猫ねこ掲示板

ここは個人サイトの掲示板です。
サイト趣旨をご理解の上、ご利用下さい。
初めての方は簡単な【自己(愛猫)紹介】をお願いします。

次のような投稿は管理人判断で削除します。
◎一見さんの自サイト宣伝だけが目的の投稿。
◎マルチポスト、誹謗中傷、公序良俗に反するもの。
◎その他管理人が猫サイトに不適切と判断した投稿。

ホームページへ戻る

名前
e-mail
タイトル
本文
画像

URL
文字色
削除キー 項目の保存
No.1778 ゴンが!? 投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月17日 (土) 06時26分 [返信]

いつものお散歩コースをご機嫌でお散歩していたゴンが、約1.8kmほど歩いたところで突然、あれ、なんか変?
頭を振ったかと思うと下半身がぐらりと揺れて。
えっ!!??これは!!??
と思い当たるところがあったので、すぐさま動画撮影を開始。
悪い予感が当たって・・
突然ピクピクと痙攣。
もがいて・・・
でもすぐに収まって。
そのままキョトンと伏せの姿勢で周囲をキョロキョロ。

トロと同じです(涙)

なぜ?
まさかゴンまでてんかん発作?

そのまま休ませていたら、数分後には
「なに休んでいるんですか?早くお散歩の続きに行きましょう!」
と元気いっぱいにまた歩き出して。
いつもとまったく変わらない歩調。

その日のうちに動物病院へ行って、先生に動画を見せました。
血液検査など色々調べてもらいましたが、その時点では何も異常なし。
ということは、何か神経性のものか、脳か・・・

ゴンは、はじめて会ったときに、すでに成犬でした。
それから5年半。
実年齢はわかりませんが、おそらく、もう10歳かそれ以上なのでしょう。
もう若くはないんですよね。

その後も何の変調も無く、跳ね回って走り回って、ブッシュに顔を突っ込んで顔に何やらいっぱいつけたり、倒れたのがウソのように元気にすごしています。
でも。
この時期に、たとえば熱中症でふらついただけとかありえませんし、やっぱり、どこかなにか悪いのですよね、多分・・・






No.1779  投稿者:もこりん   投稿日:2021年04月19日 (月) 00時23分

ゴンちゃん 意外にも年をとってるのですね。写真はまだまだ若そうに見えるのに。
突然そんな風になるのは心配ですね。一時的なものであって欲しいですが、どうなんでしょうねぇ。
ゴンちゃん、おばちゃんも心配してるよ。

年といえば、まろ君もあと一歩がなかなか治らないようですね。かなりきれいな傷になってますが、ちゃんとふさがってくれないと放せませんものね。
まろ君、引っ掻くのはちょっと我慢して〜って言いたいわ。
ゴンベの時もそうでしたが、触らせてくれない子はただ見守るだけしかできず、もどかしいです。
ハナちゃん、ビックリでしたね。まろ君は退屈してたでしょうから、ちょっと刺激になったかもしれません(かな?)

No.1780  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月19日 (月) 05時54分

>もこりん様
私も最初、保護時のゴンは3〜4歳かと思ったのですが、ベテラン先生の見立てでは、歯の摩耗具合等は5〜8歳だと。
なので、私は勝手に、保護時のゴンは5歳!と決めました。
あれから5年半ですから、どう計算しても、もうシニア犬の仲間入りをしていることになります。
今でも元気いっぱいで毛艶は良いけど、そういえば少し体臭が強まったかな?

まろ君、どうしてきれいに治ってくれないんでしょうねえ(涙)
血のにおいがしたら、虫が寄ってきます。これからの季節、ウジがわいたりしちゃうでしょう。すっかりふさがるまではリリースできません。
まろ君、退屈しきっていて可哀想だけど。がまんしてね。

ハナめ、部屋の外に出そうと私が抱き上げた途端に強気になって、まろ君にシャー!
抱っこされてやっとシャーシャーいうちび婆猫なんて、まろ君、てんで相手にしていませんでしたけど。
甘やかされた飼い猫と、野猫に近い野良猫の差が、ここでも出ました。

No.1781  投稿者:すみれ   投稿日:2021年04月19日 (月) 10時47分

友人の犬がてんかん持ちで
最後まで投薬していましたが
散歩の途中で発作が出ると連れて帰れないので散歩に行けなくなったと行ってました
そして発作で苦しむ姿が辛くて次の犬は迎えられないと。
でも散歩はゴンの生きる喜びだものね

傷だらけで保護した初代ベルは1ヶ月ほど傷がじゅくじゅくして治りが遅かったですけど
まろくんはそれ以上ですものね
免疫力の低下でしょうか
可愛いお顔のマロくん治るといいなあ

ハナちゃん
自分より強いものがいるのがわかってしまったのね
うちのニューすみれは保護施設では
はなちゃんとよばれてました
なんかほっとする名前ですね
先代すみれが
すみれって名前ではないけどはなだからね!
って教えてくれたのだと思います

No.1782  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月20日 (火) 05時54分

>すみれ様

人も車も多い市街地では、てんかん持ちの犬は怖くてお散歩できませんね・・・
幸い当地なら、今まで通りお散歩は大丈夫です。
ゴン12kg、いざとなれば抱っこで少しは歩けるし、係留して急いで車をとってくることもできるし。
車のは入れない山の中のお散歩はもう、止めることにしますが。

それにしても、どうしてゴンが、って思っちゃいます。
犬のてんかんは特別珍しい病気ではないようですけれど・・・

まろ君、なにが悪いのかなあ。
毛艶は良いし、肉付きも良いし、お目目ぱっちり、特にどこか辛そうとか、全然無いのに。
とにかくとにかく「早く傷ふさがれ!」のみです。

新顔のすみれちゃん。
うちのハナとちがって、ひらがなのはなちゃんだったから、そんなに性格の良い子なんでしょうか。
(うちのハナはお花ではなくて鼻くそ由来だし)
すみれちゃんのことを考えるだけで、なんか私まで嬉しくなっちゃう。
今度こそ、本当に幸せににゃれたにょよ♪もうだいじょうぶ、って。

No.1768 19周年おめでとうございます 投稿者:catwings   投稿日:2021年04月11日 (日) 06時49分 [返信]

nekohonn様

19周年おめでとうございます。

そうですか、もう19年なんですね。

私が猫を欲しいと思いつつ、まだお迎えできずに
「猫」「本」で検索してたどり着いたHPでしたもの。
そっとHPを覗きつつ、2005年12月生まれのコザイを2006年のゴールデンウィーク頃にお迎えしたのです。

お祝いに、ちょっと古いですがウチの猫達の写真を張り付けますね。
catwings town 特盛猫団子とコザイのへそ天、腹だしクオンです

No.1769  投稿者:catwings   投稿日:2021年04月11日 (日) 07時13分

ちょっとレス違いですが、すみれさんやトロンボーンさんと私は同年代と思います。
なのでそろそろ子猫ちゃんを迎えるのはちょっと・・・・
と考えておりました。

ただ、今は人生90年・100年を迎えつつあります。
もちろん高齢でもどの位元気で動けるか・・・という問題もありますが・・

今ノブナガだけで、猫成分が足りない気がしてなりません。
ノブナガもすごく私にべったりしてきていますし、不在の間は多分寂しいのだろうと思います。

と言う事で、成猫の若目の猫さんで三毛を探しておりましたところ、
三毛ともう一頭の兄弟で・・・と言う若目の猫さんを何時里で発見したのでアクセスしてみました。
しかし、年齢はクリアしたのですが・・・

「里親としては申し分ないが、先住猫がいるのなら成猫はやめた方が良い。猫のテリトリー意識は強くて、上手くいかないと大変だから・・・」
と言って断られてしまいました。
「catwingsさんの環境(先住猫がいる)だと、成猫さんと暮らしている子猫さん・・・しかもできるだけ若い猫さんが良いのでは・・・」
と言われてしまいました。

今は車で多分1時間程度の辺りで活動している所にアクセスをしています。
そちらは、私の年齢でも大丈夫そうだと言う事と、おそらく甥、姪がまだしばらく自身の実家(関西)には帰らなそうなのでいざという時は何とかしてくれそうなので・・・

幸い、今の職場は問題がなく、本人の希望があれば80歳まで勤務可能という事(1年更新ではあります)ですので、個人的には最低でも65歳、多分70歳位までは働こうかな・・・と思っています。


No.1770  投稿者:catwings   投稿日:2021年04月11日 (日) 07時28分

すみれ家に新しい猫さんが来て、しかも性格の良さが出ている可愛い猫さん。
大変うらやましく見ておりました。

現在アクセスしている団体さんに三毛の子がいるのですがまだ小さいので、まずは29日にお見合いが決まっています。
もしかしたら、その子と別にもう一頭譲っていただけるかもしれません。


こちらのサイトには、本当に色々お世話になっていて、catwings townで今の猫砂に決める前には、トロンボーンさんの猫砂の記事をむさぼり読んでいたし、猫の本を探すのもこちらのサイトを参考にさせていただいたことが何度あったか・・・
皆さまの色々な工夫なども大変ありがたく拝見していたりしました。

私が、こんな猫中毒になった事の一部はにneohonさんと皆様のおかげかと思っております。
サイトの運営も色々大変だと思いますが、末永く続けていただければ嬉しい限りです。

アッシュとヒデヨシのピンの写真が少々少なかったのですが、探せたので貼り付けました。
ノブナガも子猫のぶちゃの時代と昨晩の写真を張り付けますね。

No.1771  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月11日 (日) 17時13分

ありがとうございます。

おー懐かしの面々が♪
一番最初の写真が好きです。
「せっかくコザイお姉たんに甘えているのに
じゃましないでよ」
みたいな男の子たちのお顔。
アッシュちゃんもヒデヨシちゃんも
コザイちゃんが大好きだったんですね。
下の方の写真も、ツーショットかと思ってよく見たらもう一組の耳先。
やっぱり男の子ふたりはコザイちゃんにくっついている♪


クオンちゃんのおにゃか、もふらーずマスクにいただきたいくらい、もっふもふですね。
すてき。

catwings様宅にもあたらしい子がくるんですね。
これはまた楽しみが増えました〜〜〜☆

No.1772  投稿者:すみれ   投稿日:2021年04月12日 (月) 21時10分

catwings様の新入りちゃん楽しみです
ノブナガちゃんと仲良くなるといいなあ

19年なんですね
猫さんの寿命ほどの時間を経ているのですから
いろいろな別れや出会いがありましたね
旧トロンボーンさんの猫ちゃんたちなつかしいです

catwingsさん
ニューしゅみれはほんとに性格最高です
名前を呼んだりなでたりすると秒で巨大ゴロゴロ
ちゅーるおじさんの足もとにきちんと座って
お目々キラキラで見つめてきます

猫じまいは考えずに
長生きしてまだまだ猫との暮らしを続けます
同年代の皆さま
がんばりましょう

No.1773  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月13日 (火) 07時55分

>すみれ様
ありがとうございます。
19年もやっていれば、オープン当初の猫さんたちが皆いなくなってしまったのも仕方なく(涙x涙)
その分、多くの出会いもあり、幸せになっていく猫たちの姿を見ることができたのは、幸せなことでした。

しゅみれちゃん、嬉しくて仕方ないんでしょうね。
こここそが「本当のおうち」「本当の家族」だと瞬時に理解して。
あたちを見て!愛して!好き好き!
ふわふわクッションでまったり幸せ〜
なんとも素敵なお写真です。

No.1774  投稿者:SHINO   投稿日:2021年04月13日 (火) 12時51分


19周年おめでとうございます。

チョコとマロンはnekohon様と皆様に一緒に育てて頂いて大きくなったと思っています。
なんせ猫初心者がなんの知識も準備もなく突然赤ちゃん猫たちを保護したのですから。

そんなチョコ・マロンも今月9歳になります。
チョコの発作は相変わらずですが、それ以外は毎日元気に過ごしています。
こんなにたくさんの情報と猫愛に溢れているあたたかいサイトを続けて下さっているnekohon様には感謝の気持ちでいっぱいです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

nekohonさんの巨大猫団子やcatwingsさんすみれさんのお写真やお話にニヤニヤとワクワクが止まりません♪

No.1775  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月13日 (火) 18時09分

>SHINO様
ありがとうございます。

何回見ても、どこをどう見て実、この「チョコマロン団子」ほどかわいいお団子はありません!!
なんでこんなにかわいいんでしょうか。
赤ちゃん猫は可愛いに決まった生き物ではありますけれど
チョコたんマロンたんの、頭の角度、ぽんぽこりんなおにゃか、ちょこんと愛らしすぎるお手手、もちゃっと縮めたあんよ、くっつき具合、もう何もかもがパーフェクトに可愛すぎます。

立派に成長したチョコたんのお口、マロンたんの詰まり具合もいいですねえ。
愛されていことを全身で表現している猫さんたちって感じ。
こちらこそ、こんな愛らしい姿を見せて頂けて有難いの一言です。

No.1776  投稿者:もこりん   投稿日:2021年04月15日 (木) 23時50分

nekohon様
19周年 おめでとうございます☆

まだミルクが必要なもこりんのために、あちこち彷徨ってたどり着いたのがここでした。もこりんが立派な怖い猫・・・じゃなく貫禄ありまくり猫に育ったのは、ここのおかげです。
ありがとうございます!
でも、もこりんは他には厳しいのですが、私には甘えまくる子です(うふふ)

その頃のもこりんを貼っていきます。
これからもよろしくお願いします。

No.1777  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月16日 (金) 06時16分

>もこりん様
ありがとうございます。

うわー、ちっちゃいもこりんたん!
にゃぁんんってかわいいの!?
もぉもぉこんなちゅがたをみちゃったら
なにより優先して愛するしかありません
もこりんちゃん、いばっていいのよ。
だって、立派に育ったってことなんだから。

最高の写真をありがとうございました♡

No.1765 これはしゅみれちゃんです 投稿者:すみれ   投稿日:2021年04月09日 (金) 11時35分 [返信]

お言葉に甘えて新スレ立てさせていただきます

しゅみれもぴこもこうして
外に行ったわたしを待ってくれてたよと思うと
まだいくらでも涙が流れますが
この子が新しい日々を作ってくれるでしょう

ちゅーるをくれたツレをいい人認定して
ツレが来ると目をキラキラさせて見上げます

ゆうべはこの猫ベッドが具合がいいことに気づいたのか
わたしの枕もとには来てくれませんでした

深夜にピアノリサイタル開いてました
なかなかセンスのいい調べでした
今後が楽しみです

ソラとみけこに少しずつ対面させると
先住猫はなんじゃこれくらいで
しゅみれはヘボいシャーします
あまり猫は好きではなさそうです

今後もしゅみれをよろしくお願いします

ややこしいので
すみれ
すみれ2世
以下3世4世としましょうか?

No.1766  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月09日 (金) 19時17分

しゅみれちゃん、こんにちは〜
そうでちゅか、しゅみれちゃん、ぴあにすとでちたか。
まさにすみれ様宅にぴったりな猫ちゃん
このおうちに来たならば、もう死ぬまで安心だよ〜
これからは幸せにくらせますよ。
よかったにゃあ。

No.1755 猫仕舞い 投稿者:すみれ   投稿日:2021年04月05日 (月) 16時02分 [返信]

皆様
その節はしゅみれにあたたかい言葉ありがとうございました

いきなりですが
わたしと同年代の猫を愛する人が子どももいないので自分亡き後猫を託すことができない
猫友達はみな多頭飼育なのでさらにそこに頼むわけに行かない
ということで
最高42頭の多頭飼育だった人が
今高齢の猫一匹だけとなり
今後猫を飼うことはないと決めています

わたしは今3頭の多頭飼育
若い夫婦の友人に亡き後のことは
うちの夫婦二人ともなにかあったときのために家の鍵も渡して託してはありますが
元気で長生きするぞと思っても何があるかはわかりません
ならば猫を今後増やさない方がいいのかとも思いますが
保護施設にいる家庭の愛を知らない猫たちを
自分の命のある限りは大切にすることができるのなら一匹でも引き取ることに意味はあるのではないかとも思います

実はもう年寄りの猫を引き取ることは決めてしまったのですが
こうした頼りになる身寄りの薄い人間が猫を飼うことについてのお考えをお聞きしたいと思いました

よろしくお願いします





No.1756  投稿者:あんこ   投稿日:2021年04月05日 (月) 17時44分

すみれ様。新たな命を迎えてくださるとのこと、ありがとうございます。
すみれさんの愛に包まれて晩年を過ごせる猫さんがいること嬉しいです。

猫仕舞い、私もよく考えます。
現在は高齢の両親と3人暮らし。兄とは絶縁。親戚とは薄いつき合い。
基本的に対人関係を結ぶのは苦手で友人も少ない。
1年契約の非正規雇用、それも制度の見直しで給与2割減。
物理的・経済的に果していつまで猫と暮らせるのだろう?と。
特に先日、車の追突事故に遇い、もし自分が事故で命を落としたら・・・
と考えると残される愛猫たちを思い不安が募りました。

ずっと我が家の猫定数は2と決めていました。
家の狭さや経済的なこともあり、長年この定数は守られていました。
でも・・・雨の夜に鳴きながら必死に駆け寄ってくる猫を見た時に
やっぱり保護せずにはいられなかった。里親が見つからない可能性が
高いと分っていても。
現在、元気いっぱいでお転婆で、先輩たちを押しのけて傍若無人に
過ごしているその子を見ていると保護したことに一片の後悔も
ありません。微力ではあるけど、私なりに精一杯この子を幸せにして
あげていると自負しています。

今、私は少しずつではありますが、地域の猫好きさん・保護活動をしている
方たちとのおつき合いを深めています。
近い将来に天涯孤独となる身としては、大病した時、死んでしまった時に
家族であるうちの子たちが路頭に迷うことだけは絶対に避けなければ。
そのためには、人付き合いは本当に苦手な私だけれど、
地域コミュニティーに参加することを心がけています。

でも・・・あと5年、10年経ったらまた考えも変わっていくのかも。
何だか考えが纏まらない・・・(苦笑)失礼しました。



No.1757  投稿者:メルティー   投稿日:2021年04月06日 (火) 00時03分

以前、町内に暮らしていた内縁の高齢夫婦、夫が脳疾患で再起不能となり特養へ、妻は家を出て高齢の飼猫は置き去りにされ捨てられました。

自分の身に何か起きた時の「保証」「保険」は必須とおもいます。
飼い主が歳を重ねるほどにリスクは大となり、昨今の気候の変動や世相の混乱等、社会不安も増しています。

もう、何年も前にすみれ様が書き込みされたコメントのさわりをずっと覚えています。
「仕事で一日中ほとんど不在な人、後をみる人がいない高齢者などは、保護団体などからの一時預かりなどで猫とかかわる方がよい」というような内容でした。

自分でできないことはお金を出して依頼するか、信頼できる縁故、友人に頼むしかありませんね。首都圏には老ペットホームのような業者さんはあったように記憶しています。

No.1758  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月06日 (火) 05時28分

多分、私とすみれ様は同世代、それもほぼ同年齢かと思います。
かなり以前、何かの時に「あれ、同学年じゃ?」と思われた文章がありまして、以後もずっとその推定を覆されるような書き込みはなく、むしろ「同級生」の印象が強まるばかりです。

私は一人暮らし。両親はすでに他界、夫も子どももいません。
それにくらべ、すみれ様にはご主人がいらっしゃる。
これだけでも私より、2倍は安心ということになります。

私は、シニア猫を新たに引き取られるというすみれ様のご決心に大賛成です。
ぜひ迎えてあげてください。

人間、いつなにがあるかわからない、それはもちろん、常に念頭に置いておかなければならない事実です。
でも、若くても交通事故や突然の病気はありますし、104歳で聖火ランナーで走れる人もいます。 政治家のお爺さんたちのまあ元気なこと!元気すぎて困る!
さらに、新型コロナが今後どう変異するかわからないし、南海トラフだっていつ動くかわからない・・・。

大事なのは、そういう「万が一」に日頃からそなえておくか、ということだと思うんですよね。
いくらそなえたって、大自然の驚異の前には、人間なんて何もできませんけれど、これまた年齢には関係のないことで。

その一方で。

猫という動物は、今を生きる動物だと思います。10年後のことを心配するより、今日、今、お腹が満ち足りているか、安全か、あたたかいか、幸せか、たぶんその方がずっと大事。

シニア猫をひきとってくれる人は、日本では残念ながらまだ少ないのが現状。シニア猫を1頭でも幸せにしてあげられるなら、何を躊躇することがありましょう!すみれ様が現在90代ならともかく、まだまだ元気に動ける歳なんですもの。

どうか、新しい子を幸せにしてあげてください。

No.1759  投稿者:すみれ   投稿日:2021年04月07日 (水) 12時48分

あんこ様
もらい事故とは言え大変でしたね
お体は無事だったんでしょうか

うちは夫婦で出かけることが多いのでしつこいくらい安全運転で!と横からやいやい言ってます。

目の前に困っている猫がいたら
とにもかくにもなんとかしてしまうのがここの常連さんたちですよね
雨の夜に必死ですがってくる子猫をあとにして安眠できません
元気になってうれしいです
ありがとうごさいます

猫好きさんとの交流も
猫好きでなくてアニマルホーダーだったり
こっちに丸投げである可能性もあるので慎重になります

うちのベルと今度譲り受ける子の保護施設は
(どこでもそうですが)すごい数の受け入れなのですが
最悪命はつながるので
友人夫婦にも何かあって頼れなくなった時は
最終手段としてお願いしようとも思っています

とにかく自分の健康状態次第なので
わたしも考えは変わるかもしれません

メルティー様
わたしが生きている限り猫を置き去りにすることはないと思いますが
ほんとうに何がおきるかわからないので
何かあったときに対処できるようにしたいものです

わたしそんなこと書き込みしてたんですね
子猫の預かりボランティアとか
看取りボランティア
多数レスキューしたときの一時預かり
そんなことしたらうちの子にしたくなるのはわかっているけど
わたしに何かあっても猫が命をつなげるので
いよいよ自分の生活がおぼつかなくなれば
できる範囲でそういった猫との暮らし方にするかもしれません

お金で入れる老猫ホームとか互助会とか調べたこともありますが
信頼に足るものなのか
高額の預託金に見合うものなのか
信用するところまでいきません
やはり私も苦手ですが人脈を作って信頼できる人に託せればなと思います

nekohon様

多分同年代ですよね
nekohon様はわたしより背負ってる命が多いから
もう20年近く猫との暮らし方のお手本となっています
迷ったらnekohon様

しゅみれを亡くして
自分の心が楽になる答えを探して
獣医やらアニマルコミュニケーターやら霊能者やらの記事を読みまくりました

猫は恨んでない
今はいい所にいる
戻ってきたければ戻って来る
ずっとそばについてる子もいる
飼い主が幸せだとその波動を受けて猫も幸せ

しゅみれを健康にしてはあげられなかったけど
しゅみれの目は最後までキラキラわたしを見つめてくれました
目を見開く力がなくなっても
小さくゴロゴロ言いました
しゅみれだいすきだよ!と言うと
いまわのきわに
口を小さく開けて返事をしようとしました

どうして愛さずにいられましょうか
しゅみれではないけれど
きっと歴代すみれの助けでうちに来る子を
すみれたちの分も大切にして
幸せになってもらいたいです

ありがとうごさいました

No.1760  投稿者:メルティー   投稿日:2021年04月07日 (水) 23時45分

猫と暮らすことで人の健康増進効果は大と確信しています。日ごろの安全にも気を配っていらしゃる由。きっと、すみれ様宅の安寧は久しく保たれるはずですよ。先々も、深い思いには人の共感とか、救いが集まるでせう。

前にすみれ様の書き込みを拝読した折、私もいろいろ考えました。どちらかといえば、私は「飼わない方がいい人かな」イヴリンを拾った時も最期まで自分で見られるか不安もあり、当初は里親さんを探したものでした。脳梗塞や熱中症で死ななくてよかった。真夏の夜、寝汗をかいていて、イヴリンに起こされたことが2度ありました。猫神様と猫に感謝です。

ぐれあにもイヴリンも、天から狙いすまされたように私に授けられた印象です。運命は不可思議。

No.1761  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月08日 (木) 06時07分

すみれ様宅にどんな高齢猫さんが来るのか、私まで楽しみになりました。
しあわせを約束された猫さん♪

私も子猫から飼うのはシロロとくるるんで終わりのつもりでした。
そしてうちの子たち全員を看取った後、もしまだ元気なら、「一時預かりボラ」をしたいなあと。

でも、コタに出会ってしまった。片手が無く、体にも無数の傷、顎も打っているということは頭の中だってどうかなっていても不思議ではない?
将来、どんな後遺症が出るかもしれないし?
こんな不安な子猫を里親募集する「気力」がありませんでした。

コタを見つけたタイミング、私を導いたカラスの存在、その他もろもろを考えると、猫神様に「謀られた」、という言葉が悪すぎるなら「託されちゃった」、って感じ?
こうなったらも仕方ない。腹をくくるしかない。

メルティ―様も、猫神様が「何言ってんだ、この人は猫を暮らさなきゃだめなのに」とイヴリンちゃんをよこしたのだと思います。

No.1762 長くなりますごめんなさい 投稿者:すみれ   投稿日:2021年04月08日 (木) 15時21分

メルティー様
色んな意味で猫と暮らす人は猫に助けられてるのは間違いないですね。
わたしなんて猫を飼ってなければ
自分のことしか考えない地獄堕ち間違いなしの人間ですが
猫のおかげで自分以外のものを大切にできるようになりました
(ほぼ猫ですが)
猫の命を守るために猫神様の御加護をお願いするのみです

nekohon様、皆さま

実はきのうお迎えしてきました。
性格のいい子でゴロゴロスリスリ
いきなり二代目しゅみれみたいに枕もとで寝てくれました

2013年9月22日生まれの満7歳
ブリーダーが病を得て廃業し、昨年7月レスキューされていますが
保護施設も手一杯で
はじめに見に行った時は体中毛玉だらけのままでした(泣)
しゅみれの火葬したその足で保護施設に行きました。
正常な行動ではないけど
ツレが
もうすこし心が落ち着いてから決めよう
とその日は帰りました
保護主さんはたくさんの子をかかえていたので
すぐにでも連れて行ってほしい感じでした
以前ベルを譲り受けていたところなので環境人柄などは詮索されません

たくさんの子がいたけど
ふたりともはなちゃんと呼ばれてたその子がずっと気になっていて
ぴこちゃんの四十九日は終わってないけど
二代目しゅみれはもう準備してくれてるのではと迎えることを決めました

しゅみれの命日は5月22日
はなちゃんの誕生日は9月22日
しゅみれが
まちがってないよ
この子でいいよ
とサインをくれたのだと思っています

お顔はエキゾチックなので
携帯のCMのふてにゃんか
マンガのふくまるくんといった感じです
でもお水を飲むとき床をカイカイするとこが同じ
後ろ姿はしゅみよりかなりおデブですがそっくりです
しゅみれちゃん
と呼ぶとシッポふって近寄ってきて
撫でると頭を押し付けてゴロゴロ言います

繁殖用だったので多分ほぼケージ暮らしだった子
落ち着くまではと置いてあるキャリーバッグにすぐにはいってしまいます
気持ちのいい窓辺で日向ぼっこしてほしいな
早くに帰ってしまったすみれとぴこの分も長生きできますように

長々とすみませんでした



No.1763  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月09日 (金) 05時35分

おお〜
迎えられたんですね。
まっしろフワフワちゃん。
お名前はまたしゅみれちゃん?
はなちゃんのまま?
ニャンニャンの日に生まれた子
うちのレオも、私の中ではお誕生日は
11月22日の「いいにゃんにゃん」でしたが、
正確が誕生日がわかる子は誰もいません。
お誕生日がわかる。
なんとなく、それだけで、愛しく感じてしまいます。

2013年生まれなら、うちのシロロ・くるるんと同い年ですね。
どの子もずっとずっと元気で長生きしてくれますように。

すみれ様、ご披露ありがとうございました。
今後もどんどんお願いしますね!

No.1764  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月09日 (金) 09時02分

すみれ様
こういう報告は、ぜひ新スレッドでお願いします!
下の方じゃめだちません。
また猫が1ニャン幸せになれたという、すごくお目出たいお話なのに。

No.1747 もふら〜’sマスク 投稿者:catwings   投稿日:2021年04月03日 (土) 06時27分 [返信]

Neko & Nekohon Company 様

ちょっと気が付くのが遅くなってしまったのですが、もふら〜'sマスクを下さい。
三毛とキジトラ柄を一枚づつお願いします。

何がいいって?
そりゃ〜
「内側にもしっかいり猫毛」
ですよ!
外だけじゃあなくて、内にも生えているなんて最高じゃあないですか!!

まあ、確かに口の中には入りそうですが・・・

どうか、売り切れになっていませんように!

No.1748  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月03日 (土) 07時36分

お買い上げありがとうございますにゃ〜〜!!

三毛柄は、皮膚が余っている状態に特別仕様変更することも可能だと、たるみ皮膚の栄ちっち開発部長が申しております。
きっとcatwings様には気に入っていただけるのではないでしょうか。

それにしても、
栄ちっち、ホントに皮膚がタルタルなんですよね。
グラマラスな体型の子ではあります、でも、それ以上に皮膚が余っている。
脂肪もお肉も何もはいっていない、ただの皮膚が余っている。
ふつうサイズの女性が男性用LLLの服を着ているような感じです。
病院でも面白がられるほど。
何なんでしょうね?

No.1749  投稿者:catwings   投稿日:2021年04月03日 (土) 16時41分

Neko & Nekohon Company 様

栄ちっち開発部長、素敵です!!

是非!
是非!!

どうかcatwingsに皮が余っている特別仕様を・・・(笑)

栄ちっちは特別仕様の皮あまりさんですか。
コザイも結構な皮あまりさんでした。
さすがに、女性が男性LLLってほどではなくて、せいぜいLLくらいでしたが。
たるたるの皮を揉むのがまた、これが気持ちいいんですよね(笑)

以前もこんな写真を載せましたが、写真は皮あまりのコザイです。
実の部分は白線で書いています。それ以外は多分、皮!!

No.1750  投稿者:もこりん   投稿日:2021年04月04日 (日) 01時12分

私もひっつかせていただいて注文お願いします。
キジトラ柄と白黒でお願いします。美形シロロちゃんがお薦めするなら見逃せませんね。栄ちっち開発部長のお言葉も聞き逃せません。

うちもキジトラ組もこりんはれちゃん以外は全員タルタルダルダルですわ。平和の形でしょうね〜。

catwings様の↓の猫のカニ爪、驚きました。それとタイトルで久しぶりに思い出して、絵本「ネコヅメのよる」を見返しました。やっぱりいいものはいいです〜。

No.1751  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月04日 (日) 07時10分

>catwings様
三毛猫って、皮があまりやすい?(笑)
栄ちっちの小走り姿をお見せしたいです。
余った皮が、七五三の子供の振袖のように
左右にタポタポとゆれます。
コザイちゃんも、かなり余っていますね。
こんな緩み具合も、猫様の魅力の一つ♪

>もこりん様
ご注文ありがとうございます。
「これで、ささみフリーズドライをいっぱい買えるね!」
とシロロが喜んでいるとかいないとか。

かに爪、もこりん様も初めてご覧になりましたか?
肉球が固くなっている子は、とくに高齢の子には珍しくはありませんけれど
ここまで「まさに猫爪」なのって、みたことありません。

No.1753  投稿者:すみれ   投稿日:2021年04月04日 (日) 10時24分

みけこの皮は余っていません
すべてアブラと思われます
背中なでても背骨まったく感じません(うれしい)

No.1754  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月04日 (日) 11時43分

>すみれ様
ゴツゴツと骨があたっていた子の
骨を感じられなくなったときって
心から嬉しくって
それこそ 毛皮に顔をうずめて
思い切りスリスリもふもふしたくなりますよね!

No.1742 ネコヅメの夜 投稿者:catwings   投稿日:2021年03月31日 (水) 20時50分 [返信]

皆様の猫様方は、爪を素直に切らせてくれますか?

catwings town では、今までの4頭は大体大丈夫でした。
コザイは手の指の骨折跡が痛むのか、押して爪を出させる時に少し痛がる時もありました。
でも、一人で普通に爪切り出来たので大人しくいい子に切らせてくれていました。
アッシュもヒデヨシもそうです。
クオンも、長い毛をかき分けて爪を出させて切る と言う一連の動作に問題はありませんでした。

ウチで一番難儀するのは、ノブナガです。
子猫の時からあまり見せてくれませんでした。
今は、大分見せてくれるようになりましたが、代わりに毛が伸びて、結局爪の先っぽしか見せてくれませんでした。
でも、まあ、切る分には問題ありませんでした。

それに最近では私がよく爪を見たがるので、ちょっとは見せてくれるようになって来ました。

猫様の爪を切るのは夜です。
夕飯後に、まったり眠くなった所がチャンスです。

その日のノブナガはまったりと寝てて、爪もよく見せてくれました。
ところが、爪の角度がちょっと変❗❗
ええ?
と思い、長い毛をかき分けたら・・・

カニ爪のようになっている⁉

❓❓❓

と思いながらも、良く見せてくれたので写真撮って即爪切り!

「ノブお前、ネコヅメならず
         カニ爪のネコ
                だね」

つづく

No.1743 肉球爪状角質化 投稿者:catwings   投稿日:2021年03月31日 (水) 21時05分

写真の上側の爪を最初に切ったのですが、柔らかかったのです。 
下の方の爪が本物の爪。
上の方は、肉球から生えていました。
 
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ネットで調べたら、肉球爪状角質化と言うらしいです。

まあ、足にできるタコみたいなものと判断しました。
どうして爪状になるかはまだ解っていないようです。

ノブナガが爪をちゃんと見せてくれなかったので、こんなに長くなるまで気がつかなかったのです。

そして数日後・・・


ノブナガ、他の指も爪状角質化になっていました。
ただ、写真のほどは長くなっていませんでしたが。


No.1744  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年04月01日 (木) 06時09分

これは初めて見ました。
後学のため画像保存させていただきました。

それにしても、みごとに「爪」ですね。
まるでサイの角?
(サイの角は肉球ではなく、「毛」だそうですが)

これは歩くときにいたくないのでしょうか?
長毛だからとか、理由はあるのかな。
他の指も、ということは、遺伝的な何か?

それにしても、不思議ですね。
この偽爪の方が、人間の頭で考えるエイプリルフールより、よほどウソっぽい!

うちの猫たちは、爪切りが必要な子全員、簡単に爪切りできます。
でも、くるるんと虎太郎は、基本、切りません。
くるるんは目が見えないし、コタは3本足なので、何かあったときに少しでもグリップが効くようにと考えて。
コタの後ろ脚の爪はどの猫より立派です。ちゃんと踏ん張れるように成長したようです。

すごく貴重な画像をありがとうございました。

No.1745 爪もどき 投稿者:catwings   投稿日:2021年04月01日 (木) 07時52分

nekohon様

軽くネットで調べた限りでは、長毛に多いと言う記載はありませんでした。

ノブナガは、右手の写真の指以外で同じ右手の2本が怪しくなっています。
1本は肉球の指に近い方の先端が硬くなっていて、もう1本は、既に米粒状の爪がもどきが生えています。
こちらはまだ小さいので、切ってはいません。

本猫は右手を気にしたり、痛がったりする様子は全くありません。

ネットで見たら、
どこまで血管が入っているか分からないので、あまり切らない方が良い
と、獣医さんに言われた
と言う記載がありましたので、皆さま、もし、この記事を見てご自身の猫様に見つけても、切る前に少しお考え下さい。

肉球爪状角質化は、通常あまり症状はないようですが、稀に痛がったり爪もどきの部分が割れて血が出たりする事もあるようです。
後は、肉球爪状角質化と思っていたら、癌だったと言う事もごく稀にあるようです。

ネット検索では、比較的多い印象を受けたのですが、トロンボーンさんがご存知なかったと言う事は、まだあまり認知されていないんでしょうね。
投稿して良かったです。

写真は何枚か撮ったのですが、↑に貼った写真が一番良く撮れていました。

もし、また写真が撮れたら貼りに来ます。

No.1746 エイプリルフール 投稿者:catwings   投稿日:2021年04月01日 (木) 07時55分


そう言えば、今日はエイプリルフールでしたね。

でも、この記事はウソじゃないですよ。

↑の投稿時、色間違えてしまい、読みにくくなってすみません。

No.1739 ハナの前歯 投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年03月28日 (日) 06時28分 [返信]

薬を飲ませようとハナを抱っこして、口元からポロリと落ちたもの。
歯だあ!前歯。
まさか私の指が当たって抜けちゃったの?
いえ、ハナの口の横、ほっぺのあたりをおさえて口を開けさせようとしたのだし
健康な歯なら指が多少あたったくらいでは抜けないはず。
歯が落ちたということは、それだけハナの口の中が、歯肉炎に侵されてきているということなんでしょう。
腎臓を悪くすると口も悪くなる猫が多いということだし・・・(涙)

犬歯や奥歯なら子猫の生え変わりで拾ったことがありますが
大人猫の前歯は初めてです。
こんなちっちゃい歯で噛んでいたのかといじらしく
こんなちっちゃい歯が抜けちゃったのかと可哀想で
ハナちゃん
お願いだから長生きして。
トロを越えて長生きして。

一緒に写っている「抜け毛」はシロロのものです。
写真を撮ろうとしたら、ボクをかまってと付きまとって落としました。

No.1740  投稿者:catwings   投稿日:2021年03月29日 (月) 07時37分

トロンボーン様

うっわー、小さい、小さい歯。
よく気がつきましたね。
私だったらスルーしちゃいそうです。

ハナちゃん、まだまだ頑張れますとも。

今日の東京は暑いです。
駅まで早歩きで歩いたら、地下鉄のホームで汗が流れます。

No.1741  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年03月29日 (月) 11時25分

小さいでしょう。
私も、猫の前歯って小さいなとは以前から思っていたけれど、いざ抜けた前歯を手のひらに乗せて見て、あらためてこの小ささに驚いてしまいました。
こんなちっちゃい歯で猫って16年とか20年も頑張っているんですね。
すごいなあ。
捨てられないので、綺麗に洗って、ハナのフォルダー(検査結果などを綴じている)に大切に保存しました。

No.1735 ありがとうございました 投稿者:すみれ   投稿日:2021年03月23日 (火) 10時43分 [返信]

心にしみる言葉をくださったみなさま
やさしく見守ってくださったみなさま
心から感謝します

初代すみれをうしなった時のようにおろおろしてますが
日々のルーティンはこなしております
思い出さないようにして平常心を保っています
すみれはかわいいとき元気なときだけを思い出してほしいのでしょうが
今はまだむずかしいです

普段は絶対見ない里親募集見まくっています
自分好みの子を選別するという里親希望に強い罪悪感を持ちながら
ついさがしてしまいます
黒巻きさんが奇跡の仲介人をしてくれた時のように
すみれのタイミングを待つべきなのでしょうが
すみれの穴がうまらなくて困っています
ソラ ベル みけこはかわいいです
でもすみれちゃんではないと思うのがひどいとは思います

気になる子に問い合わせしたら
四十九日後のお渡しになりますとのこと

2代目すみれは2日後に連れてきてしまいましたので
そういう話ははじめて聞きました

でもすみれが
ちょっと頭冷やしてね!
落ちついて〜
と言っているのかなと
保護主様にそう言われてありがたかったです

すみれのいない日々は思いの外張り合いがありません
何か楽しいことをしても
でもすみれちゃんはいない
と思ってしまいます

暗い話ですみません
猫さんたちと暮らす皆さまが健やかでありますよう
心から祈っています

ありがとうございました

No.1736  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2021年03月24日 (水) 06時25分

すみれ様が以前、美しくて可愛いものはすべて「すみれ」と表現するのだ、というようなことを書いていらしたのを覚えています。

このサイトを作ってすぐすみれ様にもご訪問いただきましたが、その後、すみれ様宅に「すみれちゃん」という名の猫がいなかった時期はありませんでした。

よい出会いのあることを祈ります。すみれ様は、猫を幸せにできる人です。そういう人は、そういう人こそ、1ニャンでも多くの猫を幸せにしてあげてください。世の中、不幸な猫が多すぎますから。

No.1737  投稿者:catwings   投稿日:2021年03月25日 (木) 07時39分

すみれ様

私も今、三毛の子を探しています。
ノブナガだけだと猫成分が足りません。

No.1738  投稿者:すみれ   投稿日:2021年03月25日 (木) 10時42分

初代すみれを亡くして以来
猫本さん なつかしいトロンボーンさんの掲示板に
病気やらペットロスやら泣きごとばかりお付き合いいただいてます
何回繰り返してもおろおろしてしまいますが
やはりすみれロスはことのほかつらいです
昨年しゅみれを亡くしたときは
まだすみれがいたから耐えられました

うちの山の枝垂れ桜も今年は殊のほかきれいに咲いたのを見るにつけ
美しい=すみれ   で涙しています

里親募集見るにつけ
ブリーダーから引き出された犬猫の悲惨な画像もたくさん目にして
この中から自分のわがままで好みの子を選ぶことに
多大な後ろめたさをもちながらも
私のまわりにいつもいた
わたしに全幅の信頼を寄せてくれた
ふさふさの女の子がなんとしてもいてほしいと思ってしまいます

catwings様のおうちは
うちと同じく猫まみれで楽しく暮らしていたのですから
ノブナガちゃんはかけがえのない子ですけど
失った猫ちゃんたちの穴を埋めるためのかわりの子ではないですものね

里親募集見てると
やはり市場が大きいせいか
ブリーダー廃業やら遺棄やらの純血種が関東方面はとんでもなく多いですね
かわいい三毛ちゃんもたくさん目にしましたけど
うちにはみけこがいるから
三毛成分でなく
ふわふわ高貴な女の子成分を求めてしまいます

急変してからのことを思い出さないようにして
いろんなことをしています
仕事してないので好きなときに泣けるのはいいことです

皆さまも猫様もご自愛ください



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板