《谷口雅春先生に帰りましょう・第二》

 

本流宣言掲示板」「光明掲示板・第一」「光明掲示板・第二」「光明掲示板・第三

谷口雅春先生に帰りましょう・伝統板・第二
この掲示板の目的
この掲示板のルール
本掲示板への書込法
必ずお読みください
管理人への連絡
重要リンク
TOP PAGE

Página de Português/ポル語ページ
 

 

皇籍離脱した旧皇族の皇籍復帰を検討すべき(衛藤晟一首相補佐官)に思うこと…今、なぜ、それが重要なのか?! (10988)
日時:2019年05月22日 (水) 09時40分
名前:破邪顕正


先の全国大会において、来賓としてご挨拶いただいた衛藤晟一首相補佐官が、昨日(21日)夜のBSフジの番組に出演されました。

そこで、安定的な皇位継承を実現する方策として、以下のような趣旨の発言をされました。

〈女性宮家の議論の前に本来努力すべきことがある。

今まで126代にわたって男系(の皇位継承)で続いている。

女系天皇に安易に道を開くべきではない。

旧皇族の中に大勢の独身男性がいる。

その方々がどういう形で皇籍を取得することが可能か?

戦後に皇籍離脱した旧皇族の皇籍復帰を検討すべきである。〉

全く、その通りであります。

何故、今日、皇位継承の問題がクローズアップされるようになったのか?

「朝日新聞」などは、殊更に、このままでは安定した皇位継承≠ェ困難であるということを言い募り、それゆえに「女性宮家」「女性天皇」「女系天皇」を容認すべきだという方向に意図的にもっていこうとしています。

しかし、この問題のそもそもの淵源は、GHQが11宮家を強制的に皇籍離脱させたことにあるわけです。

だったら、元に戻せばいいだけの話ではありませんか。

本来ならば、これは実に、簡単な話で終わることなのです。

ところが、それが前述したように、「女性宮家」「女性天皇」「女系天皇」というような話にすり替えられていく…。

今まで126代にわたって男系(の皇位継承)で続いている

何故、その歴史、伝統を変えようとするのか。

何故、それだけ続いてきたものを変えなければならないのか。

私は、そこに重大な隠された意図≠ェ潜んでいると思うものであります。

「女性宮家」「女性天皇」「女系天皇」を言い募る人たちは、煎じ詰めれば、GHQの尻馬にのった支援者に他ならないというのが私の見方です。

それでは、淵源に遡って、何故、GHQは11宮家の皇籍離脱に動いたのでしょうか。

その本当のネライとは、「朝日新聞」の表現を借りて言えば、天皇制の枯死≠ノあった!

これについては、拙稿、「朝日新聞」は天皇制の枯死≠願っている?! (10781) 日時:2019年03月28日 (木)≠ご参照いただければと思います。

言うまでもなく、GHQのとった政策とは、一貫して、如何にして占領統治をやりやすくするかにありました。

そして、その象徴、シンボルこそ、今日の「占領憲法」に他なりません。

その行間ににじみ出ているもの、それは、敵国であった日本の徹底した武装解除に尽きます。

まず、物理的な武装解除、それが「第2章」に込められているわけです。

今でこそ、平和条項≠ニ言われますが、何のことはない、その実態は無防備=無抵抗主義≠ナあります。

二度と、物理的に抗えない国にする、ということです。

しかし、GHQにとっては、物理的な武装解除以上の問題がありました。

それが、精神的な武装解除。

なぜ、極東のあの小さな国・日本が、アメリカに刃向かってきたのか。

大東亜戦争中に、嫌というほど見せつけられた、日本軍の強靱なまでの敢闘精神。

その背景にあるものこそ、「天皇」の存在に他ならない!

そう見抜いたGHQは、「天皇」を無くすることが、一番の精神的武装解除になると考えたわけです。

しかし、それを一気にやってしまえば、アメリカ兵に100万人の犠牲者が出る(マッカーサーの表現)、それは何としても避けなければならない。

そこで、取られた政策が何か?

それが「天皇」の存在を時間をかけて無くすという、まさに天皇制の枯死≠ナはなかったか?

11宮家の皇籍離脱を画策し、強制してきたのは、まさに、そのため処断であったのだと私は解しています。

前置きが長くなりました。

今回の投稿で私は申し上げたかったことを言わせていただきます。

「女性宮家」「女性天皇」「女系天皇」を言い募る人は、口を開けば安定した皇位継承≠フために、と一見、もっともそうな理屈を言いますが、それが成った瞬間、逆に、国体(くにがら)は実に不安定なものになってしまう!

それはそうでしょう。

皇位の安定性とは、私に言わせれば、まさしく

今まで126代にわたって男系(の皇位継承)で続いている

それに尽きるのです。

その歴史的、伝統的、文化的、宗教的、信仰的背景があってこその、私は権威≠ナあり威厳≠ネのだと思っています。

ですから、その根拠が消失してしまった瞬間、「天皇は日本国の象徴、日本国民統合の象徴」という、今の憲法が規定している基盤そのものが根底から崩れてしまうのではないのか?

私は、それを畏れるのです。

畏れる理由を申し上げましょう。

「女系天皇」がなった瞬間、それを言い募ってきた人たちは、今度は、掌を返すが如く、

「そんな天皇ならばいらないのじゃないか」

「普通人と同じく基本的人権をもって自由に暮らすようにしてあげたがいい、そのことを皇族も望んでいる」

「京都に帰ってもらってひっそりと暮らしてもらったらいいじゃないか、歴史的にはそういう期間が長かったんだから」

等々…。

そう言い始めるように思うのです。

どんな人が「女系天皇」を推進しているか、その顔ぶれみたら、何となくそう察せられるのです。

GHQの蒔いた種の中には、実にオソロシイまでの毒が入っていたのです。

一見、その種は「象徴天皇」という花を咲かせたかのように見えて、その先に実は天皇制の枯死≠ニいうことまで目論でいたのではないのか。

今日の「女系天皇」云々という話は、まさに、その徒花≠ナあって、その先には枯死≠フ世界が待っている!

その危険性まで見抜いてはじめて、衛藤晟一首相補佐官の言われたことの重要性がわかってくるのではないのか。

それが私の言いたかったことであります。



虎の門ニュースで取り上げられてから流れが変わってきている (10989)
日時:2019年05月22日 (水) 12時33分
名前:美しき日本の再建

最近大いに注目されている虎の門ニュースで大高未貴さんが、この問題を取り上げておられました。

2019/4/12(金)ミキペディア
https://www.youtube.com/watch?v=mJcExSRe328

この頃から、保守言論界の流れが、一気に変わってきているように思います。

このようなツイートもあります。

谷田川惣‏ @yatagawaosamu
https://twitter.com/yatagawaosamu/status/1130764984957333504

将来の日本人から「二千年続いた男系による皇統をなぜ勝手に変えたのか」と責められることはあっても、「何で男系継承を止めておかなかったのか」と言われることはない。いつでも止められるから。しかし、皇統を断絶させれば取り返しがつかない。将来世代に対して重大な責任があるという認識も必要。

a

読者の感想文から

山中英雄

5つ星のうち5.0
皇位継承権を有する皇別摂家と皇室と旧皇族の男系男子が現在120名いることは初耳。現天皇家よりも皇統の血が濃い「東久邇家」を皇籍復帰させ、その若手男子の現行宮家へ養子入りで祭祀継承・皇統維持を図るべき。 2019年4月30日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入

 2019/04/12「真相深掘り!虎ノ門ニュース」金曜日コメンテーターの大高未貴女史の「ミキペディア」のテーマ「封印されていた万世一系の紡ぎ方」において、東久邇家は2代に渡って内親王を妃に迎えているので天皇家に繫がりが深く、逆に、現天皇家では美智子皇后、皇太子雅子妃、秋篠宮紀子妃はいずれも民間出身であり、皇統の血の濃さからは東久邇家が正統である紹介があったので、確認すべく本書を購読した。 本書及び水間政憲ブログによれば、旧皇族の東久邇家には徳仁皇太子より天皇の血が濃い従兄弟が3名、悠仁親王より天皇の血が濃い又従兄弟が5名おられ、更に、現在、皇位継承権を有する「皇別摂家」と皇室と旧皇族の男系男子が120名おられ、その「男系男子」には、旧皇族より皇位継承順位の高い【皇別摂家】の子孫が51名もいらっしゃる事にビックリしたが、現状でも、また、悠仁親王時代以降でも皇族不足の問題はなく、皇統断絶と日本国体の破壊恐れのある女性宮家創設など論外であることを国民は認識しなくてはいけない。「皇別摂家」とは、五摂家のうち江戸時代に皇族が養子に入って相続した後の三家(近衛家・一条家・鷹司家)およびその男系子孫を指すが、江戸時代に摂家を相続した皇族は次の3方で、江戸時代までは、彼らのような出自を持つ人々を、「王孫」と呼んでいた。 ◆近衛信尋:第107代後陽成天皇の第4皇子。近衛家を相続。◆一条昭良:第107代後陽成天皇の第9皇子。一条家を相続。◆鷹司輔平:閑院宮直仁親王(第113代東山天皇の第6皇子)の第4王子。鷹司家を相続。

フリー動画【水間条項国益最前線】第130回第1部「『WiLL』7月号:拙稿「男系男子皇位継承者の存在を隠したのは誰だ!」の解説 (11006)
日時:2019年05月25日 (土) 11時47分
名前:美しき日本の再建

この動画は必見だと思います。

フリー動画【水間条項国益最前線】第130回第1部「『WiLL』7月号:拙稿「男系男子皇位継承者の存在を隠したのは誰だ!」の解説。『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「
https://www.youtube.com/watch?v=_atUgSePB_g

2019/05/23 に公開

背景は旧古河庭園
タイトルが収まりきらないので下記に追記します。
『朝日新聞が報道した「日韓併合」の真実 韓国が主張する「七奪」は日本の「七恩」だった』注文できない事について:新コーナー「私が見てきた保守30年全部話します」第1回「座禅会」
【スクープ論文集】
◆2007年11月14日号『SAPIO』【発掘スクープ:幻の一級史料「朝日新聞・朝鮮版」が報じていた「大日本帝国下の朝鮮半島」近代化の真実】
◆外国人が島奪う
https://drive.google.com/open?id=1UOT...
https://drive.google.com/open?id=1pAJ...



名前
メールアドレス
スレッド名
本文
文字色
ファイル
URL
削除キー 項目の保存


Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板