏が東映魔女っ子、中村氏が東映マジンガーZなんですね。
 と、ためにもならない話ですがお邪魔しました。

. 2022/06/29/(Wed) 05:10:24


[Name] 管理人mvunit [Title] 70年代作画の妙味
[1352]

波野克之さん、ガッチャマンUは総監督の笹川さんも自著で語っていましたが
下請けで仕事を受けてくれる作画スタジオが無くて
とにかく難儀した作品と述懐しています。
作画密度も濃く動画枚数も多い事で有名だったガッチャマン。スパロボみたいな
バンクで稼ぐ個所も少なく、下請けにすれば「シンドイばっかりでギャラは同じの
貧乏くじ仕事」と敬遠されていたそうで。加えて時期が最悪。
ヤマトから始まったアニメブームの真っただ中の時期だったこともあって
どのアニメスタジオも手一杯。(SPアニメがやたら作られた時期も相まって)
当時のアニメージュ記事では笹川さんはやたら「過去の第一作より今回の作品の
ほうが遥かに面白いし出来もいい。第一作なんて、当時は凄いって言われたけど
今見るとあの程度のこと普通になってるでしょ?」と、
自信満々の発言をしていましたが
現実、放送に穴が開きそうになった際、過去の第一作フィルムを編集して作った
第9話「復活のベルクカッツェ」制作の際に第一作のフィルムを見た笹川氏は
「やっぱり素晴らしいなぁ…」と感嘆したと語っています。
第二作は第一作に比して何かと低く評価されている面もありますが
全体的に悪くはないと思っています。ゲルサドラやパンドラ博士のドラマなど
旧作にせまる密度の濃いものでもありましたし(総裁Xの正体やジョーの
秘密兵器のネタフリ&顛末はちと残念でしたが。あとGタウンの実写合成画面は
明らかに比率がおかしい。巨大魚の海?見ててずっと気になってました。)。

荒木さんはアパッチでは後半クールから参加していますね。(18話〜)最終回付近は
ほぼ荒木さんの作画で通していますし。アパッチ=森下作画というイメージが
世間では結構強いと思うのですが、森下さんはキャラデをした以外では作画監督
としての参加話数は多くないんですよね。(1・8・11・13話)
にしてもこの時期のマシントレスの絵って、ゴリゴリのコンテタッチ丸出しで、
当時は主流だったんでしょうけど今見ると結構な違和感。
あしたのジョーの西との初対面話(ねじりん棒&パラシュート部隊のアレです)を
数十年ぶりにこの前見たんですが、線画が濃すぎてちょっとクラクラ。
陰影で劇画タッチを出すために、鉄板や百科事典の表紙に原画乗せて
ゴリゴリこすりつけて描いた、昭和アニメ独特の技法…。
(でもこのタッチでないとあのジョーの雰囲気は合わないとも思います)
ああいう劇画処理風コンテタッチ作画が消えたのって何時頃なんでしょうね?
80年代のゴライオンくらいまでは残ってたと思うんですが(中村さん作画だし)。

. 2022/07/20/(Wed) 20:58:22


[Name] オバQマン [Title] RES
[1326]

久々のアニメテーマは「けろっこデメタン」ですね。

あれは私でも見てません。「ハッチ」「モック」と続くタツノコファンタジー路線第3弾ですが、当時は主にNET(テレ朝)で「新・明色お笑いゲーム合戦」(「底ぬけ脱線」の毎日放送版。司会は大野しげひさ)を主に見てました。
(末期になると海外アニメ「いじわるじいさん大追跡」も見た)

その後何度かテレ東で再放送、特に、前に述べた様に「ドンドラキュラ」が突然打ち切られたあとに、いきなり放送されたのは知ってます。

内容も当然の事ながら知っておらず、最近のYouTube(タツノコがチャンネル出している)で初期の作品を見ましたが、ギヤ太一味がこれでもかこれでもかとばかりにデメタンをいじめるのが、見ていてつらいです。「ハッチ」「モック」でもいじめはありましたが、こんなんじゃないです。

しかし最後になると、ギヤ太の背後に「ナマズ入道」が居た事が判明、最後は皆で協力して退治、そしてあんだけあくどかったギヤ太も、優しい父になるという結末、「序盤の悪どさはなんだったのか」になりつつも、めでたしめでたしになりました。
(直属部下のザリが死ぬとは意外、でもイボ吉やキャールみたいな愛嬌が無かったしな)

あんましヒットせず、また「東宝チャンピオンまつり」でも「ハッチ」「モック」みたいな劇場作がない、恵まれない作品でした。でも後年、同じタツノコ作「ヤットデタマン」の「ワタルが亀に大変身の巻」で、ミレンジョ(アクダマのボス)がラナタン、コケマツ(ヤセ男アクダマ)がデメタンになるギャグになった事もありました。

来年1月には生誕50年(1日前の元旦には「バビル2世」が50年)、しかしあまり祝えないかも。

2022/05/02/(Mon) 22:10:44


[Name] 管理人mvunit [Title] 泣けばお池が雨になる迷惑な蛙
[1327]

オバQマンさん、ご意見ありがとうございます。

ワイドスクランブルで藤子アニメの幻のフィルムが発掘されたと
いう報道があり、調べるとまさかの「フータくん」という
仰天ニュースに驚いてる次第です。現存はうれしい限り。

デメタンは正直、最初の1クール分は見るも無残な嫌がらせと
イビリが随所にふんだんに盛り込まれていて、
見るのが辛くて、何度か飛ばしちゃった思い出があります。
同じような思いした人、結構いるのかも知れないですね。
メルヘン路線では3クールと比較的短命に終わっちゃってるし
その後の「新みなしごハッチ」はもっと短く2クール終了。
以降、過酷なイジメ要素の濃いタツノコメルヘンは
無くなっちゃった印象です。やっぱ視聴者は
見て楽しい「快楽」を望むのであって、
見てて辛く苦しい作品って、最初はいいけど
2度目からは敬遠しちゃうものなんでしょうね。

もともとデメタンは吉田竜夫社長のお子さんが描いた
蛙の絵で、愛嬌がある絵だったので「これアニメになんない?」と
文芸部や企画部に話が行き、結果、企画書までたどりついて
けろっこデメタンになったとか。お子さんは嬉しかった
でしょうね。いや、それがギタギタにイビられ倒すんだから
どうなんだろう…?

国会図書館で資料を集めたら
コロナ禍中にアップした記事は
加筆修正する予定です。

. 2022/05/06/(Fri) 21:27:22


[Name] オバQマン [Title] RES
[1319]

松島みのりさんがお亡くなりになりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

松島さんといえば「キャンディキャンディ」のキャンディを筆頭に、「ドカベン」の山田サチ子、「キン肉マン」シリーズのミート君など、様々な役を演じてました。

「キャンディキャンディ」が未だに封印状態なのが惜しまれます。

2022/04/12/(Tue) 20:56:08


[Name] 管理人mvunit [Title]
[1321]

オバQマンさん、確かに1970年代のアニメにおいて
欠かせない声優さんでしたね。
マジンガーZの弓さやかは
個人的にみのりさんが一番あってたような
気がするのですが
(トモ子さんはオバさんっぽいし、
江川さんは凶暴すぎる気が…)
キャンディキャンディは生みの親の二人が
骨肉の争い状態になって泥沼化しちゃいましたから
正直、解決の見通しが立っていないのが現状です。
ただその事で作品が封印され、
人々の記憶からも薄らいでいき、
新たな読者層も生まれる機会を失うという
作品にとって最も不幸な道を辿っているという
現状には心痛まずにはおれません。
なぜこのような状況に到ったかは
多くの書物で知るところなのですが、残念です。

. 2022/04/25/(Mon) 18:51:32


[Name] マイケル村田 [Title] 氷河戦士ガイスラッガー45周年 RES
[1318]

どうもお久しぶりっす。本日、「氷河戦士ガイスラッガー」放映開始45周年ですね。 短命アニメ特集2で取り上げられたものの、今年放映45周年を機に原始少年リュウ、あかぬけのようにまるまる一本として大幅な改訂版として取り上げるとかね…。

ガイスラッガーのプロデューサーを担当していた鈴木武幸さんからの証言によれば「いつか『サイボーグ009』をやりたかったのでなるべく似ないように気を付けた。」や東映動画ではなく東京ムービー&オカスタジオでアニメ製作を委託した理由は、当時の東映動画は多数の作品を多く抱えていたため、依頼する事すらままならなかったとか…。

ガイスラッガーは「ジェッターマルス」と同様、「サイボーグ009」のリメイク版であるものの、バトルプロテクター装着は後の「聖闘士星矢」や「超音戦士ボーグマン」等や敵艦に体当たりして白兵戦を行うソロン攻撃は「マクロス」のダイダロスアタックを先駆けている所も…。

おっと、ちとマニアックな事を言って申し訳ございませぬ…。

2022/04/12/(Tue) 00:51:16


[Name] 管理人mvunit [Title]
[1322]

マイケル村田さん、お久しぶりです。
資料収集が2年以上出来ない状態で現在頁作成が滞っています。
宿題も随分たまってますし…。
氷河戦士ガイスラッガーはリアルタイムで2〜3話程度見た感じで、
そんな熱心に見ていなかったのですが
家にはなぜかレコードがありまして、歌だけは覚えてる、
そんな印象のアニメなんで、一本でまるまる記事で作るには
資料的に心許ないというか…。第一話だけは近年拝見して
起きた時に守るべきものがすでに喪失していて、
今更目覚めたとて俺たちは何のために戦うんだ?と、
初っ端から戦う目的を見失ったヒーローというのは
新鮮に思えました。
ただ、こんなスタンスでずっと行ったとは思えず、
そこはシリーズが進むにつれて変化して行ったんだろうなと
思うんですけど。
東映に限らず、当時のアニメって初期設定が
結構変わっちゃう作品が多いから。
オカスタジオは円谷プロのアニメ合成番組
(アステカイザーやアイゼンボーグ)の
アニメパート担当のスタジオって印象です。
あと、SPアニメ「マリンスノーの伝説」も
オカスタジオの制作作品でしたね。

近年ようやくソフト化されたガイスラッガーですが、
以前は殆ど再視聴の機会も無くアニメ雑誌で書かれた記事が
唯一の情報源みたいな感じで定説化していったところもあって
ガイスラッガーというと「元祖人間爆弾」だの
「全員特攻死の最終回」みたいな話ばかり出ていた印象です。
1977年と言う、アニメ雑誌が創刊される前の
時代の作品と言う事もあって情報が極端に少ないというのも、
イメージに偏りが出た一因なのかなと。
私も一話以外は断片的な記憶しかないので、
もし頁作るならもっと他の話を見ないと
行けないのですがね。

. 2022/04/25/(Mon) 18:52:56


[Name] マイケル村田 [Title] オカスタジオ作品ではあのアニメも…。
[1323]

広岡修さんが立ち上げたアニメ作画会社、オカスタジオ。ガイスラッガー、アイゼンボーグ、マリンスノーの伝説以外だと土田プロが携わった「愛の戦士 レインボーマン(アニメ版)」にも関与されておりますね。意外な形ではR-18アニメのOVA初期作「ロリータアニメシリーズ(ワンダーキッズ)」のアニメ製作にも携わっていた事も驚愕してしまった…。 ミリオン出版から発売された「ザ・美少女アニメ」に掲載された「仔猫ちゃんのいる店」の絵コンテを見たら…、まさかオカスタジオが作っていた事を…。

ただ広岡修さんが率いるオカスタジオは1980年代中期頃に解散した可能性はある…。ある意味、ナックや国際映画社、ワコープロ以上に謎深いかも…。

あっ、アニメスタジオの話をして済みません…。

. 2022/04/26/(Tue) 18:33:44


[Name] 管理人mvunit [Title]
[1325]

マイケル村田さん、調べると、広岡修さんの表向きのキャリアは
アニメ版レインボーマン以降記載がないですね。
マリンスノーに限らず、テレ朝系のスペシャルアニメを
何本か手掛けていたようですが。
ワンダーキッズのロリータアニメに関しては
広岡さんがどの程度参加していたかは不明ですが、
どのくらいの額で受けたんでしょうね?
第三作以外はセールス的に厳しい結果でしたから。

. 2022/04/27/(Wed) 18:22:23


[Name] オバQマン [Title] RES
[1315]

藤子不二雄A先生がお亡くなりになりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

「怪物くん」を手始めに、「忍者ハットリくん」「プロゴルファー猿」など、そして名作「笑ゥせぇるすまん」を誕生させました。

これで藤子不二雄は全て亡くなり、トキワ荘出身漫画家も少なくなりました。

2022/04/07/(Thu) 17:37:29


[Name] 管理人mvunit [Title] 追悼
[1316]

藤子不二雄A先生の訃報は驚きました。往来で倒れていたところを
発見されたということは、
突発的な理由によるものなのでしょうか。
まだ正確な情報が出されていないので断定は出来ませんが。

「ハットリくん」「怪物くん」「プロゴルファー猿」
「ビリ犬」「ウルトラB」「パラソルへんべぇ」
「笑ウせえるすまん」あとパイロット版のみですが
「フータくん」と、多くの作品がアニメ化されましたね。
ハットリくんは映画、怪物くん、笑ウせえるすまんは
TVドラマにもなりましたっけ。

オバQの正ちゃんだけは藤本先生曰く
「安孫子さんでなきゃ描けない」
ということで、新オバQの時も正ちゃんだけは安孫子先生に
描いてもらってたと聞きます。安孫子先生の漫画で言うと
子供のころは「怖い漫画を描く人」という印象がありました。
「魔太郎が来る!」の印象もあるんですが、
「黒べぇ」とか「ひっとらぁ叔父サン」といった
一度見たら忘れられないインパクトの漫画が多くて。
少年キングのヒットコミックスだったかな?当時書店に
「毛沢東伝」という単行本があって、小学校低学年の私は
「藤子不二雄の漫画だよね?何これ?」と首をかしげつつ
恐る恐る手に取ったのが思い出されます。

トキワ荘レジェンドの方々もその大半が
天に召されてしまいました。藤子先生入居時メンバーで
今もご存命なのは鈴木伸一先生と水野英子先生、
よこたとくお先生といったところでしょうか。
(つのだじろう先生は住人では無かったので)
もうご高齢なので仕方の無い事ではありますが。
「まんが道」で何度か出てくる椎名町の中華店「松葉」は
何度か行った事があります。トキワ荘のあった場所は駐車場と
工場に変わっていて、当時の痕跡らしいものは残っていませんが
唯一「松葉」だけが今も姿を変えず残っています。
中には藤子先生をはじめとした数多くの漫画家の色紙がズラリ。
昭和30年代の味と風味を残すラーメンも健在でした。
次上京する時は追悼の意を込めて来店したいと思います。

. 2022/04/08/(Fri) 16:59:26


[Name] オバQマン [Title]
[1320]

更に追加。藤子先生と同じトキワ荘出身のよこたとくお先生がお亡くなりになりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

よこた先生といえば学習漫画や、「マーガレットちゃん」「タマオキくん」などのギャグ漫画で知られますが、1966年に少年キングで、日放映帯アニメの名作「とびだせバッチリ」のコミカライズを連載してました。

この漫画、なかなか拝見出来ませんでしたが、Twitter「プーちゃん」に2話分が掲載されてました。お馴染みのバッチリくん・ガッポリ社長・ロバくん・ベン公・チビス警部らが見事に漫画になってます。

. 2022/04/23/(Sat) 23:54:55


[Name] 管理人mvunit [Title] よこたとくお先生といえば
[1324]

オバQマンさん、情報ありがとうございます。
よこた先生までお亡くなりになられたとは…

よこたとくお先生の漫画では姉が買ってた少女漫画
「マーガレットちゃん」が印象的で
赤塚タッチに近いものがあるものの、独特の優しい
やわらかいタッチが印象的で、女の子もかわいくて
好きでしたねぇ。少年キングでの連載作品では
タマオキくんという、名司会者・玉置宏をモチーフにした
ゴマスリ少年・タマオキくんのギャグマンガが印象的です。
カトー先生・イカリヤ校長・高倉犬といった
実在の人気者がサブで大暴れして、ウン〇やオシッ〇が
飛び交い、女の子は服を破られパンツを脱がされといった
下ネタギャグが飛び交っていました。昭和40年代はそういう
過激下ネタが求められる時代だったんですね。
単行本3巻分で終わっちゃったんで
一年超ほどの連載だったかなと。思えばこれ以降
よこた先生は週刊少年誌から
学習雑誌に完全に鞍替えした印象です。

当時、曙出版から単行本化されてて、買って読んだんですが
下ネタてんこ盛りなのにさして下品に感じなかったんですよね。
よこた先生の絵柄の為せる技なんでしょうか?
トイレット博士としてることは変わんないのに。

謹んでご冥福をお祈りします。

. 2022/04/27/(Wed) 18:13:31


[Name] オバQマン [Title] RES
[1314]

4月になりました。そして次のアニメが生誕50年になりました。
*赤胴鈴之助(アニメ版)
*海のトリトン
*魔法使いチャッピー
変身ものの大ブームでアニメは少ないです。「赤胴」はアニメが初拝見、「トリトン」は同日開始の「快傑ライオン丸」や、人気の「バカボン」のためあまり拝見しません。でも初期のOP、バトル物なのに大人しいテーマ曲で、まだ無名だったかぐや姫と、後に「ウイークエンダー」でブレイクするすどうかずみ(当時は須藤リカ)が歌ってました。

また次の作品が生誕40周年です。
*ゲームセンターあらし
*ドン・ドラキュラ
*トンデラハウスの大冒険
*パタリロ
*野生のさけび
*テクノボイジャー
こっちは多かったですが、その割に持たない作品が多く、半年間の「あらし」、5か月間の「テクノボイジャー」(「ダービー」や「あばれはっちゃく」がウラだもんな)、そして!! 「ドン・ドラキュラ」です!

当時「あの手塚作品がアニメになるのか」と思ってましたが、1ヶ月放送したところで「デメタン」になってしまい、「アレ、『ドラキュラ』やらんのか」と不思議がりました。その後「ドラキュラ」が1ヶ月で終わった事が判明、「何で!?」「いくら『100人』のウラとてこんなに早終りはないだろ」と驚きました(でも当時のテレ東は人気なかったんだよな)。やがてその「ドラキュラ」の打ち切りの理由が、「広告代理店の倒産」と判明、こんな理由もあったんですな。
(秋になると今度は2作打ち切りが)

2022/04/01/(Fri) 00:18:47


[Name] 管理人mvunit [Title] 50年ひと昔
[1317]

オバQマンさん、ご意見ありがとうございます。

1972年は私自身一番古い記憶として残ってる年かなと。
記憶にあるのは自宅のテレビで「ミラーマン」を見てて
カンロ飴のCMがやたら焼きついています。
ゆえに私にとってのミラーマンの記憶はmなんか岩肌の窪みに
砂まみれになって横たわる鏡京太郎の苦悶する表情と、
カンロ飴のCM。インベーダーもシルバークロスも
全然印象に残っていない。幼児も幼児でしたから。
同じように赤胴鈴之助も、印象はなぜか
日水の魚肉ソーセージだったりします。
番組の合間にコマーシャルが流れていたのが
なぜか記憶にセーブされてしまって。
実家にはたぶん当時のノベルティグッズであろう
赤胴鈴之助の「日水のハム・ソーセージ」のお皿がいまだに
残ってます。ハム買ったら付いて来たのか、
店員さんに貰ったのか…?1972年のアニメは年末の
「ガッチャマン」「マジンガーZ」という大物が来るのですが
この年は所謂「第一次レトロブーム」が訪れた年で、
昭和20〜30年代の往年の作品を蘇らせて再び登場、と
いうのが相次いだ年でもありました。
「笛吹童子」「正義を愛する者月光仮面」
「隠密剣士突っ走れ!」と次々リメイクされただけではなく、
現代版隠密剣士として「アイアンキング」が、
SF版忍者部隊月光として「科学忍者隊ガッチャマン」が
作られました。当時のTVガイド記事では
「一番リメイクの要望が強いのは鉄腕アトム」とあり、
アトム復活の準備が着々と進行中、という風に
書かれてはいましたが実際は着ぐるみを試作して
数点のスチールを撮っただけでそのまま終了。
虫プロも翌年倒産し、手塚治虫は自宅を売却するほどの苦境に。
アトムの復活は1977のジェッターマルス、
1980の鉄腕アトム(新)まで待つ事になるのですが。
余談ですが、1972年で覚えている番組は、
日本テレビで学研が制作してた「ムシムシ大行進」という
帯番組があったんですが、資料らしい資料が
ほとんど残っていないんですよね。当然再見の機会も無い。
本物のカブトムシやカミキリムシを使って、消防隊の活躍やら
救助隊の活躍やらの呈を撮影する5分番組なんですが、
煙がもうもうと立ち上るビルの窓からカミキリが助け求めて、
救助隊員役のクワガタをハシゴに乗って救出する
シーンとか。どうやって撮ったんだろう?と思いましたね。
いっぱいリテイク出しまくったと思いますが。
この頃は各局とも帯番組が結構ありましたね。

. 2022/04/08/(Fri) 17:06:55






Number
Pass

レンタカーの回送ドライバー
無料で掲示板を作ろう
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板