無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする
好きな時に好きなだけ働ける
レンタカーの回送ドライバーってこんなお仕事です

 

東北大学陸上競技部

掲示板

 

東北大学陸上部の掲示板です! 連絡、大会への意気込みなどを書いていきます。

 

書き込みが1000件に到達しました。新しい掲示板に移行してください。

 

 

ホームページへ戻る

名前
Eメール
題名
内容
URL
アイコン (リスト) (リスト)
削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください

[989]022 松島ハーフ(10km)を振り返る 投稿者:本田@長距離M2

投稿日:2018年10月26日 (金) 23時21分

結果だけ述べますと、部内1位、10kmの部全体で3位でした。
上手く行った試合ですが、こういうときこそ振り返り、勝因を分析することが今後のためにも重要だと思ったので、書き記します。

松島ハーフ(10kmの部)は、アップダウンや海風の影響が大きいタフなレースです。例年、出雲駅伝の前日に開催されます。
うちのチームはこのレースと出雲駅伝で、全日本大学駅伝の出走選手をほぼ決めます。出雲駅伝に出場する人はほぼ決まりなのですが、出雲駅伝に出場しない人は代わりにこのレースに出場します。そのため、駅伝の出走を目指す者にとっては1回勝負の大一番です。1年間の成果を試されているようなものです。

私は昨年、何としてでも部内4位以内に入る(出雲組が4名だったため、この4名と松島ハーフ部内4位以内で8人の出走選手がほぼ決まる形になります)と意気込んで臨み、結果は部内5位で出走権を逃しました。9番手として駅伝を経験しました。あの時感じた挫折感、後悔は今でも忘れられません。
今年は、何が何でも逃すわけにはいかない。かといって、8番手ギリギリを狙っていては昨年の二の舞です。8番以内を狙う、という目標設定では、たいてい8番以内に残れないものだと学んできました。

そこで、今年は「部内トップ」を目標にしました。すなわち、全員に勝利する。

北日本IC、その他過去にも同じような暑いレースを何度も経験したことから、今回のレースも何となくの自信がありました。
台風一過による暑さが想定できたため、爆死だけはしないように、七大戦と選考会同様にOS-1を摂取。起床時間を徹底して調整し、体調を万全に。最初は抑えめで入り、できるだけ足を使わず、5000m過ぎたら踏ん張ってあげていく。

勝因は何か、と聞かれれば、OS-1の摂取ももちろんですが、
・部内トップを目標にしていたことで、順位に妥協せず粘り抜き、臆することなく自分のレースをすることができた。
・過去のレースの積み重ねから、自信を得ることができた。
この2点だと思います。
今回松島ハーフで確かに勝ちましたが、よしきさん、南雲さんと一緒に昨年の全日を走れなかった、この事実は嫌でもついてきます。ですが、上手くいった試合も上手くいかなかった試合も、勝ち戦も負け戦も、すべて経験して続けてきたからこそ、よりクレバーに、より粘り強く走り抜き、ついにこの因縁のレースで勝つことができたのだと思います。

また、今回のレースで8番手に入れなかった後輩もたくさんいます。自分自身、昨年の経験が思い起こされます。
長距離に限らず、他パートでも同じなのではないかと思いました。
対校の1種目3人以内、ギリギリの3番手を狙っても勝ち取れる人はなかなかいません。1番手・2番手に食らいつくことで、初めて3番を勝ち取れるものだと私は5年以上掛かって気が付きました。勝つためには、最大限全力で勝ちに行く必要がある。

これは、勝負という点では陸上やスポーツに限らずどこでも同じかもしれませんね。

次回は、明後日開催されます全女について投稿する予定です。



Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板