無料で掲示板を作ろう  Amazon-HPのパソコン・モニター!タイムセール開催中


作詞投稿コーナー

誹謗中傷やサイトの批判は削除させて頂きます。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
指名/フリー
本文
文字色
文字色
個人用削除キー 項目の保存

No.2671 露天風呂をひらがなに変更させていただきます m(_ _)m 投稿者:時女 礼子   投稿日:2021年05月10日 (月) 18時27分 [返信]



露天風呂をひらがなに変更させていただきましたので宜しくお願い致します。

ろてんぶろ
あったまっちゃったー あったまっちゃったー
ろてんぶろにはいったら あったまっちゃったー
そらがおおきく ひろがって
なみのおとも きこえるよ
とうさんにいさん おとうとたちも
みんなみんな たのしそう
ろてんぶろにはいったら
みんなみんな たのしそう

あったまっちゃったー あったまっちゃったー
ろてんぶろにはいったら あったまっちゃったー
しぜんのなかの ゆぶねなら
おやこわになり はなせるよ
とうさんにいさん おとうとたちも
みんなみんな うれしそう
ろてんぶろにはいったら
みんなみんな うれしそう


No.2663 童謡 露天風呂 投稿者:時女 礼子   投稿日:2021年05月09日 (日) 18時23分 [返信]



フリー

★露天風呂
あったまっちゃったー あったまっちゃったー
露天風呂に入ったら あったまっちゃったー
空が大きく 広がって
波の音も 聞こえるよ
父さん兄さん 弟たちも
みんなみんな 楽しそう
露天風呂に入ったら
みんなみんな 楽しそう

あったまっちゃったー あったまっちゃったー
露天風呂に入ったら あったまっちゃったー
自然のなかの 湯船なら
親子輪になり 話せるよ
父さん兄さん 弟たちも
みんなみんな 嬉しそう
露天風呂に入ったら
みんなみんな 嬉しそう

(多少の直しはOKです)

No.2669 キー様へ 投稿者:代表管理人(代行)   投稿日:2021年05月10日 (月) 15時37分



上野欄に投稿されていましたので、この欄に移行しました。

キー様へ、
この度は私の童謡詩にチャレンジ頂けるご様子に喜んでおります、有り難うございます。
宜しくお願い申し上げます。

No.2667 こう来ましたか! 投稿者:キー   投稿日:2021年05月10日 (月) 13時14分



時女様

童謡詞もお書きになる人やテーマ又、ストーリーの描き方は、本当に様々だなと受け止めました。今まで何曲かの童謡に付曲致しましたが、それらとは異なる切り口であり、「こう来ましたか!」と、感じた次第です。

その意味でも貴重な勉強素材だと思いますので、付曲にチャレンジさせて頂きたいと考えます。複数の付曲が実現すれば、盛り上がるでしょうね。

No.2666 名乗り 投稿者:代表管理人   投稿日:2021年05月10日 (月) 11時49分



改めていう事でもありませんが、時女さんが新人ですので注意事項として作曲へのお願いです。

作詩コーナー投稿詩に附曲希望の方は、コメント欄に一言お願い致します。

No.2665 童謡 露天風呂  投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2021年05月10日 (月) 09時17分



感性・完成・歓声・できた―! 待ってま〜す。

No.2664 フリー 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年05月09日 (日) 19時55分



早々に投稿、大変でしたでしょう?!でも、慣れたら簡単ですから、分からない時はこれからも誘導いたしますね。
この詩に曲がついても良い!付けて欲しいという希望ならば「フリー」と。すでに作曲者が決まっていたり、希望しない時は「指名」または「コメントのみ」とお書きくださいね^^*

この詩は「フリー」と書き込んでおきました。


No.2659 おまえにあげてもいいんだよ…父さんは 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年05月07日 (金) 08時34分 [返信]

今はコメントだけ希望します


私はどこまでジャンルを決めないで書けるか?と、自分の中で楽しんでおります。何が得意なんだろう?と、まだ分かっておりません。客観的アドバイスが有りましたらお願い致します。



【 おまえにあげてもいいんだよ…父さんは 】

婆ちゃんが突然 亡くなって
すがって父さん 泣いたんだ
男だって 泣けるんだ
神に召された 婆ちゃんは
おまえを見つめて 空にいる
きっと守って いてくれる
名前を幸子と 付けたのは
笑顔で生きて 欲しいから
父さんもらった この命
おまえにあげても いいんだよ

父さんがおまえに 伝えることは
すべての生き様 見て欲しい
親のすべて 見ておけよ
泣いて笑って ずっこけて
だけども絶対 離さない
嘘は言わない それだけは
苦しい時は 話せよな 
きっと朝まで 付きあうよ
朝陽に小鳥が さえずれば 
わたしの娘と 自慢する

名前を幸子と 付けたのは
笑顔で生きて 欲しいから
父さんもらった この命
おまえにあげても いいんだよ

No.2661 藤井さん、嬉しいです^^ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年05月08日 (土) 16時24分



藤井さん、有難うございます^^
本当に嬉しいです。

この詩は以前、母親の立場で書いたものを父親の立場に変えてみました。春と言う事も有って、電車の人身事故やら、登校拒否、出社拒否やら…いろいろ世の中に有るようです。そのメッセージになればと思いました。


アドバイスの個所、有難うございます。父親ばかりに目を向けておりましたが、それとなく母親と娘の性格を紹介すると家族の奥行きが出てきます。
親の全て見ておけよ〜だけども絶対離さない…の個所に母親を初めに出したのですが、登場人物が多すぎると思いましたので、父親だけの登場にした次第です。
そうですよね!!娘本人を通して紹介して見ます。

それと、父親は母親と違う角度の愛情だから、サビの部分も考え直してみます。男唄をあまり書かないので、女の目線になってしまいます^^:

No.2660 コメントのみ 投稿者:藤井有人   投稿日:2021年05月08日 (土) 11時26分



10行もあるのでフォークギター1本で、語りかけるような感じの曲がいいと思います。
名前を幸子と付けたのは笑顔で生きて欲しいから
は前向きでよいと思いますが
父さんもらったこの命おまえにあげてもいいんだよ
は気持は理解できますが、別の表現が良いと思います。

わざと散文的な内容としたのはわかりますが、この親子だけのエピソードも欲しいですね。

母さんゆずりで几帳面
誰に似たのかおっちょこちょいで
などはベタすぎるかなあ。


No.2651 「雪うさぎ」推敲しました 投稿者:林貞行   投稿日:2021年05月05日 (水) 22時36分 [返信]



「雪うさぎ」(改稿) 作詞:林 貞行

あれは舞い散る風花か
いいえ迷子の未練花
季節はずれの風鈴を
震わせ積もる銀の華
南天ふたつ赤い眼で
何を見ている雪うさぎ

あれは幻いつの日か
いいえ昨日(きのう)の日暮れ時
ホタル飛ぶよな粉雪も
消えれば闇の恋明かり
別れの言葉やさしげに
あなた残した雪うさぎ

あれは女の泣き声か
いいえ木枯らし虎落笛
すぐに融けると知りながら
一輪そえる寒椿
二年の月日はかなくも
愛の形見の雪うさぎ

「雪うさぎ」の改稿、新たに投稿します。
杉江代表のアドバイスを私なりに理解したつもりで推敲しましたが、自信満々とはいきません。あまり長く考えすぎると、あれこれ小細工したくなって悩みます。

No.2658 萩原先生、有難うございます 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年05月06日 (木) 19時15分



林さんの詩の中に、流石〜!と思うフレーズが多々、有りました。このフレーズを捨てたくないゆえに女性の未練心を各節下2行でも良いかと思いました。そこにビシッと決めるフレーズが出てくれば、新人賞に出せる作品と思います。林さんの最後のご指導を、宜しくお願い致します。有難うございます。

No.2657 感謝 投稿者:林貞行   投稿日:2021年05月06日 (木) 18時20分



萩原先生、わざわざコメントありがとうございます。
やや設定が揺れ動いていましたので、イメージを確定し、もう一呼吸おいて再推敲してみます。
     林 貞行拝

No.2656 林さん頑張ってください。 投稿者:萩原たかし   投稿日:2021年05月06日 (木) 17時54分



香代子さんとのやりとり拝見しておりますが小生の名が出てきたりして戸惑っております。

≪あまり長く考えすぎると、あれこれ小細工したくなって悩みます。≫とのことよく分かります。
が数日寝かせてみてもう一度推敲してみてはいかがでしょうか。いいフレーズが見受けられますよ。

雪うさぎを擬人化しているわけですが未練の心情をもう少し素直に表現した方が共感を得られるのではないでしょうか。もう少しで完成という段階で横丁からのひと言申し訳ありません。
もしよければ推敲の結果をメールでどうぞ・・・。






No.2654 ありがとうございます 投稿者:林貞行   投稿日:2021年05月06日 (木) 14時35分



杉江代表、ありがとうございます。
添削の文言いただきます。
一緒に暮らした月日を三文字「二年」「五年」で考え、二年にしましたが、五年の方が失った愛の重みが感じられます。
「食べたよな」の発想、私には到底なく、驚きました。どうしても甘く無難な抽象語に誘われますが、こうした生活感のある言葉で、二人の関係のリアリティーが増し、雪のうさぎにも血が通ったようです。
もう変えることはないと思いますが、さらに熟成させ、新人賞への応募、畏れ多いですが前向きに考えます。

No.2653 あと少しだけ… 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年05月06日 (木) 13時28分



林さん、私は凄く良くなったと思います。お疲れ様でした^^V。あと、少し、あと少し…戦ってみませんか?

この詩は今少し、二人の関係が言葉にされていないので、たった二年の暮らしか?お付き合いか?と想像しました。この二年の軽さが、最後の最後まで女性が一人惨めな恋をした様な、可愛そうな後姿を残しています。「別れの言葉 優しげに」…「すぐに融けると知りながら 一輪そえる寒椿」→ 優しげに言われる、される別れほど未練が残るんですよね〜。悪い男性ね(笑)。それ故に、一晩たってる雪うさぎに、それでも寒椿を添えたんですね。白い雪兎に赤、もしくはピンクの色を持ってきた背景はとても綺麗で、良いと思います。そこで、少しこの女性の未練心を救ってあげませんか?3番の4行まではこれ以上手を入れずに、大サビ2行で勝負を掛けるならば…下記の様にしてみました。

二年→「五年」 はかなくも→「食べたよな」 にしてみました。 全体の字脚を1文字空けると良いですね。
何か参考になれば良いのですが…ここで萩原先生の総合講評を頂けると私も勉強になります。萩原先生〜!!

*水木かおる先生の一言…「理性が働くと理屈が顔を出す」。時間をかけ過ぎると最初の意図が歪められて、全然違うものになる。せいぜい、2日か3日で書いて、後は呑もう〜だそうです^^。

「雪うさぎ」(改稿) 作詞:林 貞行

あれは舞い散る 風花か
いいえ迷子の 未練花
季節はずれの 風鈴を
震わせ積もる 銀の華
南天ふたつ 赤い眼で
何を見ている 雪うさぎ

あれは幻 いつの日か
いいえ昨日(きのう)の 日暮れ時
ホタル飛ぶよな 粉雪も
消えれば闇の 恋明かり
別れの言葉 やさしげに
あなた残した 雪うさぎ

あれは女の 泣き声か
いいえ木枯らし 虎落笛
すぐに融けると 知りながら
一輪そえる 寒椿
五年の月日 食べたよな
愛の形見の 雪うさぎ



No.2646 雪うさぎ 投稿者:林貞行   投稿日:2021年05月02日 (日) 13時19分 [返信]

フリー


「雪うさぎ」  作詞:林 貞行

あれは舞い散る風花か
いいえ迷子の未練花
季節はずれの風鈴が
切ない声で震えてる
小さな窓の向こうには
赤い眼をした雪うさぎ

あれは幻いつの日か
いいえ昨日(きのう)の日暮れ時
まるで蛍が死ぬように
降り積み光る銀の華
別れの言葉つぶやいて
あなた残した雪うさぎ

あれは女の泣き声か
いいえ木枯らし虎落笛
すぐに融けると知りながら
一輪そえる寒椿
はかない命それゆえに
愛の形見の雪うさぎ

No.2650 同じです^^: 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年05月03日 (月) 17時06分



林さん、ご返信を嬉しく思います。留守を致しておりましたが、出先でスマホから読ませて頂いてもおりました。
以前にも林さんの作品にコメントしていた責任上、しっかり見ております。一言のコメントが大きく影響を与えてしまう故に、何度も読み返して…このコメントで良いか?考えました。本当に怖くなります。
一番感じたことは、凄く切り返しが細かくなられて、上達されたな〜!と思いました。さらっと読んだ時には「いいな〜」と思いました。何度も細かく読んでいった時に、ここに書かせて頂いたように感じた次第です。これは私が感じた事で、絶対では有りません。
多少、林さんより先に書きだしている私の感想です。
林さん流に最後はまとめて下さいませね。
私も1作品に1年かけてるものもあり、昨年はテーマや歌手、題まで与えられて、期限も言われた機会があって(おまけに腕の骨折も有って)、必死に書いていたら「円形脱毛」が出来ました。プロの先生が「命を削って書いている」と言われる意味が分かりますね〜^^:。 新人賞に期待しております。

No.2649 ありがとうございます 投稿者:林貞行   投稿日:2021年05月03日 (月) 15時41分



杉江代表、ありがとうございます。
久しぶりの投稿になりましたが、意欲を失ったり怠けていたわけではなく、毎日サイトを何回も開け、皆様の作品を拝見・拝聴して勉強させて頂いていました。
実はこの作品、原型ができたのは昨年末でした。それから毎日、執拗に読み直しては少し手を入れる日が続きました。振り返れば4カ月余りですが、こんなに時間を掛けたのは初めてです。
その間、他の作品も何編かできたのですが、まずこれを仕上げようと必死でした。ただ、見直せば見直すほど混乱してきましたので、いったん白紙に戻して作り直しました。
ご指摘いただいた点、じっくり咀嚼して推敲してみます。
林 貞行拝

No.2648 もう少し堀り下げたら素敵なドラマが出来る様な気がしますが… 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年05月03日 (月) 14時57分



林さん、読ませて頂きました^^
情景描写がとても綺麗で、童話を読んでいるようでした。好きですね〜。

私は行きつ戻りつ、5回ほど読ませて頂きながら林さんが描こうとされている、頭にあるドラマの脚本を読み取らせて頂きました。そこで、何故何度も繰り返し読んだのだのだろうか?と分析。6行の中で、4行に情景描写を入れておられるからかと思います。「だから」「どうした?!」と言う、一歩掘り下げたドラマが描き切れていない。残り2行では無理だったかな?と。
3番で「雪」でできたうさぎと理解できるが…大サビの「愛の形見の雪うさぎ」で、大きく聴衆を惑わせるとも思います。ここを推敲。

2番に過去形にして「愛のドラマと結末」を書かれ、新人賞に出されたらどうでしょう?綺麗な詩なので期待できそうです。


No.2643 代理投稿 投稿者:代表管理人   投稿日:2021年04月29日 (木) 14時56分 [返信]

作曲・歌唱コーナー投稿曲


グラスの氷が溶けるまで

     作詞:菜の花太郎
     作曲: 幸吉

洒落たお店に 呼び出すなんて
噂どおりの 話のようね
別れ話を 切り出されたら
意地で笑みでも 見せましょう
グラスの氷が 溶けるまで
あなたの女で いたいけど

唇噛んでは ため息ばかり
何か言いかけ 飲み込む仕草
分かり過ぎるの ただそれだけで
それが愛した 悲しさよ
グラスの氷が 溶けるまで
涙よお願い 我慢して

そろそろいいわよ 帰ってあげて
上手くいったと 伝えていいわ
言葉返さず 立つ椅子音が
ご免ご免と 聞こえるの
グラスの氷が 溶けるまで
あなたを追わずに ここにいる



菜の花さんと初めてコラボさせていただきました
シチュエーションが面白いと思いまして
タンゴ調にて作ってみた次第です

No.2645 杉江さんありがとうございます 投稿者: 幸吉   投稿日:2021年04月29日 (木) 16時34分



わざわざ作詞コーナーに転載ありがとうございます
そしてコメントありがとうございました

ご指摘の場面は実は私も考えた部分ですが
シチュエーションを考えた結果次のパターンも有りかなと...

・会社の上司の既婚男性と付き合ってる女性が主人公
・会社の女性仲間はみんなその事を知っている
・旦那が奥さんに追い込まれてる事実を知った仲間が噂を流した

まあこんな感じなら辻褄は合うかなという感じにとらえましたが
実際このように説明をするようではNGかも知れませんね
私としては菜の花さんとは初めてのコラボでしたし
「詞」に飢えている状況でしたので採用させていただきましたが
是非とも次作に期待している次第です

菜の花さんは自宅にネット環境がなく自営の仕事場からの連絡に
なると申されていました
私より少し若い男性で30年以上詞を書いていると伺いました

現在私はそれなりの時間は取れる状況ですが
「詞」がないため楽曲作成が全然出来ていません
メロ先での曲はたくさん溜まっていますが詞がつかない状況です
是非皆様、5〜6行詞の演歌系、8行詞の歌謡曲系の詞を
お預けいただけたらと思います
宜しくお願いします

No.2644 ちょっと気になる個所があります 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年04月29日 (木) 15時16分



既に曲が付いて、動画になっているのですが…出だしの一番肝心なところが意味不明?少し無理が有るようにに思います。

「噂どうりの話のようね」…の「噂どおり」は少し可笑しくありませんか?これで宜しいですか?
この場面の前に男性の素行が悪くて、世間の噂にあがる遊び人?。女性の友人達で、別れの噂で盛り上がってるとか?
「察し通りの…」の方が違和感が無いと思いますが…さんらしくないと思いましたが、さんの捉えられ方をお書き下さると参考になります。

3番2行目が素晴らしい!。次の彼女が既に出来ている事を知っているこの女性の、最大限のプライドと相手に何も言わせないほどの強がり。男性は返す言葉がない(笑)。「グラスの氷が溶けるまで…」との組み合わせで、冷静に聞いているが揺れる心理描写が素晴らしいですね。
菜の花太郎さんは女性の様に思いますが…どの様な方ですか?


No.2642 「この曲が終わるまで」 投稿者:キー   投稿日:2021年04月22日 (木) 09時51分 [返信]



作曲投稿欄の対応詞です。

「この曲が終わるまで」  作詞:杉江 香代子  

疲れたからだ 癒すよう
蔦(ツタ)の 絡まる喫茶店
もう一度 聴かせてよ その曲を
マスターお願い 弾いてみて
10年ぶりね この香り
懐かしいのよ この席も
幼い愛とも 気づかずに
二人が暮らした 学生時代
三社祭りが 呼び戻す
山車の向こうに 想い出が・・・

ざわつく人の この街で
なぜかあなたに 逢えるよな
もう一度 聴かせてよ この曲を
今でも涙が 出るじゃない
ドアが開いた 後ろから
子供を連れた 笑い声
昔のあなたが そこにいた
優しい人なの 綺麗な人ね
席が立てない 気付いてよ
お茶を飲んだら 帰るから・・・

バカね今更 愛なんて
曲が終われば 微笑むわ・・・

時計止めてよ このままで
曲が終われば 帰るから・・・



No.2639 歌入れ完成 歌唱コーナーに! 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2021年04月17日 (土) 14時01分 [返信]



「大和の名将 島 左近」

作曲・宵 久幸  歌・マイティ之門    

@
天文九年(1540) 生を受く
平群(へぐり)椿井城(つばい)の 武士(もののふ)は
応仁乱から 筒井氏を
誠で仕えて 盛り立てる
真(こころ)の英傑 島左近
大和の名将 島左近

A
永禄二年(1559) 信貴山(しぎさん)は
大和覇権を 二十年
松永弾正 三好氏の
仕掛けを相手に 守り抜く
時代は戦国 島左近
天下に名を馳(は)す 島左近

B
慶長五年(1600) 関ヶ原
天下分け目の 合戦に
西軍大将 石田三成(みつなり)を
押しての先陣 華と散る
過ぎたる軍師は 島左近
大和の名将 島左近


剣祖・愛洲移香斎と同日、録音しました。
この作品も10年近くお蔵に入っていました!
やっと表に出すことが出来ました。

No.2641 小池さんありがとう! 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2021年04月20日 (火) 13時39分



すんなりと収まってくれたので、書きあげられた(笑)
島左近の一生を、3コーラスでって、どう描くかに時間とられました。
偶然にも、年号のところの字脚が揃ってたことが幸いして、時代の進み方が出来ました。
たしか、徳川家康が東軍に望んでた武将だったとか!

No.2640 良いね〜 投稿者:小池 蓮   投稿日:2021年04月19日 (月) 10時29分

徳さん?


講談で聴けそうなお題で良い感じです。


No.2638  投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2021年04月17日 (土) 12時45分 [返信]

歌唱コーナーに歌入りをアップ!


「剣祖・愛洲移香斎」

作曲・宵 久幸  歌・マイティ之門      

{ナレーション}
時代は室町、戦国の世(よ)。
伊勢の国、奥志摩五ヶ所浦に生まれ育った、
愛洲太郎左衛門久忠(あいすたろうざえもんひさただ)
またの名を移香斎。
剣の道を極め「陰流」を拓き。
新陰流ほか200余流に受け継がれて来た。
故に剣祖として崇(あが)め慕われる。
剣の道を志す者、今も愛洲の里に集います。

@
磨けば光る 玉の石
愛洲(あいす)の里の 若武者を
乱世の波が 飲み込んで
修行の旅に 駆り立てた
剣峠(つるぎとうげ)は 九十九(つづら)折れ

A
清めるわが身 五十鈴川(いすずがわ)
伊勢神宮に 誓い立て
岩屋に籠もり 山に伏す
己(おの)れを鍛(きた)え 剣の道
精神(こころ)涵養(かんよう) 花養院(かよういん)

B
あるべき命 活かす剣
極めた奥義 陰流(かげりゅう)と
上泉信綱(のぶつな)継いで 柳生宗厳(むねよし)へ
時代を超えて 新陰流
剣祖 愛洲の 移香斎(いこうさい)

剣祖 愛洲の 移香斎


No.2634 出会った確率百万分の1 危険倍率百万倍 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年04月12日 (月) 17時39分 [返信]

今はコメントのみお願い致します


 <<出会った確率百万分の1 危険倍率百万倍>>

ねぇ、わたしは愛した人を「あなた」としか 呼ばない
大丈夫よ 分かりゃしないわ
でもね、秘密の恋はとても むずかしい
出逢った確率 百万分の1 
危険倍率 百万倍
羊の皮をかぶった オオカミ君は
そろそろ森へ お帰りなさい

ねぇ、あなたはわたしのことを「愛称(あだな)」でしか 呼ばない
大丈夫よ 誰も知らない
そして、二人の時間(とき)は 喋らない
出逢った確率 百万分の1
危険倍率 百万倍
悪女の顔はあなたに あなたにあげて
淑女で街に わたしは帰る

出逢った確率 百万分の1
危険倍率 百万倍
人生一度これほど あなたを愛し
わたしの為に それほど生きる
                (4/13 一部推敲)

風太さんのコミカルな作品を拝見したら、私の中の悪戯心が筆を動かしました。詞として見ると破調。でも、曲が付くと面白いかな〜?!と。やっぱり破調?(笑)。いつもの大胆な作風の私がニヤリと微笑んだ。コメントを頂けましたら幸いです。


No.2637 恐々見ましたら^^ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年04月13日 (火) 11時39分



大胆な作品を投稿しておきながら、後悔の念も起きて来て恐々見に来ました(笑)。
藤井さん、風太さん、有難うい御座います。ホッとしております。
今の歌謡界をじっくり見ておりますと、かなり奇抜な詩も沢山有ります。そこに曲と歌が入ると奇抜さがほどほど薄まって、曲と歌で違和感なく耳に入ってくる事があります。じつは、これを推敲して、来る<新人賞>に出そうと思いました(爆笑)。今なら笑われても構いません。
制限や計算が入るレコード会社CD制作の世界では、推敲要請が出されると思いますが…今なら何を書いても許されます。
私は計算すれば計算違いになるのが関の山ですので、思いっ切り遊び心に規制を持たせず(品だけは落とさない)、挑戦して行きたいと思います。
藤井さん、アドバイスを嬉しく思います。漢字にするだけでも違いますね、頂戴致しました〜!!サンキュー♪

No.2636  投稿者:風太   投稿日:2021年04月13日 (火) 08時55分



やっぱり実力派は思いつきが凄いですね。人間悪戯心遊び心が突拍子のない作品を誕生さすのですね。

No.2635  投稿者:藤井有人   投稿日:2021年04月12日 (月) 23時48分



出逢った確率1万分の1(1/10000)という意味?


このような詞の場合、思い切って、
出逢った確率百万分の1 危険倍率は百万倍 
などもっと大げさにするほうが面白いと思います。




Number
Pass




この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板