猫ねこ掲示板

ここは個人サイトの掲示板です。
サイト趣旨をご理解の上、ご利用下さい。
初めての方は簡単な【自己(愛猫)紹介】をお願いします。

次のような投稿は管理人判断で削除します。
◎一見さんの自サイト宣伝だけが目的の投稿。
◎マルチポスト、誹謗中傷、公序良俗に反するもの。
◎その他管理人が猫サイトに不適切と判断した投稿。

ホームページへ戻る

名前
e-mail
タイトル
本文
画像

URL
文字色
削除キー 項目の保存
No.1392 空き箱ひとつで 投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2020年09月23日 (水) 07時35分 [返信]

大興奮して遊んで
幸せになれる猫達
良きかな、良きかな。

No.1393  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2020年09月23日 (水) 07時38分

猫達が飽きるまで
空き箱を片づけられません。

No.1389 あれから1年 投稿者:肉球黙示録・甲斐路   投稿日:2020年09月21日 (月) 18時24分 [返信]

1年前に書き込みましたBS−TBS「酒場放浪記」の「青猫書房」の回の再放送がありました。

今回は「ネコヅメ」の画像を張り付けておきます。

先日、図書館に出かけた際、「ネコヅメ」を開いてニヤニヤしていたら、近くの女子高生に気味悪がられました。

>メルティー様、こちから失礼します。
「冒険者たち」はもちろん知っておりますが、未見です。
名優リノ・ヴェンチュラは、もちろんほかの映画で見ていますが、ジョアンナ・シムカスの映画はまだ見ていないので、いつか見てみたい映画の1本です。アラン・ドロンもまだ若いですしね(スチール写真などでみると)。

No.1390  投稿者:肉球黙示録・甲斐路   投稿日:2020年09月21日 (月) 18時26分

管理人様、番組中でもう1冊紹介されていました。

猫の写真の型抜きの書籍のようです(昭和時代の紙芝居の型抜き的なテイストか)。

こちらの写真を張り付けておきます。

No.1391  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2020年09月22日 (火) 05時43分

『ネコヅメ』でよかったですね。
もし、画像にもうつっている『わたしのげぼく』だったら、ニヤニヤではなくボロボロ泣いていたかもしれず、気味悪がられたレベルも違っていたでしょう!

そして、

型抜き本、知りませんでした!こんな猫本があったんですね。
楽しい本!
お・お・お

No.1388 御礼申し上げます。 投稿者:メルティー   投稿日:2020年09月19日 (土) 15時23分 [返信]

遅くなりました。
皆様からお悔やみのお言葉、私の健康へのお気遣いのお言葉を賜り、心より御礼申し上げます。また、愛猫イヴリンをお褒め頂き、飼主としては至福の思いです。


nekohon様

掲示板をご提供くださり心が救われています。猫を通してのご縁にめぐまれました。ありがとうございます。
イヴリンは2012.12月、クリスマスイヴに保護。大人猫で、2、3才程だったでしょうか。
家での生活は8年弱、10年以上は生きたかもしれません。保護後の検査でウイルス陽性は判明。ずっと大病もなく元気だったので忘れていたほどです。

看病中衰弱していく姿を見て、「もう楽に眠っていいよ」とか、私の体がきつい時は最後まで見られるだろうか?と不安になって、「あれ?愛猫が亡くなるのを望んでいるの?」と、ぞっとした覚えがあります。今でも、思い出すと苦しくなります。
今も部屋に猫の存在を感じたり、外にいても世話が気になったり、一瞬ですが長い習慣の名残ですね。



Catwings様

猫さんって本当によく何でも理解していますね。
私のあらも見透かされていたかと思います。看病中も弱音をイヴのいないところで吐きました。独りでできることに限りがあって、身内に協力者がいれば猫にとってもよかったと思います。

アッシュさんを看取られたばかりでお心がつらい時に、心温まるお言葉をくださいましてありがとうございます。ご自身もつらかったでしょうに。
愛猫を亡くすと、今はただ「哀しい」という思いです。



すみれ様

よそのおうちの猫さんのために涙を流されるすみれ様は優しいお心の方です。
そのお心にふれて私たちは癒されます。
今までにご自身もつい最近もおつらいご体験をされてこられて、思い出させてしまってごめんなさいね。こんなに思っていただいてイブリンも幸せです。ありがとうございます。



あんこ様

イヴリンを褒めて頂きありがとうございます。
あんこ様のおうちの猫ちゃんたちが久しく元気で過ごされますようお祈り致します。みんな仲がいいのですか。大きな病気などとは無縁でいられるといいですね。
たくさんの猫さんに愛情を注がれて、あんこ様は立派です。



もこりん様

大人猫の魅力に共感いたします。
うちの場合は、始めはどこか遠慮があって、それは猫が大人だからではなく、私のスタンスに問題があったと反省しました。人の病院などでは患者が家族や病院スタッフに悪態をついたり、怒鳴ったりする様を何度も見てきたのですが、猫イヴリンは淡々と耐えていました。
私も自身の末を考えさせられました。イヴリンを褒めてくださりありがとうございます。忘れません。



honey様

長い間見守ってくださりありがとうございます。
おうちの猫さんたちの他にもたくさんの猫さんのためにご尽力を重ねていらっしゃるのですね。私も里親探し等は行いましたが、ものの数ではありません。
きっと、honey様を猫神様が見守っていてくださいますよ。



SHINO様

暖かいお言葉をありがとうございます。
私も力になりましたが、イヴリンも喜んでいるかと思います。
人のために涙を流される優しいお心に多くの方が救われています。
SHINO様のご健勝をお祈りいたします。



majyosan様

webの世界だけですが、猫さんに関しては身内より共感をもってお付き合い頂いております。みな様、猫さんへの深い愛情と共感でつながっているかと思います。今回もやさしいお言葉をありがとうございます。
今後も猫さんの話題で盛り上がっていきましょうね。nekohon様の掲示版なのに勝手なことばかりですけれど。



肉球黙示録・甲斐路様

お言葉ありがとうございます。
先輩のぼんさんがきっとやさしくしてくださると思います。
猫さんを飼う以上、この悲しみは避けてとおれないものの、多くの「遺産」をのこしてもらいました。ぼんさんもイヴリンも、心の中に生きています。
今は映画「冒険者たち」のエンディングの曲が頭に流れて、リノバンチュエラが頭を抱えてしゃがんでいるが如しです。寂寞!!


No.1366 愛猫イヴリン 投稿者:メルティー   投稿日:2020年09月17日 (木) 00時12分 [返信]

9月14日、午前。愛猫イヴリンが亡くなりました。翌日、火葬。
保護以来応援頂き、病気にあってはお見舞いのお言葉を賜り、
心より御礼申し上げます。

イヴリンは2020年7月末から8月初めに何度か嘔吐が見られ、検査の結果白血病発症と判明。白血球の減少、貧血状態。8月上旬より投薬治療に入り、25日までは治癒、緩解かと思うほど普通に過ごしました。しかし、薬の効果も一時迄、以降衰弱して、9月に入るとほぼ寝たきりとなり、9月2日以降は栄養剤、スープもとらずに水だけで生きました。それも途中からは自力で上手に飲めず、私がスプーン、スポイトで与えました。

8月26日以後、イヴリンは自ら2段ケージの1階にあるトイレ・おから砂の上で休みました。別にベッドをしつらえてもトイレに戻りました。トイレといっても清潔な砂で、吸湿性通気がよいから好んだようです。また、衰弱している体をできるだけ動かさず自力で排泄が可能、排泄後は体をよけていて合理的な選択です。ケージは保護に使った後、一階のトイレはそのままで自由に出入りできるよう8年間フル開放の状態でした。

8月末の検査では前腹部に腫瘍が見つかり(獣医さんはそれ以前に一度エコーをあてていたので、告知はしなかったものの疑っていた様)、「進行が早い」と言われ絶望しました。

寝たきりになった愛猫に、すべてをキャンセル。可能な限りつきそいました。
トイレ(量がごくわずか)をすると、即かたずけ新しい砂を入れ、お尻をふきました。お耳、ほほ、顔、体、毛繕いができないので、私がかわりにふくと、
嬉しい時の声をぐーぐーと出し、衰弱している中でも淡々と介護を受け入れてくれました。寝たきり状態では体はだるい様でした。末期には日に2,3回嘔吐しましたが、日中痛い、苦しいという様子は見られず、途中、イヴはウイルスをだまして生き延びるのでは?と思ったり、もう今日にも逝くのでは?とか
思い、肉体的にも心もつらくなると、イヴリンと一緒にいられる時間とおもいなおしました。

最期は激しく嘔吐し、大きな声で叫び絶命。1、2分は苦しかったはずで、
水が自分でのめなくなった時点で麻酔をお願いする選択もあったかもしれませんが、亡くなる直前も「グーグー」の声を聞いていたのでその考えには至りませんでした。

つらい状態でも淡々と耐え、自分の体を汚さない意地と私への親愛を示し続けてくれたイヴリンは立派なパートナーです。
以上、ご報告です。






No.1368  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2020年09月17日 (木) 06時22分

イヴリンさん。
虹の橋を渡ってしまったのですね。

成猫で保護された猫さんでしたよね。
メルティー様と出会うまで、どんな暮らしをしていたのかわかりようもありませんが、幸せだったはずはなく。
よい人と出会えて家族にしてもらえて、さいごはこんなに手厚く看病してもらえて。
後半は間違いなく幸せな日々でした。
いまごろはぐれあにさんと地上での思い出をいろいろ語り合っているかも?
あるいは、迎えに来たぐれあにさんと、まだその辺をうろついて、メルティー様の様子を見守っているかもしれません。

猫さんって、さいごのさいごまで、きれいに過ごそうとしますよねえ。
体を引きずってでもトイレに行こうとしたり。
そういう姿には、いつもなんか泣けてしまいます。
美しく誇り高い種族です。

イヴリンさんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

朝晩は涼しくなってきましたが、まだ日中は夏日になることもあり、温暖差の激しい季節です。
どうぞメルティー様におかれましてはくれぐれもご自愛ください。

No.1369  投稿者:catwings   投稿日:2020年09月17日 (木) 06時40分

メルティー様

イヴリンさん、最後まで愛情深い頑張り屋さんの立派な猫さんですね。
外猫さんから家猫さんになってから、メルティーさんの元で幸せな時間だったと思います。

猫さんっと、色々なことが本当に良く解っていると思います。
イブリンさんも、最後の時間にメルティーさんにお別れを言っていたことと思います。

どうか、メルティーさんもお疲れが出ませんように。

No.1371  投稿者:すみれ   投稿日:2020年09月17日 (木) 10時24分

時を近くしていとしいいとしい猫さんとのお別れが相次いでいますね。
この子を失ってしまうかもしれないと
毎日心を震わせながらの看病
本当につらい日々です。
どの子の最期を思っても
みんな最後までがんばって
それぞれの子のやさしいかいぬしのことを大好きと思いながら旅立ったのでしょうね
しゅみれやアッシュさんのこともよみがえって
またもや涙がダム決壊です
イブリンさんさいごまですてきだったね

No.1372  投稿者:あんこ    投稿日:2020年09月17日 (木) 14時32分

イヴリンさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

我が家にも年齢不詳、成猫になって保護したFIVキャリアの子が
いるので他人事とは思えず、何よりもメルティーさんの深い愛情が
伝わる看病・看取りに涙を禁じ得ません。

イヴリンさん、立派な最期でしたね。
体は辛くても無償の愛を注いでくれるメルティーさんが
側にいてくれるだけでどれだけ心強く幸せだったことでしょう。

数日経って、お疲れが一気に出てくる頃では。
どうぞご自愛ください。

No.1374  投稿者:もこりん   投稿日:2020年09月17日 (木) 16時11分

イブリンさんもお星様になったのですか。
今こちらは雨が降ってます。みんな悲しんでる涙雨ですね。

最期の最期までなんて健気なんでしょう。人には真似できない気高さがあって余計に悲しくなります。
大人になっておうちに来た猫さんは、何て言うか子猫から飼ってる子と違う魅力がありますね。こちらに愛情を示してくれた時など何倍も嬉しいし。

イブリンさんの御冥福を心よりお祈りしています。
メルティーさんもご自愛ください。

No.1375  投稿者:honey    投稿日:2020年09月17日 (木) 17時05分

しばらくご無沙汰している間に、イブリンさん天国へ行ってしまったんですね…

ご冥福をお祈りいたします。
メルティーさん ご自愛ください。

No.1379  投稿者:SHINO   投稿日:2020年09月17日 (木) 18時23分

イヴリンさん最期まで気高く立派な猫さんでしたね。
メルティーさんとの深い絆を感じて涙が出ます。

もしかしたら…と思いながらの看病はとてもお辛かったと思います。
どうかお疲れが出ませんように。

イヴリンさんのご冥福を心からお祈りいたします。

No.1384  投稿者:majyosan   投稿日:2020年09月18日 (金) 16時20分

イヴリンさんのご冥福をお祈りいたします。
今年の夏は厳しかったから
闘病生活も 看病も大変でしたでしょう。
お彼岸近くいくらか涼しくなってきて
寂しさもひとしおになりますね。

webの世界だけでのお知り合いなのに
この掲示板の皆さまの愛しい猫さんたちが
とても親しく思い浮かべられるのは
どの猫さんも皆 それぞれの飼い主様と
深い思いで繋がった子たちばかりだからなのでしょう。

どうぞお疲れの出ませんように
お大事になさってください。

虹の橋はにぎやかになってますね。

No.1387  投稿者:肉球黙示録・甲斐路   投稿日:2020年09月18日 (金) 19時30分

イヴリンさん、虹の橋を渡ってしまったんですね。
最初に写真を見た時から、アイラインがきれいな猫さんだなと思っていました。

書き込みから、最後まで、メルティー様の近くにいたかったのだなと思いました。

本当に、ここ1年ほどで川の向こうが、急ににぎやかになってしまったようで、何とも言えない心境になります。

イヴリンさん、暴れ猫と仲良くしてね。

No.1360 お陰様で 投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2020年09月14日 (月) 19時25分 [返信]

ワンコに咬まれた傷、今日で通院は終了となりました。
穴はかなりふさがってきて、あと10日くらいできれいになるだろうとのこと。
咬まれたのが8/25ですから、加療2週間、完治はひと月くらいといわれた通りの経過をたどっているようです。
穴が開いてしまったので、肉が盛り上がって穴をふさぐまでどうしても時間がかかってしまうのだとか。

虎太郎のもぎ取られた腕の傷がふさがって毛が生えてくるまでも、約1か月でした。コタの方がはるかに重症なのに、さすが猫の回復力と、若いコタと私の年齢の差
画像は、保護してちょうど1か月目くらいのコタ。


急に涼しくなってきました。
そして・・・K犬君、今日もうちにいます。

No.1365  投稿者:メルティー   投稿日:2020年09月16日 (水) 23時16分

どうぞお大事になさってください。
はやく治癒しますように。。。放し飼いの犬がいて噛まれるという恐ろしい事態に驚いています。町中では即、保健所やら警察ですね。

No.1367  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2020年09月17日 (木) 05時32分

>メルティー様

ありがとうございます。
飼い犬を放し飼いして、犬同士の喧嘩で咬まれる、まるで昭和初期の話ですよね。

困ったことにK犬の行動範囲が広がっているようです。
昨日ゴンをお散歩させていたら、(もちろんお散歩前にK犬は私が捕まえて係留してから)、約2kmも先の集落の人たち数人がゴンを見て
「ほら、やっぱり別の犬や」
「こんなきれいな犬やない」
「もっと汚い犬や。野良犬や」
なんてウワサしていて(全員高齢者なので声も大きくまる聞こえ…(;'∀'))


それ、K犬のことよねえ?
こんな田舎でもちょっとヤバイ状況になってきたかも・・・

飼い主には、私がK犬を引き取っても良いことは先週伝えてあるんですけれど、その後の進展はありません。


No.1370  投稿者:すみれ   投稿日:2020年09月17日 (木) 10時12分

K犬さん最悪の事態になりませんように
保護活動団体の力を借りることは難しいでしょうか・・・
(T_T)

No.1377  投稿者:honey    投稿日:2020年09月17日 (木) 17時14分

久々に来たら、いろいろあって・・

nekohonさんもけがしてるしーー

しかし、K犬くん 困っちゃいましたね…

No.1378  投稿者:もこりん   投稿日:2020年09月17日 (木) 18時10分

nekohon様
犬に噛まれた傷はけっこう治るのに時間がかかりますね。あとしばらくお大事になさってください。

K太君の飼い主って無責任ですねぇ。
持てあましてるなら、飼えないならこちらで引き取りますと申し出たら、「いや、うちの子は離さない」と言うくせに何も世話しない人がいますけど、そういうタイプなのかしら。(−_−;)

どうかいい方向にいってK太君も安心していられる場所が見つかりますように。

No.1381  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2020年09月18日 (金) 05時34分

>すみれ様、honey様、もこりん様
ありがとうございます。
犬の放し飼いは、犬が怖い人も少なくないし、交通事故も心配です。
犬自身の怪我だけでなく、犬を避けようとしてもし事故になったら、どうやって責任を負うつもりなのでしょう?
(うちのゴンには、厳重に脱走防止するだけでなく、万が一にそなえて賠償責任保険もかけてあります。)


K犬の犬種名をここに直接書くことは控えさせていただきますが、つまり、
こんな犬です.


ゴンのような、言い方は悪いがいわゆる「市場価値のない雑犬」であれば、もっと話は簡単かもしれません。
でも、入手困難な希少犬種な上、性格も飼い方も難しい。
こういう犬は保護団体では幸せになれないでしょう。

しかし、なぜか私にすっかりなついてしまいました。
ここまでなつかれたら、私も無碍にはできません。
あとは、飼い主さんが手放す気にさえなってくれれば。

No.1382  投稿者:すみれ   投稿日:2020年09月18日 (金) 11時29分

K犬 初耳でした
別のK犬だと思っていました。
K犬も幸せになってほしいけど
猫本さんも心配
いい方向に行きますように( TДT)

No.1383  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2020年09月18日 (金) 12時03分

>すみれ様

ややこしい犬種でしょう。
甲斐や紀州ならまだ頭数も多いし、お金さえ出せば買える犬。
でもこの犬はそう簡単には・・・
そもそも、なんでこんな犬を飼ったかなあ。

しかし、咬傷事件以来、私に対してはいじらしいほど忠犬です。
あの一件でこの犬の信頼を得てしまったようです。
自分の犬ゴンはふだん囲いの中にいて、
他人の犬K犬は常に私について歩くという、変な状況になってしまっています。

No.1373  投稿者:あんこ    投稿日:2020年09月17日 (木) 14時35分 [返信]

メールお送りしました。
ご確認ください。

No.1380  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2020年09月18日 (金) 04時50分

ありがとうございます。

No.1359 皆さま、有難うございます 投稿者:catwings   投稿日:2020年09月13日 (日) 20時13分 [返信]

>nekohon 様

有難うございます。

そうですね、トロンボーンさんのおっしゃる通りアッシュはイケメンではありません。
ハンサムです。
性格が慎重と言う事もあり、catwings townに来た猫達のうち一番賢い猫さんでした。

>花水木様

有難うございます。

仰る通りです。
何時も送る側で、それが役目と心得ております。
しかも、catwings townは年齢が近い猫さんが多かったので、何かあったら次々と・・・と言う事は承知しておりました。
アッシュの経過は、かなり自然に近い経過なので、ある意味ゆっくりとし本来の経過と思います。
そのせいか、気持ちとしては落ち着いています。

>majyosan様

アッシュは今頃、コザイとクオンと一緒にいると思います。
以前、皆様方の元にいた猫さんにもお会いしていることと思います。

catwings townでは、クオン、コザイ、アッシュと毎年になってしまいました。
でも、不自由な体から抜け出して今頃皆で走り回っていると思います。

何時の日かまた会える時を楽しみにしております。

>すみれ様

有難うございます。
この数日、気持ち的には比較的落ち着いているとは言え、食事とかを作る元気はありませんでした。
丁度、ここにご報告鵜をした日はオリジン弁当でお弁当を購入し普段と違う道を帰宅途中に、ゆる〜い坂道でアスファルトが凹んでいる場所に足をついてしまい、こけてしまいました(笑)
大したことはないのですが、両膝をついたのでちょこっと怪我をしたのは良いのですが、履いていたパンツが破けてしまいました。
注意力散漫になっていたんでしょうね。

>肉球黙示録・甲斐路様

有難うございます。
本当にトンちゃんとアッシュは似ております。

catwings town の猫達は、漫画や小説から名前を取っていることが多いのです。
ウチのアッシュは「BANANA FISH」のアッシュ・リンクスから貰っているのです。
カリフォルニア物語も読みました。
吉田秋生さんは、好きな漫画家さんの一人です。

SHINO様

どうも有難う御座います。
今は、ヒデヨシの事もあるので凹んでばかりはいられません。

先日はちょっと転んだりしましたが、今日は頑張ってカレーを作りました(笑)
カレーなら冷蔵庫に入れておいても数日もちますし、じゃがいもを入れていたいので冷凍もできますから。

>もこりん様

有難うございます。
アッシュへのお言葉も有難うございます。
アッシュの最後は、何がどうなって衰弱してしまったのかは分かりませんが、ある意味自然の経過なのでやむなしと思っています。
多分、多少ボケていてもぎりぎり最後まで意識がはっきりしていたと思いますが、おそらく、本当の最後は眠るように行ったのだと思います。

>あんこ様

有難うございます。

catwings town に来て、幸せだったと信じています。
色々考えてしまう事はありますが、
「間違いなく幸せだった!」
と考えるようにしています。

>メルティー様

有難うございます。
猫さんは、本当に大人になっても年をとっても可愛いものです。
アッシュは、ケージに入ってからもペットシーツの使用量も多くなく(コザイと比較して)、出せと騒いだのは数日だけでしたし、とても良い子でした。
ある意味無事に荼毘にふすことが出来て、本当に良かったです。
これが、何かの事情で途中で他の人にお願いすることになったりしたら、気が気じゃありませんから。

今はノブナガのステロイドが投薬から皮下注に変更になりましたが、コザイの皮下輸液を約1年してきたので、2回/週の皮下輸液と連日のステロイド皮下注などは、簡単なもんです。

アッシュは先に行ってしまいましたが、多分、何かをノブナガに残していっているのではないかと思います。

>竜之介様

アッシュは生まれた時は7兄弟だったようなので、ちょっと時間は必要ですが猫同士は上手くやっていける子です。
ラナさんとグルーミングしあっていると思います。

竜之介さんの所は、ラナさんとの時のことがまだ十分昇華するまでにもう少し時間が必要なんでしょうね。
私もまだ、コザイの写真とかゆっくり見られませんもの。

猫さんに対しても、その時々忙しさや経済的な問題などで出来ないこともできてきてしまいます。
そういう時にどう折り合いをつけていくかも考えなきゃなりませんね。


No.1376  投稿者:honey    投稿日:2020年09月17日 (木) 17時08分

アッシュ君も…

catwingsさん なんと申していいのか…

ご冥福をお祈りいたします。

No.1361 お久しぶりです 投稿者:ぎょろめ   投稿日:2020年09月15日 (火) 02時13分 [返信]

こんばんは。
すごくすごくお久しぶりになってしまいました。
SNSだと気軽に投稿できるのですが、掲示板だと完成したものしか載せてはいけない気がして、何度も開いては閉じての繰り返しをしているうちに、新しい掲示板に何も書けないまま…
前の掲示板でどこまでご報告したかわからないので、私の更新情報をざっと書き出してみます。

・知り合いの家の給湯機の下の届かないところに子猫が1匹で居る。周りは大きい道路。
→知り合いのご家族協力のもと、通って捕獲
→メディカルチェックを終えてその知り合いのお家に引き取られる
(ここまでは報告済みかな…)
・初めて身内じゃないミュージシャンのライブに行く@星野源ドームツアー
・爬虫類の魅力にハマる
・心臓の検査で肺動脈性肺高血圧症という難病であったと判明し、それに合わせた調剤に変更
→体調が劇的に良くなる
・愛玩動物飼養管理士2級の資格を取る
・動物取扱責任者の資格を取る
・第一種動物取扱業に登録してハツカネズミのブリーディングをする
・ひょんなことから2代目のうさぎを迎える
・良いご縁をいただき自分に害をもたらす腐れ縁を切り離すことに成功
・学童の子供たちのために動物の絵を描く
・アシナガバチが窓に巣を作る
→台風が来たタイミングで叩き落として蜂の子を回収、みんなでいただく
・ゆきがてんかんになる
・ずっと会いたかった犬用の無添加クッキーと犬用の無添加しゅうまいを作っている人の元をゆきと車で訪ねる
・パパイヤの赤ちゃん苗を購入
・目が開いたばかりの子猫を3匹保護
→育てて譲渡
・ルチルが子猫のストレスで肝リピドーシスになる
・15年片思いしてる人に告白
→フラれる
・コロナ禍で人員不足の学童の指導員の助っ人としてバイトをする
・コロナ禍で父がインドから帰国
・人生で初めて「可愛くなりたい」と思う
→初めて自分の好きな洋服を買う
・うさぎが2歳なのに胸腺腫·リンパ腫になる
→また誤診される
・糖尿病になってダイエットを始める

怒涛の1年半でした。
特に目が開いたばかりの乳飲み子を保護した時は、初めての乳飲み子だったのでてんやわんやで。
猫を育てたことがない母の方が授乳のコツをわかっていて、3匹にはたくさん勉強させてもらいました。
今バタバタしているのが落ち着いたら、お世話になった東京都の登録団体に所属してミルクボランティアをやろうと思っています。
うちにいた間の3匹の写真を載せますね(^_^)

No.1362  投稿者:nekohon(トロンボーン)   投稿日:2020年09月15日 (火) 05時35分

お久しぶりです。

かわいい〜
にゃんてかわいいのぉ〜
赤ちゃん猫の可愛さはもうたまりませんにゃあ!
どうしてこんなにかわいいものがこの世に存在して、しかも我々人類と一緒にいてくれるのでしょうか。
まさに奇跡。

怒涛の1年半だったんですね。
それでは退屈しているヒマもありませんね。
でもそれこそ、若さの特権でもあると思います。
(私の年齢になると、ぜんぜん変わらない生活が続く、というか、多少の変化では変化とすら感じられなくなる?・・・ハァ・・)

2つの資格の取得おめでとうございます。
ご病気の判明、それは大変でしたね。でも体調が劇的に良くなられたのなら、病名の判明はとても良いことでもあったと思います。
病気とうまく付き合ってください。
いろいろ大変だろうとお察ししますが、どうぞしっかり節制して治療して早く良くなってくださいね。

「SNSだと気軽に投稿できるのですが、掲示板だと完成したものしか載せてはいけない気がして、」
逆ですよ〜
このタイプの掲示板はどんどん流れていくので、失敗発言もすぐに人目のつかない後ろにいってしまいますし、検索にもひっかかりにくい、さらにリツイートなどの機能もないので拡散されにくい。
だから私も、SNSはいろいろ試したけれど、結局こういう昔ながらの掲示板に戻ってしまうんです。
こっちの方が気楽だから。

ゆきちゃん、てんかん発病ですか。かわいそうに。
トロも晩年にてんかん発作をおこすようになり、初めてみたときは私もパニックでした。
発作は体力を奪います、なるべく安らかに無発作でくらせますように。

世の中、いまだコロナ禍の真っ最中です。感染にはくれぐれもお気をつけて。
でも気にしすぎても前に進めない。
どうも厄介ですね。
なんとかうまくバランスをとって生きていくしかありません・・・



No.1363 お久しぶりです 投稿者:すみれ   投稿日:2020年09月15日 (火) 15時16分

子猫かわいい 可愛すぎる
辛くなるほどかわいい

ぎよろめさんフルパワーで生きてらっしゃるのは
若さゆえもあるのでしょうか
いろいろ折り合いつけてお幸せに過ごしてくださいね

No.1364  投稿者:もこりん   投稿日:2020年09月16日 (水) 00時45分

お久しぶりです。
すごいパワフルな1年ですね。私も愛玩動物飼養管理士2級をとりましたが、とっただけで何もしていないのでちぃと恥ずかしいです。

子猫ちゃん達、そのかわいさは反則ものですね。新しいお家を見つけてもらってよかったね〜。
譲渡活動はいろいろと大変で、その実行力に頭が下がります。

大変でもあり楽しげでもあり充実した毎日、いっぱい応援します。
でも季節の変わり目でもあり体調には気をつけてくださいね。



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板