無料で掲示板を作ろう  楽天市場-CD・本・ゲームソフトタイムセール開催

記憶のかさブタ掲示板

記憶のかさブタをご覧頂きありがとうございます。
本サイトへの御意見御感想等ございましたら どうぞ。

※スパム並び迷惑行為と思われる書き込みは削除いたします。
御了承下さい。

ホームページへ戻る

Name
Title
Mail
URL
Message
削除キー 項目の保存

[Name] winbee [Title] RES
[871]

 詳細な返信を頂きありがとうございます。

 そちらのコメントから当時の私の思い出も次々に呼び起こされ、しばし望外の懐かしさに浸る事ができました。

 またもクロパンから脱線した内容になりますがご容赦ください。
 「ケンカばんばん」「飛んでけ!エアロ」は私も覚えていますがどちらも後から本格的な連載物を持たせるためのパイロット連載という印象を持っていました。

 たしかどちらも短期の掲載でしかも飛び飛びだった記憶があります。それにしても「エアロスバルが主人公の子供向けマンガ」というのはあまりに渋すぎる(笑)
 とはいえ本作はしっかりした航空知識を待つ作者がマンガ的な誇張とのバランスをうまく取った佳作というのが当時の印象でした。それがジェッターウルフで「トレーラーから垂直上昇するF15」「広大な人工農園のある秘密基地」なんてのをやったのには唖然としましたが(笑)

「金メダルマン」の作者勝木一嘉氏は本作の数年前に少年ジャンプで「かわいいギャンブラー」というタイトルそのまんまの少年ギャンブルものを書いていた事がありましたがキャラクターの絵柄が非常に可愛らしかった印象があります。

 ごく最近、作者が「金メダルマン」を描いていたと知った時には余りの絵柄の落差にこれまた驚きました。
(但し、モブキャラの子供たちの絵柄は「かわいい〜」にごく近い物だったのでもっと早く気付くべきでしたが)とはいえ、芦田伸介がモデルのキャラクターを平然とコロコロで出して来る辺り本作も中々非凡ですね。

 「ザ・ゴリラ」は他のHPなどでは「コロコロらしからぬバイオレンス劇画」との評価が一般的ですが、あの当時はTVもコミックもこれより凄い作風の奴がごろごろしていたのでそれほどハードという印象がありません。
(なにしろあの「大激闘 マッドポリス80」が放映されていた時期ですし)
 むしろ坂丘氏の場合、本作の直前までテレビランドで「ボルテスV」や「闘将ダイモス」のコミカライズをやっていたせいか、そちらの印象に引きずられていた面もあったと思います(だからゴリラが巨大ロボットと戦っても「ああ、やっぱりそう来るか」という感じでしたw)

 ここでようやく話をクロパンに戻しますと、内山まもる氏本来の青年誌的な絵柄とウルトラシリーズを始めとした特撮コミカライズで培った外連味たっぷりのノウハウがオリジナル劇画で開花した魔球もの・・・というのが途中から本作を読み始めた私の個人的な印象でした。

 アストロ球団並に魔球開発のプロセスがすっ飛ばされ、魔球対魔球、超絶打法の応酬という展開になってもそれが当時は意外と不自然に見えなかった理由のひとつがそれだったのではなかったかと。
 そう思うと内山氏から当時のいきさつや苦労話が聞かれないまま逝去された事が今更ながらに惜しまれてなりません。

 予想はしていましたがやはりこの題材で描くと長文になってしまいました。改めてお詫びいたします。

 そしてEXページでクロパン以外の作品が取り上げられる事を改めて熱望しつつ締めさせて頂きます。

2017/06/24/(Sat) 22:39:30


[Name] 管理人mvunit [Title]
[872]

私がコロコロを購読していたのは1979〜82の四年弱で、
基本そのころのコロコロに限定されるのですが、
その時期のコロコロ漫画は記憶に焼きついています。
(手元には一冊も残っていませんが…)
とんでけ!エアロは漫画賞の入選作品だったと記憶してます。
この枠での掲載→連載作品で覚えてるのは
タムイ・シンマ(はちのやすひこ)とか
迷犬タマ公(田中道明)ですかね。もっとも田中道明さんは
以前から藤子スタジオ日記なんていうルポ漫画を連載してたし、
佳作入選のインタビュー記事で「ほっとしています」なんて
言ってたくらいなんで、アシスタントのある意味規定路線だったのかも。

当時のコロコロはメインの藤子不二雄系を中心に
赤塚不二夫(チビドン・花の菊千代)や永井豪(鉄戦士ムサシ)
川崎のぼる(花と龍・ムツゴロウ物語)といったビッグネームが
普通に連載してて、そこにすがやみつる・のむらしんぼ・とりいかずよし・
桜多吾作・室山まゆみ・山根あおおにといった実力派が集い、
キド・タモツ・よしかわ進・勝木一嘉・ぜんきよしといった
新進気鋭がパワー全開でぶつかってくる…。
そんな、ドコをめくっても強烈なパワーがみなぎっていました。

たまに見る読みきり漫画も結構覚えてるんですよね。
夏になると怪奇モノの読みきりが何本かあって、
ネコに憑かれた少年の話とか
泉の水を飲んで人狼になる少年の話とか。

あと、クロパンの後だったかと記憶してるのは
「とべ!太陽」という読みきり野球漫画。覚えてませんかね。
高校野球で相手を殺してコールド勝利をもぎ取る
格闘殺人野球がテーマというトンデモない漫画で
あまりのトンデモぶりに強烈に記憶に残ってます。
こういう、読みきり故のムチャ漫画も当時のコロコロの魅力というか。

ドラえもん百科の方倉陽二先生も当時のコロコロのレギュラーでしたね。
当時は同時に「アカンベー」とかも連載してて
たしかグリコのペロタンのキャラにも採用されてたのでは?
のんき君やまじかるハットと人気作を生み出していったのですが
早くに亡くなられたのが残念です。

本ページの更新がままならぬ状況でEXというのも
アレなんですが、流石に今回のクロパンは相当時間と手間がかかりました。
次回更新するならもうちょっとスッキリした感じでやりたいですね。

. 2017/06/25/(Sun) 22:28:50


[Name] winbee [Title] 燃えろ!クロパン RES
[869]

 お久しぶりです。

 まさかこちらのサイトで80年代コロコロネタが拝見できるとは思いませんでした。
 当時弟が読んでいたコロコロで本作を読んでいたのですがサンダーボルト編のとっかかりだったので全編魔球もののマンガだと思っていたのですが今回シリーズを俯瞰として初めて知った次第です(汗)
 前半5回、もしテレビ化されていたら坂田晃一のBGMが似合いそうですね(「おしん」じゃあるまいし)

 当時のコロコロには全般に妙な勢いと作品間の独特な内輪受け的な雰囲気があって年長者が読んでも不思議な魅力があったと思います。

 クロパンから脱線しますが、他に「マッハの鬼・ジェッターウルフ」「ザ・ゴリラ」などのマニアックなのに絵柄が年少誌そのものの作風の物や「がんばれドンベ」の様な当時の子供向けとしても珍しい人情もの、「金メダルマン」や「ゴリポンくん」の様な典型的流行物便乗ギャグネタ(これだけは作品こそ変われど現在のコロコロで生き残っているジャンルですが)などが渾然一体となっていて、本誌のあの厚さがまるで苦にならない楽しさがありました。

 そういえばのむらしんぼの「とどろけ!一番」も当時楽しめたマンガのひとつだったのですが、数年前に当時のノリそのままの「クリエイ太くん」というゲーム業界マンガを同じ作者がうちの子供が愛読していたコロコロで連載開始したもののあまり長続きしなかったようです。
 
 この辺りに当時と現在の読者が求める空気のギャップの様な物が感じられて時代を感じてしまいました。

 今回のコメント、後になるほどクロパンから脱線してしまいました。すみません。

 最後に今回の特設ページが当時の空気を現代に伝える一助になる事をお祈りしております。

2017/06/21/(Wed) 22:50:07


[Name] 管理人mvunit [Title] 1979〜82のコロコロ漫画
[870]

winbeeさま、感想有難うございます。
ご覧のとおり、路線変更のために前半と中盤以降で全くの
別物になってしまった野球マンガなのですが、
この首尾一貫しない未整理の部分も含めて
「燃えろ!クロパン」というマンガは構成されているんだなぁと
思う次第です。以降に連載された「あばれ!隼」は
最初から荒唐無稽だったのである意味ブレの無いマンガでしたが、
私個人としてはクロパンのほうが思い入れが強いですね。

ジェッターウルフはたなかてつお先生の初連載漫画でしたね。
どことなく望月三起也タッチを思わせる絵柄で、
劇画とマンガの中間に位置する感じがしました。
デビュー作の「飛んでけ!エアロ」からジェッターウルフ、
最近ではコンビニコミックで戦記(戦闘機)モノを描いてて
この人本当に飛行機が好きなんだなぁと感心。
ジェッターウルフはジェット戦闘機乗りという
特殊な設定が幅を狭めてしまったのか、
航空機レースになったり、救護活動になったり、
最終回では巨大ロボットと戦ったりと
(火山の爆発に巻き込ませて倒してた記憶が。)
ネタに苦労してたのがありありと見えてしまって。

ザ・ゴリラもクロパン同様途中からカラーが変りましたね。
当初は児童向け「ドーベルマン刑事」+「大都会PART3」
みたいなノリで、ヴィーナスもあばずれのスケ番刑事だったし、
敵も正義を自称し戦車で犯罪者を虐殺する「コマンド部隊」とか
ドーベルマンを操って警察犬を屠殺しまくる怨恨者だったり
石原プロのドラマっぽい敵役が多かったのですが
(イングラムやバントラインスペシャルといった
 銃のウンチクも多かった)、
回を追うにしたがって敵がガンダムみたいな
ロボットを操って大暴れしたり、ヴィーナスが
可憐な乙女キャラになったりして…と思ったら
途中でアメリカから来た暗殺者(悪太郎)に
ヴィーナスが射殺されてゴリラが腑抜けになったり…と
ハードとソフトを行ったり来たりしてた印象があります。

がんばれドンベは当時社会問題化していた
「落ちこぼれ」をテーマにした人情マンガでしたね。
ドンベらのグループは所謂子供たちの中でも
異端児の集まりと言うかはみ出し者。正直
見てて心が痛くなる切ないマンガでした。
正直何の解決にもなっていない展開もあって。
「ダメ人間讃歌」的な色合いの濃い漫画でしたね。
なまじ可愛いキャラで描かれると余計心が痛い。
知らぬ間に連載が終わってしまった感があって、
最終回が描かれたのかどうかもよく解りません。

金メダルマンは最初「金メダル先生」で始まってますよね。
って事はこれ、もしかして「金八先生」のひっかけ?
もっともその後レスラーになったりボクサーになったり
力士になったりマンガ家になったりカメラマンになったり
コジ●になったり…。最後は見事暴走族に…って、
凄まじい転落人生を見せられてる。

ゴリポン君はあのおばあちゃんの乳みたいな飛び出す
目玉がとにかくインパクトでかかったです。
「ポカスカバカーン!」という独特の擬音も強烈で。
下品な絵柄とローカル色強いギャグ(目黒エンペラーだの
新橋芸者幾松ちゃんだの、地方の子供にゃ訳わからん)
てんこ盛りで、忘れられないマンガのひとつです。

とどろけ!一番は結構メジャーなんで感想は避けますが
(四菱ハイユニの作り方は流石に笑いましたが)
のむらしんぼ先生はこの前に「ケンカばんばん」という
番長マンガをコロコロで連載しておりまして、
ファーストインパクトがそれだったんでそっちの記憶が強いです。
正直コレ、そうとうしょーもない&やたら汚いマンガでして、
ウ●コやチ●コネタがとにかく多くて。
最終回もバキュームカーでオチがつくという有様。
「一番」では憑き物が落ちたようにそういうネタは
殆ど扱っていないので、担当者にお灸すえられましたかね?

長文になってしまいました。
世代人としては1979〜1982のコロコロは
脳内メモリーにしっかり刻み込まれてるもので
あれやこれやと出てきてしまいます。

また機会があればクロパン以外のマンガも
EXページで取り上げたいと思います。

. 2017/06/24/(Sat) 00:57:24


[Name] 児玉新一郎 [Title] クロパン RES
[866]

ここで『クロパン』について読めるとは意外でした!
本作については時々思い出しては「ああ、人気を得られなくて魔球路線に行ったんだなあ…」と考えていたのですが、まとめてみるとあまりの急展開に驚きますね。
魔球のメチャクチャさや鉄心のムチャさ(お前はずっと海に潜っていたのか?)はよく覚えているのですが、針治療とか三馬は四十年ぶりくらいに思い出しました。

2017/05/01/(Mon) 02:22:13


[Name] 管理人mvunit [Title] クロパンの変化
[868]

児玉新一郎さん EXページお楽しみいただけたようで
何よりです。バックナンバー調べるために足掛け四年、
何度となく国会図書館に通いつめました甲斐があります。

やはり5話までの人間ドラマはコロコロ読者層たる
小学生にはシブすぎたんでしょうね。生き別れの兄弟だの
出生・生い立ちの秘密など。担当記者から
「もっとバカバカしいくらいド迫力の野球漫画にしましょうよ」と
注文受けたんですかね?でなければ6話以降のあの
急展開は考えづらくて。同じ題の作品なのに
「大都会闘いの日々」と「大都会PARTV」くらいノリが違う。
にしても簡単に魔球が生まれては簡単に打たれるというあたり、
「侍ジャイアンツ」テイストですよね。加えて
最終回のあの超展開は、それまでの野球の常識だセオリーだのを
木端微塵に砕いてくれる禁じ手打法まで飛び出して。

もし初期のノリのまま連載が続いていたら
クロパンの結末は全く違うものになっていたんでしょうね。
そういう骨太の人間ドラマ版クロパンも見たかった気がします。

. 2017/05/03/(Wed) 22:16:08


[Name] Kristopher Walker [Title] カリメロ RES
[865]

さて、私はあなたのためにビデオテープのすべてをデジタル化することができましたが、あなたがむしろあなた自身でそれを待ってやりたいのか分かります。

あなたがそれらを転送することができれば教えてください? あなたは私にメッセージを送ることができます:kjw21411@gmail.com

2017/04/30/(Sun) 11:48:53


[Name] 管理人mvunit [Title]
[867]

Kristopher Walkerさん、日本の著作権法において、個人で録画したものは
第三者への譲渡は有償無償を問わず著作権者の許可なしに
行う事は厳密にみれば法律違反になってしまいます。
無論動画サイトなどへの公開も考えておりません。
こういうサイトをやっていると時折そういう、
「映像があるならダビングしてください」という旨の
問い合わせがあるのですが、全てお断りさせて頂いています。
申し訳ありませんが御了承下さい。

. 2017/05/03/(Wed) 22:04:44


[Name] ふにふにの境地 [Title] EXページ RES
[862]

クロパン懐かしいです。内山先生というと僕にとってはやはり「リトル巨人くん」なので、「巨人くん」とは雰囲気が違うなぁという印象だったのですが、魔球スクランブルエッグ誕生のくだりは昨日のことのように覚えています。あとハリ治療についてもこの漫画で知ったような。

しかし、これも封印作品ということなんでしょうか。確かに本来ならば序盤の感じでずっと行きたかったんでしょうし、内山先生としても不本意な作品だったのかも。でもやっぱり面白いものは面白い。あと水戸に長いこと住んでいたので、セリフで茨城弁が飛び交うと嬉しくなりますね。いまあの辺は野球じゃなく戦車バトル一色のようですが……。

2017/04/26/(Wed) 23:28:34


[Name] 管理人mvunit [Title] クロパン
[864]

ふにふにの境地さま 感想ありがとうございます。
もともとクロパンは別個のHPで立ち上げようかと
考えていたんですが、系統的に記憶のかさブタに
属してもいいのかなと考えてEXページで発表しました。
過去一度も一切単行本化されていない漫画のため
リアルタイムであの時代のコロコロ読者でないと
まず解ってもらえない作品で、そのわりに結構ネットでは
「サンダーボルト」「白鳥の舞い」「スクランブルエッグ」などの
魔球のキーワードがあふれてて、あ、みんな覚えてるんだ?
と思って画像探したらこれが皆無。
誰も研究ページ作ってないんなら自分でやろう、という訳で。

封印という大仰なモンでもないような気がします。
中途の路線変更・設定の雲散霧消・終盤のメチャクチャな展開と、
通してみるとやっぱし未整理かつ未消化な作品ゆえに
原作者自身が単行本化するのに二の足を踏んだ、
といったところなのかな?と邪推します。
たしかに後半は「ンなアホな」の展開の連続ですし。
けど、そういう荒唐無稽かつ未整理の部分も込みで
クロパンは印象深く、かつ面白い野球漫画として
記憶に残っているんです。リアルタイムの読者としては。
内山先生が亡くなった時、もしかしたら電子版で
追悼出版されるかな?と思ってたんですが結局ソレも無く。
このまま埋もれさせるには惜しい、という思いもあって
研究ページを作った次第です。

EXページはとりあえずクロパンの発表の場として設けたものですが
機会があればまた別の少年マンガも取り上げてみたいですね。

. 2017/04/27/(Thu) 00:41:10


[Name] Kristopher Walker [Title] カリメロ RES
[861]

はい、私は海外にいて、翻訳ツールを使っています。 私はいくつかの日本語を知っていますが、言語を入力する方法はありません。 でも、日本のショーを見て、私が "カリメロ"と見たことを楽しむ時には、理解しています。

  私は彼らに「カリメロ」を持っているあなたのVHSテープを購入することが可能でしょうか? 私はVHSプレーヤーを持っています。もしあなたがそれらを購入できるなら、私はそれらを転送することができます。 あなたが同意するならば、私はあなたのテープを支払うことができ、PayPalを通じて米国に出荷することができます。

2017/04/24/(Mon) 06:51:43


[Name] 管理人mvunit [Title]
[863]

Kristopher Walkerさま 
VTRについては譲渡は難しいです。30年以上昔のテープは
カリメロだけじゃなく、他のものも混在して録画しているもので。
当時はビデオテープが貴重品かつ高価だったこともあって、
隙間隙間に撮りたいものをあれもこれも、と
詰め込んで録画していたもので。

カリメロについてはVHSデッキを入手できたら
画像含めて追加記載を行いますので。

. 2017/04/27/(Thu) 00:27:03


[Name] Y・Y [Title] てん丸 RES
[856]

こんにちは。以前別の掲示板に書かせていただきましたが、こちらの「記憶のかさブタ」掲示板へは初めてです。しかし本当、期待を裏切らない選択ですね(笑)。

『てん丸』は全話観た記憶があります。藤田淑子の歌声も耳に残っています。ボンボンの原作も何度か読みました。

──なのに全然、どんなエピソードがあったか思い出せません(汗)。最終回の、いかにも打ち切りと丸分かりの「戦いはまだまだ続く」オチだけは鮮明に覚えているのですが。やっぱり妖怪ものは、人間の心の闇のようなドロドロとした描写がないと印象に残らないのかもしれません。

原作のほうも、単行本に最終回が収録されない児童誌連載漫画によくあるパターンだったのですね。石森の『アニマル学園チョメちゃん』みたいだな…ってあっちはアニメ化すらされてないですが。作者はその後、引退しちゃったんでしょうかね。


2017/04/18/(Tue) 18:46:36


[Name] 管理人mvunit [Title] 感想ありがとうございます
[857]

Y・Yさん 感想ありがとうございます。

テン丸は本放送当時と、その後2〜3年してから
朝7時半くらいから関西テレビでやってた再放送を
観たっきりなので、30年前くらいの記憶をほじくりだして
記事を書きました。十九話なんて中途半端な話数なんで
リピート率も高くなさげ。ソフト化もOPEDくらいで
本編は未ソフト化。かつてAT―Xで再放送された模様ですが。

最終回の一話前はなんか「つぶれ荘」のなかで住民とテン丸とが
ひたすらドタバタやってた話だったなぁ、という曖昧な記憶。
私もそんなに強烈な記憶が残っている訳でもないもので。
鬼太郎の「霊形手術」やえん魔くんの「妖怪父ちゃん」みたいな
強烈な焼印みたいなエピソードがあればもっと記憶に残ってるのですが。

かぶと虫太郎先生については他にどういう作品を発表していたのか、
現在はどうしているのかはよく解りません。
同じフジアニメ「のらくろクン」のコミカライズをしている
記録はあるので、1987〜8年までの活動は確認できますが。

期待を裏切らないチョイスということで、有難うございます。
基本「記憶のかさブタ」は私自身が記憶に残ってるのに
ネットや文献でであまり情報が拾えないアニメ、というのが
一種の選択基準になっているんです。故にあまりマニアが研究しない
ファミリー向けアニメが多くなっちゃう傾向にありますが。

. 2017/04/23/(Sun) 13:31:24


[Name] 管理人mvunit [Title] 返信が遅れております RES
[855]

現在GWイベント準備の只中のため
返信が遅れております。申し訳ありません。
落ち着いた頃合を見て個々に返信いたしますので
今しばらくお待ち下さい。

2017/04/09/(Sun) 22:41:26


[Name] Kristopher Walker [Title] カリメロ RES
[853]

あなたは「カリメロ」のあなたのエピソードを私に送ってください。

2017/03/18/(Sat) 16:33:40


[Name] 管理人mvunit [Title] 感想ありがとうございます
[858]

Kristopher Walkerさま お返事遅れました。

日本語翻訳ツールを使っての書き込みですかね?
海外の方ですか?

カリメロ(1974・K&S 東映動画版)については
現在日本において一切ソフト化がされていません。
契約の関係だと思うのですが。ただ、再放送などは
ほんの15年前くらいまで地方局で行われていたと思います。

新たなエピソードを追加記載してほしい、との事ですが
一応30年以上前に録画したビデオテープを所持していますが
肝心のVHSデッキがもう無いのです。
ゆえに動画再生が出来ない状態です。

VHSデッキが入手出来ましたらリクエストに応える形で
何話かのエピソードを新たに追加したいと考えています。
いつになるかは約束しかねますが
気長にお待ち頂ければと思います。

. 2017/04/23/(Sun) 13:33:29


[Name] Kristopher Walker [Title] カリメロ RES
[852]

あなたのサイト、特に「カリメロ」のあなたのページが気に入っています。

私はそれが好きで、エピソードを見つけることは非常に難しいです。

2017/03/18/(Sat) 16:32:36






Number Pass


この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板