無料で掲示板を作ろう  Amazon-NAmojiのサンダルやスニーカーなどのタイムセール開催中

作詞投稿コーナー

誹謗中傷やサイトの批判は削除させて頂きます。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
指名/フリー
本文
文字色
文字色
個人用削除キー 項目の保存

No.1963 音楽の魔法使い 投稿者:布袋福太郎   投稿日:2020年04月08日 (水) 08時37分 [返信]

符曲済み


音楽の魔法使い2020.3.29
作詞/作曲 布袋福太郎

魔法の指がリズムを刻む
絹糸のくぐつ糸を操り
歓び紡いで音楽にして
人の心を歓喜に踊らせる

高鳴る旋律に胸は弾み
熱い血潮は情熱に滾る
aska僕に夢を見せて
君の魔法のその機械で
aska素敵な音楽は
僕の中で宝ものになるよ

人の心に勇気を与え
命を生かす魔法の水
心に沁みて力となり
それは誰もの笑顔になる

それが音楽の力なのさ
その喜びは理屈じゃない
askaその宝箱を開けたら
虹色の夢が弾けた
aska君は生れ付いての
音楽の魔法使いさ






No.1960 赤羽の彼女(ひと) 投稿者:沼田清一   投稿日:2020年04月07日 (火) 19時39分 [返信]

フリー


推鼓して見ましたどうでしょうかね、杉江先生
一途にあなたへ 縋ってゆくと
恋(いと)しあの頃 想い出す
思えば二人の 契りの駅だ
どこへ行くにも 無邪気の侭で
長いくろ髪 おかっぱ頭
いまも浮かぶは 赤羽の彼女(ひと)

揃いの浴衣を 羽織で覆い
馬鹿の祭りに 浮かれてた
育ちは老舗の だいじな娘め
訳も言わずに 下向き泣けば
察しなだめて 手を振り別れ
風は無常に 赤羽の彼女(ひと)

別れの面影 見えないけれど
きっと一生 消えぬだろ
多摩川水門 想い出土手を
一人歩けば あの声むなし
若いおとこは 心で泣いた
今は懐かし 赤羽の彼女(ひと)

No.1962 赤羽の彼女(ひと) 投稿者:沼田清一   投稿日:2020年04月08日 (水) 07時16分

フリー


杉江先生へ
いつもお手数かけますやはり先生の優しい教え方
本当に有り難く感じております。
どうしても書こうとするとなかなか書けませんね
一番書ける筈なのに、、また病んでしまいます。^^
素晴らしいデモ詞を勉強させて頂きます。
私はこれで良いとはおそらく一生ないでしょう
そう感じたらもう作詞を辞めますよはい、その位の思いです。

No.1961 頑張っておられますね 投稿者:ながいさつき   投稿日:2020年04月08日 (水) 01時25分



沼田さん、赤羽の彼女(ひと)取り掛かって頂いたようでうれしく思います。
私が言うのも口幅ったいですが、作詞の世界は自分との闘いです。これでいいと思ったらそこまでの詩姿。演歌を含む歌謡詞は今は2ハーフ調も少なくありませんが、当作品は七五調の韻をなすオーソドックスな3コーラスの作品。色々感じて思うところもありますが、あくまで沼田さんの感性ですから細かい箇所は後にして完成を目指すお手伝いが出来たらと思います。ただ私が入り込むと私の色合いの作品になってしまいますので、本当の意味でオリジナリティが損なわれます。そこで私なりによかったと思う3番のフレーズを行の順番などを入れ替えて、3番だけのデモ作品を考えてみました。あくまで
デモですのでご参考までに。

玉川水門 想い出土手を
ひとり辿れば 花しぐれ
あの日あの時 好きと一言
言葉を足せば よかったものを
今頃どうして いるのやら(いるだろう)
こころ離れぬ 赤羽の女(ひと)

これは沼田さんの3番の箇所をアレンジしたものですが、1番から3番までありますので、整合性を念頭にこの3番が1番の出だしになっても何らおかしくありません。辻褄が合えば沼田さんの物語の中でその順番は柔軟に操作していいわけです。ただその際、字脚を揃えることは必須です。これは後に附曲して頂く作曲家に対する最低限の礼儀とわきまえてください。

色々偉そうに済みません。どうかこれからもよろしくお願いいたします。


No.1957  赤羽の彼女(ひと) 投稿者:沼田清一   投稿日:2020年04月07日 (火) 11時26分 [返信]

フリー


ながいさつき先生の書き込みに答えてみました
故郷が近くと知りました小生の昔話です、宜しくお願いします。^^
一途にあなたに 付いてゆく
恋(いと)しあの頃 想い出す
駅は二人の 契りの駅で
どこへ行くにも 和服(きもの)の侭で
とても似合った 穏やかむすめ
心優しい 赤羽の彼女(ひと)

揃えた浴衣を ともに着て
歩く祭りは 浮いていた
老舗育ちの だいじな娘め
訳も言わずに 下向き泣いて
察しなだめて 手を振り別れ
風は無常に 赤羽の彼女(ひと)

別れのこよみに 縛られて
きっと一生 忘れない
今は多くを 話しておけば
好きと一言 言葉を足せた
若いおとこの 迷いは続く
今は懐かし 赤羽の彼女(ひと)

No.1959 赤羽の彼女(ひと) 投稿者:沼田清一   投稿日:2020年04月07日 (火) 16時57分



杉江先生有難う御座います^^
急ぎは急ぎなんですが私はほんとにダメ人間ですね
深く反省します早速推鼓にかかります。

No.1958 急いで書かれたのでしょうが… 投稿者:杉江香代子   投稿日:2020年04月07日 (火) 15時31分



沼田さん、拝読させて頂きました。まず、感じたのは急いでお書きになられたのかも知れませんが、客観的な目で書かれていないな〜と思いました。
題でも有ります、「赤羽の彼女」を1・2・3節から消し去りますと赤羽である事を思わせるフレーズが何処にも有りません。「京都の彼女」だと書き換えても通用してしまいます。1番の「駅は二人の契りの駅だ」と有りますが…「駅」と言う固有名詞を2回も出すのは勿体無いですね。また、一番肝心な1番1行目〜2行目はリスナーには「あなた」が誰なのか?誰の言葉なのか分りません。2番2行目の「祭り」は何祭りでしょう?祭りの名前を入れ込めば、もう少し赤羽界隈だと分るのではないでしょうか?1番にも、2番にも「穏やかむすめ」・「だいじな娘」と、説明されていますが…各節にサビに全て「赤羽の彼女」が入っていますので、必要が無い説明になるのではないでしょうか?
3番1行目も「別れの暦に縛られて」と書くのでしょうが、リスナーに意味が分かるでしょうか?「暦」を他の言葉に変えられるだけで意味が分かりやすくなると思います。
1番、2番に彼女の説明が多くて、「訳も言わずに…手を振り別れ」と想いの深さが表現されていますが、3番には「今は多くを話しておけば 好きと一言言葉を足せた」とあります。ドラマを盛り上げて行かなければいけないところですが、「なーんだ〜!」と思ってしまいました。筆者に想い出の感情がほとばしるのは分りますが、その思いをリスナーに感じてもらうのが「作詞」の腕の見せどころと思います。今あるフレーズをもう一度バラバラになさって、組み立て直されると沼田さんの「清純な思い出」が皆さんにも伝わってくると思います。
大変に辛口で申し訳ありませんが、一番陥ってはいけない「独りよがり」の匂いを感じましたのでコメントをさせて頂きました。


No.1956 浮世絵草子 投稿者:小池 蓮   投稿日:2020年04月07日 (火) 00時35分 [返信]

発表済み


花の命は短くて
あなたの愛は 通り雨
わかっていても 燃え滾(たぎ)る
まるで浮世絵 このわたし
あゝ 命を灯す 
紅つばき

待って焦がれて 嬉しさに
重ねる逢瀬 四畳半
妖しく闇に ひらく花
艶(いろ)は出にけり こらえても
あゝ 命を尽くす 
恋しぐれ

明けりゃ別れが 待つものを
女の肌は 夢を見る
あなたはいつも 去って行く
愛は浮世絵 まぼろしか
あゝ 命を散らす
名残り花


No.1953 シャガールの夜空 投稿者:萩原たかし   投稿日:2020年04月05日 (日) 15時14分 [返信]



「シャガールの夜空」既発表作品

歌  初音ミク(ボカロ)
作曲 秋村泰好(メロ先)
作詞 萩原たかし
  

牧場の月が 眠るころ
恋人たちが 夢を見る
笛吹きピエロの 妖しいピッコロに
誘われひそかに まだ見ぬ国へ
あんたといっしょに 飛んで行く

愛する人に ランララララ
花束あげよう ランララララ
わたしの翼 抱きしめて
ああー シャガールの夜空

梢の月が 沈むころ
一番鶏(どり)が 目を覚ます
サーカス曲馬の 仔馬の背なに乗り
銀河の向こうの まだ見ぬ国へ
あんたとはるばる 飛んで行く

恋する人よ ランララララ
星座の弓で ランララララ
わたしのハートを 撃ち抜いて
ああー シャガールの夜空

●ながいさんのシャガールの登場で小生のシャガールも顔を出したいとのこと。
調べてみると6年前の作品。秋村泰好さんはたしかタイへ転居されましたがお元気でしょうか。YouTubeでは小池さんのコメントをいただいておりました。家マークからお聴きください。


No.1948 昭和の港 投稿者:ながいさつき   投稿日:2020年04月04日 (土) 16時12分 [返信]

フリー


   昭和の港


汽笛最後の 呼ぶ声も
風に流れて 散る波止場
出船つらなる 昭和の港
かすむデッキに なみだ雨
みれん乗せない 北洋船へ
カモメひと節 ああ別れ演歌(うた)

三日三晩を 引きずって
船は北へと ひた走る
目指す漁場は 千島の沖か
往く手はだかる 空と海
度胸舞台の 北洋船に
ひびけ男衆(おとこ)の ああ漁り演歌

ひとり待つ身の 寂しさに
祭り囃子も 鳴り沈む
春を惜しむか 夜ごとの夢は
遠い遥かな 北の湖
しぶき絶えない 北洋船に
届け女衆(おんな)の ああ情け演歌



No.1945 よろしく アムール  投稿者:藤井有人   投稿日:2020年04月04日 (土) 00時01分 [返信]



作詞/ながいさつき

季(とき)に晒(さら)され 冬枯れていた
寂しいばかりの 心のキャンバスに
あなたと 出会って 少しずつ
シャガール・ローゼの 彩(いろ)が広がる
信じられない ときめきの雫(しずく)
ああ それだけで 歩いて行ける
ここらで アデュー わたしの涙
さよなら アデュー 哀愁セレナーデ

空を見上げて 息衝(いきづ)いている
芽吹いて眩(まぶし)い 心のキャンバスに
あなたを 待ってる 昼下がり
バルバラ・アームの 歌が流れる
抑えきれない ときめきの嵐
ああ ふたたびの きらめく日々よ
ようこそ アムール わたしの許(もと)に
よろしく アムール 何処へも行かないで

抑えきれない ときめきの嵐
ああ ふたたびの きらめく日々よ
ようこそ アムール わたしの許に
よろしく アムール 何処へも行かないで


No.1942 そして愛へ 投稿者:布袋福太郎   投稿日:2020年04月03日 (金) 18時21分 [返信]

作詞実験


橘様が符曲したものはあれで良しとしましょう
根本的に作詞の方を申し訳ないが手を加えて見ました、一応ここまでしないと僕は符曲出来ませんね〜

作詞:徳田勝行 作編曲/デモ歌唱:橘隆一

あの日あの時 あの場所で
あなたとバッタリ はちあわせ
何て素敵な二人の出会い
きっときっと アフロディアの いたずらでしょう
不思議だね だってドキッ!としたもの
今も変わってないから ときめいた ha
I love my best Partner only You


飲みに行こうと 誘われて
わたしもすっかり 酔いつぶれ
今夜あなたに 甘えさせて
きっときっと ラグジュアリな 時間になるわ
愉しくて 胸がキュン!となるのよ
おんな心を炎に 曝(さら)してる ha
I love my best Partner only You


帰りたくない わかるでしょ
あなたに合わせて 過ごしたいから
今夜はお酒が 美味しすぎるわ
きっときっと セクシュアルに 男とおんな
夢の中 わたしジン!としたのよ
熱い吐息の世界に 旅をする ha
I love my best Partner only You

僕は違和感とか駄目なものですから…

No.1955  投稿者:布袋福太郎   投稿日:2020年04月05日 (日) 20時36分

ご意見ありがとうございます


一応即興で原詩を手直しさせて頂きました、分りずらいかも知れませんが作詞を付曲する者のちょっとした手直しです、1番の2行目出会わなければ、と云う所これでは曲のパートが区切れず符曲が難しくなります、ここは体言か、詞が切れていないと手がつけられません、ちょっと手直しで詞を2行ずつのABCのパターンにしてみました、なを色々なご指摘有り難うございます。今後徳田様が創作にお役立て下されば幸いです。

No.1952 〜そして愛へ〜 投稿者:奈良市 徳田勝行   投稿日:2020年04月05日 (日) 05時36分



京都26時さん、お出ましありがとうございます。お久しぶりでッス。 作品化していただいた橘さんに感謝です。 私に問題あり・・・それでも、布袋さんに、京都26時さんにこうして注目していただけたのですから、逆の意味で成功しているのかもですね! ありがとうございました。 また、次の作品もよろしく願いいたします! 徳田 拝

No.1951 追記 投稿者:26時京都   投稿日:2020年04月05日 (日) 00時53分



三節にも合わせがありますね!
ホワイトローズの グラスを重ね〜ですね!
何れにせよ橘さんが上手く切り取られたのではないでしょうか、今回は!。

No.1950 悪い癖 投稿者:26時京都   投稿日:2020年04月05日 (日) 00時40分



このような展開になると[いっちょかみ]の悪い性格が沸沸と湧いて押さえ切れません。詰まるところ2節三行が散文的に捉えられてしまったのではないでしょうか?
私なら
呑みに行きましょ あの店へ
ホワイトローズの グラスを合わせ
肩にもたれて 甘えてみたい

合うのワードが一節と重なりますがこんなところでしょうか?
 

No.1949 〜そして愛へ〜 投稿者:奈良市 徳田勝行   投稿日:2020年04月04日 (土) 23時10分



これが、完成作品での歌詞です。ご参考に!
新しく参加された方などのお役に立てば!
其々の感性でお考えいただけたら良いかと。
布袋さんの言われるところもありますね。
勉強材料にしていただければ幸いです。
管理人さんからのアドバイスで読み比べの
作詞へのテキストにしていただければ幸いです。
ありがとうございました! 

  〜そして愛へ〜

あの日あの時 あの場所で
あなたとバッタリ 出会わなければ
いまの私は ここになかった
きっときっと アフロディアの いたずらでしょう
不思議だね だってドキッ!としたもの
今も変わってないから ときめいた ha
I love my best Partner only You

飲みに行こうと 誘われて
わたしもすっかり 酔ってしまった
肩にもたれて 甘えさせてね
きっときっと ラグジュアリな 時間になるわ
愉しくて 胸がキュン!となるのよ
おんな心を炎に 曝(さら)してる ha
I love my best Partner only You

帰りたくない わかるでしょ
あなたに合わせて 過ごしたいから
お酒今夜は 美味しすぎるわ
きっときっと セクシュアルに 男とおんな
夢の中 わたしジン!としたのよ
熱い吐息の世界に 旅をする ha
I love my best Partner only You

No.1947 一ヶ所、引っ掛かります^^ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2020年04月04日 (土) 12時53分



布袋さん、拝読させて頂きました。出来れば徳田さんの元詩も同じ紙面に貼り付けて頂ければ比較できるので、嬉しかったですね。

1ヶ所、2番2行目ですが…助詞の一字で2番が台無しになっています^^:

「わたしもすっかり 酔いつぶれ」…私もあなたも二人とも酔い潰れています。「も」の助詞が間違いではないでしょうか?「は」に直しても折角の場面に酔い潰れてはいけませんね(笑)、「ロマンティックなドラマ」が始まりません。お洒落に軽く二人で呑んでる設定でないと3番に繫がらないと思います。

作詞は助詞一字で続くフレーズが変ってきます。難しいところでもあり、楽しい所でも有りますね^^*

No.1944 作詞実験 投稿者:奈良市 徳田勝行   投稿日:2020年04月03日 (金) 18時54分



布袋さん。ご指導賜りました。ありがとうございます!
今後に生かさせていただきますネ。 違和感を覚えられた部分。そこにありましたか? う〜ん?! 今後の課題ですね。感謝!


No.1937 あなたのその瞳(め)で撃ち抜いて 投稿者:杉江香代子   投稿日:2020年04月03日 (金) 01時59分 [返信]

指名


この詩は歌手は未定ながら、曲の「テーマ」を与えられて書き、或る所に提出しています。現段階では附曲は希望致しませんが、改めて「フリー」で出しました折には、附曲を宜しくお願い致します。

<< あなたのその瞳(め)で撃ち抜いて >>

               作詞・杉江 香代子
TOKYO桟橋 真っ赤なセダン
二人が好きな 流行のリズム…
不意な携帯(でんわ)に 慌てる素振り
綺麗な誰かが 待っているの?
弄(もてあそ)ぶつもりなら 遊んであげる
でもね、わたしの後には 触れないで
最後の彼女(おんな)で いたいから
あなたのその瞳(め)で 撃ち抜いて

ヒールを脱ぎ捨て もたれるシート
バック・ミラーに あなたが映る…
急かす唇 無口な背中
あなたのこころは どこにいるの?
幸せになれないと わかってるけど
駄目ね、逢えない時間が つぶせない
どうして終わりに できないの?
あなたのその瞳(め)で 撃ち抜いて

優しさと裏切りが あなたの罪よ
きっと、遊びの恋では 終われない
愛してそのまま 死ねるなら
あなたのその瞳(め)で 撃ち抜いて


No.1941 26時京都さん、一番に有難うございます^^ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2020年04月03日 (金) 16時37分



欄外にコメントが入っておりましたので、「返信」の欄からコメントをここに移し替えました。有難うございます!!

コメントを頂いた個所もしっかり覚えていて下さいまして有難うございます。そして、今回も的確な内容でコメントを頂戴して、京都さんの作詩の実力が分かりました。一番お褒め頂いた個所が、本当に私も最後まで埋まらない一行だったのです。一か八かの「駄目ね、逢えない時間がつぶせない」のフレーズでしたが、これで安心いたしました^^V。強気の中にこの一行が入ることにより女性の恋心の比重の大きさと、可愛さの全て分かるかと思いました。集約させた想いのワンフレーズです。本当に見抜いて下さってありがとうございます。
私がこの赤いセダンを止めてるのは…ずばり、お台場のブリッジが見える白い海岸沿いです。これもズバリです!!嬉しいですね〜。使い古されていない斬新なフレーズを使いながら、大人の女性の恋の一片を描けたらと思いました。

車の名前を出したかったのですが、問題になるといけないので「セダン」は苦肉の策でした。赤いポルシェなんかお洒落ですが、大衆向きですので「セダン」で良いですね(笑)^^

No.1940 良く覚えております 投稿者:26時京都   投稿日:2020年04月03日 (金) 16時21分



推敲作拝見致しました。
その時二箇所コメントさせて頂きました。人波〜ハンドル切れば
そしてバックミラーの箇所でした。確かタイトルにもなり得る大きなフレーズが二箇所あり、現タイトルをボカしてしまうのではと危惧しておりました。推敲詩拝見致しましたが全て見事に添削され、香代子姉さんがいつも言っておられた、生きたフレーズが此処そこに散りばめられて、素晴らしい仕上がりです。只私が一番唸らされた箇所はそこではありません。何気なく読んでしまうと見逃してしまいそうですが、駄目ね、逢えない時間がつぶせない。この一見ありふれたフレーズですが、これがなかなか出て来ないんですよ!
気取った言葉は案外簡単なんですよ!このフレーズにヒロインの想いが集約されていると私は読ませて頂きました。
感想は各自其々でしょう。この作品のオシャレ観から推測すると場所はレインボーブリッジからお台場あたりへ車を走らせたイメージでしょうか?


No.1933 東京北町しのび酒 投稿者:ながいさつき   投稿日:2020年04月02日 (木) 01時14分 [返信]

フリー


  東京北町しのび酒

              作詞 ながいさつき
ないものねだる 寒い夜は
燗(あつ)めのお酒が ほしくなる
二合情けを 飲み干せば
よけいに寂しく なるばかり
あなたは覚えて いるかしら
恋の赤羽 あゝしのび酒

暖簾(のれん)をおろす 雨の夜は
しんみりお酒が ほしくなる
グラス片手に 口ずさむ
あの頃二人が 好きな唄
恨んじゃいないわ 若かった
濡れて十条 あゝしのび酒

面影からむ 風の夜は
やさしいお酒が ほしくなる
春の山背に 引きずられ
夢路をたどる 泣きぼくろ
今頃どうして いるかしら
花の王子で あゝしのび酒


No.1946 返信ありがとうございます 投稿者:ながいさつき   投稿日:2020年04月04日 (土) 01時17分



沼田さん、私は福島いわきの産ですが膝を接する北茨城とは言葉も文化圏も一緒です。というか栃木・群馬など北関東と同じ方言イントネーションに若い頃は内心穏やかではありませんでした。偶々進学したものの北区のアパートは同郷の溜まり場所。精一杯背伸びして恋もしました。
三ノ輪は響きがいいですね。どうですかその頃を想って一作を。

No.1943 東京北町しのび酒 投稿者:沼田清一   投稿日:2020年04月03日 (金) 18時41分



ながい様へ
はい、そうですか思いが深いですね。
私は関東田舎丸出しなので知らぬ間に方言が入ってたりとず〜と病んでおります。
三ノ輪線近辺に住みつきました、その時の彼女を想い出します
前にも書きましたが見方が二つあったので失礼ながら書かせて頂きました。

No.1936 東京北町しのび酒 投稿者:奈良市 徳田勝行   投稿日:2020年04月03日 (金) 00時45分



東京北町シリーズ・・・どこまで続くのでしょうか! 愉しみです。 
瑠山さんの浅草シリーズ。雪豹さんの西橘シリーズもですが!
「恋めぐり」「恋しぐれ」「しのび酒」さてこの次は、ながい先生の東京北町への思い入れがあってこそ生まれる素晴らしい作品集ですが、作詞家自身も、作曲家も苦労するところですよね。 どうしても前作のイメージが残りますから。
そのうち「寅さん」が歩いて来そうな予感も(笑)
アマチュアの私が、なにを偉そうなことを!ですがご容赦ください。 
自分も佐谷戸さんとの春夏秋冬の4編があるもので苦しんだのを思い出しました。

沼田さんのご意見。暖簾(のれん)をおろす 雨の夜は のところですよね。 言葉の難しいところです! 
奈良大阪あたりでは「なおす」を使うと思います。
つまり、仕舞う・片付ける!ですから。 東京方面は「おろす」になるようですよ。
沼田さんは関西でしたか? 
それなら「おろす」イコール「店を閉める」と取られたのも分かります。

No.1935 有難うございます。 投稿者:ながいさつき   投稿日:2020年04月02日 (木) 20時01分



「生意気な」なんて思わないでいいですよ。作品に対して思ったこと、感じたことは率直に仰って頂いたほうがこちらも参考になります。
当作品は、私が十代から二十代にかけて暮らしていた赤羽線沿線が舞台となっております。沼田さんも赤羽に思い入れがあるそうで嬉しく思います。

さて、ストーリーは3部構成でそれぞれに主人公がいます。ご指摘の2番の出だしのフレーズですが、迷わせて済みません。私が思い描いた情景は次の通りです。
「客足も途絶えた赤提灯。この時間から雨の中次のお客はこないだろうと、少し早めに暖簾を下ろし女将はカウンターで一人仕舞酒。有線から懐かしい歌が流れだす…。」という具合です。
難しい言葉遣いはなるべく控え、分かり易く伝えたいと思っているのですが反省しなくてはなりません。
これからもよろしくお願いいたします。


No.1934  東京北町しのび酒 投稿者:沼田清一   投稿日:2020年04月02日 (木) 10時05分



ながいさつき様流石ですね私も若い頃北町赤羽には
想い出が詰まっていますなんか見られていたような
感じにおちいをしています。

小生が読んだところ二番の出だしに迷うところが有ります、暖簾を下す、ところですが。
主人公はお店を開いているのか?なんですが、それとも時間帯を表す意味か多分後方と思いますが
生意気をお許し下さい




Number
Pass


この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板