無料で掲示板を作ろう  Amazon-新品のワイヤレスイヤホンが50%OFF!600円OFFクーポン発行中

記憶のかさブタ掲示板

記憶のかさブタをご覧頂きありがとうございます。
本サイトへの御意見御感想等ございましたら どうぞ。

※スパム並び迷惑行為と思われる書き込みは削除いたします。
御了承下さい。

ホームページへ戻る

Name
Title
Mail
URL
Message
削除キー 項目の保存

[Name] 児玉新一郎 [Title] クロパン RES
[866]

ここで『クロパン』について読めるとは意外でした!
本作については時々思い出しては「ああ、人気を得られなくて魔球路線に行ったんだなあ…」と考えていたのですが、まとめてみるとあまりの急展開に驚きますね。
魔球のメチャクチャさや鉄心のムチャさ(お前はずっと海に潜っていたのか?)はよく覚えているのですが、針治療とか三馬は四十年ぶりくらいに思い出しました。

2017/05/01/(Mon) 02:22:13


[Name] 管理人mvunit [Title] クロパンの変化
[868]

児玉新一郎さん EXページお楽しみいただけたようで
何よりです。バックナンバー調べるために足掛け四年、
何度となく国会図書館に通いつめました甲斐があります。

やはり5話までの人間ドラマはコロコロ読者層たる
小学生にはシブすぎたんでしょうね。生き別れの兄弟だの
出生・生い立ちの秘密など。担当記者から
「もっとバカバカしいくらいド迫力の野球漫画にしましょうよ」と
注文受けたんですかね?でなければ6話以降のあの
急展開は考えづらくて。同じ題の作品なのに
「大都会闘いの日々」と「大都会PARTV」くらいノリが違う。
にしても簡単に魔球が生まれては簡単に打たれるというあたり、
「侍ジャイアンツ」テイストですよね。加えて
最終回のあの超展開は、それまでの野球の常識だセオリーだのを
木端微塵に砕いてくれる禁じ手打法まで飛び出して。

もし初期のノリのまま連載が続いていたら
クロパンの結末は全く違うものになっていたんでしょうね。
そういう骨太の人間ドラマ版クロパンも見たかった気がします。

. 2017/05/03/(Wed) 22:16:08


[Name] Kristopher Walker [Title] カリメロ RES
[865]

さて、私はあなたのためにビデオテープのすべてをデジタル化することができましたが、あなたがむしろあなた自身でそれを待ってやりたいのか分かります。

あなたがそれらを転送することができれば教えてください? あなたは私にメッセージを送ることができます:kjw21411@gmail.com

2017/04/30/(Sun) 11:48:53


[Name] 管理人mvunit [Title]
[867]

Kristopher Walkerさん、日本の著作権法において、個人で録画したものは
第三者への譲渡は有償無償を問わず著作権者の許可なしに
行う事は厳密にみれば法律違反になってしまいます。
無論動画サイトなどへの公開も考えておりません。
こういうサイトをやっていると時折そういう、
「映像があるならダビングしてください」という旨の
問い合わせがあるのですが、全てお断りさせて頂いています。
申し訳ありませんが御了承下さい。

. 2017/05/03/(Wed) 22:04:44


[Name] ふにふにの境地 [Title] EXページ RES
[862]

クロパン懐かしいです。内山先生というと僕にとってはやはり「リトル巨人くん」なので、「巨人くん」とは雰囲気が違うなぁという印象だったのですが、魔球スクランブルエッグ誕生のくだりは昨日のことのように覚えています。あとハリ治療についてもこの漫画で知ったような。

しかし、これも封印作品ということなんでしょうか。確かに本来ならば序盤の感じでずっと行きたかったんでしょうし、内山先生としても不本意な作品だったのかも。でもやっぱり面白いものは面白い。あと水戸に長いこと住んでいたので、セリフで茨城弁が飛び交うと嬉しくなりますね。いまあの辺は野球じゃなく戦車バトル一色のようですが……。

2017/04/26/(Wed) 23:28:34


[Name] 管理人mvunit [Title] クロパン
[864]

ふにふにの境地さま 感想ありがとうございます。
もともとクロパンは別個のHPで立ち上げようかと
考えていたんですが、系統的に記憶のかさブタに
属してもいいのかなと考えてEXページで発表しました。
過去一度も一切単行本化されていない漫画のため
リアルタイムであの時代のコロコロ読者でないと
まず解ってもらえない作品で、そのわりに結構ネットでは
「サンダーボルト」「白鳥の舞い」「スクランブルエッグ」などの
魔球のキーワードがあふれてて、あ、みんな覚えてるんだ?
と思って画像探したらこれが皆無。
誰も研究ページ作ってないんなら自分でやろう、という訳で。

封印という大仰なモンでもないような気がします。
中途の路線変更・設定の雲散霧消・終盤のメチャクチャな展開と、
通してみるとやっぱし未整理かつ未消化な作品ゆえに
原作者自身が単行本化するのに二の足を踏んだ、
といったところなのかな?と邪推します。
たしかに後半は「ンなアホな」の展開の連続ですし。
けど、そういう荒唐無稽かつ未整理の部分も込みで
クロパンは印象深く、かつ面白い野球漫画として
記憶に残っているんです。リアルタイムの読者としては。
内山先生が亡くなった時、もしかしたら電子版で
追悼出版されるかな?と思ってたんですが結局ソレも無く。
このまま埋もれさせるには惜しい、という思いもあって
研究ページを作った次第です。

EXページはとりあえずクロパンの発表の場として設けたものですが
機会があればまた別の少年マンガも取り上げてみたいですね。

. 2017/04/27/(Thu) 00:41:10


[Name] Kristopher Walker [Title] カリメロ RES
[861]

はい、私は海外にいて、翻訳ツールを使っています。 私はいくつかの日本語を知っていますが、言語を入力する方法はありません。 でも、日本のショーを見て、私が "カリメロ"と見たことを楽しむ時には、理解しています。

  私は彼らに「カリメロ」を持っているあなたのVHSテープを購入することが可能でしょうか? 私はVHSプレーヤーを持っています。もしあなたがそれらを購入できるなら、私はそれらを転送することができます。 あなたが同意するならば、私はあなたのテープを支払うことができ、PayPalを通じて米国に出荷することができます。

2017/04/24/(Mon) 06:51:43


[Name] 管理人mvunit [Title]
[863]

Kristopher Walkerさま 
VTRについては譲渡は難しいです。30年以上昔のテープは
カリメロだけじゃなく、他のものも混在して録画しているもので。
当時はビデオテープが貴重品かつ高価だったこともあって、
隙間隙間に撮りたいものをあれもこれも、と
詰め込んで録画していたもので。

カリメロについてはVHSデッキを入手できたら
画像含めて追加記載を行いますので。

. 2017/04/27/(Thu) 00:27:03


[Name] Y・Y [Title] てん丸 RES
[856]

こんにちは。以前別の掲示板に書かせていただきましたが、こちらの「記憶のかさブタ」掲示板へは初めてです。しかし本当、期待を裏切らない選択ですね(笑)。

『てん丸』は全話観た記憶があります。藤田淑子の歌声も耳に残っています。ボンボンの原作も何度か読みました。

──なのに全然、どんなエピソードがあったか思い出せません(汗)。最終回の、いかにも打ち切りと丸分かりの「戦いはまだまだ続く」オチだけは鮮明に覚えているのですが。やっぱり妖怪ものは、人間の心の闇のようなドロドロとした描写がないと印象に残らないのかもしれません。

原作のほうも、単行本に最終回が収録されない児童誌連載漫画によくあるパターンだったのですね。石森の『アニマル学園チョメちゃん』みたいだな…ってあっちはアニメ化すらされてないですが。作者はその後、引退しちゃったんでしょうかね。


2017/04/18/(Tue) 18:46:36


[Name] 管理人mvunit [Title] 感想ありがとうございます
[857]

Y・Yさん 感想ありがとうございます。

テン丸は本放送当時と、その後2〜3年してから
朝7時半くらいから関西テレビでやってた再放送を
観たっきりなので、30年前くらいの記憶をほじくりだして
記事を書きました。十九話なんて中途半端な話数なんで
リピート率も高くなさげ。ソフト化もOPEDくらいで
本編は未ソフト化。かつてAT―Xで再放送された模様ですが。

最終回の一話前はなんか「つぶれ荘」のなかで住民とテン丸とが
ひたすらドタバタやってた話だったなぁ、という曖昧な記憶。
私もそんなに強烈な記憶が残っている訳でもないもので。
鬼太郎の「霊形手術」やえん魔くんの「妖怪父ちゃん」みたいな
強烈な焼印みたいなエピソードがあればもっと記憶に残ってるのですが。

かぶと虫太郎先生については他にどういう作品を発表していたのか、
現在はどうしているのかはよく解りません。
同じフジアニメ「のらくろクン」のコミカライズをしている
記録はあるので、1987〜8年までの活動は確認できますが。

期待を裏切らないチョイスということで、有難うございます。
基本「記憶のかさブタ」は私自身が記憶に残ってるのに
ネットや文献でであまり情報が拾えないアニメ、というのが
一種の選択基準になっているんです。故にあまりマニアが研究しない
ファミリー向けアニメが多くなっちゃう傾向にありますが。

. 2017/04/23/(Sun) 13:31:24


[Name] 管理人mvunit [Title] 返信が遅れております RES
[855]

現在GWイベント準備の只中のため
返信が遅れております。申し訳ありません。
落ち着いた頃合を見て個々に返信いたしますので
今しばらくお待ち下さい。

2017/04/09/(Sun) 22:41:26


[Name] Kristopher Walker [Title] カリメロ RES
[853]

あなたは「カリメロ」のあなたのエピソードを私に送ってください。

2017/03/18/(Sat) 16:33:40


[Name] 管理人mvunit [Title] 感想ありがとうございます
[858]

Kristopher Walkerさま お返事遅れました。

日本語翻訳ツールを使っての書き込みですかね?
海外の方ですか?

カリメロ(1974・K&S 東映動画版)については
現在日本において一切ソフト化がされていません。
契約の関係だと思うのですが。ただ、再放送などは
ほんの15年前くらいまで地方局で行われていたと思います。

新たなエピソードを追加記載してほしい、との事ですが
一応30年以上前に録画したビデオテープを所持していますが
肝心のVHSデッキがもう無いのです。
ゆえに動画再生が出来ない状態です。

VHSデッキが入手出来ましたらリクエストに応える形で
何話かのエピソードを新たに追加したいと考えています。
いつになるかは約束しかねますが
気長にお待ち頂ければと思います。

. 2017/04/23/(Sun) 13:33:29


[Name] Kristopher Walker [Title] カリメロ RES
[852]

あなたのサイト、特に「カリメロ」のあなたのページが気に入っています。

私はそれが好きで、エピソードを見つけることは非常に難しいです。

2017/03/18/(Sat) 16:32:36


[Name] Kristopher Walker [Title] RES
[851]

あなたのサイト、特に「カリメロ」のあなたのページが気に入っています。あなたは「カリメロ」のあなたのエピソードを私に送ってください。私はそれが好きで、エピソードを見つけることは非常に難しいです。

2017/03/14/(Tue) 10:30:46


[Name] オバQマン [Title] RES
[850]

1年ぶりの「新作紹介」は「こてんぐテン丸」ですか。あれは私も少し見ました。当初はかつてこの枠(CX木曜19:00)で放送されていた「えん魔くん」みたいのかと思ってましたが、内容は「えん魔くん」の怖さってものが無い珍しい作品でした。それに協力者の大半が、ヨーコら人間であり、またねずみ男やダラキュラみたいな「妖怪に協力する意地悪な奴」のが無かったです。

でも放送が「19回」と短期間。マァこの時期ってのは、おたくが紹介した「一平」「ウルトラ婆さん」みたいに、「1クールで終わる」ってのがウジャウジャありましたが、まさか天下の東映動画が、それに当時「楽しくなけりゃ」でゼッコーチョーだったCXでこの状態とは(同時期には「イタダキマン」も終わって「タイムボカンシリーズ」終わった)。そして「テン丸」の次は西川きよし司会の「クイズやじうまスコップ」となり、奇しくも「えん魔くん」以来10年続いた木7アニメ、そして「さすらいの太陽」以来12年続いた木7子供路線が途絶えてしまいました。「ゲッターロボ」「999」をヒットさせたあの枠も、すっかり人気が無い有様でした。

この時期の木曜19:00といえば、こんなのが放送してました。
*NTV「ときめきトゥナイト」→「伊賀野カバ丸」(「ときめき」の時はプロ野球もやってたな)
*TBS「イーグルサム」
*テレ朝「クイズタイムショック」(山口崇時代)
*テレ東「タイガーマスク」(平日)→「一発貫太くん」(平日、後に水・木・金)→「あらいぐまラスカル」+「まんがイソップ物語」(双方とも平日で15分番組)
どうですか。古豪「タイムショック」相手に各局がアニメ責めの状態で、ドキュメンタリーだったNTVや、バラエティのTBSまでアニメです。でも「タイムショック」はびくともせず、番組が終了するのは2年後の1985年9月。これはCX木7の「北斗の拳」の影響です(リベンジ果たせたな)。

2017/03/06/(Mon) 22:29:43


[Name] ふにふにの境地 [Title] こてんぐてん丸
[854]

モロにリアルタイムで見ていた、とても懐かしい作品です。「テレビまんが主題歌のあゆみ」にテーマ曲を見つけたときにはすごく嬉しかったですし。とは言え、確かにけっこう鳴り物入りで始まったわりには、いつの間にかフワッと終わっていたのも事実。でも、子供の目にも打ち切りだとわかった「ふたり鷹」と違って悪い印象はないです。ちゃんと人気もあったと思いますし、ほんといい思い出として残っているいい時代のテレビまんがという感じですね。80年代版鬼太郎の布石というのもよくわかります。というより、あの作風の軽さはあの時代のフジテレビそのものと言う気がします。今となってはあの頃の河田町よもう一度、というところでしょうか。

. 2017/04/01/(Sat) 02:25:06


[Name] 管理人mvunit [Title] お返事遅れました
[860]

オバQマンさん 返信遅れました。

木曜19時フジ枠は当時アニメファンにとって黄金の時間帯でしたね。
私が見てたのは「名門!第三野球部」まででしょうか。
次第に裏の日テレ系に浮気するようになっていって。

こてんぐテン丸の時代は「楽しくなければテレビじゃない」を
キャッチフレーズに、お気楽極楽なノリがフジテレビ全体を包む時代の
ちょうど前段階でしたね。このちょい後にアニメの主題歌をおニャン子が
こぞって歌うアイドルコラボの時代が来るわけで。一方で
昔からのアニメを支えてたスタッフや脚本家がプロデューサーのやり方に
反発を覚えて去っていったのもこの時期と、書物で読んだ事があります。
(藤川桂介の本だったと思いますが)
新旧交代というより、プロデューサーの趣向にそぐわないスタッフが
はじき飛ばされた、という感じでしょうか。

見切りも結構はやくて、辛抱することなく改変期であっさり番組終了、
なんてアニメも当時のフジは多かったです。
「科学救助隊テクノボイジャー」「チックンタックン」
「らんぽう」「炎のアルペンローゼ」…全部2クール足らずで終了。
「炎のアルペンローゼ」など突然打ち切られたために、最終回が
ラスト2分で凄いことになってまして、本放送時にみた衝撃は
いまだに忘れられません。頭真っ白。視聴者完全に置いてけぼり。

またこの時期、ガンダムの二匹目の泥鰌を狙って次々リアルロボ物が
作られたはいいけど、一時期本数がロボット物で週11本、という
凄まじい粗製乱造の様相を呈するようになって。
(スラングル・ダンバイン・アルベガス・ボトムズ・サスライガー
 プラレス・オーガス・ゴーバリアン・モスピーダ・
 ドルバック・バイファム -1983年10月当時-)
作品個々の評価はさておき、多くの作品は売上的に不振で
多くの製作プロや玩具メーカーが相次いで倒産してるんですよね。

兵どもが夢のあと…といいますか。今ではこれらの当時
売れなかった玩具や合金トイがMANDARAKEで
結構な値で売られているのは複雑な感じです。


ふにふにの境地 さん 返信遅れました。

当時のフジはとにかく美少女ラブコメが第一、といった感じの印象です。
「うる星やつら」「さすがの猿飛」「タッチ」「ハイスクール!鬼面組」
作る側も観る側も「女の子大好き人間大集合♪」状態と言いますか。
フジは深夜枠で「レモンエンジェル」まで放送していた局ですから特に顕著で。

その影響を受けてか、本来シリアスなアニメも美少女の洗礼を受けていました。
「あした天気になあれ」は本来純然なゴルフ漫画なのに、エッコとのラブコメが
序盤けっこう付け足されていましたし(中盤以降は邪魔になるので皆無に)、
「機甲創世記モスピーダ」「特務機兵ドルバック」といったリアルロボ物でも
美少女のシャワーシーンやオッパイポロリシーンが挿入されてたり…。
この時代、アニメでオッパイポロリは普通に流れていたんですよね。ゴールデンタイムで。

明確な時期こそ判然としませんが、多分おニャン子解散の時期と
リンクするように、お気楽極楽ノリ&ラブコメブームも一段落したのかなと
思います。90年代に入るとちょっとしたレトロブームが起きて
原点回帰的表現が増えたように感じたので。ただ、かつての
努力や根性と言った60年代的価値観を嘲笑の対象にしたような
歪んだ原点回帰ではありますが。

お気楽極楽・軽薄短小の時代も今を去ることもう30年前。
今の時代の人が見たらどういうノリに映るのか気がかりではあります。

「ふたり鷹」は打ち切りもさることながら、製作会社が放映中に倒産して
しまったこともあるんでしょうけど…。新谷かおるキャラが全然似てない
&まともにレースシーンが無いというのにはまいりました。
緋沙子さんの声(藤田淑子…おお「テン丸」だ。)はイイ感じでしたが。

. 2017/04/23/(Sun) 13:38:01






Number Pass


この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板