Amazonタイムセール祭り2月2日開催予定

作詞投稿コーナー

誹謗中傷やサイトの批判は削除させて頂きます。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
指名/フリー
本文
文字色
文字色
個人用削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.4117 想い出に抱かれて… 投稿者:杉江香代子   投稿日:2022年12月18日 (日) 14時48分 [返信]

今は希望しません


<< 想い出に抱かれて… >>作詩・杉江香代子

揺れる…カーテンも
昇る…朝焼けも
差し出すこの手で つかめないわたし
伊豆山の丘に建つ 白いホテルにて
想い出ばかりを 抱き寄せるけど
指先をかすめては ポロポロ落ちてゆく

歌う…白い波
黙る…砂の音
心をあやして 目を閉じるわたし
伊豆山の丘に建つ 白いホテルにて
あなたを探して ふりかえるけど
携帯に残してる 二人の陽炎

きっと…大丈夫
いつか…忘れるわ
昨日(きのう)のことさえ 見失しないそうよ
伊豆山の丘に建つ 白いホテルにて
あなたの好みの ドレスを脱いで
いまそっと想い出に 朝まで抱かれる


font>
No.4123 キーさん、お待ちしておりました^^ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2022年12月22日 (木) 18時09分



キーさん、お待ち致しておりました。この様にコメントだけ頂いても、本当に嬉しいです、有難うございました。
私の考えはキーさんの最後にお書き下さったことです。3節がドラマの中の女性の心情そのもののつもりで書きました。おっしゃる様に、詩がシンプルですと曲で大いに色を付けられて、歌で香りを付けられますね。私の様にきちんと言葉多く、隙間なく書き上げてしまうのも時にはそれが欠点になる様におもい、ある曲を真似してシンプルに書いてみました。
色々な感想を頂き、少し寝せて見るつもりです。時にはこのままで少し色を加えて見るのも一つ、徳田さんの言われたアドバイスに添うのも一つ。捨てないで、何時かは完成作品としてお目見えさせたいと思います。

No.4122 唐突ですが... 投稿者:キー   投稿日:2022年12月21日 (水) 19時12分



訳あって長い間作品や、コメントの投稿もせず、突然消え失せた様な振る舞いで、管理者並びに、サイト参加者の皆様方には、大変申し訳なく思います。只サイトの方は、毎日欠かさずに拝見しています。感じたことを、久し振りにひと言..。

二名の方々が此の作品に、コメントを寄せられていますが、色々な感じ方や見方が、有って良いと思います。詞文の筋書きや表現は、個性や思いの吐露と言った根幹に係るものなので、私が軽々しく内容に立ち入るのは、遠慮したいと思います。良く分からないと感じたのは、例えば...

「一節は不要。二節三節を一節二節にして三節を新たに、明日を創られたら良い」とのご指摘は、此の文節の形式のことなのか?..、それとも表現内容のことなのでしょうか?..

形式に関しては、こんな出だしも有りかと..。極論を言えば付曲する時に、どう表現するのかと、挑戦状を付き付けているのかも?。過去のヒット曲でも、用例の在る手法なのでは..。

表現内容に関しては、一節を省略すると、少し単調になって、押しが足らないとお考えなのでは?..。敢えて同じパターンを繰り返して、三節を強調したいと言う意図が、読み取れる様に感じますが..。



No.4121 参考にいたします^^ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2022年12月19日 (月) 10時48分



時女さんへ

伊豆山という地名はお話していた中で記憶がありましたので、行ってきました。開発が進んでおり、山の海側は大きなホテルとか、マンションが建っておりましたが、和な風景と夜景に何か書かないととの思いで、とにかく書いてみました。そこで、過去にヒットしている、有名作詞家の詩に当てはめてみました。
シンプルに、奥が深く書く…それが夢ですが、私は言葉が多いのです。ある業界の方が見られていて、「言葉が少し多いですね。でも、それが杉江さんらしさかも知れませんね〜」と言われた事がありますが、私なりにシンプルに…分かりにくいのならばダメですね、推敲してみます。アドバイス、有難うございます。

No.4120  投稿者:時女 礼子   投稿日:2022年12月18日 (日) 23時44分

想い出に抱かれて


杉江さんへ、
私の故郷の伊豆山にいらしてやはり作詩をなさいましたね、熱海の詩は多数あっても伊豆山の地名の登場する詩はなかったかとおもいます。朝焼け、海、山、伊豆山、、、私は伊豆山の山側に住んでおりましたが急に故郷が恋しくなりました。

一番の一行から三行迄が少し分かりにくいような気が致しますがやはりシンプル故でしょうか、、、徳田さんの御意見にも少し近いのですが、杉江さんらしく言葉を多くなさるとどの様に変わるのでしょうか、大変興味のある所です。

熱海の伊豆山の歌詞の完成が待ち遠しいです。

No.4119 早々に有難うございます 投稿者:杉江香代子   投稿日:2022年12月18日 (日) 15時39分



先日、熱海の伊豆山にあるホテルに行っていた時に書きました。その後、寝かしておいたのですが更に書いてみました。ラインにて何人か感想を下さった方がおいででしたので、捨てることなく推敲しております。

徳田さんのアドバイス、更に考えてみたいと思います。私らしくなく、シンプルに言葉を少なくを意識して書いてみましたが、シンプル過ぎて雑でしたでしょうか?(笑)。

海に面している広いベランダ、大きなガラス扉の間から入るそよ風とかすかに揺れるカーテン。真っ赤な朝焼けも見られていたので、1節は室内から、2節がホテルの部屋の外、3節が室内と、場面設定を変えてみました。1・3番を唄うと室内の場面設定として続いて行きます。

因みに、熱海の伊豆山は偶然にも時女さんが小学生までお住まいになられていた場所だそうです。

No.4118 想い出に抱かれて…  投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2022年12月18日 (日) 15時15分



<< 想い出に抱かれて… >>
誰もコメントされてませんでしたね!
怖いもの知らずが、ひとつ感想を。
一節は不要。二節三節を一節二節にして
三節を新たに、明日を創られたら良いと
感じましたです。ハイ! 合掌
一節だけが、なぜか荒いように感じた。
失礼はご容赦です。




Number
Pass

レンタカーの回送ドライバー
Amazonタイムセール祭り2月2日開催予定
無料で掲示板を作ろう
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板