無料で掲示板を作ろう  Amazon-吉野家の牛丼の具セットタイムセール開催中


作詞投稿コーナー

誹謗中傷やサイトの批判は削除させて頂きます。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
指名/フリー
本文
文字色
文字色
個人用削除キー 項目の保存

No.2440 (削除) 投稿者:システムメッセージ   投稿日:2020年10月07日 (水) 23時41分 [返信]

フリー


投稿された方の依頼により、2020年10月12日 (月) 19時11分に記事の削除がおこなわれました。

このメッセージは、設定により削除メッセージに変更されました。このメッセージを完全に削除する事が出来るのは、管理者の方のみとなります。

No.2462 システム 投稿者:杉江香代子   投稿日:2020年10月18日 (日) 18時48分



お問い合わせのシステムの件は掲示板に移しましたので、お読みくださいませ^^

詩に於いてですが、初回の詩に於いてはコメントにお書きした様に入れ替えをご提案する意見です。そして、題を…哀歌ではないかと思いました。
でも、改稿版に於いて思うのは、瞽是さんに対するイメージや焦点が私と違っている様です。小池さんの詩は全て、「抱く」「抱かれる」=恋・生きるための術 になっていて、一貫して抱かれたい女性が描かれています。目も見えているのでしょうか?それが表題の「瞽是の恋唄」とされた由来だと分かりました。どこまでこだわるか?追及するか?の問題になりますので、(コンクールでは有りませんので)小池さんのご判断で最終稿は決められれば良いと思います。

「ね」…ですが、(問い掛けですが、)「念押し」の意味が強い意味になるのは「ね」。問い掛けは「か」だと思います。全般的に線の強い、大人の女性が描かれていますが、そこの部分は「か」になさった方が優しい、女らしい女性に描けると思います…

No.2461 最終稿でお願いしました。 投稿者:小池 蓮   投稿日:2020年10月17日 (土) 23時48分

杉江さん。


システムは色々と起ってますが大丈夫でしょうか。
詞は作曲家の意見も聞き、語呂で瞽是の恋唄としました。
また、昔の映画で岩下志麻さんが演じたイメージが入っています、三味線の音と歌を聞かせ・・時には身を売って糧を得ていた女性の生涯にスポットを当てた詞です。
誰か私に惚れてくれますね・・問いかけの・・ね・・の心算でしたが・・初稿の・・か?の方が良いようですね、どう思われますか。

No.2460 徳田さんのコメントが消えてますが… 投稿者:杉江香代子   投稿日:2020年10月14日 (水) 09時24分



代表管理人として徳田さんのコメントは消去していないにも拘らず消えてます。確認致しましたら、徳田さんご本人も消されておりません。どなたか管理人パスワードで消されたのでしょうか?管理人パスワードは他のコメントも消してしまいますので、使い方に大変注意をしております。あるいは、サイト紙面のトラブルで消えたのでしょうか?あえて消された方がいらっしゃいましたら教えて下さい〜。(私のコメントは徳田さんのコメントが消えた事と、「改稿版」がその後投稿されたので、必要ないな〜の思いで、消去致しました^^)

小池さん、この詩は最終版でしょうか?
3番の流れを見ますと題と詩がやはり合っていないので、「瞽是の恋唄」を「瞽是哀歌」とされたら如何でしょうか?
「だれか わたしに 惚れてくれますね」の「ね」ですが…瞽是さんと言う、健常者でない女性のデリケートな心、若い女性の不安な気持ち…奥を考えると、大変強い言い方の「ね」を持ってくるフレーズがどうしても違う様に思うのですが…すみません、作詩家の「拘り」を少し書かせて頂きました^^V

No.2457 語彙力のなさに(-_-;) 投稿者:小池 蓮   投稿日:2020年10月12日 (月) 19時07分

改稿版


瞽是の恋唄 

ひとつ積んでは 母のため
ふたつ積んでは 父のため
みっつ積むのは 吾のため
見えぬ この石  夢のため
だれか わたしに 惚れてくれますね
しばれる身体を 抱いてくれますか


吹雪く御堂の  凍みる夜は
三味とあんたと 夜明け待つ
夢を寄せあう  仲だから
身体許せた   恋だった
こころ癒せる  情(なさけ)くれますね
燃え立つ命に  ひと夜くれますか


春が来る頃  花は散り
春が行く頃  夢は消え
春が来たとて 誰が待つ
天涯孤独に  生きてゆく
吾が死んだら 悔いてくれますね
冷たい屍を  抱いてくれますか


No.2449 河内女の選別(はなむけ)ゃ 投稿者:風太   投稿日:2020年10月10日 (土) 19時57分 [返信]

フリー


作品投稿前に杉江様徳田様、風太の早とちり(最後まで読まず)勘違いで大変不愉快な思いをさせてしまいました。
お詫びします。杉江様有難うございます。ホットしました。


 『河内女の選別ゃ』想定歌手 中村美津子

夢と恋とを 一度に抱けば
恋が必ず 邪魔をする
大志を抱いた あんたゃさかい
結んだ絆は ご破算ですと
冷めた目をして 恋心(なさけ)を隠す
河内女の これが手切れの 選別ゃ

河内(ここ)では育たぬ あんたの夢も
水が違えば 実も育つ
東京行っても カラスはあかん
獲物捕らえる 金剛山(こんごう)鷹ゃ
尻を叩いて 気合(はっぱ)をかける
河内女の これがせめての 選別ゃ

命摺り切り 男を立てる
古い風習(しきたり)私(うち)は好き
未練ゃ涙は 放かそゃないか
一升瓶に 根こそぎ注ぎ
空になるまで 飲み干したろか
河内女の これが本音(ほんま)ゃ 選別ゃ

 風太個人としてはこんなコテコテの演歌はあまり好みません。が、どうしても選者を意識して書いてしまいます。
演歌にだってカタカナも有って良いと言うのが風太の思いです。
普段着の軽装なものの方が好きです。

No.2453 すみません^^ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2020年10月12日 (月) 11時28分



風太さんですね、変換間違いで失礼いたしました。

選別の件ですが、やはり間違いではないんですね(笑)、何度も出て来るので意志を持っておいでかもと思いながら読みました。私は下記の様に捉えてしまいましたが、他の方は作詩者の意志を読まれているかもしれません。申し訳ありません。

ただし、私が良く言われてきたのは「曲と一緒に説明をして歩く訳にはいかないでしょう!」と言う事です。素敵な詩ですので、そこを意識されながら再読してみてくださいね^^V

No.2452  投稿者:風太   投稿日:2020年10月12日 (月) 08時45分



杉江様ご指摘有難う御座います。
風田と違いますよ。風太ですよ。  (笑)
選別の文字は、好きな男に夢を追わせるか引き止めるか迷い苦しんで選んだ女の決意なので選別にしたんですけど、読む人が分からない使い方はやっぱり駄目ですネ。反省しています。
「解きなはれ」は相手に言う言葉ですから「解きはなす」ですネ。」勉強になりました。これからも宜しくです。、

No.2451 関西弁 投稿者:杉江香代子   投稿日:2020年10月11日 (日) 16時41分



風田さん、関西弁の河内弁?私には書けないので、この様な作品に憧れます。

まず、「選別」と言う感じが使われていますが「餞別」ではないのでしょうか?何度お読みしても最後のサビの意味が通じないのです^^:。
3番などはいいですね〜!!
そこで、1番がキレが悪いというか、もっと良いフレーズが有りそうに思います。
「結んだ絆はご破算さんですと」
「冷めた目をして恋心(なさけ)を隠す」
を少し推敲されたら如何でしょうか?
「ご破算ですと」「冷めた目をして」が少し物足りなく、勿体ない気が致しました。
ほんの1例ですが…
「ご破算ですと」→「解きなはれと」
「冷めた目をして」→「冷の杯(さかずき)」





No.2450 思い出は陽炎 投稿者:風太   投稿日:2020年10月10日 (土) 21時22分 [返信]

フリー


君と出逢って 恋した町を
一人ぶらりと 訊ねてみたよ
駅前通りは 花壇が並び
水辺の噴水 涼しげだ
心はかわらぬ つもりでいても
俺も気づけば 四十近い

いつも二人で よく来た喫茶
古い看板 風車の二文字
木の椅子背もたれ 昔のままだ
あの頃偲んで 座ってる
改札口(改札)辺りを ここから眺め
君の姿を 探したものだ

歳もとらない 二十歳のままの
君の笑顔が 浮かんでくるよ
湯気立つコーヒー 香りをかげば
人生半ばの ほろ苦さ
戻れる道など 何処にもないが
俺は陽炎 眺めているよ

下手かも知れないけれど、風太はこんな詩が好きですね。 


No.2443 お声を頂きました。 投稿者:小池 蓮   投稿日:2020年10月08日 (木) 11時22分 [返信]

フリー


さんから符曲宣言を頂きました。
現在、2曲ほど預かっているそうですが瞽是の恋唄もノミネート頂きました。

No.2448 楽しみに待ってま〜す! 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2020年10月09日 (金) 11時03分



小池さん。高さん。コラボ決定ですね。
「瞽是の恋唄」完成をお待ちしております。
小池さん、最近では長山洋子さんの歌がありますね。
難しい詞ですが、素晴らしい演歌になってますよ!
杉江さんのアドバイス。立派なものです。納得!

No.2446 再考中です。 投稿者:小池 蓮   投稿日:2020年10月08日 (木) 20時52分

さん。


色々なアドバイスが有って書き換えをする事としますので、改稿してから符曲を願います。


No.2428 晴天乱流 投稿者:杉江香代子   投稿日:2020年10月02日 (金) 09時57分 [返信]

今は附曲を希望しません


<< 晴天乱流 >> 作詩・杉江香代子

命燃やして 咲く花は
おまえのような 八重桜
俺と歩いた 人生(みち)だけど
少しは倖せ やれたろか
晴天乱流 笑顔の陰に
よくぞ尽くした 恋女房


育て支えて 姑(はは)になり
嫁もおまえと よく似てる
生まれ育ちは 箱入り娘
それでも俺には 日本一
晴天乱流 浮世の風に
あった山坂 乗り越えた


人に広げた 風呂敷を
ここできっちり 畳みたい
強いものほど 嫋(たおや)やかで
苦労の「く」の字も 言わぬ奴
晴天乱流 静かな富士は
俺とおまえの 晴れ姿


「晴天乱流」は四文字熟語が有る訳ではありません。飛行機などが静かに飛んでいたのに、突然に乱気流に呑み込まれて大変な思いをすることを言います。
正に、今のコロナなどで振り回されてる世界経済、日本国が「晴天乱流」そのものだと思います。


No.2447  投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2020年10月09日 (金) 10時56分



風太さん、済みません。
私のコメントは杉江さんに向けて書いたものです。
風太さんの作品へのコメントではありませんので、
気になさったのなら、ご容赦ください。

2435の「東京で鴉よ鷹になれ」は改めて、別件で投稿したほうが、皆さんの目に触れますし、附曲の手も上がるかと思います。
ここは「晴天乱流」が投稿のメインですから隠れてしまってますよ! 勿体ないです!
コメントも混乱しそう(笑)

No.2445 大丈夫ですよ^^ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2020年10月08日 (木) 19時56分



風田さん、大丈夫ですよ^^Vこちらこそ新しく書き入れると上に来るように設定を変えましたので、分かりにくくしているかもしれません。
徳田さんのコメントは杉江宛だと思います。

風田さんの詩に私もコメントさせて頂きますね。
個人的理由で10日ほど前より急にバタバタ致す事が重なりまして、パソコンをゆっくり見ておれませんでした。
その中で、サイトの投稿版の変更手続きなどが発生いたして…せっかくの作品をゆっくり見れませんでした。今後とも学ばせて頂く事ばかりかと思いますので、宜しくお願い致します。

No.2444  投稿者:風太   投稿日:2020年10月08日 (木) 18時14分



徳さんのコメント風太にですか?なら誤解です。風太のコメントは杉江さんに発したもので自分にでは在りません。
間違って返信の所に自分の作品を載せてしまったようなのでそう誤解されてもしかたないですが。御免なさい。ミスばかりやらかして。穴があったら入りたい、です。

No.2436 徳田さん、風田さん、コメントを嬉しく思います 投稿者:杉江香代子   投稿日:2020年10月04日 (日) 15時54分



徳田さん、風田さん、コメントを下さいましてありがとうございます^^V

この詩の基は1〜2年前に書き、家業を廃業して夫婦で仙仁温泉に行き、4月の桜に雪が突然に降ってきた実話的脚本で書きました。サイトにも投稿させて頂いたと思います。そこから仙仁温泉などを知らない人もいるとのコメントを頂いて、大きく省略して…できるだけシンプルで、できるだけ分かりやすく、できるだけ素直にを心掛けて、めったに書かない男唄として書き直しました。
有る所に出して有りますので、符曲を今は希望できませんが…この女房を皆さんが私かと勘違いされます(笑)が、その様に思って頂けたなら勘違いさせておきます。
徳田さん、風田さんの奥の深い、ドンとした詩がまだだ書けませんが、今後とも一緒に学んで行かせて下さいませ。

No.2435 東京で鴉よ鷹になれ 投稿者:風太   投稿日:2020年10月04日 (日) 14時10分

フリー


夢が萎れて 飲む酒は
胸に苦さが つんとくる
今日は終わった 明日があると
思い切り替え 前を見ろ
東京じゃ鴉も 爪尖らせりゃ
強く闘う 鷹にもなれる なれるんだ

バカな息子と おふくろに
愚痴る親父が 目に浮かぶ
苦労覚悟で 飛び出た故郷(くに)だ
持って帰るぜ 錦旗
東京じゃ鴉も 戦士のように
夢に挑める 鷹にもなれる なれるんだ

酒にも一度 夢注ぎ
俺はヨイショと 立ち上がる
田舎育ちの根太さ気骨
胸に闘志を 呼び戻す
東京じゃ鴉も 分け隔てなく
空の王者の 鷹にもなれる なれるんだ

No.2434  投稿者:風太   投稿日:2020年10月04日 (日) 13時49分



凄い人だなぁと頭をぶたれた思いがいたしました。恥ずかしくて風太の詩なんか投稿がしにくくなりそうですが、後ろから恐る恐る杉江さまの影を追いかけて行きたいと思います。

No.2430 晴天乱流 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2020年10月03日 (土) 13時31分



言ってもらえましたか! 言ってほしいですか?
ハハハ・・・自叙伝を読んでるみたいですよ。
<< 晴天乱流 >>
我が家なら、差し詰め「天変地異」だろうな!
良く書かれたと思いますよ! スミマセン(笑)


No.2437 慟哭の月 投稿者:cat kicho   投稿日:2020年10月05日 (月) 13時13分 [返信]



慟哭の月〜滋氏に送る

作詞:小池 蓮 補作詞:杉江香代子

わが娘(こ)背負って 見た月が
今も変わらず 空に有る
紅いほっぺで 指す指先(ゆび)に
明るい未来が 光ってた
あゝ (あゝ)
眺めているね 平壌で

わが娘想って 浜に立ち
闇の怒涛に 君を呼ぶ
海が隔てた 三十年(さんじゅうねん)
涙も千切れて 波になる
あゝ (あゝ)
夫婦で仰ぐ イエス様

わが娘(こ)平壌 月蒼く
母は見ている 手を合わせ
いつか会える日 待ちながら
もう一度抱きたい この胸に
あゝ (あゝ)
セピアな時間(とき)と 夢の中

No.2439 素晴らしい歌になりましたね 投稿者:杉江香代子   投稿日:2020年10月05日 (月) 19時18分



ただ今、橘さんの歌を聴いてきました。本当に素晴らしい作品になりました。何度も、何度も聴きかえしながら、お手伝いさせて頂いた「詩」に満足をしております。親の気持ちを少し強く前面に出させていただき、子供の可愛さに「赤いほっぺ」と言うフレーズで表現し、女の子の可愛さや親の願いを表させて頂き、星を希望の未来の光とイメージさせました。涙が千切れて波になる…セピアな時間(とき)と夢の中…女性的な綺麗な表現を持ってきて、テーマの重さを和らげました^^V
いつもは漠然とした、考え方などのアドバイスをするのですが、小池さんに於きましては私のフレーズを直接組込まさせて頂き、ただただ小池さんの意図とされている「テーマ」に合わせて絞り込みました。

題ですが「慟哭の月〜平壌の娘へ」とされてはどうでしょうか?滋氏に限定せず、少し幅を持たせた方が一般人のイメージが広がり、親の愛情がテーマの「温かく、柔らかい曲」に感じられる様に思います。ご提案させて頂きます。

No.2438 感激してます 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2020年10月05日 (月) 15時15分



橘さん、聴かせていただきました。
慟哭の月〜滋氏に送る・・・胸に沁みる歌詞・メロ・歌。
難しい題材に小池さんの思い。杉江さんのアドバイスが活きて、
切々とした横田さんご夫妻のお気持ちが伝わります。
素晴らしい推敲です!


No.2427 酒場にとまった極楽とんぼ 投稿者:風太   投稿日:2020年10月01日 (木) 17時21分 [返信]

フリー


土器のお洒落な 酒器
花は董と 挿す私
酒場にとまった 極楽とんぼ
傍でしずかに お酒に浸る
恋とお酒と 花香り
酒場にだって 春もくる

窓の花台に 腰かけて
煙草ふかして 海をみる
酒場にとまった 極楽とんぼ
深いためいき のこして飛んだ
風が冷んやり 肌に触れ
酒場にだって 秋もくる

棚のボトルに 夢そそぎ
指にからめた 嘘の数
酒場にとまった 極楽とんぼ
罪を罪だと 言わせぬ笑顔
いつかグラスで 色褪せて
酒場にだって 冬もくる

No.2433  投稿者:風太   投稿日:2020年10月04日 (日) 13時40分



徳さん、お久しぶりです。
読む人のイメージにお任せします。単語言葉の被り
大目に見てネ。曲ついて歌になると読むイメージと
また変わるかもね。

No.2431 酒場にとまった極楽とんぼ 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2020年10月03日 (土) 13時42分



風太さん、こんにちは。ご無沙汰しております。
「酒場にとまった極楽とんぼ」
悪い男だね! 相当、女将を泣かせてる!
そのくせ戻ってくる。待ってるのが当然みたいに。
ほんと極楽とんぼだね、風太さん(笑)
って、イメージで捕らえましたが良いのでしょうか?
単語・言葉の被りが気になりました。


No.2432 なあおまえ 投稿者:山本広茂   投稿日:2020年10月04日 (日) 13時15分 [返信]

フリー


なあおまえ
山本広茂

なあ〜
不思議なもんだね なあおまえ
始めて逢った あの日から
月日数えて 何年過ぎた
今は夫婦の 二人になって
喧嘩もするけど 一つ屋根
互いを信じて 生きている

なあ〜
不思議なもんだね なあおまえ
生まれ育ちも 違うけど
強い絆に 引き寄せられて
今は子供の 二人もできて
苦労するけど 一つ屋根
明日を信じて 生きている

なあ〜
不思議なもんだね なあおまえ
命の尊さ 知った日は
病背負って 苦悩の日々の
俺を支えて 涙を見せた
おまえと二人の 一つ屋根
明日を信じて 生きるのさ


久しぶりの投稿です 以前の作品WO少し変更しました。


No.2429 ヘルパー愛歌 〜外国人ヘルパーに捧ぐ〜 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2020年10月03日 (土) 13時18分 [返信]

コメントのみお聞きしたくて


とあるメロ先に書いてみました。先様にはお渡ししてOKがありましたので
附曲は不要です。

ヘルパー愛歌 〜外国人ヘルパーに捧ぐ〜
               
              詞:徳田 勝行

故郷(くに)を出てから 三年過ぎた
学ぶ介護の 仕事です
可哀そうだと 思うなら
きっと出来ない わたしには
今日も二人で むかい合い
笑いながらも 涙する
微笑むあなたを 支えます
愛を尽くして 希望(ゆめ)を見る

歳を重ねて さ迷うひとの
日々に添うのが 介護です
なんでこんなに なるのかな
おなじ言葉を くれるだけ
今日も二人で むかい合い
笑いあっても 忘れてく
つかれて眠りに つくまでは
そばで見守り 癒します

いつかわたしが その歳に
なれば辛さも 分かるよね
言葉にならずに 手を握ぎり
故郷(くに)の父母(ちちはは) 思い出す



No.2419 あなたは 投稿者:小池 蓮   投稿日:2020年09月20日 (日) 17時47分 [返信]

作曲家各位。


昔の作品ですが独り占めは止めて、公開します。


あなたは 作詞:田浦 賢

今頃どこに  居るんだろう
冬の陽だまり 縁側の
あなたがいつも座ってた
古びた畳が  暖かい
四十九日は  済んだけど
そこにあなたが居るようで

いつでも笑顔  絶やさずに
庭の柿の木   見ていたね
あなたの好きな この家を
離れてガラスの 町へ行く
ごめんねここには住めなくて
四季の匂いも  ない街へ

米寿の祝い   したかった
今日はあなたの 形見分け
頑張りなさいと 言っていた
変わらぬ優しい 声がする
ごめんね涙が  止まらない
俺さどこかに  忘れ物。 

No.2425 メール頂きました。 投稿者:小池 蓮   投稿日:2020年09月22日 (火) 13時58分

管理人さん


競作では無くて、また新たな曲として期待しお願いしました(作詞家無視?)
歌も上手いので、歌唱も頼んでいます。

No.2424 小池さんへ 投稿者:高 幸吉   投稿日:2020年09月22日 (火) 11時31分



メールありがとうございました。
早速附曲に取り掛かろうと思います。
編曲、歌入れはもちろんさせていただきますが
いつものような拙い動画でも宜しければ作成します。
では今後とも宜しくお願いします。




Number
Pass




この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板