無料で掲示板を作ろう  Amazon-アイリスの夏を涼しくする家電!タイムセール開催中

作詞投稿コーナー

誹謗中傷やサイトの批判は削除させて頂きます。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
指名/フリー
本文
文字色
文字色
個人用削除キー 項目の保存

No.2810 「あれやこれ」再改稿 投稿者:林貞行   投稿日:2021年07月18日 (日) 18時25分 [返信]

フリー


皆様のアドバイスを元に推敲し直しました。たいへん楽しい時間でした。カルテは患者は見られないとか、コロナの賞味期限が不安ですが。

「あれやこれ」(再改稿) 林 貞行

結婚記念日 誕生日
指環のサイズに 好きな花
愛する妻の あれやこれ
覚えることが 多すぎる
ご機嫌とろうと サプライズ
若向きスカート M寸買えば
今はLよと 叱られた

エバちゃん マイケル ジミー君
子どもの友だち グローバル
ご近所さんの あれやこれ
覚えることが 多すぎる
少しは上げたい 好感度
ママ友見かけて あいさつすれば
あなたどなたと 睨まれた

禁酒に禁煙 低カロリー
コロナのワクチン バイアグラ
健康維持の あれやこれ
覚えることが 多すぎる
悪友誘って 脳ドック
うれしいカルテに 会計忘れ
誤診ですねと 笑われた


No.2799 あれやこれ(改稿) 投稿者:林貞行   投稿日:2021年07月16日 (金) 15時23分 [返信]

フリー


徳田さん、小池さんのアドバイスに従い、3番を作りました。7行仕立てでは長すぎるでしょうか。

「あれやこれ」(改稿) 林 貞行

結婚記念日 誕生日
指環のサイズに 好きな花
愛する妻の あれやこれ
覚えることが 多すぎる
ご機嫌とろうと サプライズ
若向きスカート M寸買えば
今はLよと 叱られた

美代ちゃん 淳くん ポチや三毛
子どもの友だち 増えてゆく
ご近所さんの あれやこれ
覚えることが 多すぎる
少しは上げたい 好感度
ママ友見かけて あいさつすれば
あなたどなたと 睨まれた

禁酒に禁煙 低カロリー
適度な運動 良い眠り
健康維持の あれやこれ
覚えることが 多すぎる
悪友さそって 総点検
人間ドックと しゃれてはみたが
医者にゃ治せぬ スネの傷

No.2809 完成を目指します 投稿者:林貞行   投稿日:2021年07月17日 (土) 20時57分



萩原先生、ありがとうございます。
修業の身、場数を踏むことが大切だと改めて思いました。
移り気で次の作品に取り掛かっていますが、その前にこの作品の完成を目指します。

No.2808 林さんご無沙汰してます。 投稿者:萩原たかし   投稿日:2021年07月17日 (土) 17時27分



メンバーの皆さんのあれやこれやのコメントを大事にしながらの推敲お疲れさまです。
こんちくしょうと思いながらも幅が広がっているように拝見しております。

このようなコミック風な詞は作曲もきっとハイテンポになりそうなのでそれを期待して7行仕立てでいけるのではないでしょうか。
完成を期待しております。

≪もう次の作品にも心が飛んでいます≫とのこと。
乗っておられるようで結構なことです。

No.2807 ありがとうございます 投稿者:林貞行   投稿日:2021年07月16日 (金) 22時19分



佐谷戸さん、ご無沙汰しております。
妻の誕生日も結婚記念日もウロ覚えで、好きな花は本当に知りません。
子どもの名前や病名・薬品名など、どうしても無難な昭和の発想になってしまいます。中途半端な安全運転をせず、吹っ飛んでみるのもいいかなと、意を強くしました。
これは実は、杉江代表のようなものを書きたいと思って挑んだものですが、まだまだ勉強の余地ありと痛感しました。ありがとうございます。

No.2806 お気遣いに感謝 投稿者:林貞行   投稿日:2021年07月16日 (金) 21時57分



杉江代表、お気遣い感謝いたします。
早口でという発想は、総点検の「点」を一音に聞こえるようにと勝手に想定したものですが、その理屈でいけば「検」もそうなりますね。1、2番と同じように名詞止めにしようとしたことが原因です。形に引き摺られず、強引にならないよう注意します。
また、徳田さんのご指摘も、なるほどと納得できました。
再推敲するつもりですが、もう次の作品にも心が飛んでいます。

No.2805 気まぐれにコメントで・・ 投稿者:佐谷戸   投稿日:2021年07月16日 (金) 21時40分



失礼します。いわゆる「あるある」モノで面白いですね。2番の、ママ友と思って挨拶したら「ダレ?」と睨まれた、には思わず吹き出しました。ばつの悪さ、近所慣れしない男には誰しも覚えがありますよね^^ 一方、結婚記念日、誕生日、好きな花くらいは覚えてるでしょう!とツッコミたくなりました^^ 3番もグルコサミンとかコンドロイチンとか、DHN?じゃなかったか、まさに「あれあれ、、え〜っと何て言ったっけ?」と思えるもの方が面白いのでは。2番の名前も美代ちゃん、淳ちゃんなどより、最近の男か女か分からん覚えにくい名前を並べた方が、より面白そう。ま、私の勝手な感想ですので聞き流してくださいね〜^^

No.2804 良いかも 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年07月16日 (金) 20時42分



林さん、早口で言えば大丈夫!というお気持ちがあればそれで良いと思います。其で行って下さいね☺
余談ですが…昨年の新人賞にて入選していた「恋蛍」という詞があります。昨日、ある方に2番に字脚が違う所がある❗と指摘され、作詩家協会から頂いてた本で急いで確認すれば…当に、字脚が合わない。その前の入選作品・シンガー・Kも同様にミスが有ったが、クリアーしてしまっていた。私は完全にミス。林さんは意思を持っておいでですから、早口で歌わせましょう。強気でいきましょう😃

No.2803 ありがとうございます 投稿者:林貞行   投稿日:2021年07月16日 (金) 20時25分



杉江代表、徳田さん、ありがとうございます。
総点検は早口で言えば大丈夫かと思いましたが、やっぱり無理でしたか。(笑)
こうした詞は作っていて楽しいので、添削を参考にして、また挑戦します。

No.2802 字脚違い 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年07月16日 (金) 19時57分



総点検…字脚が合いませんね(笑)!

(3番)
悪友誘って 脳ドック
問題なしよと 祝杯あげりゃ
車忘れて 山手線

お粗末でした!!

No.2801 「あれやこれ」(改稿) 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2021年07月16日 (金) 17時57分



お疲れ様でした。拝見いたしました。
7行詩。決して長くは無いですよ(笑)
最近では7行、8行多いですから!
私的には1・2番と同じように3番でも
こういわれたよ!ってところの落ちが、
せっかくですから欲しいですね!


No.2786 童謡 ポニーテールの女の子 時女礼子 投稿者:時女 礼子   投稿日:2021年07月15日 (木) 07時52分 [返信]

フリー


童謡を投稿させて戴きました。先に杉江さんにみて戴きました所、黄色いリボンを星色リボンに、ピンクのリボンを空色リボンに、他2ヶ所ほどのアドバイスを戴きました。流石に発想が違います、、、。

★ポニーテールの女の子
小さな小さな 女の子
黒い瞳が キラキラ光る
ポニーテールは 星色リボン
ジャンプステップ 日曜日
可愛いね 可愛いね

恥ずかしがりやの 女の子
赤い長靴 チャプチャプくるり
ポニーテールは 水玉リボン
傘の中でも 踊ってる
可愛いね 可愛いね

お日さま背中に 女の子
ママとお散歩 歩けばゆれる
ポニーテールは 空色リボン
唄うエンジェル 君のこと
可愛いね 可愛いね

No.2798  投稿者:時女 礼子   投稿日:2021年07月16日 (金) 12時31分

ポニーテールの女の子


杉江さん、コメント有り難うございました。3歳の女の子さんのお孫さんがいらっしゃるのですね。
子供たちは皆水溜まりがすきですね。「雨降りだから」のタイトルでストックの中にあります童謡にも水溜まりと長靴が出てきています(^.^)
又少しずつ投稿させていただきます、宜しくお願い致します(*^^*) この度もアドバイスを有り難うございました。

No.2796 心が弾みますね^^ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年07月16日 (金) 08時28分



私も女の子の孫。少し天然パーマが毛先にあるのでゆらゆらクルリのポニーテール。3歳の孫を見てるように拝見させて頂きました。リボンの表現や、ちゃぷちゃぷクルリ…などは、水たまりを見つけてはわざと入って行ってピチャピチャ、ニコッ!としている様。
其の当たりのテクニックで映像が具体的になってると思います。曲が付くといいですね!作曲の先生方、名乗り出てくださいませ〜💐
関わらせて頂いて、とてもウキウキしてきた作品です。有難うございました^^V

No.2794 徳田さん、コメント有り難うございました 投稿者:時女 礼子   投稿日:2021年07月15日 (木) 19時36分



徳田さんへ、
いつも励みになるコメントを嬉しく思います。
童謡は聴いても書いても心穏やかになるのは不思議ですね。これからも頑張りますので宜しくお願い致します(*^^*)

No.2789 ポニーテールの女の子 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2021年07月15日 (木) 10時04分



素晴らしいアドバイスでしたね。
絵になりました。 さすがの作品と思います。
完成を楽しみに待たせていただきますネ!


No.2785 あれやこれ 投稿者:林貞行   投稿日:2021年07月14日 (水) 16時46分 [返信]

フリー


「あれやこれ」  林 貞行

結婚記念日 誕生日
指環のサイズに 好きな花
愛する妻の あれやこれ
覚えることが 多すぎる
ご機嫌とろうと サプライズ
若向きスカート M寸買えば
今はLよと 叱られた

美代ちゃん 淳くん ポチや三毛
子どもの友だち 増えてゆく
ご近所さんの あれやこれ
覚えることが 多すぎる
少しは上げたい 好感度
ママ友見かけて あいさつすれば
あなたどなたと 睨まれた

自分の歳は 忘れても
覚えることが 多すぎる
それでも楽しい あれやこれ

No.2797 ありがとうございます 投稿者:林貞行   投稿日:2021年07月16日 (金) 11時01分



杉江代表、ありがとうございます。
以前も、男女の交際年数に関してアドバイスを頂いたことを思い出しました。数字の使いようで現実味が増すようですね。以後、留意します。
改稿、間もなく出来そうです。

No.2795 楽しみ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年07月16日 (金) 08時19分



林さん、テンポもユーモアもあって、身近な話題で…思わず微笑んでしまいました。パチパチパチ〜!
皆様のアドバイスが入っておりますので、楽しみに致しております。指輪のサイズは普通が9、細目が7、大きめが11とかの数字が付いて来ます。今後ですが…数字を入れるのも動きと幅がでる作詞テクニックかと…。

No.2793 3番づくり必死です 投稿者:林貞行   投稿日:2021年07月15日 (木) 17時54分



小池さん、コメントありがとうございます。
3番を苦しみながら、楽しみながら考えています。喉元まで出ていますので、明朝には出来そうです。

No.2791 3番まで・・もっと。 投稿者:小池 蓮   投稿日:2021年07月15日 (木) 14時45分

林さん


リフレーンが短いのは徳さんのご指摘通りかと思います。
詩の最後2行が落としどころでしょうね。
3番まで頑張ってください。

No.2790 ありがとうございます 投稿者:林貞行   投稿日:2021年07月15日 (木) 10時22分



徳田さん、時女さん、ありがとうございます。
このところ陰気な詞が続きましたので、少し陽気なものを考えました。徳田さんの助言に従い、構成などを再考してみます。

No.2788 3コーラスに仕上げませんか? 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2021年07月15日 (木) 09時57分



林さん、お久しぶりです。
時女さんに刺激されたか? 杉江さんのコミック系か?お元気な詞作品を嬉しく思います。
七行詩ですから、私の学びから書かせていただきましたが、上から各2行で起承転。最後の7行目1行で結と思います。 それから2半の構成ですが、繰り返し部分が、1から3行までですから、区切りもアレッ? 繰り返しがサビじゃないんですよね。 
せっかくここまで書かれているのに勿体ないと思います。 3コーラス仕様にされてまとめられた方が良いと思いました。 もう一息、苦しんでください。待ってます!

No.2787 あれやこれ 投稿者:時女 礼子   投稿日:2021年07月15日 (木) 08時39分



林様、おはようございます。世間によくあるお話でクスッと笑える楽しい歌詞ですね。楽しい曲をつけて頂けたらよいですね。


No.2792 長崎ぶらぶら節 投稿者:小池 蓮   投稿日:2021年07月15日 (木) 14時50分 [返信]

符曲ずみ


長崎ぶらぶら節〜愛八
        作詞/田浦 賢

検番裏に   降る雨は
誰に告げたい 名残り雨
すきま障子に 凍える指で
今生別れの  撥を取る
おんな愛八  夢の中 

静かに落ちる 三味の音は
いのち 炎が 消える時
夢かうつつか つぶやく古歌(うた)を
思い出たちが 寄り添って
耳を澄ませて 聞く夜更け

命を紡(つむ)ぐ 歌日記
お世話様です  皆様へ
丸山(やま)に流れる ぶらぶら節を
残してにっこり 幕を引く
おんな愛八   夢に舞う


No.2782 艶(えん) 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2021年07月11日 (日) 22時06分 [返信]

指名(作曲コーナー投稿済み)


 艶 (えん)

この世に習う お茶席の
蕾に含む 甘露水
潜めた息を しし脅し
潤い魅せる 花しぐれ

この世を飾る ギヤマンの 
光に透けて 醸す色彩(いろ)
匠が技(わざ)に 玉の汗
坩堝の滾(たぎ)り 花あらし

この世の極み 四畳半
思いを込めて 描く人
筆先はしる 浮世絵に
悦び濡らす 花盛り

No.2783 ありがとうございます 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2021年07月11日 (日) 22時10分



福島さん奈良で再会。待ってますよ!
新作投稿も楽しみに、待ってますよ!


No.2781 徳田さん、よろしくです。乾杯! 投稿者:福島瑠山   投稿日:2021年07月11日 (日) 16時53分 [返信]



徳田さん、お会いしたいですね。満開の吉野を冷酒片手に下って飛鳥をまわり、、夜は奈良で3人で飲んだことが忘れられません。もう一度行きたいものです。
古代ロマンに満ちている奈良に居を構えたかった!手遅れですが・・・お江戸は昔は情緒にあふれていたのでしょう。その片鱗が柳橋です。柳橋は「浅草御門」。観音様の表参道入口です。神田川が隅田川に合流する処です。欄干に赤、青の簪が彫ってあります。粋じゃないですか!?市丸姐さん宅はすぐ近くでした。NHK第一回大河ドラマ「花の生涯」(船橋聖一原作)尾上松緑、淡島千景出演。
井伊直弼(尾上)の相手役村山たか(愛人でお女スパイ)役に淡島のあの絢爛たる色気は忘れられません。この二人が密会する場所がこの柳橋の料亭「亀清楼」です。現在も残っております。(私はここで孫の七五三のお祝をしました)ここから、北に進めば雷門です。


No.2772 〜幻想と郷愁の日本一の美人歌手〜  信州が生んんだ 市丸 芸者(ねえ)さん  投稿者:福島瑠山   投稿日:2021年07月09日 (金) 15時36分 [返信]




〜幻想と郷愁の日本一の美人歌手〜 
信州が生んんだ 市丸 芸者(ねえ)さん

1 信濃の山脈(やま)に春が来て  
化粧柳(けしょうやなぎ)が微笑(ほほえ)んだ  
松本 生まれの市丸さんは ほんとに ほんとに器量〈きりょう〉よし 
座敷(つとめ)に出たのは十六で 振り袖姿 花飾(はなかざり) 
浅間温泉 (あさまおんせん) 見習い芸者  
辛(つら)いことにも 忍(しの)んで 耐(た)えた  

2 信濃(しなの)の山脈(やま)に夏が来て 
化粧柳(けしょうやなぎ)が色づいた 
松本生まれの 市丸さんは ほんとに ほんとに 器量よし 
修行に出たのは 十九のときで 江戸は浅草 粋処(いきどころ) 
稽古(けおこ)稽古で 夜(よ)も日も明(あ)けず 
三味(しゃみ)に清元 長唄 小唄 

3 信濃(しなの)の山脈(やま)に秋がきて 
化粧柳(けしょうやなぎ)が紅(べに)をさす
松本生まれの 市丸さんは ほんとに ほんとに 器量よし 
贔屓(ひいき)は お江戸の皆の衆(しゅう) 浅草 銀座 日本橋
酸(す)いも 甘いも 弁(わきま)えて 
育ててくれた  江戸つ子  気質 (かたぎ) 

4 信濃の山脈に冬が来て
化粧柳が銀白(しろ)くなる 
松本生まれの 市丸さんは ほんとに ほんとに 器量よし 
立てば芍薬(しゃくやく)座れば牡丹(ぼたん)歌は鶯(うぐいす)甘い声
やがてデビューは「芸者歌手」 
ラジオ レコード 市丸づくし  

5 時節(とき)は巡(めぐ)りて 小車(おぐるま)の 
 信濃(しなの)恋しや 懐(なつ)かしや 
松本生まれの 市丸さんは ほんとに ほんとに 器量よし 
「茶つ切り節 」から「東京音頭」 「三味線ブギ」も 大当たり 75
歌謡史(れきし)にと留(ど)めて その名を残す 

No.2775 アメバブログ「時を呼ぶ声」より 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2021年07月10日 (土) 02時24分



戦前、芸者歌手というジャンルがあった。葭町の小唄勝太郎(東京音頭、島の娘、明日はお立ちか、会津磐梯山)、藤本二三吉(祗園小唄)、浅草の市丸(天龍下れば、三味線ブギウギ)、〆香、美ち奴(ああそれなのに、うちの女房にゃ髭がある、吉良の仁吉)、染千代、そして赤坂小梅(黒田節、ほんとにそうなら)、新橋喜代三(明治一代女、鹿児島小原良節)、新橋みどり(若しも月給が上がったら)、日本橋きみ栄、ほかには富田屋喜久治(酋長の娘)、豆千代(夕日は落ちて)。

素晴らしい女性たちが数多くの作品を歌われていましたネ。 ラジオ世代の、わたしが聞き覚えているのも沢山あります。 福島さんありがとうございます。

No.2774 瑠山さんからの伝言です 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年07月09日 (金) 17時25分



瑠山さん、力作のご投稿をとても嬉しく思います。

瑠山さんからお電話を頂きまして、パソコンが不調な為に明日、修理に持参されるとの事です。コメント等のお返事が遅れた場合、申し訳ありません^^との事です。そして…5番で1行飛ばしてしまいましたが、悪しからずとの事です^^V


No.2765 1014 投稿者:時女 礼子   投稿日:2021年07月05日 (月) 17時39分 [返信]

あんたの津軽 最終


何度も何度も書き直し、6行詩から5行詩に変更いたしました。杉江さんには沢山の御指導を賜り物ありがとうございました。徳田さん、アドバイスに感謝しております。又、よもやの萩原先生が最後に直接アドバイスを下さったことは私にとりまして大変な感激と大きな勉強になり心より感謝申し上げます。まだまだ未熟のまま暫くは年を重ねるのでしょうが、少し進歩致しましたら又投稿させて戴きます。どうぞ宜しくお願い致します。


<<あんたの津軽>>

あんたか話して くれたよね
リンゴの花咲く 津軽の春を
いつかおまえを ふるさとの
妹たちに 会わせると
そんな話を してくれました

あんたがこの部屋 出た時は
もみじが真っ赤に 染まっていたね
おはこ津軽の じょんがらが
聞こえてくるよ 夢のなか
あんた恋しい ひとりの夜明け

あんたが残して くれたのは
両手にあふれる 思い出ばかり
だるまストーブ するめ焼き
風流だよと 言ったひと
今日も津軽は 吹雪いてますか

(7月6日 推敲済)

No.2771 あんたの津軽 投稿者:時女 礼子   投稿日:2021年07月06日 (火) 20時33分



徳田さん、夢のあるコメントを戴きまして有り難うございました。あんたの津軽には本当に多くの皆様のアドバイスと応援により、長い時間をかけて完成致しました。大変有難い作品、とても愛すべき作品となりました。徳田さん、有り難うございました!
皆様有り難うございました。
又少しずつ勉強致しまして良い作品を書いていきたいと思います。又いつの日か掲載致しましたらその節はアドバイスを宜しくお願い致します。
久々の演歌の完成に今夜はぐっすり眠れそうです。

No.2770 推敲。お疲れ様でした。 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2021年07月06日 (火) 19時21分



苦しい、苦しい、生みの苦しみですよね。
ついに来た・・・! 田浦さん、お元気ですね。
時女さん、注目の第一投稿作品。素晴らしいですね!
だからこそ、皆さんの耳目が集中するのだと思います。
わたしが、ここに顔を出していることが恥ずかしくなりますよ。
良い勉強をさせていただきました。
どんなメロになるだろう・・・、どんな歌い手さんが・・・。
楽しみです。 おめでとうございます。 そして、
ありがとうございました。 徳田 拝

No.2769 あんたの津軽 投稿者:時女 礼子   投稿日:2021年07月05日 (月) 22時08分

杉江さんにおほめの言葉を頂けて嬉しいです😆


この度は杉江さん、萩原先生、徳田さん、そして先程は田浦さんよりあんたの津軽へのアドバイスをいただきまして本当にありがとうございました。
一つの未熟な作品が長い時間をかけまして、やっと完成いたします。皆様のアドバイスのお陰としみじみ感じております、ありがとうございました。

では、編集に入らせていただきます(^.^)

No.2768 あんたの津軽 投稿者:時女 礼子   投稿日:2021年07月05日 (月) 21時58分

田浦賢様、初めまして


田浦賢様、こんばんは。私のつたない作詞に対しまして貴重なアドバイスを頂きましたことを嬉しく思います。有り難うございました。
一番の、してくれたよねをアドバイス通りのしてくれましたに変更させて戴きます。
私は本当に幸せ者と思います、こんなに沢山の皆様から貴重なアドバイスをいっぱいいっぱい頂きましたこと、心より御礼申し上げます。
有り難うございました。

No.2767 久しぶりに覗かせていただきました。 投稿者:田浦 賢   投稿日:2021年07月05日 (月) 21時17分



時女さま。
皆様の作品にコメントが書けなくなりまして、ながぁ〜いお休みをさせていただいております。
久しぶりにサイトを覗かせていただき、この作品《あんたの津軽》を見させていただきました。
萩原先生、杉江さん、徳田さんの感想も拝見させていただきました。
杉江さんがおっしゃるように3節最終行、「今夜も津軽は 吹雪いてますか」、素晴らしい表現だと感じ行っております。 最終稿と書かれておりますが、より作品の格を高めるために1か所ご検討をしていただけないものかとおせっかいをしました。
この作品の各節最終行は4+3の7/4+3の7の組み立てを使われております。
1節のみが「してくれたよね」と確かに合計数は7なのですが2節、3節の4+3の7に対して5+2と感じられます。 ここは3節の最終行に繋げるためにも4+3の7で納めていただくことがベストなのではとおせっかいをさせていただきました。 
「そんな話を してくれました」みたいなものでも決しておかしくないのではなどと思っております。

休ませていただいている立場のものが言うことではありませんが作品の素晴らしさゆえのおせっかいとお許しいただければと思います。 

No.2766 フリーです 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年07月05日 (月) 19時53分



今日も津軽は吹雪いてますか…最高ですね。

フリーの詩です。作曲の先生方の附曲希望を期待致しております。ご要望に応じて、如何様にも推敲に応じられると思いますので、私からもお願い致します^^


No.2725 津軽のあんた 投稿者:時女 礼子   投稿日:2021年06月21日 (月) 20時37分 [返信]

フリー


今回は3、4年前に書いてありました津軽の作詞三篇の中の一扁を投稿させて戴きました。
宜しくお願い致します。

改めて最新を投稿させて頂く為に、消させて頂きました。 7月5日

No.2764 萩原たかし先生へ (あんたの津軽) 投稿者:時女 礼子   投稿日:2021年07月04日 (日) 22時10分



萩原先生、こんばんは。掲示板に返信申し上げまして失礼致しました。字脚と語呂によくきをつけます、有り難うございました。掲示板と重複致しますが、先生の作詞の手解きは大変に親切、分かりやすく嬉しい贈り物でした。又、先生の作詞で数曲を拝聴させて頂きました、素晴らしいですね。私はストーリー作りがなかなか大変で、先にタイトルを決めないで書いていくことが多いですがやはりタイトルは先なんでしょうか? 童謡はタイトルが先なんですが、、、。
編集する前に再度チェックいたします。

No.2763 徳田さん、色々有り難うございました 投稿者:時女 礼子   投稿日:2021年07月04日 (日) 21時30分



徳田さん、こんばんは。タイトルは津軽のあんたからあんたの津軽に変更致しましたのに、間違えてしまいました。あんたの津軽でした、ごめんなさい。
後程最終の書き直しを掲載したいとおもいます。
やはり、演歌とは難しいものですね。改めて勉強したいと思いますのでどうぞ宜しく御指導下さいませ。又、風がはこぶものを聴いて下さいまして有り難うございました、確か1976年発売だったかしらとおもいます。懐かしく私も一年に二回三回は聴いております。
徳田さんの作詞も沢山読ませて頂きました、大先輩の作詞は人生の重みを感じますね。これからも頑張って下さいね。

No.2762 津軽のあんた 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2021年07月04日 (日) 20時39分



タイトルが変わることで、ご存じのように歌詞の中身も変わるんですよね! 「あんたの津軽」で考えていましたので・・・! 萩原先生、杉江代表のアドバイスが的確ですので追加することは有りません(笑)
私的には「あんたの津軽」が好みですが!
お勧めの小柳ルミ子さんの「風が運ぶものは」拝聴しました。ご紹介ありがとうございました。

No.2761 時女さんへ。 投稿者:萩原たかし   投稿日:2021年07月04日 (日) 15時48分



時女さんはじめまして。
小生当サイトの横丁におります萩原と申しましす。
時女さんは大変に真摯で素直な詞を書かれる方と拝察しております。

当作品メンバーの皆さんのアドバイスで進行している様子を拝見しておりましたが最終投稿?とのことなのでひと言。

先ず字脚と語呂ですが
3番 ≪2人で行けたら 良かったけれど≫ 
   4・4 4:3 
1番 4:3 5   
2番 3:4 5 と字脚・語呂が違っています。
他にもいくつか語呂が違う部分がありますね
字脚と語呂は作詞の基本中の基本です。いい曲と歌唱を求めるなら整理が必要と思います。

次に起承転結ですがこれに留意しないとストーリーが平面的になってメリハリがつきません。

よければ小生のHPに作詞の基本を書き込んでおりますので掲示板のコーナーから飛んで一度ご覧いただきたいと思います。新しいメンバーの登場は大変に嬉しいことです。皆さん期待していると思いますよ。 

   



No.2760 徳田さん、沢山のアドバイスをありがとうございました❗️ 投稿者:時女 礼子   投稿日:2021年07月03日 (土) 15時43分



徳田さん、こんにちは。あんたの津軽へのアドバイスをありがとうございました。演歌のベテラン作詞家さんの応援、アドバイスを心づよく感じております。今後ともご指導を宜しくお願い申し上げます。

昨夜と今朝にかけまして、3番の3行目からラストまでをかなり書き直しましたが、このままで宜しければ編集させて頂きまして最終投稿いたしますが、やはりおかしいな?と思われましたら又書き直します。前回に徳田さんのアドバイスでだるまストーブの頃は地吹雪、、、とありましたので粉雪より吹雪とおもいました。大幅にかえましたが如何なものでしょうか?

だるまストーブ するめ焼き
風流なんだと 言ったよね
今日も津軽は 吹雪いてますか

又アドバイスをお待ちしております、宜しく😉👍️🎶致します。

No.2738 感じたまま 投稿者:小池 蓮   投稿日:2021年06月25日 (金) 20時53分



詩から見えたもの・・男は津軽出身で女は都会育ち・・かな?でも男と死別か別離なんだよね。
津軽じょんがら、りんご、さくら、ストーブ列車など盛り込んでいて良いと思いますが王道かな?

No.2726 演歌ですね〜^^ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年06月21日 (月) 21時12分



津軽ものも色々な形で沢山書かれている昨今。その中で時女流を醸し出していくのも難しいですが、拝見させて頂きました。
「題」ですが、1〜3節とも「あんたが…」で唄い出し。題は「あんたの津軽」の方が自然ではないでしょうか?でも、あえてこの様にされたのかも知れませんね。
あんたさんとはどうして別れたのでしょう?「残してくれたよね」「訪ねてみたいあんたの街を」のフレーズで今でも恋心を女性が持っている事実と、女性を捨てた男性「あんた」。それとも死別?

2節か、3節の写真の所にあんたとの思い出や別れのドラマのワンフレーズを入れると動きが生まれて、奥ゆきが出ると思いますが如何でしょうか?厳しい一言を書きましたが、ごめんなさいね。少しの推敲をされると更に魅力が増すと思います^^V。コメントが要らない時はフリーの後にコメント不要と書いて下さいませね🎵




Number
Pass


この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板