無料で掲示板を作ろう 

記憶のかさブタ掲示板

記憶のかさブタをご覧頂きありがとうございます。
本サイトへの御意見御感想等ございましたら どうぞ。

※スパム並び迷惑行為と思われる書き込みは削除いたします。
御了承下さい。

ホームページへ戻る

Name
Title
Mail
URL
Message
削除キー 項目の保存

[Name] 広汎性発達障害のこだわり [Title] 洋子に激をとばされ RES
[846]

はじめまして。
ゴワッパー5ゴーダムのページ、楽しく読ませてって
違ーう!!
激を飛ばすって。「檄文を飛ばす」と「激励」が混じっちゃってるじゃないですか。
最後にずっこけちゃったですよ。

2017/02/01/(Wed) 22:55:52


[Name] 管理人mvunit [Title]
[847]

広汎性発達障害のこだわりさん
ご指摘有難うございます。
本文を修正しました。

. 2017/02/05/(Sun) 23:56:27


[Name] ふにふにの境地 [Title] 肝付兼太さん逝く RES
[840]

先日のドラえもんでも追悼のテロップが流れていましたが、やはり日テレ版のことはオミットされていて。もうそろそろいいんじゃない?と言いたくなりました。ともあれ、長い間本当にありがとうございましたという言葉しかないです。今までに亡くなった他のベテラン声優さんやアニメーターさんにも言えることですが。


マルコ・ポーロの冒険も映像が残っていないんですか。こうなると二死満塁みたいな単発スペシャルアニメを含め、ほんとリアルタイムで見た記憶って大事だなって思います。後番組のエステバンも思い出深いですけど、本編の後の実写のパートに今では絶対放送できないものがあったと思います。いわゆる生け贄の儀式とか。でもそれだけ、当時のNHKアニメには教養番組としての矜持みたいなものがあったってことですね。それがナディア以降、良くも悪くも変わってしまった。

萌えキャラ云々については今のアニメの構造的なもので、ある程度仕方ない部分があるんじゃないでしょうか。その一方でまんが日本昔ばなしみたいな、誰もが見られる時間に放送される実験工房的な番組も必要だと思います。

2016/10/29/(Sat) 13:38:40


[Name] 管理人mvunit [Title] 返信おくれました。
[842]

ふにふにの境地さん、返信遅れまして申し訳ありません。
このところ病院通いが続いておりまして。

肝付さんの訃報はやはりショックでしたね。
たてかべさんの葬儀で追悼の弁を語っていたシーンが
思い出されます。その数年後に逝かれてしまうとは。
藤子アニメには欠かせない方だっただけに残念です。

作品そのものがごっそり消滅するというのは
やはりショックですね。会社が消滅してる場合は
フィルムを管理する会社そのものが無いのですから
散逸も仕方のない事かも知れませんが。マルコ・ポーロに
関して言えば、民生用のVTRで残ってても不思議では
無いのですけどね。1979年なら既にVHSもβも
普及している頃ですし。もっとも当時VHSの120分テープは
一本4800円くらいしましたから、一回録画してハイ永久保存、
という訳にもいかない値段だったのも事実。
ただ、プリンプリン物語や紅孔雀みたいに
視聴者の個人録画テープが発掘される、という
希望もまだ残されていると思うんですよね。

今はもう萌えキャラがアニメのスタンダート画に
なりつつありますね。これが萌えか萌えじゃないか、
なんて議論するのもおかしい感じで。
キャラは萌えでもストーリーが燃え、なんていう
作品も結構ありますし、最終的には作品の求心力に
評価は帰結しちゃうもんなんだろうなって思います。

. 2016/12/29/(Thu) 23:26:50


[Name] 波野克之 [Title] >萌えキャラとして記号化 RES
[835]

 御返信ありがとうございます、大変嬉しい限りです。

 わたしは萌えキャラにどうにもこうにも嫌悪感があります。近代という時代の趨勢の成せる技なのでしょうね。
杉野氏や荒木氏(やあの時期の様々な作監)であれば、萌えキャラすら生気が吹き込まれたる画とオリジナリティに満ち溢れそうになる気がしてしまいます。
早く萌えキャラが廃れる時代になっていければ、と想う次第です。(まぁ観てはいないのですが)

2016/08/02/(Tue) 21:10:19


[Name] 管理人mvunit [Title] 時代の趨勢
[836]

波野克之さん、萌えキャラというのもまあ、時代の趨勢と
いいましょうか、今の時代にあって一番不特定多数に
ウケた絵柄があのキャラだった、という事なのでしょうね。
あと10年したら「今時こんな画?古いなぁ!」なんて
言われるのかも知れませんし。それだけ画についての
人々の趣味趣向というのはうつろいやすいモノです。
杉野氏とコンビでやる事の多かった出崎統氏が
「AIR」の監督をやった時もずいぶん話題に
なりましたね。当時の美少女ゲームが原作だった作品を
出崎演出で!とっとこハム太郎劇場版もそうでしたが
この人は元ネタが何であろうと全部自分の世界に変える
壮絶な力(?)を持っていますしね。

萌えキャラがジャパニメーションの顔的存在になって
もうかれこれ15年。次の波はいずれ来るでしょうが、
それが萌えの延長線にあるものなのか否かは
なんとも答えの難しいところですね。

. 2016/08/16/(Tue) 00:37:25


[Name] 波野克之 [Title] マルコポーロには驚きました。 RES
[830]

 更新日だけちょっと見てみたら、一月前・・・・更新されてるのかな、とスクロールしてみたら、マルコポーロの冒険とは驚きました。超マイナー・カルトなサイトだとは思っていますが、私も(そんなディープな者でもないですけど)すっかり忘れていた作品に驚きました。

 でも自分も幼少な時期でしたから内容はからっきし頭に入りませんでした。杉野キャラ画像だけに惹かれていました。実写混合と言えばTV版:愛と誠のオープニング画像が杉野氏の画(丸みのタッチの時期)に見えてなりません。
この時期の頃だけは杉野タッチがエースをねらえ!:劇場版を始め角張ったタッチに変貌していた珍しい時期だったなぁと感じていました。
杉野作品(ここでは唯一になりそう)でしたのでつい書き込んでしまいました。

 独り思うのですが、この頃のアニメ全盛の時代ってそれぞれの作画監督の特徴が観れば一目瞭然だったのですが、現代(余り観ませんけど)では上手くなったのか画一的なのかよくわかりませんが、それぞれの作画の特徴を見分けられなくなりました。年老いてしまったゆえなのでしょうかね。
 戯言ばかり話す場所がないので失礼しました。

2016/06/14/(Tue) 00:07:38


[Name] 管理人mvunit [Title] マルコ・ポーロと杉野作画・昭和の作画とか
[833]


波野克之さん、返信遅れまして申し訳ありません。

マルコポーロの冒険自体現存映像が殆ど残っていないという有様だったのですが
この作品が放送された当時は既にアニメ雑誌が多々あって
そちらで資料等は補完出来た感じです。当時NHKのアニメは今ほど手広く
やってなくて、格調高いモノだと思って毎週観てました。ことマルコポーロに至っては
半分近くが「シルクロード」とかの紀行番組からの取材フィルムが使われてて
話の舞台になった場所の風土・文化・遺跡などの映像がナレーションと一緒に
放送されてました。だから教育番組みたいな感覚で当時は捉えてましたね。

杉野キャラは「ジョー」から開花したとされるシャープで鋭角なキャラ(宝島のシルバーやジョーの力石)
と、丸みを帯びたマンガチックなキャラ(宝島のジムやまんが世界昔ばなしの各キャラなど)に大別
されますね。そこに劇画・マンガ系を問わず杉野氏独特のデフォルメや斜の入った描線が味を出して
何ともいえない情感を出してくれるのです。力石の、ジョーをアッパーで仕留める画なんて
描けと言われて描ける原画じゃありません。理屈じゃないのですよねああいうのって。
荒木伸吾氏の「巨人の星」の花形が大リーグボール1号をホームランするシーンとか、
木村圭市郎氏の「タイガーマスク」の、相手レスラーを背景ごと回りこみながら殴るシーンとか
今のアニメーターはまずあんな画は描かない、というか、どうやって描くんだ?と疑問に
思うかもしれません。ある意味「情念の作画」であって、理屈じゃ描けない代物なので。

1970年代までは良くも悪くも作画プロによって画もまちまちで、それが製作プロの特徴にも
なってましたね。誰も設定なんか見て原画描いてないぞ、みたいなヒドイ話もあったり。
作品によってはCD制も無かった頃だから、設定も無視した一話限りの設定が乱出したり
よくもわるくも大らかな時代でしたね。
やっぱり今の時代は基盤となる土台の層、絵を描く人のレベルが高いでしょうね。
小さい頃からアニメやマンガ・イラストに囲まれて育ってますし、こと昨今流行の絵柄
(所謂「萌えキャラ」)に関しては。ただ、萌えキャラは萌えキャラとして記号化しやすいので
よほど変なアクセントをつけないと差異が解りづらいのかも知れません。私的意見ですが。

. 2016/07/30/(Sat) 12:05:07


[Name] オバQマン [Title] RES
[829]

今回はワケあって「忍風カムイ外伝」です。

初放送の時はみておらず、日本テレビでの再放送で見ました。当時は「『サスケ』みたいのか」と思ってましたが、後に衝撃的な事を知しました。「カムイ」はあの国民的アニメ「サザエさん」の前番組だったんでした。再放送で最終回を見た時は、「この次が『サザエさん』!? 全然イメージが違う」と思ってました。
(でも劇画時代の当時じゃ逆だよね。今回も記載された最終回読んで同じ事思ったよ。でもそちらは「サザエさん」の事、記載しなかったな)

そしていよいよ本題。今日ユーチューブで何気なしに、新たに寄せられた「カムイ」のOP動画を見たら、ド胆を抜かされました。お馴染みのカムイと刺客忍者が戦う場面の前後に、スポンサーである東芝のコマソン「光る東芝」!! そう、「東芝日曜劇場」のOPでお馴染みの「ひかーる、光るとーしば、まわーる、回るとーしば…」でが入り(冒頭では「東芝日曜劇場」当時のOP「未来都市」まで)、また後半部では城ナレーターの「東芝がカラーでお送りする、『忍風カムイ外伝』」のナレーションが入り、最後は歩くカムイの上下に「東芝マーク」と「東芝」のクレジット、『サザエさん』でもお馴染みの場面(といっても複数社になったのでここ20年やってない)が入ってました。これは、この年発売されたブルーレイに収録された物でしたが、これは衝撃です!! 一度見た方がいいです。驚きますよ!!

2016/06/09/(Thu) 17:36:58


[Name] 管理人mvunit [Title] カムイとサザエさん
[834]

オバQマンさま まずは返信が遅れましたことをお詫びいたします。
当時、サザエさんとカムイが握手してサザエさんが「後は任せて」みたいに
OKサインをカムイに示してるイラスト(関修一の手による)が
雑誌に掲載されていて、当時からサザエさんのアニメへの期待が
相当高かったことが伺えます。まさか40年以上も続くとは…。

件の本放送当時の動画ですが、私がチェックした際には
見当たりませんでした。検索方法が異なってたのかも知れませんが。
オープニング前のアバンタイトルみたいなもんでしょうかね?

. 2016/07/30/(Sat) 12:10:10


[Name] オバQマン [Title]
[838]

私が拝見した時は有りましたので、その後デリートされたのでしょう。

9月にはキッズステーションで、初めてオリジナル版OP・EDでの再放送となる予定です(でも無料日ではないです)。

. 2016/09/03/(Sat) 00:20:52


[Name] 管理人mvunit [Title]
[843]

オバQマンさん

そのうち再見の機会があれば
オリジナルOPというのを見たいと思います。

. 2016/12/29/(Thu) 23:28:21


[Name] オバQマン [Title]
[845]

来る2月6日(無料放送継続中)の深夜1:00 - 3:00に、キッズステーションで「忍風カムイ外伝」を放送するらしいです。私は1話分だけ録画するつもりです。これでようやく、東芝のコマソン付きオリジナル版OPが見られるかも。

. 2017/01/30/(Mon) 00:32:06


[Name] オバQマン [Title]
[848]

めでたく「カムイ外伝」を録画出来、そして久々にオリジナルOPを拝見しました。

東芝コマソン「光る東芝の歌」と未来都市、そして「東芝がカラーでお送りする〜」のナレーションとクレジット、当時の「カムイ」はこんな風に放送されていたんですね。この後の「サザエさん」が東芝一社提供時代、最後に東芝のクレジットが出て、サザエが「東芝がお送りします」(後にタラちゃんが「いたちまーちゅ」)と言ってたのに、東芝提供の「カムイ」が何もやらないのは不自然です。

. 2017/02/06/(Mon) 10:56:16


[Name] 管理人mvunit [Title] 観ました。
[849]

オバQマンさん
件のOP拝見しました。確かに当時モノでしたね。
我々がよく知るOPは再放送用に新たに再構成&録音
し直されたモノだったようですね。ナレーションも
よく知るバージョンとは異なり簡素な感じで。
デラックス少年サンデー連載という字幕も当時だなぁ。
(あだち充&勉兄弟がプロデビューした雑誌。)
しかし「ひかる東芝」のイントロにあわせてズッパズッパと
カムイが追っ手を斬り殺して血しぶき吹き出すシーンは
当時東芝的に良かったんですかね?(まあ、斬るシーンには
しのびのテーマにフェードインしてるんですが。)
エンディングは昔、岡山の再放送のときに
同じものが流れてて、見覚えがあります。
一番だけで、インストゥルメンタルになるバージョン。
画は基本、おなじみバージョンと同一で
特に東芝クレジットも無い感じでしたね。
サザエさんのときのような提供読みがあったか
どうかは判然としませんが。

. 2017/02/08/(Wed) 12:44:56


[Name] ジャマイカ [Title] 忍者マン一平、東京MXで放送中。 RES
[819]

忍者マン一平は、残念ながらルパン三世を制作しているトムスでは、DVDは制作されてないそうです。概ね、昔のアニメは、マイナーなのは、ソフト化されてないのが多いようです。最近のも稀にソフト化されてないのもありました。show by rockなどがありました

2016/02/17/(Wed) 01:41:11


[Name] 管理人mvunit [Title] 今はCS放送も多いですしね。
[823]

ジャマイカさん、書き込みありがとうございます。
忍者マン一平は13話しか話数がないこともさることながら、
パッケージで売るには市場のニーズが微妙なのかなと。
権利問題とかでは無いように思います。
当時見てましたが、ギャグアニメというものは
当時の感性や風俗を色濃く反映してるものが多いので
時代がズレちゃうと何のこっちゃ、なキーワードも
多いのも事実ですし。

. 2016/05/03/(Tue) 20:41:32


[Name] からさん [Title] こんにちは! RES
[818]

まさか、ドラえもんに白黒版があるとは。
その頃はどうだったんだろう?

2016/02/15/(Mon) 17:58:10


[Name] 管理人mvunit [Title] いえ
[824]

からさん 初めまして。管理人です。

多分日本テレビ版ドラの事を言っていると思うのですが
れっきとしたカラーアニメです。
白黒アニメは本放映枠では1969年に放送された
「もーれつア太郎」が、再放送枠では1971年の
「珍豪ムチャ兵衛」が最後とされています。

. 2016/05/03/(Tue) 20:44:35


[Name] 名無し [Title] 旧ドラ
[828]

旧ドラの、エピソードガイドも更新してくださいね!

. 2016/05/08/(Sun) 21:08:23


[Name] 管理人mvunit [Title]
[837]

現状ではあれが調査出来る限界のストーリーガイド
と言えます。これ以上の詳細は今あるとされる
以上のフィルムが発掘され、公開でもされない限りは
難しいかも知れません。

. 2016/08/16/(Tue) 00:39:26


[Name] 名無し [Title] そうですか?
[839]

「男は力で勝負する」
のび太→スネ夫→ジャイアンのままですが・・・

. 2016/09/08/(Thu) 17:41:20


[Name] ふにふにの境地 [Title] ポールのミラクル大作戦 RES
[816]

リアルタイムで観てました。たいへん懐かしいです。それだけに、あまりオタクな視点では見られない作品というか。

僕の住んでいた地域では、"メーテルリンクの青い鳥 チルチルミチルの冒険旅行"の後番組として始まったように覚えています。だから、どうしてもエンディングテーマが四畳半フォークの"窓灯り(青い鳥のエンディングテーマ)"に思えてしまう。この2作品と"テッカマン"と"ジェッターマルス"あたりは、記憶がごちゃごちゃになってますね。

余談ですが……後年、"みにまむなのにっく"というTVゲームを遊ぶ機会があったのですが、この作品の随所が"大作戦"をはじめとする昔の竜の子作品のパロディで構成されていて、パロディもいいんだけどさ、ここはいっそ本気のファンタジーで勝負して欲しかったなぁ、と遊びながら思っていたことを思い出しました。身体が小さくなった主人公たちが家の中を探検する内容なんですが、枯れ草に火がついて小火になった庭からバッタの背に乗って逃げ出すところとか、自分の中のイノセントな部分を刺激されてドキドキしちゃいましたもん。

2016/02/05/(Fri) 19:52:56


[Name] 管理人mvunit [Title] お久しぶりです。
[825]

ふにふにの境地さま、お待たせいたしました。
ヒーローものやSFものはやたら本が出たり
取り上げられる機会が多いのですが、
メルヘン・ファンタジー系になるとなぜか少ない。
「星の子チョビン」「星の王子さま」「とんがり帽子のメモル」など、
名作も多いのに、後年語られる機会が少ないというか。

メーテルリンクはうちの地方では放送されたかどうか
いまいち記憶が無いのです。1980年のアニメだから
やってたら見てたとは思うのですが。
西崎さんはミュージカルが好きなのか、
「ワンサくん」同様、このアニメも曲が多かったようで。
のちにワンサくんとこの青い鳥が
西崎氏の勃興させたビデオ会社・JAVNから
特別総集編版としてリリースされましたね。
私はワンサくんだけしか見ていませんが。

ポールもNHKBSで再放送されたのですが
なぜか途中の「トッカメール警部」の話で
放送終了。最後まで放映されず打ち切りに。
なぜなのでしょうね?フィルムが後半部紛失でも
してたんでしょうか?

. 2016/05/03/(Tue) 20:52:33


[Name] ふにふにの境地 [Title] 打ち切りの理由
[841]

やっぱり視聴率を取れなかったんじゃないでしょうか。NHKで視聴率?という気もしますけど、もう実態は民放と変わんない気がするんですよね。

メルヘン系が取り上げられないのはやはり"オタク=水木一郎さんのまねをしたがる人たち"というイメージがあるからじゃないでしょうか。だからメルヘンや名作ものは需要がないと思われている。

ワンサくんはDVD-BOXにもなっていた気がします。総集編のビデオも駿河屋とかで見ましたが、手持ちのデッキがいかれてて、テープにはもう手が出せないですね。

. 2016/10/29/(Sat) 14:46:52


[Name] 管理人mvunit [Title]
[844]

ふにふにの境地さん
ポールの放送されていたのは「衛星アニメ劇場」という
夕方帯の再放送枠で、ここは「カムイ」や「柔道讃歌」なんかも
オンエアしてたという稀有な枠でした。
視聴率を考えたら手をださなそうな作品も普通に
全話放送してたんですが、ポールだけ途中で終了。
ひょっとしたらですが、番組のフォーマット自体が
改変期とかで変わって、枠自体がリセットを
余儀なくされたのかも知れませんが。

. 2016/12/29/(Thu) 23:32:26


[Name] オバQマン [Title] ギンガイザー RES
[815]

いやはや、とんと久々のオバQマンです。「ロボタン」を紹介後、しばらく新作が紹介されなかったので、「どうしたのか」と思ってた昨今でしたが、ようやく紹介、それも「ギンガイザー」です。

リアルタイムでは、当時私は英語塾に通っており、見る事はまったく無し。その数年後に東京12チャンネルの夕方で偶然拝見し、「うわ!! なんだこれは」と驚きました。

まず構成メカは、「銀河号」というトラックがグランファイター、円盤メカがスピンランサー、ジェットコースター(どうみてもコースターには見えないが)がブルゲイターにそれぞれ変型、そして余剰パーツを合体させて
アローウイングという戦闘機が誕生、クライマックスではこれが合体してギンガイザーになるって事。乗り物が変型し、それが合体するというのも、当時では画期的な作品でした。でもギンガイザーの合体は単に「積み重ね」的であり、しかも合体したら即「超常スマッシュ」、何となくおまけ見たいです。
(でも何でロボットの他に戦闘機?と思っていたが、やはりあの時期の技術じゃ、ビューナスみたいな女ロボへの合体は無理なんじゃないか)

またギンガイザーチームも、でぶのトラジローやチビの三太は他のロボットアニメにも出そうなキャラでしたが、リーダーのゴローは何と丸刈り頭!! ロボットアニメの主人公は、甲児や豹馬みたいなモサモサヘアーが常識という中、これは変わったヘアー。それにヒロインのミチも、こりゃまた珍しいショートヘアで、マジシャンルックの他、平服時は薄白い ストッキング着用。ロボットアニメのヒロインといえば、ストレートロングヘアで素足(今じゃナマ足)むきだしという中、これも珍しいヒロインです。
(でも戦闘服姿になると平々凡々だな)

それでも以後は全く再放送されず、せいぜいビデオ「TVヒーロー主題歌全集」(日アニ編)にギンガイザーのOP・EDがあるというので見てみたら、「おお! 懐かしい」と感動しました。グランファイターの勇姿(OPでは中心なんだよね)もさる事ながら、EDのミチちゃんも懐かしかったです。

しかし2000年代に入って、アニメシアターXで「マシーンブラスター」と共に再放送された事があり、私も無料日(契約はしてなかった)限定で録画して拝見、感激しました。でもゴローとミチがいろんな所に行って、地元の人に出会う、なんとなくロボットアニメらしくない場面もありました。

同時期はその直後にも、トランプモチーフの「ジャッカー電撃隊」ってのが放送、トランプヒーロー2本立てってのも面白ですな。
(ただしABCでは土曜19:30に「部長刑事」があるので、夕方に放送していた。ギンガイザーの前だったんだ)

ところで前に紹介していた「スカイヤーズ5」。私はオリジナル版のOPを見てない(VHSは再放送用)でしたが、最近ユーチューブでモノクロ版とカラー版のOPを見ました。途中で幾何学模様が入って、その下に「動画制作 TCJ」「企画制作 TBS」ってクレジットされました。こんなOPだったんですね。

2016/01/29/(Fri) 22:36:05


[Name] 管理人mvunit [Title] 戦いはこれできまりだ
[826]

オバQマンさん、久方ぶりです。

ギンガイザーはタケミのビッカー合金のCMが記憶に残ってます。
ブルゲイダーの胴体が中心から割れる映像が衝撃的で。
映像残っていないのかなぁ。

私も大阪朝日放送で見ていました。姉がまんが日本昔ばなしを
一階のTVで、わたしはギンガイザーを二階で見て。
あっという間に終わっちゃった、という記憶があります。
2クールでしたからね。

井上和彦さん初の主役がこの白銀ゴローでした。
冒頭から3枚目に描かれていたのは狙いもあったのかも
知れませんが、当時はヒーロー版一休さんにしか
見えませんでした(笑)。商品がちゃんと発売されなかった
点から見ても、商業的にはうまくいかなかったのか、
以降、葦プロはバルディオスまで暫しロボットアニメから
撤退していますね。ぬえとのトラブルも要因?
その後数年たって発行されたバンダイの
「メカニックブック・スタジオぬえ機動兵器編」に

「アニメではこのデザインもほとんど原形を残していない」
「ぬえとのデザインの落差はかなり激しい」と
ギンガイザーに対する辛辣な感想が。
相当根に持ってるのかなやっぱり。

見てた側としてはさほど気にはなりませんでしたが。

. 2016/05/03/(Tue) 21:02:32


[Name] ヨコ [Title] ダイアポロン RES
[807]

この主題歌はいきなり、「合身〜!」って叫ぶのが印象的でした。ノリは良い主題歌でしたね(^^)「合体」が流行っていた中で斬新な感じも有りましたが、身体がが肥大化してに合身が現実味から遠く離れましたね(苦笑)テッカマンだとまだ等身大なので、少しは成る程・・・って感でした(ニヤリ)

2015/12/19/(Sat) 08:55:08


[Name] 管理人mvunit [Title] 合身
[810]

ヨコさん、書き込みありがとうございます。本来雁谷哲の原作「銀河戦士アポロン」はロボット物というより巨大ヒーローものですしね。実際に巨大化してるのか、イメージとしてのシンクロなのかはさておき。一応「合身」という造語はブルマアクのブランドみたいで、メカンダーロボにも流用されてましたね。倒産後はカッコイイ響きからか、あちこちで使ってますけど。

. 2015/12/25/(Fri) 20:33:20


[Name] すーぱーぺるる [Title]
[822]

当時、ジンクロンを持ってました(合体セットの単品3体)。合体完成した後、余ったパーツで別のロボが2体出来上がるというやつでしたね。本編では、「不要部分収納!」とか言ってごまかしていましたが。

. 2016/04/12/(Tue) 10:54:14


[Name] 管理人mvunit [Title] どうもです。
[827]

すーぱーぺるるさん、初めまして。管理人です。

ジンクロンのダイアポロンは友だちが持ってましたが
重いんですよアレ。合金比率が高いからか。
とくにアポロントラングー。手足の関節が
華奢でいじるのが怖かったですが。

. 2016/05/03/(Tue) 21:05:00






Number Pass


この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板