《谷口雅春先生に帰りましょう・第二》

 

本流宣言掲示板」「光明掲示板・第一」「光明掲示板・第二」「光明掲示板・第三

谷口雅春先生に帰りましょう・伝統板・第二
この掲示板の目的
この掲示板のルール
本掲示板への書込法
必ずお読みください
管理人への連絡
重要リンク
TOP PAGE

Página de Português/ポル語ページ
 

 

生長の家社会事業団では厳粛に歳旦感謝祭を挙行させていただきました (11)
日時:2016年01月01日 (金) 10時41分
名前:護法の天使

 平成28年元旦、公益財団法人生長の家社会事業団では、東京都国立市富士見台の谷口雅春先生記念図書資料館屋上の龍宮住吉本宮御神霊符を奉安する御社殿前において、雲一つなく光り輝く新春の大空のもとで、霊峰富士を仰ぎつつ、「龍宮住吉本宮歳旦感謝祭」を厳粛に挙行させていただきました。
 以下は、奏上させていただきました祝詞(のりと)です。

---------------------------------------------------------------------


龍(りゆう)宮(ぐう)住(すみ)吉(よし)本(ほん)宮(ぐう)歳(さい)旦(たん)感(かん)謝(しや)祭(さい)之(の)祝詞(のりと)


掛(かけ)巻(ま)くも綾(あや)に畏(かしこ)き住(すみ)吉(のえ)大(のおお)神(かみ)、今、此(こ)処(こ)、龍(りゆう)宮(ぐう)実相の本(もと)つ宮(みや)に鎮(ちん)座(ざ)ましまし給ひ、神代(かみよ)さながらの愈々(いよいよ)御神(みうつ)徳(くしび)を顕(あら)はされる 歳(とし)の始めを迎ふるにあたり 公益財団法人生長の家社会事業団理事長 久保文剛 慎み畏(かしこ)み敬いて白さく

 高天原(たかあまはら)にまします宇宙主(しゆ)宰(さい)の大(おお)神(かみ) 八百萬(やほよろず)の神たちを神集(かみつど)へに集どへ給ひ 神議(かみはか)りに議(はか)り給ひて 天照大御神の命(みこと)もちて  豊(とよ)葦(あし)原(はら)の水穂(みずほ)の国は 世(よ)々(よ) わが子孫(うみのこ)の王(きみ)たるべき国なりと定めたまひ 瓊々杵尊(ににぎのみこと)を天降したまひて この国を安国(やすくに)と平らけく知らせ給へと事依(ことよ)さし給いき 

 かくてその詔(みことのり)の成就して 神武天皇の建国より数へて茲(ここ)に 二千六百七十六年の 歳(さい)旦(たん)感謝の日を迎へぬ

 昨年十二月二十三日 今上陛下におかせられましては満八十二歳の慶祝すべき日をお迎えなさり給ひぬ
 かかる歳月(としつき)は ひたすらに国民(くにたみ)の幸(さち)を願い給ひ祈り給ひて 喜びも悲しみも民と共に 積み重ね 歩み来たりし 絶対無私なる大御心なり 

 尊師谷口雅春先生による生長の家社会事業団創立七十年の慶祝すべき歳を迎へて 尊師より託されたる聖なる使命実現に邁進せんと
改めて決意固(かた)めり

 尊師は 立教以来一貫して変わることなく 神の国の「中心帰一の真理」を唯一地上の国家として顕したる 万世一系の天皇(すめらみこと)に帰一せる「真理国家・日本」の実相を 「大和の国・日本」の理念を縦横無尽に説き給ひて 日本国実相顕現運動の陣頭に起ち給へり 

 とりわけ 大東亜戦争の敗戦により 意気消沈する人々を鼓舞し励まされ 愛する祖国の再建にいち早く踏み出し給へり

 しかして昭和二十一年一月 財団法人生長の家社会事業団を設立し給ひ 
天皇中心国家護持をはじめとする十項目に亘る「生長の家社会事業団設立の大構想」を掲げ給ひ 戦後の人類光明化運動の発進を高らかに宣言せしめ給へり

 かかる尊師の憂国のたたかひは 国を想う数多(あまた)の人々に勇気と希望を与へ給ひ 日の丸掲揚の運動となり給ひ 紀元節復活の運動となり給ひ 占領憲法の無効 大日本帝国憲法復原改正の運動となり給ひ 胎児の生命を救ふ 優生保護法改廃の運動となり給へり

 その火は燎原の火の如く燃え拡がりて 一大国民運動となり給へり

 そして今 時あたかも 安倍晋三内閣総理大臣のもと正統憲法実現をめざし憲法改正の一(いち)大(だい)機(き)運(うん)熟(じゆく)しぬ

 われら 今こそ力を尽くし誠を尽くして 国家社会に奉仕すべき時を迎えり

 尊師がこの地上に生(あ)れまして 久(く)遠(おん)の昔(むかし)より実在の世界にありし「生長の家」が地上に出現し 此(こ)の世界は新(しん)生(せい)変(へん)貌(ぼう)し 新しき智慧新しき生命 新しき宇宙 新しき光が照らし出され 存在の真実は 開(かい)顕(けん)せられたり

 まことにも 尊師が『生命の實相』を詳(つまび)らかに明らけく慈(じ)愛(あい)もて導き給ひし御教への御(ご)恩(おん)は 限りなき感謝を捧げてもなほ尽くし難く忝(かたじけな)き極(きわ)みにこそ有(あり)ける

 希(こひねが)はくは 龍(りゆう)宮(ぐう)住吉本宮歳(さい)旦(たん)感(かん)謝(しや)之(の)祭(みまつり)を爰(ここ)に 巌(いか)しく仕奉(つかへまつ)り 神(しん)縁(えん)あつき公益財団法人生長の家社会事業団に縁(ゆかり)も深き諸人等(もろびとら) 多(さわ)に参(まいき)集(つど)ひて種々(くさぐさ)の味(あじ)はいよき物を捧げ 教へ導き給へる 「宇宙浄化の祈り」を祈り奉り永遠不滅なる尊師の生命の實相を観じ 報恩感謝の想ひもあつき誠心(まごころ)もちて人類光明化の霊の使徒(みつかい)としての自覚を愈々(いよいよ)深め 尊師の生長の家 立教の精神に想ひを致し 人類救済の誠を尽さむとの決意も新たに 使命邁進(まいしん)の秋(とき)は 今≠ニの堅(かた)き誓ひをこめて 神の聖業なる公益財団法人生長の家社会事業団の新たなる事業を一層 伸展拡大せしめ給ひて 久遠永遠なる『生命の實相』の大真理を述べ伝ふ使命を神導(かむみちび)き給ひ光明無量にして十方世界を照らし 人類光明化・日本国実相顕現の聖なる生長の灯(ひ)を弥益々(いやますます)に燦(さん)然(ぜん)として輝かしめ給へと 畏み敬ひて白す



名前
メールアドレス
スレッド名
本文
文字色
ファイル
URL
削除キー 項目の保存


Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板