無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする






平原綾香オフィシャルサイト Gaiaトップページ GaiaメインBBS

このレスは下記の投稿への返信になります。
内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください

 

平原綾香CONCERT TOUR 2014「What I am」8月9日 富山オーバードホール
2014年08月10日 18:04:01 cano No.1237

icon 8月9日の平原綾香CONCERT TOUR 2014「What I am」
富山オーバードホール公演へ行ってまいりました!

台風が近づいていましたが、当日の富山は
小雨は降っているものの無風状態でした。

さすが晴れ女あーや。

そして、とっても盛り上がりましたー! 

今回のツアーもアッ!という間に時間が過ぎてしまいました。
「最後の曲です」と言われて「えーっ、もう!?」と驚いたくらい。

1曲1曲の完成度が高いから、1秒も逃さないように
集中して聴いてるからかなぁ? 
楽しくて大事な時間ほど早く過ぎてしまいます。

アルバム「What I am」やはり曲が良いです。
発売されてから当日まで時間があった分
聴きこんでいるので、それだけ沁みる。

グッズも全部は予算の都合で買えなかったけど
ペンライト、パンフレット、タオル、ワッペン、
KUMA-yaバージョン2014、ワッペンを買いました!

パンフレットの一問一答、これは必見ですね!
今まで知らなかったあーやの「えっ、そうなの!?」
ということがかなりたくさん載っていました。

タオル、今年のは綿100%!
吸水性が良さそうです。
(これでいつ夏フェスがあっても大丈夫ですね!)

来年も絶対に富山に来てね、あーや!





さて、ここからは若干のネタバレがあるので
まだライブを見てない方は「What I am」ツアーを
体験してから見てネ!











今回「おぉっ!」と思ったのは
「ラブ・ネバー・ダイ」を経験したあーやの
歌声がバージョンアップしたことと
(パンフにも書いてありましたね)

2部の1曲目
「愛は死なず」懐かしいイントロ
この曲、このイントロ部分から甘い気分にさせられるけれど
イントロとは対照的な歌に込められたファントムとクリスティーヌと
ラウルの過酷な愛の運命に弄ばれる迷いから始まり
繰り返される「あ〜いは〜♪」の熱唱の度にクリスティーヌが腹を括る
究極の愛の歌なわけですが(※あくまでも私の印象)

オデコにマイクが無く、手にマイクというのが何だか不思議ですが
あーやクリスティーヌはやはり凄いです。

今回初めてあーやのライブに来た方は
ぜひあーやの「myClassics2」と、ミュージカル
「Love Never Dies」のロンドン版サントラの
ボーナストラックに収録されている2006年当時の
あーやの「love Never Dies」と聴き比べて欲しいです。

26歳のあーやの透明感のあるピュアな歌唱は
「オペラ座の怪人」のクリスティーヌという感じですが
「What I am」ツアーで「愛は死なず」を歌うあーやは
クリスティーヌという役に出会えたことによって
どれだけ得るものがあったのかが感じられると思います。

例えどんなに歌が上手い人がこの歌を歌っても
日本でクリスティーヌ・ダーエの「愛は死なず」を歌えるのは
Wキャストで、あのもの凄い空間でクリスティーヌを生きた
あーやと濱田めぐみさんの二人だけだと思うのですが言い過ぎ?

あと、セッションが面白かった!

ギター版Spainは「そうきたかー!」というカンジでした。

前にヒーヴィーでもギタリストの方との
Spainのセッションがありましたが
あの時はやはり仕上げる時間の関係か
少しせわしないカンジがしていましたが
(※あくまでも私の感想です)
今回は程よいテンポで楽しかったです。

岡田先生のベースが低音で落ち着いた大人の魅力だったのに対して
ギターは弦の響きが高くてアクティブな青年というイメージかな。
(表現の発想が貧困でスイマセン…(^_^;))

なのでベースが担当していた低音域&大人感を
Sweet30を迎えたちょっぴり大人なあーやヴォイスにスイッチ。

あーやは前回までのSpainの雰囲気を残しつつ
スキャットもボイパも進化させようとしていました。

たぶんすごい試行錯誤と練習量だったんだろうな。

そして、たぶんこのセッションは完結されたものではなく
これからも進化させていく作品だと思うので
あとツアーには3回行けるので、これからの展開が楽しみです。

そして、2部の途中であったaikaさんのサックスと
あーやのヴォーカルとの掛け合いもいいですねー!
姉妹セッション、来年もぜひ聴きたいです。

あーやの魅力は音域の広さ、低音域の魅力、声など
たくさんありますが、メロディに自在に表情をつけられる
メロディ・フェイクもその一つ。

自己表現によるセッションが多くなってきたというのは
だんだんジャズに近づいて来たのかな?
(もちろん全部ジャズにすることはまだないと思うけど)

以上、平原綾香CONCERT TOUR 2014『What I am』富山公演の
感想&レポでした。

次は大阪の1日目に行きまーす!

楽しみー!





名 前
メールアドレス
ホームページ
件 名
本 文
文 字 色
削除キー クッキー アイコン (リスト


Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板