《谷口雅春先生に帰りましょう・第二》

 

本流宣言掲示板」「光明掲示板・第一」「光明掲示板・第二」「光明掲示板・第三

谷口雅春先生に帰りましょう・伝統板・第二
この掲示板の目的
この掲示板のルール
本掲示板への書込法
必ずお読みください
管理人への連絡
重要リンク
TOP PAGE

Página de Português/ポル語ページ
 

 

<<現代の松下村塾>>学ぶ会錦糸町深川「生命の實相」勉強会6/10(土)13:30<<久遠を流るるいのちが、今降り注ぐ>> (6547)
日時:2017年06月05日 (月) 17時53分
名前:信天翁

下記のとおり、亀戸駅前において『生命の實相』勉強会が開催されます。
なお、名称が「錦糸町駅前」から「錦糸町深川」に変更されています。

「勉強会」というよりは、「研究会」と言った方が良いような中身の濃い内容です。
いつも目から鱗が落ちる思いがします。
お時間の許される方は、ぜひご参加下さい。

日 時  平成29年6月10日(土)13時30分から16時30分
      ※ 次回は、7月8日(土)13:30から富岡八幡宮で開催されます

場 所  「カメリアプラザ」6階 亀戸文化センター第3研修室(JR総武線亀戸駅北口歩3分」

参加費  千円 

講 師  坪内先生(学ぶ誌28年4月号P24、29年1月号P60に、29年4月号36Pに掲載)

テキスト 学ぶ誌最新号 

連絡先  tornmkt1129@docomo.ne.jp(行方)
※資料の準備の都合がありますので、あらかじめご連絡下さい。

 「生命の實相」久遠仏性篇(頭注版27巻)に、「久遠を流るるいのち」という章があります。
 
 「生長の家は実に「久遠を流るるいのち」の所有(もの)である。」と書かれています。
また、「生長の家は久遠の昔からある。」とも書かれています。

 とても素晴らしい御文章で、小生が最も好きな章の一つです。


 小生が、この勉強会を高く評価するのは、この勉強会が「久遠を流るるいのち」の立場から説かれているからです。ただ、単に雅宣氏以前の、いわゆる「本流」に返ることを説かれているのではないのです。

 もっと高い視点から、御教えが分析され、そして、それが発表された時の時代の背景まで遡って、解説されているのです。それが、素晴らしいと思うのです。

 思想も芸術も、同時代にいますと、なかなか類似したものとの「違い」を認識することは難しいものだと思います。(今でこそ「詩聖」と称される杜甫であっても、その評価が固まるまでに千年かかったと言われています。)

 やがて、時代が移ったときに、この勉強会が、如何に他の勉強会と違っていたのかが、次第に明らかになってゆくと思います。



名前
メールアドレス
スレッド名
本文
文字色
ファイル
URL
削除キー 項目の保存


Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板