1486645

夫婦・カップル板


表紙をクリックすると送料無料のアマゾンに飛びます。
書いて下さった感想は広報に使わせていただくことがありますのでご了承下さい。
■■■■■■■■■■

この画像をクリックしてお買い物をしてくださると、モラハラ被害者同盟への 支援金となります。家電、食品、消耗品なんでもかまいません。どんなお買い物でもOKです。ご支援よろしくお願いいたします。

□□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■
管理人のモラハラ離婚体験記「家庭モラル・ハラスメント」詳しくは>>>>こちらまで 母から愛されなかった娘の話「母を棄ててもいいですか?支配する母親、縛られる娘」
詳しくは>>>>こちらまで
モラハラ被害体験本の決定版「夫からのモラル・ハラスメント」まっち〜著
「モラル・ハラスメントのすべて」〜夫の支配から逃れるための実践ガイド〜(講談社:1,512円)←クリックでアマゾンへ

>>>>送料無料の楽天はこちら。在庫あります。
詳しくは>>>>こちらまで

  • ここは基本的に夫から精神的暴力を受けている妻のための【夫婦・カップル板】です。
  • それ以外の内容はパブにお書き下さい。
  • 公序良俗に反する関係の方の書き込みはご遠慮願います。
  • ハンドルは、検索をして同一の方がいないかどうか検索の窓↓に使いたい名前を入れ、チェックしてからつけて下さい。「匿名」というハンドルは使えません。 初めてこのBBSに書き込む方は必ずこちらを読んでから書き込みを始めて下さい。
  • レスポンスへのお礼などは新しいスレッドをたてず、同じスレッドで返信をしてください。
    *お願い* 目が弱い方のために5行に1行程度改行を入れて下さい。
  • 利用上の注意は>>>>こちら 携帯は>>>>こちら

    最新記事リスト
     
    名前
    タイトル
    本文
    文字色
    削除キー 項目の保存 クッキー:
     
    No.32789 和解について 投稿者:きんもくせい   投稿日:2018年06月23日 (土) 12時38分 [返信]

    久しぶりに書き込みさせていただきます。

    前回は、調停の途中でしたが、昨年から裁判に移り、一年ほど経ちまして双方の和解案がでたところです。

    もちろん、和解案には大きく隔たりがあるので、歩み寄るのか、譲れないと主張するのか悩んでおります。

    弁護士の先生とは、数日後に面談予定なのですが、和解されたかたで、こういうふうに決断して良かった、ここは譲らないほうがよかったなどの体験を教えていただければと思い、書き込みさせていただきました。

    子どもは娘2人、今年成人の大学2年生と高校1年生で、面会は一切なく、二度と父親とは会いたくないと言っております。

    夫側はお金に細かく、財産分与と養育費が問題で、親権は私の方向で合意しています。

    どうぞ、よろしくお願いいたします。


     
    No.32784 管理人さんの電話相談を受けてみました。 投稿者:しおり   投稿日:2018年06月15日 (金) 03時55分 [返信]

    DVですら理解されにくいのに、モラハラとなると更に二次被害にあってしまいます。
    独身男性達が「私おかあさんだから」の話をしていても、結婚している女性も「だって自分が選んだ人生なんでしょ」と言う人もいます。

    中には「そうやって追い詰めたら、その人達は逃げ場がなくなっちゃうじゃない」と言ってくれる男性も世の中にはいます。(本当に数少ないですが)

    管理人さんに電話相談してみてよかったことは「モラハラを説明する必要がなくて、楽だったこと」や、問題の最中の私と、元経験者なので「専門的で濃い内容の話がスルスルできたこと」です。

    相談内容を1つに絞って深く質問できたので、次はどうしたらいいかなど整理されましたし背中を押していただけた感じです。「頭がいい」と誉めていただいてありがとうございました!

    さっきも急に胃液が上がってきて少し吐きましたが、たくさんある情報の中で本やドラマの中から見つけた小さな光をくれた言葉達を胸に一つずつやっていきたいと思います。

    「あなたは話を聞いているのに、相手はあなたの話を聞いてくれないのなら、その相手の話は聞かなくていいです。なぜなら、その相手は自分にしか興味がないからです」(本より)

    「あなたの人生を奪ったことなんてスッカリ忘れて生きていくの。あなたの痛みは、決して彼らに届かない。あなたの人生は、あなたのものだよ」(ドラマ「アンナチュラル」より)

    山積みのやらないといけないこと、色々な身体の不調をかかえながら どこまで身体がもつかわかりませんが皆様や色々な方のお知恵や協力をお借りしながら、一日も早くおだやかな毎日で暮らせるようになりたいと思います。また報告させていただきます。

    No.32786 ご利用ありがとうございました 投稿者:管理人@fix   投稿日:2018年06月15日 (金) 23時47分

    しおりさん、モラハラ相談のご利用ありがとうございました。私はカウンセラーではないので、いわゆるカウンセリングはいたしません。どちらかというとソーシャルワークに近いかなと思います。

    必要な情報を差し上げながら、どうやったら今の場所から抜けられるかを一緒に考えていきましょうというのが私のスタンスです。

    何しろ元被害者ですので、精神状態については良くわかりますが、なにせ状況や個人の資質などは千差万別ですので、全部同じというわけにいかず、そこはオーダーメイドになります。そのため、個人相談を始めました。

    私は他の仕事もあり、大勢のご相談は受けられません。細々と年数回相談期間を設けて行っていけたらと思っています。

    次の期間は10月を予定しています。もしご興味がありましたらお申込みください。

    No.32787 今必要なのは「モラハラ専門ケースワーカー」だと思いました 投稿者:しおり   投稿日:2018年06月16日 (土) 03時21分

    管理人さんへ。そうなんです。臨床心理士のカウンセラーは、たくさんいますし もうお腹いっぱいでしたので私には必要がありませんでした。

    カウンセリングではなく「次の一手」のヒントになれば…という思いで申込みをしたので建設的な話ができてよかったです。やはりモラハラに詳しい人に直接聞くことが一番早いなと思いました。

    できる限りの行動をした上で相談したので、管理人さんとの会話のやりとりもテンポが早くて「打てば響く」感じも爽快でした。

    私はメンタル面のサポートは病院やカウンセラー、ハウツーに関してはモラハラに詳しい人に聞く、というように分けて考えています。いつかその2つが1ヶ所で対応できる世の中になったらいいなとは思いますが…なかなか難しいですね。

    こちらでの管理人さんの活動は、ほぼボランティアだと思いますので どうか無理だけは避けて今の生活を最優先にしていただきたいと思います。


     
    No.32778 モラハラ対処 投稿者:さかなや   投稿日:2018年06月12日 (火) 00時49分 [返信]

    浮気を追求した事がきっかけでモラハラ夫が開花し、約一年暴言を浴びせられたのですが、モラハラ対処を本やブログなどで学び、今は何とか平穏に表面上は暮らしています。
    ただ、毎日毎日、氷の上に要る感覚で、対処はしてるものの旦那はモラハラしたいので、毎日見えない緊張の糸が交錯しながらの生活に、週明けはドット疲れます。最近、夫がモラハラ夫だった事実が、ショックとなり落ち込んでいます。心底好きだった旦那ではないのだ、この人はモラハラ夫なんだ。結婚した時から、私の事を見下し、経済的にも、女性関係も全て騙してきてたのだと、モラハラが始まってから全てを武勇伝の様に語った旦那が本物なのに、もう私の好きな人ではない旦那に胸を痛めています。離婚する気はありません。つい最近までは、経済力のある旦那なんで、取れる金は全部取ってやろうと、私も悪人ぶってたのですが、根は単純人間なんで、悪人を貫き通せない自分がいます。旦那とは一生分かり合えない愛も信頼もない結婚生活に耐えられなさそうで胸が痛い。だからといって、対処をやめてモラハラを受けるのはまっぴらごめんです。良い人だと思ってた記憶、愛してると確信した記憶。ただ、其れが全て騙されてたと知った現実。悪い人だったと知った現実。優しく笑う人だと思ったのが、それは嘘の笑顔だと知った記憶が辛い。皆さん、どう対処されてますか?

    No.32779 さかなやさん 投稿者:るーふぁん   投稿日:2018年06月12日 (火) 07時45分

    はじめまして。私は別居、離婚を選択した者でお力になれるようなことが言えませんが、最近目にした信田さよ子さんの文章が心に響きましたので、お伝えしたく思い引用いたします。

    「当面同居するしかないという苦渋の選択をした女性たちがいる。夫と暮す中でどうやって押し潰されずに、人間としての尊厳を守って生きるのか。そのために私がいつも伝えているのが「最大の武器は軽蔑である」という言葉である。松浦の言葉をもじれば、「嘲笑せよ。DV夫は妻を侮辱できない」ということだ。」


    「「嘲笑し軽蔑する」ことは、強制収容所で正気を保つための工夫に似ている。言い換えれば、性暴力とDVは、被害者の価値観や尊厳まで支配し尽くすほどのインパクトをもつ。だからこそ、被害者は知識で武装し、プライドを死守しなければならない。」

    原文はこちらです。
    https://haruaki.shunjusha.co.jp/posts/683



    No.32783 Re:さかなやさん 投稿者:管理人@fix   投稿日:2018年06月14日 (木) 23時39分


    > 「「嘲笑し軽蔑する」ことは、強制収容所で正気を保つための工夫に似ている。言い換えれば、性暴力とDVは、被害者の価値観や尊厳まで支配し尽くすほどのインパクトをもつ。だからこそ、被害者は知識で武装し、プライドを死守しなければならない。」
    >
    > 原文はこちらです。
    > https://haruaki.shunjusha.co.jp/posts/683

    るーふぁんさん、とても素晴らしいお言葉ありがとうございます。
    脱出できない方はぜひこの言葉を忘れないでほしいです。そしてあらゆる知識を持つ努力を怠らないでほしいです。

    知ることは力です。知れば、モラハラ夫を嘲笑できる。嘲り、鼻で笑い、見下すことができます。

    モラ夫なんて、最初から怖くなんかないんだから。

    No.32788 「嘲笑し、そしてプライドを死守せよ」 投稿者:紫陽花   投稿日:2018年06月17日 (日) 12時00分

    るーふぁんさんの引用のお言葉に目が覚めるような衝撃を受けましたので、少しだけ書かせていただこうと思いました。

    「「嘲笑し軽蔑する」ことは、強制収容所で正気を保つための工夫に似ている。言い換えれば、性暴力とDVは、被害者の価値観や尊厳まで支配し尽くすほどのインパクトをもつ。だからこそ、被害者は知識で武装し、プライドを死守しなければならない。」

    そこまでなんだ、というショックを受けています。「性暴力」を受けることを想像すれば、「
    価値観や尊厳まで支配し尽く」される状況と被害者のその精神状態を容易に想像できます。そんなとき、どうやって自分を保つことができるのか。「嘲笑し、軽蔑すること」「知識で武装し、プライドを死守すること」。涙がでてくるほど辛いことですが、本当ですね。DV、モラハラは手段さえ違え、被害者が最終的に「価値観や尊厳まで支配」される辛さは全く同じ。モラハラ夫と同居中の被害者の皆さんにはモラハラを見下し、自分を守ってもらいたいです。

    さかなやさん、「愛も信頼も無い結婚生活に耐えられない」というお気持ち、とても共感します。最終的にはその部分で、私は離婚に踏み切ったんだと思います。私は既に離婚をしていますので、さかなやさんと現段階で同じ状況ではないのですが、モラハラだったんだと気づいた時点から離婚に至るまでは特に、さかなやさんの今の辛いお気持ちと同じような思いにずっと苦しみました。離婚も終えて全て過去のものになりつつある今もまだ、ずっと以前の、さかなやさんのお言葉をお借りすれば「愛していると確信した記憶」や楽しかった記憶をふとしたきっかけで思い出して、困惑した気持ちに捕われるときがあります。でもその記憶以上にモラハラを確信した記憶の数々の方があまりに辛く、どう考えても離婚を選択したことに後悔はないので、前を向いて歩いて行く方に気持ちを向けるようにしています。答えになっているか分かりませんが、少しでも参考になれば幸いです。


     
    No.32780 モラハラだったのでしょうか 投稿者:くまさんのくまさん   投稿日:2018年06月12日 (火) 16時34分 [返信]

    初めて書き込みます。

    先月夫と離婚しました。
    逃げるように家を出て、そのまま離婚しました。

    元夫が怖くて、毎日「こう言ったら怒られるのではないか」と思いながら生活をしていました。
    どんなに気をつけていても、ほんの少し意見しただけで逆ギレされ、喧嘩になってしまったことも私のせいにされ、言い方が悪かったならごめんなさい、と前置きして話を仕切り直そうとしても「謝ってほしいわけじゃない。そもそもそんなふうに意見してくるなんて〜〜」と、また怒られます。

    彼の方から何か、言葉にして意見されることはあまりありませんでした。
    でも私が何か意見すると、それまでのことを全てぶつけてきます。
    聞いてもらえたことはありません。
    私が何か言うと言い返してきて、「そんなに怒らなくても大丈夫だよ、責めてるわけじゃなくて私の気持ちを伝えてるだけだよ」と言っても、「責めてないならそんなこと言う必要ない」と言われて、それで終わるならまだしも「ことあるごとにそうやって干渉してきて、平和な日常に水をさしてくる」と怒られます。
    「俺からは日常意見することはないだろ?」と言われて「なのにお前はことあるごとに意見してくる」「そうやって言われたら俺だって言い返したくなる」と、全て私のせいにされます。
    私が言いたかった話を聞いてくれていないのに、なぜか怒られて、お説教されて、追い詰められて、終わるんです。

    ペットボトルや調味料のキャップが開けっ放しで置いてあることが多かったので、「も〜またあいてるよっ!閉めてよね〜」と軽く言っただけで不機嫌になり、怒られました。
    良かれと思ってせっかくご飯を作ったりしてるのに、それでふたを閉めろなんて言われたら嫌な気持ちになる、とか
    ペットボトルのキャップなんて俺の勝手だろと。
    空いてるとこぼしちゃうかもしれないから、と言うと「そもそも自分がこぼして人のせいにするのはどうかと思う」と、筋が通っているような通っていないようなことを延々言われて、最終的には私がごめんなさいと言うしかない状況になります。

    私は、何が何でもキャップは閉めてほしい、なんて強く言っていませんし、普段から意見するのが怖いながらも、少しでも彼との距離を縮めたくて、これ言ってみようかな?優しく言えばいいかな?お茶目に言えばいいかな?なんて考えながら挑戦しているだけだったんです。

    一度でいいから、怒らず話を聞いて欲しかった。
    あなたがしたことで、私はこんな気持ちになったんだ、という話を、一度でいいから「そうだったの?」と聞いて欲しかった。
    「責めてるんじゃないんだ」と私が説明したら、冷たくてもいいから「だったら何?」と話を進めさせてほしかった。

    彼にこんな風に言えば「人がどう返そうかなんてその人の勝手。指定するなんておかしい」と返されるのは間違いありません。
    確かにどう返すかなんて勝手ですが…私がうまく言葉にできず言い返せないのが悪いのですが、何かが違う気がして、対等ではない気がして…

    普通に話がしたかっただけなんです。
    私にも悪いところがあるのはもちろんわかります。
    けど彼が言うこと、やり方は、おかしかった気がします。
    支配されていたような気がしています。
    これは、モラハラだったのでしょうか…

    世に言うモラハラのように「お前は使えない、バカだ」などと貶められることはなかったため、自信がありません。
    それより高度な、ずるい方法で、追い詰められていたような気がします。
    気のせいなのでしょうか…
    長くなってしまい、すみません。
    どなたかご意見いただけると嬉しいです。

    No.32781 くまさんのくまさんへ 投稿者:せき   投稿日:2018年06月12日 (火) 23時52分

    こんばんは、はじめまして。
    七年前にモラ夫と離婚した せき と申します。

    先月離婚されたとのこと。
    今は少しづつ生活を取り戻されている感じでしょうか?

    さて、モラハラかどうかというご質問ですが
    これに関してはモラハラであった可能性が高いと思います。

    どの点が私がそう思うかというと
    ・元夫が怖かった
    ・少しでも彼と距離を縮めたかった
    ・普通に話がしたかった
    ・最終的にこちらがごめんなさいというしかなかった

     貴女が夫婦のコミュニケーションを一生懸命取ろうとしていたのに
    それが叶わなかった

    これです。

    モラハラを経験していない人からすると
    こういった行き違いと思われるケースを
    よくあることだとか言われてしまうこともありますが
    モラハラの場合は単なる性格の不一致ではなく
    「どうしても開けてくれない見えない扉」みたいなものを
    相手から感じるように思います。

    私は都合七年間の同居生活でしたがその間、一度も元夫の
    本当の気持ちや姿は見れなかったと思います。

    貴女と同じように「バカだ」などと直接的な言葉で責められたことは
    ほとんどありませんでしたが夫婦や家庭のことを少し相談しようとすると
    話を最後まで聞くこともなく「俺が悪いといいたいのか?」とか「そんなに嫌なら出ていけ」など
    新婚時代からよく言われていました。

    私も相手を悪いと責める気持ちなどなく、夫婦だからなんでも相談してから
    決めようと思い、また元夫もそう結婚前に言っていたので
    話しかけただけでしたがほとんど話し合いはできませんでした。

    今、思うのは
    彼は誰かと何かを作り上げるとかお互いに思いやりを持つとか
    そういった考えや感情は最初からなかったのだろうな
    ということです。

    くまさんのくまさんの相手の方がそうだとは断言できませんが
    もしもお子さんもいらっしゃらず、婚姻期間も短めだったのなら
    私は今離婚されてよかったと思います。

    モラハラの場合は年月が経てばたつほどその被害が薄い膜が
    一枚一枚重なってやがては厚くなり抜け出すにも
    一苦労になります。

    貴女は私にも悪いところがあるとおっしゃっていますが
    貴女はよく努力されたと思います。

    私も最初のころは説明がうまくできない私が悪いのだと
    思っていたしそう思うことで自分自身を納得させていました。
    けれど今は私はよく努力したと思っています。
    それと同時にどんなに心をかけても無駄な人間もいるのだとも
    思っています。


    今はまだ結婚生活を振り返ることが多いかもしれませんが
    少しづつご自分を労わりながらくまさんのくまさん
    自身の本来の姿を取り戻していってください。

    今はまだ離婚から間もないですからいろいろな感情が
    湧き出てくると思いますがこの掲示板でも書き込むことでも
    心が穏やかになると思います。

    的外れな話になってしまったかもしれませんが
    貴女を応援しています。





    No.32782 せき さま 投稿者:くまさんのくまさん(投稿者)   投稿日:2018年06月13日 (水) 01時03分

    お返事ありがとうございます。
    全て納得できることばかりで、驚いています。
    元旦那様の様子、少し伺っただけですがうちと似ている気がしました。

    「どうしても開けてくれない見えない扉」
    私の元夫にもありました。
    私はそれをどうにか開こうと、無理やり開こうとしてみたり、優しくノックしてみたり、しばらく放っておいたり、また、開こうとしてみたり…そんな繰り返しの日々でした。
    彼と私の間には何かがある、とずっと思っていましたが、せきさんの言葉が本当にしっくりきました。

    私も、彼は誰かと何かを作り上げるとかお互いに思いやりを持つとか、そういった考えや感情は最初からなかったのだろうな、と思います。
    もしくはそうしたかったのかもしれないけど、彼にもどうしていいのか、わからなかったのかもしれません。

    彼はとても弱くて、けど強がりで
    人一倍認められたくて努力もしているのに、拒絶されるのを極端に怖がっていて
    私が少しでも意見すると、急にスイッチが入って自分を守ろうとするんです。
    私が傷つこうが、屁理屈だろうが、関係ないんです。

    私はそんな彼の弱いところも受け入れたくて、
    怒られても応戦することなく「そんなに怒らなくても大丈夫だよ、あなたは間違ってないんだよ。何も変わらなくていいんだよ」と声をかけてきましたが、やはり彼の扉を開けることはできませんでした。

    付き合いだした頃から、彼との距離はほぼ縮まらず
    些細なこともなかなか言い出せず
    夫婦になったのに、友達とルームシェアしている、もしくはそれ以下のうわべだけの関係のようでした。
    私はずっと、それが嫌で仕方なかった。
    けど彼は、私から何も言い出さなければ平和だといつも言っていました。
    彼の中には、それ以上に深い関係なんて存在しないのかもしれません。

    離婚に踏み切ることができたのは、彼が私の両親にも、モラハラを発揮しだしたからです。
    母が言った一言に、間髪入れず言い返していて、その後も俺は間違ってない、俺は悪いと思ってない、次言われたらまた言い返すからな、と言われたのが怖くて。
    私は自分には自信がなくなっていましたが、親は間違っていないとはっきりわかったし、傷ついて欲しくないと思ったんです。

    それがなければ、今もずっと、扉を開けようとする毎日だったと思います。
    開けようとして傷つけられて、自分を責めて、方法を変えてまた挑んで、どんどん弱って…

    せきさんも、辛かったですよね。
    認めてくれる人がいなくて、どこか自分が悪いのかとまだ思ってしまっていて、時々楽しい思い出が蘇ったりして、
    結婚している時とは違った辛さに苛まれていました。
    せきさんのお言葉で本当に救われました。
    私、がんばったんだ、って少しは認めてもいいのかなって…

    温かいお言葉、本当にありがとうございます。
    誰にもわかってもらえない、と悔しさが込み上げてくる日もありますが、
    わかってくださる方もいるんだって、
    自分のこと認めてあげてもいいんだって、
    少し、勇気がもてました。
    本当に本当にありがとうございます。

    私も、せきさんを応援しています!
    きっと素敵な女性なんだろうと思います。
    私も早く、支えられる側の人間になりたいです。


     
    No.32777 またモラ調停員です 投稿者:みはね   投稿日:2018年06月10日 (日) 08時20分 [返信]

    ご無沙汰してます。

    以前お世話になりました
    みはねと申します

    共存中、不安定な離婚後は大変勇気づけて頂き、ありがとうございました。


    モラ夫は10歳下の子と再々婚。近日生まれたらしく
    昨年12月の調停時子供はいないなんて 真っ赤な嘘と判明しました


    それが名字を戻す決意にしてくれました。

    今度は 名字をもどすための調停です



    家裁の
    名前漢字担当の調停員に
    こてんぱんにされそうです
    最初から喧嘩腰のため口でした
    平日4時半にと書いてましたがここは5時までなんだけど
    いつにしたいんですか?

    (なら○時以降は受け付け不可て書けばいいのに、と)

    日休みだし、希望休とれるのは来月だから、来月平日を希望しました
    すると

    来月?遠いですね〜
    今月だめなんですか?
    木曜日は?水曜日は?
    (…平日休みの会社しかしらないのかな)

    じゃあ…○日を…と伝えましたが
    やはり急でとれませんでした。

    恐縮しながら
    やはりとれませんでした、すみません来月お願いしたいと言うと

    はあ?あなたが希望したんですよ?
    あなたが。
    金曜日なんて異例なんですよ?
    あなたが希望したんですよ?

    (あなたが今月いやがったんだよね?
    私の過失を連呼して
    一般人にモンスターみたい…)

    ぷちんときて
    申し訳ありませんでした
    上司にもう一度ききます
    (上司も攻撃的アスペで本当は相談したくありません)申し訳ありませんでした

    というと

    大丈夫なんですかぁ?
    とれそうなんですかあ?
    と聞かれ

    私の都合で申し訳ありませんでした
    上司にお願いします。
    と繰り返しました

    調停員に悪印象を与えないために頭を下げなければいけない現実。
    またはずれ調停員か…
    と絶望しました
    あんなにモラ王に戦えたのに
    今回はなぜか弁護士さん
    たのみたいほど
    今回の調停員の
    危うさ、恐怖を感じます

    民生員さんか児相の付き添い?など調べようか
    迷っています

    なぜあんなひとが
    調停員が採用されるのか

    前ほど
    戦います!力が何故
    なくなってしまっているのか
    わからないです

    とても怖いです


     
    No.32774 離婚後1年 投稿者:くまのこ   投稿日:2018年05月31日 (木) 01時37分 [返信]

    以前こちらで相談させていただいた、くまのこといいます。
    前夫からのモラハラに確信を持ったのも、離れようと決意した背中を押していただいたのも、ここの皆さんの経験談や温かいアドバイスでした。

    前夫は外では人当たりよくいい人と言われていましたが、家ではちょっとしたことで機嫌が悪くなり、無視や言葉の暴力を繰り返されました。また、私の周りの人たちを悪く言って付き合いを断たざるを得ない状況を作り(反論すれば私に矛先が向くのはわかっていたし)私はどんどん孤立していきました。さらに夫は仕事が続かないのに浪費がひどく、お金がないとキレるので、私は夫には内緒で仕事と別に副業をして、帰れば夫とまだ3歳の子どももいて、体も心もヘトヘトでした。帰宅前になると動機や息切れ、涙が止まらなくなり、ぼーっとしてると消えたいとかいなくなりたいとかばかり考えていました。

    そんな中で幸いなことにモラハラについて知り、家族の助けもあり、脱出。1年以上、かなり揉めましたが最後は離婚成立に至りました。

    ただ、離婚する時、法テラスでお願いした弁護士にモラハラやDVの理解がなく、弁護士からもモラハラを受けているかのような気持ちになり頼ることができませんでした。子どもは私が育てる、養育費なしで良いとは伝えましたが、子どもの面会などについて細かいことを決めないまま離婚成立。たまーに、前触れなく電話やラインが来ます。でも、怖くて出れないのです。子どもに会いたいと言われたら?電話でまた罵られたら?と思うと、離婚成立してるのに息が苦しく動機がして、電話にも出れず、家のことや仕事にも手がつかなくなってしまいます。

    きちんと手を打って離婚しなかった私もいけなかったのですが、離婚しても常に前夫の恐怖がつきまとっています。帰宅する時も、県外に暮らしているのに家の周りに前夫の車が停まっていないか確認しないと不安で帰れません。
    書面上、離婚し、1年たつのに、つらく苦しいです。

    No.32775 くまのこさん、自分の傷を癒すことだと思います。 投稿者:カフェオレ   投稿日:2018年05月31日 (木) 11時44分

    おはようございます。

    無事に脱出でき、離婚後1年経過されたのに、お辛い状況が続いていらっしゃるのですね。

    私は今、調停中です。
    モラ夫は、自分の弁護士や調停員を通して、モラハラをしてきております。それが数か月前は辛かったんですが、今は「はい、はい。それで?ふーん。あっそ。」と流せるようになりつつあります。
    その私の経験でお役に立つことがあればと思い、書き込みしました。

    モラハラで傷ついた私にとって、優先課題は「傷を癒す事」でした。それにとにかく特化して、傷を癒す方法を探しました。

    <とにかく話を聞いてもらう>
     モラハラ経験者がカウンセラーになっていたり、
     モラハラを熟知し、被害者心理を理解したカウンセラー
     がおすすめです。黙って話を聞いてくれます。

    <好きな事をする。我慢しない。>
     自分が好きだった事をモラハラ環境で見失っていましたが、
     改めてモラ夫に会う前の自分を思い出し、色々としてみました。
     後は、我慢する事が癖になっていたので、我慢はほどほどにして、
     「やりたいなー」「食べたいなー」という欲求を満たすようにしました。スポーツや映画、カラオケ、ショッピング、散歩、外食、占い、旅行、遊園地とか。

    こんなことを少しずつやっていくと、自分を取戻し始めました。
    でも、これをやろうとする気力を沸かせる事も難しい時期がありました。気力を沸かすには、今はモラ夫と連絡を断つ事が大事なようにも思います。

    モラ夫の言う事に全て合わせる必要はないです。連絡は相手が電話してきても、メールで返事して、用件の回答だけでいいんだと思います。私は着信拒否とメールは迷惑メール設定、LINEはブロックです。メールは証拠になるので、残しておくのも手だと思いますし。電話に電話で返事しなければならない決まりも法律もないですからくまのこさんがどう対応するのか決めていいんです。
    そして、第3者に介入してもらうのはどうでしょうか?モラ夫は世間体を気にしますから、くまのこさん以外の人がいると大人しいと思いますし、親や共通の知人の前でくまのこさんの前でモラハラしたら、この先、慰謝料請求を申立した時に心強い証拠にもなりますよ。先程から「証拠」ばかり言っていますが、調停や裁判を起こさないにしても、お守りみたいなもんです。そして、何より間に人を介してのモラハラは直接受けるより、楽ですから。

    くまのこさんの現在の状況が、以前の私と一緒で、何か助けになればと思い、長い書き込みをしてしまいました。

    くまのこさんは、モラ夫に今も洗脳、支配されている状況だと思います。
    私が女性相談窓口の人にきついけど愛のある言葉をかけられました。

    「必要以上に怖がるな」

    恐怖におびえていた私には当時、辛い言葉でしたが、今の私があるのはこの言葉の大切さを理解できたからです。

    私もそうですが、モラハラを受ける被害者には性格に共通点があると言われています。
    その性格を利用しているのがモラ夫です。
    私は必要以上に、自分を責めたり、他人に依存するのではなく精神的に自立していく事を目標に、幸せな人生を掴みたいと調停に臨んでいます。

    くまのこさんは、モラ夫に対し、辛い精神状態にも関わらず、調停して、離婚成立までもっていったのはすごいと思います。調停進行中の私もいつ終わるか分らない調停が嫌で、しんどいですが、頑張る勇気もらいました。

    モラ夫と暮らした事、脱出した事、危険人物のモラ夫から子供を連れて逃げて子供に安全で安心できる環境を作ってあげた事、子供を育てていること、弁護士を雇った事、調停をした事、離婚を成立させた事、それ以外にもきっと色々な事を頑張られてきたと思います。
    そういう自分をもっと認めてあげてください。
    自分を大切に、自己愛で満たしてあげてください。
    私も、自分を認める事が出来ない人生でしたが、モラハラを経験して、よくもここまで自分を犠牲にして生きてきたなーすごいなーって(笑)

    まずは、自分を癒す事をされてください。
    そしたら、モラ夫なんて単なるクソガキに思えてきますよ。
    ※口が悪くてすみません・・


     
    No.32771 別居1年、離婚成立1か月 投稿者:じゅん   投稿日:2018年05月24日 (木) 17時07分 [返信]

     ちょうど1年前、モラハラ夫から脱出しました。
     今度モラハラ行為があったらその時は絶対に脱出しようと思い、ひそかに荷物をまとめたり、お金を自分名義の口座に少しずつ移して、準備してきました。
     両親にモラハラを打ち明けて保証人になってもらって脱出のためのワンルームも契約し、その時がくるのを怯えながら、でも心のどこかでは明るい未来を想像しながら過ごしていました。

     その時がついにやってきました。私が朝五分ほど寝過ごしてしまい朝食の準備が遅れたことに対して、モラハラ夫の暴言が始まりました。何をどう言われたかは、覚えていません、忘れたいから思い出せないのかもしれません。

     脱出してからの1年間、家族会議、婚姻費用の調停、義母から電話で一時間余り説教されたりとさまざまな出来事がありました。その間、両親や二人の子どもたち、友人たちが私の側にいてくれて相談にのってくれたり励ましてくれました。

     先月、一番親身になってくれている男性の友人の助言に後押しされて離婚を決意し、両親と子どもたちの同意も得て、モラハラ夫に離婚届を渡しました。あっさりと離婚に同意してもらえました。婚姻費用を申し立てたことに対してかなり立腹して、離婚してくれと言ってきていたので、当然予想はしていました。超ケチなモラハラ夫に少しでも長く婚姻費用を分担させるために私の方が離婚を先送りにすることで復讐していました。

     今は解放されて自由を満喫しています。子どもたちには両親の離婚という悲しい思いをさせたかもしれないけれど、脱出の時に「お母さん、もう我慢しなくていいよ」と言ってくれた子どもたちに感謝しています。

    No.32772 じゅんさん 投稿者:檸檬   投稿日:2018年05月27日 (日) 12時56分

    はじめまして、レモンと申します。
    脱出できてよかったです。。
    モラルハラスメントは
    抜け出すまでが大変とききます。

    決定的な出来事が背中を押してくれる
    かもしれません。

    いままで大変でしたね。。
    これからは自由に羽ばたいてください。。

    知り合いにもモラルハラスメントを
    受けている方がいます。

    その人はいまだ暴言に耐えているけど
    なかなか逃げられないようで。。。

    でも着々と
    準備しているみたいです。。

    これからは心配なく
    過ごしてください。。。

    No.32773 レモンさん、ありがとうございます 投稿者:じゅん   投稿日:2018年05月27日 (日) 15時20分

    夫の行為がモラハラと知り、脱出するしか方法がないと知ったときから、少しずつ準備していました。お金のこと、仕事のこと、住むところなど。いろいろな方の体験談から学びました。レモンさんがおっしゃってくれるように、自由に羽ばたきたいと思います。

    レモンさんのお友達にも、近い将来、自由が訪れるようお祈りしています!


     
    No.32767 心が死んでいきそうです。 投稿者:roses   投稿日:2018年05月16日 (水) 19時48分 [返信]

    こんばんは。初めての書き込みです。

    彼のモラハラに疲弊しており、精神的に滅入ってきました。
    藁をもすがりたい気持ちで、こちらに辿り着きました。

    付き合って1年半の彼氏のモラハラが酷いです。
    最初は優しかった彼も、私が、別れたいと言い始めた頃から言葉で責め立て、私をコントロールするようになってきました。

    別れたいと伝える電話口で、大声でひどく責め立てられ続け、わたしが別れたい理由について述べると、理不尽だ!身勝手だ!などとまくし立てた挙句、自分から別れたいと言い出したのだから、自ら反省して誠意を見せて、もう一度やり直したいと謝罪するのが筋だろう?そう言えと、言われました。

    一言言い返すと、自分の非は絶対にないと思い込んでいる彼は、自己弁護をするな!気分が悪い!と言われるので、何も言い返せないのです。

    10倍になって返してくるので、わたしも辟易してしまい、問いただされているうちに、罪悪感の刷り込みから、わたしがそう言えば、この私への怒りは鎮火するのかな?と思ってしまい、彼の望む言葉を言ってしまうようになってしまいました。

    すると、彼は、信じられないほど態度を一変させ、ご機嫌になりました。
    でも、また数日も経たないうちに、メールの言葉尻りが気に入らないと、何が気にくわないかわかるか?とまず質問をし、わからないと答える、もしくは、彼の思いとは違った返答をすると、なぜわからないんだ?考えてもわからないのか?どうして俺がそう思うのかよく考えてみろ、と問いただしてくることが始まりました。

    そんな繰り返しでわたしも嫌になり、その度に別れたいと伝えるのですが、また彼の罵倒と罪悪感の刷り込み、こう言えとの提案、怒りを鎮めるためにわたしもまたそう言ってしまう・・・の繰り返しで、だんだん私がおかしいのかも、彼がいうように、私が間違っているのかも、彼のいう通りにすれば文句を言われないで済む、そうすれば彼もご機嫌、私も罵られない・・・

    そんな負の連鎖になってしまっています。

    罵られるたび、責められるたび、もう別れたくて別れたくて
    涙が出るのですが、また彼から咎められるのが怖くて、何も言えず、意思を持たない人形のようになってきています・・・

    彼が怒れば、ごめんなさい、私が悪かったです。これからは気をつけます。あなたのそばに居させてください。と言わなければ、収まらないのです。

    彼と同じことを私がすると、罵倒してくるくせに、自分は平気でします。そのことを指摘すると自分を正当化させるもっともらしい理由を延々とのべだし、もう指摘する気もなくなってしまいました。

    もう別れたくてたまらないのです。
    なのに、何故、操られるかのように彼の望む言葉を口にして戻ってしまうのでしょう?

    完全に、支配され、依存してしまっています。
    心が死んでしまいそうです。
    自分を否定してしまいそうです。

    苦しいです。

    No.32768 お別れするべきです 投稿者:みき   投稿日:2018年05月17日 (木) 11時31分

    酷い彼ですね

    まだ、ご結婚前ならお別れする方法考えましょう

    モラハラは治りませんから

    嘘も方便です

    例えば、うつ病になった
    医師に、うつ病の原因となった彼とは離れなさい、療養に専念すべきと言われたとか

    親に相談したら、彼とは別れなさいと言われたとか

    何としても距離を置き、電話やメールは医師の指示で着信拒否するように言われたとか

    1人暮らしなら引っ越ししてしまうとか

    いくらでも道はあります

    結婚したら最悪ですから

    もっとあなたを大切にしてくれる方と、幸せになってくださいね


    No.32769 rosesさん 投稿者:ウーノ   投稿日:2018年05月18日 (金) 09時35分

    こんにちは。

    とても苦しんで悩んでおられるご様子。
    別れたいと結論を出しておられるのなら、あとは「どう別れるか」に尽きると思います。女性センター等のDV専門機関にご相談されることをお勧めします。

    詳しい状況などが分かりませんので、単純に「こうすればよい」とは言えませんが、やってはいけないことは何となく分かります。例えば相手に「別れたい」と伝えることなどです。

    DV加害者は、ターゲットである被害者が離れようとした時、ありとあらゆる方法を使って引き止めようとします。それはとても粘着質で、正攻法では太刀打ちできません。わざわざ「別れたい」と伝えるのは、得策ではありません。

    しかも、一度戻ると以前より状況が悪くなるので要注意です。

    別れられないのは、恐怖による支配によるものなので、どうかご自分を否定なさらないでください。非難されるべきは、恐怖によってパートナーを支配している相手の方です。
    相手は、自分を正当化するためなら平気で嘘をつける人種です。そんな人のために、これ以上、心を傷つける必要はないですよ。

    よい解決方法がみつかりますように。


     
    No.32744 5月10日発売PHPスペシャルに執筆しました! 投稿者:管理人@fix   投稿日:2018年05月02日 (水) 07時16分 [返信]

    無理しない 疲れない〜人づきあいをラクにする〜

    P44「家族がしんどい」あなたへ

    https://www.php.co.jp/magazine/phpsp/next.php

    「PHPスペシャル」は書店、コンビニ、キオスクで購入可能です。360円。
    「月刊PHP」とは違いますのでご注意ください。

    詳しくはこちらをどうぞ。
    http://www.geocities.jp/moraharadoumei/


     
    No.32761 奴隷のような・・・気の持ちよう? 投稿者:しあわせになれますように   投稿日:2018年05月13日 (日) 23時16分 [返信]

    こんばんは。初めて書き込みます。

    共働き夫婦。子供未就学1、小学生1です。
    夫のモラハラに参っています。

    普通、夫婦共働きなら、家事は折半が理想ですよね。。。。
    我が家は、完全女という認識なのか、、夫がやるたびに、「やらされた数」としてたまっていき、1・2・3・・・と積もって、10位たまるとどっかーん!!!!と人間否定の怒鳴り散らしが子供の前で始まります。
    そして、こんなダメなやつとは暮らせないと、子供たちにさよならを何回も言います。そして、子供が大泣きさせ、結局私に謝らせます。


    今日は母の日でしたね。
    でも、私にとっては、いつもの日曜日。
    日曜日は
    夕飯をつくり、食べて、洗い、
    子どもをお風呂に入れ、寝る準備をして、
    来週からのつくりおきをし、洗濯をして、片付けをし、
    と永遠と働いています。

    で・・・その間夫は、ケータイを見る、寝室に先に入る、子供が布団に入りにくるまで、布団でケータイを見る。を繰り返しています。

    今日は、夫が子供に寝る前の本を読んでくれるというので、少し離れてつくりおきの火加減を見ていたら夫はもちろん、子供も「おやすみ」を言わずに
    寝ていました。

    私が洗い物などをすぐにやらないと、夫がやります。
    洗濯が終わってすぐに干さないと、夫が干します。
    でも、それが10回くらい重なると
    てめーは何にもやらねぇ、と怒鳴ります。
    なので、私はずっと働いてしまう。

    でも、夫も子供もそんな私をみて
    奴隷のように、働いているのが当たり前と思っているのか、
    感謝もされず、私に全てやらせて遊んでいます。

    今日、コーチング的な本を買いました。
    もっと幸せになりたくて。
    現状への言い訳をやめる、不幸は自分のせい、
    なんて書いてある。
    そうなのかな、私が悪いのかな。
    の前の家事の手をとめたら、言葉でぶっとばされるから、休まらないのに、
    それでも幸せになれるのかな。
    これは言い訳でしょうか。
    正直、つらいです。




    No.32766 しあわせになれますようにさん 投稿者:ウーノ   投稿日:2018年05月15日 (火) 09時35分

    こんにちは。

    内容拝見して、まるで真綿で首を絞められているような、そんな感覚を覚えました。実際に手を下さずとも、貴方が経験として学んだ恐怖を利用し、常に気を張る生活は、決して普通ではありません。ご主人のそれは、精神的虐待ではないでしょうか。

    お子さんの前でそのような光景(怒鳴る・人格否定などの言葉を浴びせる等)を見せるのも「面前DV」といって立派な虐待です。問題は、ご自身だけではなくお子さんにも降りかかっているとお考えください。

    買われたというご本は、しあわせにさんの状況には対応していないと思います。きっとそんな本を読む前から「自分のせいではないか」「もっと自分が頑張らなければ」と思っておられたと思います。

    人それぞれ感じ方も違います。ですから「正直、つらい」と思うしあわせにさんの感覚も、間違いではないのです。

    わたしは辛いと思いました。頑張っても頑張っても認められない。顔色を伺って息を殺すように生活していく日々が、楽しいわけがないです。その感覚は、全然おかしくないです。
    おかしいのではないか、と感じるのは、そういう風に感じるように長い時間を掛けて仕向けられてきたからです。

    最初から、こんな理不尽を受け入れていた訳ではないと思うのです。自分の意見を言った時もあったでしょう。けれどそれ以上のエネルギーで激しく攻撃され、どこかのタイミングで「自分が我慢すれば」と折れた瞬間があったはずなのです。

    辛い、と感じた自分のお気持ちを大事になさってください。
    そこを否定してしまっては、本当に自分が壊れてしまいます。

    辛くていいんです。その感覚こそが普通です。




    Number Pass
    管理人へ連絡
    SYSTEM BY せっかく掲示板