四国遍路掲示板

四国遍路について語り合いましょう。
ちょっとだけ東京葛飾鎌倉や南葛八十八ヶ所についてもかまいません。
投稿にあたっては、十善戒を守って下さい
ふさわしくない場合予告無く削除いたします

ブログへ戻る

ホームページへ戻る

アクセスカウンター
カラコン フェアリーダイエット サプリ新宿 女性求人出会い系
--------------------------------------------------------------------------------


1 四国遍路なんでも All ReLoad
1 名前:めぐめぐ 2011年03月06日 (日) 17時03分
四国遍路掲示板作りました
どうぞお使い下さい
表示件数を減らしました、過去投稿みたい方は右上ALLを

名前:   E-mail(省略可)   Pass(省略可)

ファイル: (JPG,PNG,GIF,FLV)
クッキーの保存
1202 名前:楽しく遍路 投稿日:2019年02月02日 (土) 16時53分
歩き遍路I.M さん 峠道復旧の紹介、ありがとうございます。また私のブログをご覧いただけたそうで、とても励みになります。
何年か前、掲載くださった写真の処で、どっちに進むか、しばらく迷っていたのを思い出します。まだ道の復旧はなっておらず、結局、楽な道を選んだのでしたが。
今なら、迷うことなく行くことが出来るのですね。次回、あの辺を歩くときは、ぜひ歩かせていただこうと思います。



1201 名前:歩き遍路I.M 投稿日:2019年01月28日 (月) 09時44分
枯雑草さん アドバイスありがとうございます。昨年、枯雑草さんのブログ(地図)を参考にして旧山座峠、小田坂峠、丹前峠、よここ峠等歩いてきました。枯雑草さんのブログ(特に地図はすばらしい)と楽しく遍路さんのブログは歩き遍路にとって必須の情報源です。これからもよろしくお願いします。。

1200 名前:枯雑草 投稿日:2019年01月26日 (土) 07時51分
(すいません、途中でアウト)
その先の大坂(旧山座峠越え)、小田坂については「歩く会」が手を入れられた後の平成28年3月に歩かさせていただきました。これらの概要記録については「枯雑草の巡礼日記」の下記記事に書きました。(地図もあります)参考にしていただければ幸いです。
平成24年秋その2 https://blog.goo.ne.jp/karekusa_2005/e/bfed34d3c0dff348340238158efb6341
平成28年春その4 https://blog.goo.ne.jp/karekusa_2005/e/ff5bbea11d897372a7df96de9b83797d
平成28年春その3 https://blog.goo.ne.jp/karekusa_2005/e/70058a397caa191ac816ab9d2bbb56ed


1199 名前:枯雑草 投稿日:2019年01月26日 (土) 07時45分
歩き遍路IMさま、湖山ですさま、みなさま、こんにちは。
寄る年波でこの頃歩いておりません。小野から日和佐の旧土佐街道の道、貝谷峠・松坂峠越えは「阿波の峠を歩く会」が手を入れられる前平成24年11月に、

1198 名前:湖山です 投稿日:2019年01月23日 (水) 11時53分
歩き遍路I.M様、遍路道情報を有り難うございます。
この道は東海図版の地図には廃道と記載されていたので歩くのはあきらめていたのでしたが、地元の皆さんのおかげで復活しているのですね❗
次回歩くときは是非とも歩かさせて頂きます😃

1197 名前:歩き遍路I.M 投稿日:2019年01月21日 (月) 12時45分
22番平等寺から23番薬王寺への由岐経由のコースは国道55号線から県道25号線へ、由岐坂峠を越えて由岐地区街、田井ノ浜へ進みますが、本来の遍路道(土佐街道)は県道25号線貝谷地区で右折し支道に入り、貝谷峠、松坂峠を経由して田井ノ浜へ抜けます。時間的のもかなり短縮されますし、数基の遍路墓や地蔵仏、コウノイケ屋遭難碑、殿様や幕府巡検使が休憩した茶屋跡など往時が偲ばれます。1月20日に”阿波の峠を歩く会主催(小野地区元気クラブ協賛)のウオーキング大会に参加しました。遍路道は地域の方々の奉仕できれいに整備されており、上り口からの標高差も100mぐらいで快適でした。時間的にも上り口から松坂峠を下った舗装道路までおよそ1時間でした。また当日、上り口近くの遍路道沿い川の対岸にしだれ桜等数十本を植樹しました。数年後が楽しみです。”たくさんのお遍路さんにこの道を通って楽しんでいただきたい”と会長さんをはじめ地域の方々がおっしゃっていました。経路は県道25号線貝谷地区(日和佐道路をくぐる手前)で右折し支道へ→集合祀場→向かって左の道(貝谷峠上り口)→分岐(どちらの道でも貝谷峠へ通じる)、左折が本道→貝谷峠→松坂峠→舗装道路、右折し下ると5,6分で田井ノ浜です。
詳しくは”阿波の峠を歩く会(会長:村木さん、TEL090−3189−3715)に尋ねてください。

1195 名前:遍路道 投稿日:2019年01月16日 (水) 00時39分
反対側からの様子。あくまで自己責任で。

1194 名前:遍路道 投稿日:2019年01月16日 (水) 00時33分
歯長峠、1/14に歩いてきました。
崩落地は、少し上を歩けば問題ありませんでした。赤字部分。
他の部分も一切問題はありませんでした。



2 へんろ道 All ReLoad
2 名前:めぐめぐ 2011年03月06日 (日) 17時04分
遍路道についてはここで


名前:   E-mail(省略可)   Pass(省略可)

ファイル: (JPG,PNG,GIF,FLV)
クッキーの保存
1187 名前:遍路道 投稿日:2019年01月01日 (火) 22時47分
12/31現在、熊井隧道経由で300m先から通行止めのようです。歩き遍路で確かめました。
反対側から見たら、高速道路建設により、旧道が壊されている為のようです。
怒りしかない。何を考えてるだか、行政は。

1184 名前:遍路道 投稿日:2018年11月29日 (木) 23時00分
現在の歯長峠、特に問題ないようです。
https://blogs.yahoo.co.jp/sachiedon2/64656935.html


1183 名前:遍路道 投稿日:2018年11月24日 (土) 20時05分
高知県足摺岬への遍路古道が復活!!  ガイドマップ掲載依頼へ
https://www.kochinews.co.jp/sp/article/227732/


1179 名前:Taibun 投稿日:2018年11月07日 (水) 10時46分
11月1日に仏木寺から明石寺に歩きました。県道31号は歩きと自転車は通れます。

1173 名前:たけのしん 投稿日:2018年10月16日 (火) 00時15分
ちなみに協議会ホームページ
http://88sekaiisan.org/pdf/20181012data.pdf

1172 名前:たけのしん 投稿日:2018年10月16日 (火) 00時13分
徳島新聞に記事が出てますね
四国4県などでつくる「四国八十八カ所霊場と遍路道」世界遺産登録推進協議会(事務局・香川県)は、7月の西日本豪雨や相次ぐ台風で被害を受けた遍路道の危険箇所を取りまとめ、協議会のホームページで12日公表した。
 主に歩き遍路が通る道の沿線58市町村と4県、四国地方整備局の調査をまとめ、徳島を除く3県に12の危険箇所が見つかった。土砂崩れや倒木、崩落などで、2カ所が通行できなくなっている。
 このうち最も被害が深刻なのは愛媛県宇和島市三間町の42番札所・仏木寺〜43番・明石寺間。市によると、山中の道が10メートル近く崩落し、復旧のめどは立っていない。通常なら迂回(うかい)路として利用できる県道も通行止めで、海寄りの国道などを1時間ほど遠回りしなければならない。
 同市祝森の40番・観自在寺〜41番・龍光寺間でも一部区間が倒木で通行止めだが、迂回路はある。その他の箇所は注意すれば通行できる。
http://www.topics.or.jp/articles/-/111833


1168 名前:めぐめぐ 投稿日:2018年10月10日 (水) 18時40分
横浜のPAPAよりの情報です

雲辺寺
境目峠から曼陀羅峠の道は通行止め!
道崩落で危険だそうです。

1152 名前:めぐめぐ 投稿日:2018年09月18日 (火) 17時51分
歯長峠遍路道、歯長隧道は崩落していないようですが隧道から先が土砂崩れにて全く歩ける状態ではないようです。
通常歯長越えにて10.6Kmですが迂回道17Kmとなり時間的にはプラス1時間といったところでしょうか。
復旧の目途は全くたっていないとのことです。



36 “中道復元事業”出発進行 All ReLoad
317 名前:寿老人 2011年12月28日 (水) 09時34分
遍路道の世界遺産登録を目指した取組が次第に具体化しています。
しかし、愛南町から宇和島に通じる遍路道3ルートのうち“中道”が置き去りになりかかっています。
世界遺産は、普遍的価値のある文化資産を保全するために設けられたユネスコの制度です。現在“中道”はほとんど途絶状態です。遺産登録の取組から置き去りにされることは、完全に消滅を意味冷ます。
何とか保全ができるよう、支援を願います。

名前:   E-mail(省略可)   Pass(省略可)

ファイル: (JPG,PNG,GIF,FLV)
クッキーの保存
941 名前:極楽トンボ 投稿日:2015年04月12日 (日) 21時37分
  枯雑草さまコメント有難う御座います。
 本当にお久しぶりです、お元気そうで何よりです。
トンボも時々生き返って、何とか春、夏、冬、年一周程度お四国へ舞い戻り、彷徨い遍路をやっております。
 この度は、満願寺様、枯雑草様の思い入れの旧へんろ道、地元の方々、寿労人様のご尽力の復元中道の一部を
踏ませて頂きました、難儀された貴男や労苦の方々の事を思いながらの道中でした。
 
 蛇足 写真後列向かって右から黄色のヤッケが老トンボです
    
 断酒の解けた暁には必ず八十九番札所へお礼お参りをしたい思います。          合掌


940 名前:枯雑草 投稿日:2015年04月12日 (日) 12時19分
極楽トンボさん。
お懐かしい・・
お元気で歩いておられるのですね。
大岩道はいかがでしたか。
ますますのがんばりを期待します。

939 名前:極楽トンボ(田中) 投稿日:2015年04月10日 (金) 11時56分
めぐめぐ様お邪魔します。

 寿労人様有難う御座いました。
 過日、観自在寺より大岩道、小岩道、上槙からの一部まで、よく整備の行き届いた遍路道を歩かせて頂きました、
満願寺までの予定でしたが、上槙の皆様、大森様のご厚意によりへんろ道場で泊めて頂きました。
 
 上槙の皆様はウォークの方々を総出で歓待され、その中に私も入れて頂き有難う御座いました。
皆様のへんろ道にかける思いに、朝発ちの時には後ろ髪を引かれる思いでした。

 翌日は、教えて頂いた通り、地元の方々のよく手入れされたへんろ道を歩き、県道46号へは戻れず、
県道286号(岩松往還道)をショートカットを繰り返し、できるかぎり昔の道をなぞりながら、緑滝温泉(廃)等から
国道、津島方面へと歩き、意義ある嬉しい道迷いでした。
 
 又、機会があれば......皆様有難う御座いました。    合掌  

935 名前:寿労人 投稿日:2015年04月02日 (木) 22時26分
トライアルウォークU実施 2015年4月26日(日) 雨天決行

宇和島市津島町上槇から同町岩淵の番外札所満願寺まで、復元整備中の旧へんろ道(宿毛街道中道)約12qを歩きます。
 
8時〜 :満願寺で受付開始・当日説明等
(希望者には岩松から満願寺までバスへ乗車できる手配をします。ただし、満願寺から帰りの便はありません。)
8時30分:小型バスで上槇へんろ道場へ移動(所要約30分)
9時〜 :トライアルウォーク開始〜
〜13時 :最後尾が満願寺到着予定 各自到着確認受付後解散
コ ー ス 宇和島市津島町上槇〜同町岩淵満願寺 約12q
満願寺→小型バスで上槇(上槇へんろ道場)へ移動→力石→松柱→増穂本俵→元屋敷→追ノ川→満願寺
募集対象 20名 (小型バスの定員の関係)
全区間通行可能ですが、草木も伸び路面も落石などで多少荒れています。できる範囲で支障物を除きながら歩き、今後の復元整備作業をどのように進めるかも探ります。
(雨具必携。皮手袋、園芸鋏、手鋸、杖又は山鍬等の持参を望みます。満願寺到着確認受付後解散ですので、弁当持参は自由です。)
前回参加者及び復元整備作業参加者や歩き遍路の経験者、歓迎です。
参加申込 4月21日まで。ただし、定員になり次第締切!
住所・氏名・年齢・連絡先を明示して、中道復元実行委員会事務長・上槇プロジェクト庶務 大森寿人宛て、メール(kfc00706@nifty.com)又は電話(0895-85-0080午後7時〜9時)で申し込んでください。
参加をお願いする方には、締め切り後、改めて連絡を差し上げます。
主  催 「四国へんろ道文化」世界遺産化の会旧へんろ道(宿毛街道中道)復元整備事業実行委員会並びに宿毛街道中道上槇プロジェクトチーム 協働
【開催趣旨】中道復元事業及び上槇プロジェクトでは、地域の貴重な歴史的文化資産である旧へんろ道の保全のために世界遺産登録を目指すとともに、過疎高齢化に悩む地域の活性化に資することを期して、愛媛県愛南町御荘平城の第40番札所観自在寺から宇和島市津島町岩淵の番外札所満願寺までの旧へんろ道(宿毛街道中道)約30kmの復元整備に取り組んできました。24年度開始以来10回にわたるボランティア作業や地元作業により、一部暫定ルートも利用することで全区間通行可能となりました。
3月29日に観自在寺から中間点の宇和島市津島町上槇までトライアルウォークを実施しましたが、今回は上槇から満願寺までのトライアルウォークUを実施するものです。


934 名前:寿労人 投稿日:2015年04月02日 (木) 22時04分
2015年3月29日(日)午前中は雨のち曇り 午後は晴の天候の下、観自在寺〜宇和島市津島町上槇までの旧へんろ道を踏破するトライアルウォークが開催されました。
40番札所観自在寺を8時半に出発し、大岩道峠(標高555m)を越え、昼食を挿み、さらに小岩道峠(標高588m)を越えて、最後尾が上槇(上槇へんろ道場)に到着したのは15時30分でした。
上槇からマイクロバスで観自在寺に戻り、解散です。
実施概要(成果と課題)
@旧へんろ道(宿毛街道中道)の愛媛県愛南町御荘平城の第40番札所観自在寺から宇和島市津島町上槇まで約18qの区間が、これまでの作業により、健脚者の通行可能であることが確認できました。最後尾で昼食約30分を含めて7時間で到着しましたので、早い人であれば、昼食時間(後尾を待つ形で足止め約1時間に及びました。)を短くして、6時間内で完歩できると思います。
A未整備部分や標識の不足箇所があり、今後さらに整備を進める必要も確認できました。参加者にはアンケートを行い、具体的な整備必要箇所等の指摘をお願いしています。
B参加者には80歳を超えるご夫婦もおられましたが最後尾がどうしても追いつけないほどお元気でした。女性は4人の参加でした。なお、遍路途中の方がお寺からの情報をもとに単独で歩かれ、上槇に先着され、少し驚きました。上槇へんろ道場に泊まり、進まれたそうです。
Cトイレについて、長月地域では民家のトイレを利用させていただけるように手配し、昼食場所(大岩道北側林道交差地点)には簡易トイレを準備し、またでは僧都地域のご協力で“大僧都集会所”のトイレを開けていただき利用しましたが、今後の大きな整備課題です。
D昼までは雨の予報でしたので昼食場所にテントも用意しましたが、天候が回復したので、設営はしませんでした。
E小岩道峠への県道登り口とゴールの上槇で、地元の方のお接待をいただきました。感謝です。なお、主催者側でも、長月の西柳降口地点と小岩道峠で缶茶を補給しました。
F写真は、上槇プロジェクト事業で整備した簡易宿泊施設「上槇へんろ道場」で、地元お接待の方や支援要員(写っていない方もおられます。)と一緒に、記念撮影です。
G愛媛CATVが全行程同行し、取材がありました。  
 


933 名前:寿労人 投稿日:2015年03月18日 (水) 09時45分
3月29日の観自在寺〜上槇トライアルウォークの下見のために、通しで歩いてみました。
ガーミン社のGPSを持って軌跡を画像に表示できるようにしました。
大岩道の峠北面直下の造林地では、赤道が確定できず、鹿除けネット際を直降する暫定ルートを歩きました。
観自在寺を8時30分に出発し、12時に大岩道で30分昼食、上槇到着は16時半でした。
途中ルートの確認や、出会った人と話したりで、正味の歩行時間は想定通りの7時間です。
これまでも作業の関係で、何度もこの区間を歩いていますが、いずれも区切り歩行で、通して全部歩いたのは、今回が初めてです。
区切りと通しでは、やはり違います。寄る年波で、はじめは写真撮影などする余裕がありましたが、
最後の小岩道越えでは脇目も振らずでしたが、登りは足が上がらず、降りは膝が痛くなり、ややばて気味でした。
しかし、今回の通し歩きで、観自在寺から上槇まで、健脚者なら十分に歩けることは実証できたと思います。


932 名前:寿労人 投稿日:2015年03月14日 (土) 07時58分
3月29日愛媛県愛南町40番札所観自在寺から宇和島市津島町上槇まで健脚者向けの“上槇トライアルウォーク”が実施されます。
準備を進めていますが、うれしいニュース。
愛南町と宇和島の境になる小岩道(峠)南面下で遍路道(宿毛街道中道)が県道46号線と交差する箇所があります。
県道上側はちゃんと斜路が作ってあるのですが、県道下側には段差ができていました。
このほど愛媛県愛南土木事務所のご尽力で、斜路を付けていただきました。
あの猛者、コイケダさんも難渋したという難所がまた一つ整備されました。
上槇トライアルウォークでも安心して通ることができます。

920 名前:寿労人 投稿日:2015年03月02日 (月) 21時09分
40番札所から宇和島市の南端にある上槇集落まで山道に慣れた人なら中道を通れるような状態になりました。
そこで、次のとおり、復元整備中の旧へんろ道(宿毛街道中道)を歩く“観自在寺〜上槇トライアルウォーク”が開催されることとなりました。
日  時 2015年3月29日(日) 雨天決行
     8時〜 :集合受付開始  8時15分〜 :当日説明
8時30分:観自在寺出発 〜 16時:最後尾上槇到着予定
17時予定:観自在寺に帰着 (マイクロバス)・解散
コ ー ス 観自在寺⇒宇和島市津島町下畑地上槇 約18q
愛媛県愛南町御荘平城観自在寺→同町御荘長月峰地→大岩道(H555m)→同町僧都(一里塚跡)→小岩道(H588m)→宇和島市津島町下畑地上槇(上槇へんろ道場)→(マイクロバス)観自在寺帰着
募集対象 20名 山歩きになれた健脚者対象
全区間通行可能ですが未整備の箇所もあり、大岩道・小岩道の2つの峠を越える山道ですので、健脚向きです。
復元整備中の旧へんろ道を歩き、今後の整備をどのように進めるか、探ります。
参加費は弁当無料ですが、弁当・雨具必携。皮手袋、園芸鋏、手鋸、杖又は山鍬等、山道用具のご持参を望みます。
     復元整備作業や歩き遍路の経験者、歓迎です。
参加申込 3月22日まで。ただし、定員になり次第締切!
     住所・氏名・年齢・連絡先を明示して、中道復元実行委員会事務長・上槇プロジェクト庶務 大森寿人宛て、
     メール(kfc00706@nifty.com)又は電話(0895-85-0080午後7時〜9時)で申し込んでください。
     参加をお願いする方には、締め切り後、改めて連絡を差し上げます。
     観自在寺の駐車場には限界があり、なるべく乗合せ、バス等で集合願うことになります。
主  催 「四国へんろ道文化」世界遺産化の会旧へんろ道(宿毛街道中道)復元整備事業実行委員会
     並びに宿毛街道中道上槇プロジェクトチーム 協働
【開催趣旨】中道復元事業及び上槇プロジェクトでは、地域の貴重な歴史的文化資産である旧へんろ道の保全のために世界遺産登録を目指すとともに、
      そのことを通じて過疎高齢化に悩む地域の活性化に資することを目指して、愛媛県愛南町御荘平城に存する第40番札所観自在寺から
      宇和島市津島町岩淵に存する番外札所満願寺までの旧へんろ道(宿毛街道中道)約30kmの復元整備に取り組んできました。
      24年度開始以来10回にわたるボランティア作業やその補充作業により、観自在寺から中間地点にあたる上槇地域までの約18qの区間が、
      一部暫定ルートも利用することで通行可能となりました。未整備部分もありますが、実際に通して歩いていただくとともに、
      一般の人も安心して歩いていただけるようにするには今後どのような整備が必要かについてご意見いただくために、上槇トライアルウォークを実施するものです。






32 イベント オフ会 All ReLoad
273 名前:めぐめぐ 2011年11月06日 (日) 16時56分
イベント オフ会 交流会など

名前:   E-mail(省略可)   Pass(省略可)

ファイル: (JPG,PNG,GIF,FLV)
クッキーの保存
1181 名前:めぐめぐ 投稿日:2018年11月20日 (火) 11時53分
南葛八十八カ所まんだら(東京葛飾鎌倉)六ヶ所参り 

大正から昭和にかけて葛飾区を中心に整備された新四国霊場南葛八十八ヶ所の内、葛飾鎌倉地域にある六ヶ所を巡って納経印(朱印)を集めます。
本部の鎌倉八幡神社で台紙を求め、各自それぞれで地図を頼りにお堂を訪ねてください。六ヶ所すべて回って本部に戻ると「結願」の印を台紙の最後に押します。
ご自分の納経帳(朱印帳)をお持ちいただいても結構です。
四国では、同じ台紙・納経帳に何度も朱印を重ねる「重ね判」も行われています。
何度も重ね判をすると台紙が朱印で赤くなり、墨書が浮き出てきます。

日時 毎年11 月23 日(祝)
10時〜16時30分
本部鎌倉八幡神社(葛飾区鎌倉4-15)
      (柴又通り鎌倉郵便局入る)
台紙200 円
納経印・重ね判一か所300 円
どなたでも参加できます

お問い合わせ 葛飾区観光協会鎌倉支部史跡委員会 田辺恵司 090-4526-6916


1177 名前:森 春美 投稿日:2018年10月21日 (日) 10時03分
とことこカフェの春美さんです

👣とことこカフェ遍路会 12月1日 土曜日 13時〜🌠
「毎年6月&12月 第一土曜日」

🌸12月1日 土曜日 13時〜 会費 3000円
🌸軽食 お飲み物
🌸兵庫県宝塚市千種4ー14ー44 ☎0797ー74ー0181
🌸阪急電車 逆瀬川駅 上流の「かぶと」の形をした山に向かって 川沿い真っ直ぐ歩いて12分

☀お遍路さんの皆さまに有意義で楽しい一日でありますように。

☀皆さまにお会いできますこと楽しみにお待ちしております。合掌

1160 名前:めぐめぐ 投稿日:2018年09月21日 (金) 14時42分
寅さん記念館展おへんろプロジェクト
10月17日〜23日
寅さん記念館休憩室 観覧無料
南葛八十八カ所とまんだら六ヶ所参りを紹介
おかだとよいち へんろ絵展
藤田賀子ミニコンサート 20日21日12:30 14:00両日とも
公認先達田邊恵司 南葛八十八カ所、四国遍路巡拝相談コーナー(25日を除く) 

1156 名前:めぐめぐ 投稿日:2018年09月20日 (木) 16時57分
転載です
10月21日(日) 別格8番十夜ケ橋「本堂復興・再建チャリティー縁日」
7月豪雨災害により、四国番外札所(四国別格20霊場第8番)十夜ヶ橋様が床上約1.5m(国道から約3m)浸水し、
土壁が落ち、什物・衣帯・備品類が泥水にまみれてしまう被害を受けられ、本堂の再建までも必要な状況になられました。
一日でも早く復興できるよう、10月21日お大師様のご縁日に、境内にて「本堂復興・再建チャリティー縁日」
を先達有志にて開催させていただきます。
水没しましたオリジナルグッズのチャリティーバザー、
宮本光夫氏「歩き遍路で出会った人々」写真パネル展、
当日朝よりつきます福餅・美味しい静岡茶のお接待、ヨーヨーつり・スーパーボールすくいなどを企画しております。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

1132 名前:森 春美 投稿日:2018年04月26日 (木) 13時01分
とことこカフェの春美さんです。

とことこカフェ遍路会 2018年6月2日 土曜日 13時〜
「毎年6月&12月 第一土曜日」

🌸6月2日 土曜日 13時〜 会費 3000円
🌸軽食 お飲み物
🌸兵庫県宝塚市千種4ー14ー44 ☎0797ー74ー0181
🌸阪急電車 逆瀬川駅 上流の「かぶと」の形をした山に向かって 川沿い真っ直ぐ歩いて12分

☀お遍路さんの皆さまに有意義で楽しい一日でありますように。

☀🌟勤行 🌟22番 平等寺 谷口真梁副住職様法話予定
🌟藤田賀子さまのへんろ歌予定
🌟大西敬浩様の楽しい話予定

☀皆さまにお会いできますこと楽しみにお待ちしております。
合掌

☆写真は昨年6月の とことこ遍路会の様子☆

1116 名前:湖山です^^ 投稿日:2017年11月18日 (土) 09時14分
おっさんさん

以前の曼陀羅オフ会と同じですよ^^
午後からならいつ行ってもいつ帰ってもいいんです(^^♪
お待ちしてますよ!!!

1115 名前:おっさん 投稿日:2017年11月17日 (金) 20時15分
1106とことこカフェ遍路会。
申し込みが必要でしょうか?以前のまんだら会のようにいつ行ってもいつ帰っても
いい会なのでしょうか?教えて!

1106 名前:とことこカフェの春美さんです 投稿日:2017年11月01日 (水) 15時51分
とことこカフェ遍路会 12月2日 土曜日 13時〜
「毎年6月&12月 第一土曜日」

☆写真は6月の とことこ遍路会の様子☆

12月2日 土曜日 13時〜 会費 3000円
軽食 お飲み物
兵庫県宝塚市千種4ー14ー44 ☎0797ー74ー0181
阪急電車 逆瀬川駅 上流の「かぶと」の形をした山に向かって 川沿い真っ直ぐ歩いて12分

☀お遍路さんの皆さまに有意義で楽しい一日でありますように✨
☀勤行 楽しい遍路法話 藤田賀子さんご来店予定 御詠歌 春美さん&由里のウクレレ お遍路さんの自慢の三味線&歌などなど、、ニコニコ

☀皆さまにお会いできますこと楽しみにお待ちしています(^.^)(-.-)(__)合掌



24 別格20番大滝寺 All ReLoad
144 名前:だぼ 2011年07月25日 (月) 10時14分
別格20番大滝寺に行って来ました。夏子ダムよりのルートです。H270mのショートカットは通行不能との事でしたが、遍路地図を見ても、グーグルアースの写真を見ても入り口は管理人さんたちの入ったカーブミラーより少し上のような気がしてました。
そこでもし入れる道があればと鎌を用意して挑戦。カーブミラーの50m程上の右カーブの白い建物の前の柵に遍路道シールを発見、後ろを向いてみるとコンクリートブロックの上にも遍路道シールが。ここだと思い上り始めます。
しかし入り口だけは道になってますが後は道を見つけることが出来ません。グーグルの写真では真っ直ぐ上れば広場みたいに見えるところにいけるはずと土の出ている所を頼りに上に登って行きます。何箇所か倒木を巻きとにかく直進あるのみと信じて鎌を片手に進路を確保。どうにか元、畑のような草地に出ました。
少し登ると民家の庭先を通り集落へ
道路の脇にしゃがんで休んでいると地元の人が話しかけてこられ
「あの道は今誰も通らん、何年か前に(パイプを埋める?)工事をして道を壊してしもた」と教えてくれました。
あの道のように感じた土の部分は掘り返した後だったのですね。
そこから上は管理人さんのホームページにもあるように軽四輪でも通れるような快適な道で遍路地図にあるような「6〜10月草木繁茂で通行不能」ではありませんでした
でもH270mのショートカットはお勧めできません
帰りはさぬき温泉の前を通り落合経由で帰ってきました
別格への道は余り紹介をしているホームページが無いのでここは本当に参考になります
管理人さんありがとうございます

名前:   E-mail(省略可)   Pass(省略可)

ファイル: (JPG,PNG,GIF,FLV)
クッキーの保存
1062 名前:内海 投稿日:2017年03月28日 (火) 00時58分
3月22日

さくら亭和楽さんの書き込みを見て意を強くし、思い切って八十窪さんに連泊して
金比羅ルート往復で大滝寺にお参りしました。

竹屋敷からの方が近いのですが満室のため八十窪さんからになりました。
距離的にすべてを歩くのは難しそうだったので金比羅神社まではタクシーを
考えていたのですが 八十窪さんのご好意で車で送っていただけました。
徒歩2時間を車では10分ほどです。

金比羅神社は 八十窪、竹屋敷あるいは長尾寺方面からの国道377号線が193号線
塩江温泉または脇町方面につながる三叉路の 道路拡張のためと思われる
コンクリート壁の上にあり わかりやすいです。

登山口は社左手後ろで中山峠・阿讃縦走コースの標識があります。
そのそばに遭難があったとの看板もあるのですが、さくら亭和楽さんが書かれたように
テープ、遍路札、標識がしっかりしているので よく迷う私でも問題ありませんでした。
この時期は蜘蛛の巣もなく100mほどの熊笹地帯も道がはっきりわかりました。
1箇所 造成中の林道が10mほど並行している部分がありますがそちらへ行かないように
注意してください。

ただ 急な上り下りが多く10箇所ほどトラロープがあり それを使うことで随分助かりました。
管理してくださる方々には感謝です。 支えている木が1本朽ちていましたが。
防寒のため薄手ですがイボ付きの手袋をしておりましたので手を傷めずよかったです。
夏でも園芸用のイボ付きの手袋をおすすめします。
また連泊往復なら杖はない方が良いかもしれません。

サブザックに納経帳と昼食用おにぎり2個(八十窪さんのお接待)と水1Lとわずかなお菓子
でしたので 68歳男の足でも金比羅神社から大滝寺まで登り3時間半 下り3時間15分でした。
大滝寺では歩きの人にと500mlのお茶と夏みかんをお接待され それも持って帰りました。

金比羅神社から竹屋敷、八十窪にもどるコミュニティーバスの中山バス停は金比羅神社から
歩いて15分ほどで15:36大窪寺行きがあります。 竹屋敷まで1時間 八十窪まで2時間
歩く元気がなく間に合えばバスに乗るのが良いでしょう。
私は2時半に中山についたので1時間歩いて竹屋敷からバスに乗りました。
ただ竹屋敷まで歩く道はバス路線とは異なりますので遅れないように注意が必要です。

1042 名前:さくら亭和楽 投稿日:2016年11月13日 (日) 10時13分

11月5日

竹屋敷から大瀧寺、大瀧寺から落合橋まで歩きました。

大瀧寺までは金比羅ルート。
金比羅神社から大瀧寺までおばさんの脚で4時間弱。
倒木何本かありましたが支障ないです。
遍路札等あるので初めてでも道間違えません。
一か所、ボケボケして「大相山」の標識につられて行ってしまいましたが
ススキに狭まれ先進めないです。

気になった所。
笹が生い茂ってる場所。
道筋が無くなりかけてます。
山登りの道と巻き道の所の巻き道。
少し斜めってます。
脚滑らさせないように注意しながら歩きました。

ほとんど人が通ってないので蜘蛛の巣だらけ。
枯れ木振り回しながら歩きました。
道もしんどいけど蜘蛛の巣の方がもっとしんどかった。


1010 名前:マサ 投稿日:2016年05月03日 (火) 21時28分
GWに金比羅道を歩いたので報告します。
塩江温泉→大滝寺→金比羅道→中山→旅館竹屋敷です。
7:30樺川温泉本館→10:30大滝寺
11:10大滝寺スタート→1:10大相山(881m)(正確にはその数十m手前)
→2:25金比羅神社→(休憩)→16:00竹屋敷

大滝寺から金比羅神社まで3時間15分です。
大滝寺側のスタート地点はお隣の西照神社正面で
お遍路マークとともに「阿讃縦走コース」
という立て札があるのですぐわかりますし、
途中迷いそうなところには標識があり地図なしでも行けます。
11番→12番などに比べると楽なコースです。
ただし、金比羅神社に近づくと急坂があります。
この道が修行の道だったそうですが、ロープの助けがないと
とても苦労すると想像します。
注意点があるとすれば、道が湿っているとまず、しりもちは覚悟する
必要がありそうです。(私も2回しりもちをつきました)



829 名前:未庵 投稿日:2014年10月19日 (日) 19時46分
今日、大滝寺から大窪寺まで夏子ルート歩きました。
だぼさんの夏子ルートの下りを参照しつつ。
ショートカット2ヶ所は車道歩きました。
途中地元の方とお会いして聞いた話ですが、今年は
非常にマムシが多いのとイノシシにも注意が必要との
事です。
道の状況ですが、下り初めてハウス栽培の先、
ススキが徐々に道を塞いできます。
その後もススキ以外に覆い被さる草や下草が
一面にあって人の歩いた道を見極めるのに一瞬
立ち止まる所もありました。
カーブミラーが首まで埋まってる場所まで休憩
入れて1時間20分。
そこから夏子ダムまで車道で1時間15分でした。



811 名前:tetsu 投稿日:2014年09月12日 (金) 09時03分
途中からの眺めです。

810 名前:tetsu 投稿日:2014年09月12日 (金) 09時00分
マイクロバスがすれ違える位の道幅です。

809 名前:tetsu 投稿日:2014年09月12日 (金) 08時49分
夏子ダム先の分岐点の看板です。

808 名前:tetsu 投稿日:2014年09月12日 (金) 08時45分
夏子ダムの休憩所を越えると右折路があります。ちなみに水分補給の自販機等はこの休憩所にあるものが最後です。

後は大瀧寺までずっと車道を上がりました。以下夏子から先の所要時間を記しておきます。

夏子ダム 10:30発
東大谷集会所(残り約7km地点)12:25通過
県道106号線合流(残り3km地点)13:05通過
大瀧寺 13:45着

このルートは遍路ツアーの定番の様で、道幅も広く、勾配もきつくありません。そして眺めも良く大瀧寺への登りルートとしてはオススメかと思います。





Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板