無料で掲示板を作ろう  Amazon-足元用のセラミックヒーターのタイムセール開催中

作詞投稿コーナー

誹謗中傷やサイトの批判は削除させて頂きます。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
指名/フリー
本文
文字色
文字色
個人用削除キー 項目の保存

No.1769 度胸三寸 投稿者:布袋福太郎   投稿日:2019年12月05日 (木) 00時47分 [返信]

フリー


度胸三寸(どきょうさんずん)

作詞 布袋福太郎

祭り縁日 季節を巡り
渡る稼業の 旅暮らし
生きる苦労が 辛くても
ハレの舞台に 涙は見せぬ
空の青さよ 心の清さ
今日も笑顔の 啖呵売(たんかばい)

恋のゆくへは 涙の別れ
許しておくれ さよならを
幸せやれぬ 旅回り
流れ家業の 辛さもあるが
因果渡世と 諦めながら
度胸三寸 生きる者

人の喜ぶ 笑顔の花が
咲いて賑わう 沿道に
露店屋台は 夢を売る
心潤す 祭りの宝
神は神農 心は錦
てき屋人生 俺の道

※三寸と云うのはテキヤのさんのことでフーテンの虎さんの様な口上売をする人達の事を云います。






No.1764 おんなの駅 投稿者:cat kicho   投稿日:2019年12月03日 (火) 12時49分 [返信]

符曲済(アレンジ募集曲)


おんなの駅

作詞:橘隆一

夜汽車に揺られ 辿り着く
北の岬に たたずめば
まるでわたしと 同じよに
砕けて泣いた 波しぶき
凍てつく風よ おねがいだから
わたしの心を 凍らせて
ここが 此処がおんなの 終着駅

「いいのか? こんな 俺でも」と
言ったその瞳(め)を 信じたの
まるでシャボンの 泡のよに
優しくつつむ 月あかり
流れる風が 髪を揺らして
わたしの心に 火をつけた
ここが 此処がおんなの 愛の駅

ひとすじ空に 流れ星
誓うことばの さようなら
まるで未練を 流すよに
波音ひびく 夜更け前
南に向かう 夜汽車に乗って
わたしの心は 旅立つの
ここが 此処がおんなの 始発駅
ここが 此処がおんなの 始発駅


No.1762 暗証番号は3・3・4・1 投稿者:杉江香代子   投稿日:2019年12月03日 (火) 09時13分 [返信]

フリー(曲のイメージ有り)


<<暗証番号は3・3・4・1 >> 作詩・杉江香代子

あなたからもらった 真珠のピアス
一つなくして しまったの
終わったはずの 恋なのに
聞き分けがない わたしの心
どこにいるの どうしているの
あなたの影が 硝子のように
揺れては消えた 夏の海
合鍵はポストよ 
暗証番号は 3・3・4・1 さみしい

とめどない涙は 背中を丸め
じっと電話を 待っている
秋から冬へ 季節さえ
枯れ葉が舞って 足音も消すわ
どこにいるの どうしているの
素顔のままで 素直なままで
あなたに逢いに 行ったのね
さよならを言わせて
お願いもう一度 あ・い・た・い あいたい

どこにいるの どうしているの
忘れたコート 枯葉の匂い
あなたの胸に 包まれて
合鍵はポストよ 
暗証番号は3・3・4・1 さみしい

No.1767 真珠のピアス 投稿者:杉江香代子   投稿日:2019年12月03日 (火) 16時45分



女性なら誰でも一つや二つは真珠のイヤリングやピアスは持っています。お洒落用もあり、冠婚葬祭用もあり。誰からもらった真珠のイヤリングまたは、ピアスかが主人公が大事にしている事で、頭から言いたいテーマです。ありふれたフレーズであるがゆえに、その後のドラマ、脚本が重要と思います。暗証番号3 3 4 1が題ですので、その構成とオリジナリティーを見て頂き、そこに苦労の評価とオリジナルを見て頂けたら幸と思います。真珠のピアスと言う歌は他にも出ていますので私は故に、題に使いませんでした🎵

No.1766  投稿者:布袋福太郎   投稿日:2019年12月03日 (火) 15時00分



失礼しました、真珠のピアスと云うとどうも松任谷由美を連想してしまって、大ヒット曲ですから、あの歌は確か真珠のピアスの片方をベットの下に投げ、別の彼女が出来て引っ越しする時にベットを動かすと以前の彼女とのロマンスが発覚すると云う恐ろしい歌、真珠のピアスって言葉自体誰でも知ってる歌の決定的なイメージなもので、なんかそう云う意図的に御使用したのかと思いまして、その言葉自体使うのってユーミンのフアンの方なのかなあ、って思われてもしかたない可能性も充分あるって話です、頭が固いおじさんなもので変な事云って済みませんでした。


No.1763 イメージ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2019年12月03日 (火) 09時18分



私の中に流れている音楽のもう1本の柱。この詩と融合すると素敵になるかな?と思いますので、イメージとイメージ歌手を言わせて頂きます。

https://www.youtube.com/watch?v=qb32eJ00lkY

https://www.youtube.com/watch?v=U2BhBH7amXM

https://www.youtube.com/watch?v=Zrntba2j6ac

大好きな歌手です。この様なリズムに挑戦して頂けないかと思います。売り込みに行きたいな〜(笑)^^V
藤井さん〜、Masaakiさ〜ん!!…冒険ですが、如何でしょうか(笑)。この様なメロディーを頂けたら「はめ込み」にも挑戦させて下さい。


No.1761 うるわし倭姫 投稿者:奈良市 徳田勝行   投稿日:2019年12月02日 (月) 16時32分 [返信]

フリー


「うるわし倭姫」    詞・徳田勝行
               
神を鎮(しず)める 霊地を求め
鞍飛峠(くらとび)越えし 倭姫(やまとひめ)
旅に疲れて 一夜を乞えば
貧しき中でも 優しく招き
膝つき尽くすは 民の真心
月見の石(いわ)に 姫石(ひめし)の不思議

国の安寧(あんねい) わが身に託す
帝(みかど)の願い 御杖代(みつえしろ)
光り射す土地 東に向かう
古老の話に 険しき獣道(みち)と 
自ら案内(あない)の 民ぞ嬉しき
三峰山(みうね)の裾に まどろみ給う

八咫(やた)の鏡を 奉じるところ
日の本治む 天照大神(あまてらす)
平和願って ひたすら祈り
苦難を耐えます 清(すが)しきこころ
うるわし倭姫(ひめ)なり 民の敬(うやま)う
元伊勢御杖(もといせみつえ) 愛しき村よ


ながいさん、田浦さんのあとは出しにくいネ(笑)
「曽爾慕情」で奈良県曽爾村を。 そして隣接する村。奈良県御杖村を
「うるわし倭姫」として創ってみました。
伊勢の地へたどり着くまでの倭姫を書きました。
         
2019−12−2 完    徳田


No.1760 雨は心を濡らす 投稿者:田浦 賢   投稿日:2019年12月02日 (月) 01時19分 [返信]

フリー


タイトル《雨は心を濡らす》

1、窓を打つ 出口の無い夢 雨が打つ
  一人の夜は 寒々と
  戻らぬ 暮らしの 暖かさ

  馬鹿だよね 小さな幸せ 飽き足らず
  自分の手から こぼした私

  揺れていた こころの隙間に 降る雨は
  悪魔が書いた シナリオでしょう

  夕暮れの 交差点 雨は記憶(おもい)を 
  連れて来る

2、幾つもの 重ねた裏切り 罪ですね
  腐った吐息 苦すぎて
  失くした 安らぎ 幸せを

  馬鹿だよね 男の車の 助手席で
  シートに体を 隠した私

 *優しさに 溢れていた人 もう二度と
  帰ってこない 私の傍に
  
  夕闇の 交差点 雨の歩道は 赤い色 

 *傘もない ひとりの夜更けに 降る雨は
  後悔(おもい)の糸が もつれて絡む

  真夜中の 交差点 雨は小走り 冷え冷えと


No.1759 縛り雪 投稿者:ながいさつき   投稿日:2019年11月30日 (土) 23時59分 [返信]

フリー



    縛り雪

あなた探して 百里みち
遠い国から 来たものを
蔵王おろしが 通してくれぬ
ここは羽(う)の国 上山(かみのやま)
見知らぬ女(ひと)を いたわるように
出湯灯りが あゝ手を伸べる

さらに降り積む 雪の背に
燃やす情けの 炎(ひ)の先で
慕い綴れば しずくの酒に
酔えば羽の国 尾花沢
他国の女を 憐れむように
せめて一夜の あゝ夢を摺る

はやる心を 押し戻す
白いつぶての つれなさが
縁(えにし)遠ざけ この身を縛る
ひとり羽の国 雄物川
旅路の女の 願いをのせて
消息(ゆくえ)尋ねる あゝ笹船(ふね)が往く


No.1758 めぐり川 投稿者:藤井有人   投稿日:2019年11月26日 (火) 22時40分 [返信]

付曲済み


作詞/ながいさつき

瀬音恋しい 流れの源(もと)は
前世(さき)の名残りの 夢しずく
うき世谷間に 生まれても
逢瀬さがして 越えてゆく
ああこの川は 情(こころ)さざなみ
寄せる旅路の めぐり川

風が冷たい この世の岸も
明日は日和の 春の原
遠い瀬音を 抱きしめて
慕(おも)い重ねる 夕間暮れ
ああこの川は 情(こころ)灯りに
辿(たど)る旅路の めぐり川

千代に織りなす 二人の絆(なか)は
永久(とわ)に切れない 紅の糸
「あなた」「おまえ」と 手繰り寄せ
いつか運命(さだめ)に 結ばれる
ああこの川は 情(こころ)ひとつに
出逢う旅路の めぐり川


No.1753 浪花のダンディズム 投稿者:布袋福太郎   投稿日:2019年11月26日 (火) 06時41分 [返信]

符曲済み


浪花のダンディズム

作詞/作曲 布袋福太郎

歌で酔わせる憎い奴
心に沁みるラブソング
渋い男の唄声は
女心を震わせる
今夜も輝く星ひとつ
俺は浪花のダンディズム

一度聞いたら忘られぬ
夢を見るよな甘い声
殺し文句のフレーズで
女心を盗み取る
恋に落ちたら危ないぜ
俺は浪花のダンディズム

風の噂に聞いたけど
近頃流行りの憎い奴
愛を囁くビブラート
女心を痺れさす
男の魅力と云う奴さ
俺は浪花のダンディズム

No.1757 感謝 投稿者:布袋福太郎   投稿日:2019年11月26日 (火) 11時06分



あれからこれではいかんと思い立ち急遽録音をし直しご指摘のところを手直ししました、YOUTUBEも再度アップロード、なんとか恥を凌げました、徳田さんご指摘ありがとうございました。

No.1754 浪花のダンディズム 投稿者:奈良市 徳田勝行   投稿日:2019年11月26日 (火) 08時45分



布袋さん、受けましたヨ! 楽しいですね。
俺は浪花のダンディズム。これで歌い流されたら後ろに行列が出来るかもね! そんな絵が浮かびます!
ただ、三番の出だしが違和感を覚えました。
なぜかここだけが他人事のように思えましたので、
「うわさ巷に流れてる」くらいの方が良いのではと。
5行目の奴と重なるので、ここは「ものさ」とかね。
先輩に失礼ですが、ご容赦くださいね。


No.1745 化身 投稿者:杉江香代子   投稿日:2019年11月24日 (日) 11時21分 [返信]

コメントのみ希望


<< 化身 >>      作詞・杉江 香代子

一年一度を 待ちわびて
ふたり漕ぎ出す 罪の川
天狗の太鼓に 誘われて
恋するおんなは 身を化える
狂おしく 狂おしく
この道行けば 獣道
月の出ぬ間の 天城山(あまぎやま)
逢いに来ました あーぁー蛍になって…

こちらにおいでと 呼ぶ声に
水を含んで 飛んでゆく
愛しいあなたの 胸の中
庭で「駄目よ」と 鹿威し(ししおどし)
狂おしく 狂おしく
世間の噂を 振り捨てる
宿の鏡の 紫陽花に
舞って乱れる あーぁー蛍がいるの…

狂おしく 狂おしく
この道行けば 獣道
想い尽きない 出会い橋
そっと戻るの あーぁー淑女(おんな)の顔に…

No.1756 徳田さん、小池さん、田浦さん、布袋さん、ありがとう御座います^^ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2019年11月26日 (火) 09時36分



徳田さん、小池さん、田浦さん、布袋さん…お心のある、温かいコメントを有り難う御座いました。胸の奥から「更に書きますわよ〜!」と、力が湧いて来ました。
この作品は昨年、天城にあります老舗「落合楼村上」に、蛍祭りの最後に行きまして、宿の提灯をぶら下げて男川、女川を見に行った経験を書いた新人賞・佳作「天城の蛍」の女版なんです。(今年も行こうと思いましたらリホーム休館)ですから…大方は実話です(笑)。昨年、映画を見ていて「おまえの声はどこに居ても聞き分ける」と言う台詞があり、その言葉が起因で書き出した作品でした。今年は連合の瀬川瑛子に女版として6行詩で応募しました。「狂おしく 狂おしく この道行けば獣道」を更に書き加えて、上記は8行のツーハーフに書き換えてみたものです。
連合の総会に行った時に、やはり「どうしてコンクールなのにA/B面に同じ様な作品を選ぶのだ?」と質問が飛んだことが以前、ありました。選者に作曲家も入るので、新人賞と基準が違うのでしょうかね〜?萩原先生、田浦さんのご意見にあるように、私も選考基準が掴めずにウロウロしています^^:布袋さんが言われるようにコンクールが全てではないと思います。振り回されることは無いようにと思います。ただ、「楽しい、楽しい」と、居心地の良い所で満足していたら結局、「井の中の蛙」。大海を見てから納得して「井戸」に戻ろうかなと思っています^^V。もう一つ、書きたい女(作品)を書くのではなく、要望に応じた女(作品)を書きこなせる作家になれたらと思っております。今後とも、皆様の良きご指導をお願い致します。大海が広すぎて、ペンで漕ぎ出した一人乗りの舟では向こう岸は見えているのに…近くて遠いですね。(*大海も人それぞれの大きさです)

No.1752 コンクールもいいけれど 投稿者:布袋福太郎   投稿日:2019年11月25日 (月) 20時11分



僕も毎年挑戦しているのですが振り回されると心が疲れてしまう、振り返ると貴重な時間を希望の薄いコンクールに費やしてきた、月日のたつのは早くて沢山の惨敗を見送ってきたが今は大ヒットする様な歌を考えて仕事をしていて隠し玉を多数用意し密かに鋭利な牙をといています、杉江様もやれる事は沢山あります、どうか時間を無駄にしない様に、コンクールばかりが音楽家の道ではありません。

No.1751 これが落ちたの? 投稿者:田浦 賢   投稿日:2019年11月25日 (月) 16時27分



藤田まさと賞の選定基準は本当に分かりずらいと思います。 当選作にしても何か所も書き直しがあると聞きますし、落ちる人間が言うことではありませんが、何が線引きのラインでしょうねぇ。
この作品などは十分そのレベルにはあると思いますが…
出すことは大事ですが、どこにポイントを置けばいいのか分かりませんねぇ…

No.1750  投稿者:奈良市 徳田勝行   投稿日:2019年11月25日 (月) 15時39分

感心しております。


西方裕之さんの「冬・七夕」聴かれたのかな?
これも、年に一度の逢瀬を書かれてますよ!
そこまで思い込める女性は凄いと思うけど、反面、怖いですよね! 男性軍はいかが思われますか? 歌の世界だけにしておきましょうネ(笑) 
しかし杉江さん、良く書けましたね。 想像だけで書けるって、やっぱり根っからの作家なんですね! 
コメントは、こんな感想しか書けませんでした。

No.1749 厳しいです。 投稿者:小池 蓮   投稿日:2019年11月25日 (月) 10時42分



何とも妖麗なフレーズの繋がりでは有りませんか?
一番の4段目と5段目を入れ替えてみたらまた違った感じで捕らえられますね。

しかし、これが落選とはね〜。


No.1748 萩原先生、有り難う御座います^^ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2019年11月24日 (日) 22時25分



今年の新人賞は十分な時間が取れなくて、書き下ろしの作品が出せませんでした。プレッシャーに押しつぶされていたように思います。そこで、連合の新作コンクールに書き下ろしで挑戦してみました。色々な方がいらっしゃられますが、私は自分の作品の評価が自分で出せませんので、ジャッジを受ける為にコンクールに出しております。また、このサイトで今回の様に萩原先生筆頭にご意見を聴きたく思います。巷に出ている作品(作詞)等を見て、萩原先生がお書きな様にも思いますが、演歌だ、カラオケだと歌われている現場の現実は本当にピンから切りまでなんだと思います。コンクールも主催者に合わせて選考基準が違うのだと思いますので、今年の連合の最優秀賞や優秀賞の詩を早く見てみたいですね^^。萩原先生のお言葉で力が湧いて来ました。本当に、本当に有り難う御座います。

No.1747 当落の主権は選者側にあり。 投稿者:萩原たかし   投稿日:2019年11月24日 (日) 17時35分



気にかけていましたがなんと落選とは・・・。。
どちらかと云うと品位を保つために暗喩の多い作品ですが選者にはそのあたりが読み取れないように思います。天城の蛍祭りには天狗の太鼓が打ち鳴らされるとのことで≪天狗の太鼓に誘われて≫と妖しさを醸し出すフレーズが入っていますがこのあたりも選者にはまったくわかっていないようですね。
要は品位・格調が高すぎて理解が及ばない結果とみていいかと考えます。
歌い手が決まっていてふさわしくないと判定したとしても佳作にも入らないという作品ではありませんよ。
当落の主権は選者側にあるのでこう云っても負け犬の遠吠えになってしまいますがね。
入選の作戦としては市販の作品にあるような安易な詞に照準を合わせて我慢を重ねるより仕方ありませんね。ツーハーフに替えることはなのでは・・・。
このコメント選者に是非読んでもらいたいところです。

No.1746  投稿者:杉江香代子   投稿日:2019年11月24日 (日) 11時27分



連合落選ゆえに(笑)、6行詩をツーハーフに書き直してみました。どろどろした演歌候のフレーズを使わずに、女の激しい情愛を感じて頂ければと…。でも、個性としてその中に品がある「詩」と「主人公」を書ければと、目指しております。

萩原先生〜!!どうでしょうか?もう2行加えて景色を充実させて、「題」の変更も有りかな?とも考えますが…。


No.1744  投稿者:キー   投稿日:2019年11月24日 (日) 10時20分 [返信]

付曲用の自作詞


「俺は昭和の西行法師」 作詞;SEIZAN(キー)

春の嵐に 身体を濡らし
風に帽子を 飛ばされる
そんな背伸びを したくなり
気ままにひとり さすらい乍ら
移ろう季節に 身をさらし  
森羅万象 こころに刻む
俺は昭和の 西行法師
さまよい流され 生きて行く

宿を取らずに シュラフを使い
星を眺めて 野宿する
そんな背伸びを したくなり
気ままにひとり さすらい乍ら
荒野の大地に 身を置いて 
無限宇宙に 思いを馳せる
俺は昭和の 西行法師
さまよい流され 生きて行く

移ろう季節に 身をさらし  
無限宇宙に 思いを馳せる
俺は昭和の 西行法師
さまよい流され 生きて行く




Number
Pass


この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板