無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

ユースホステル合唱団の掲示板

この掲示板は、団員による練習日誌やコンサート情報などを
書き込んでいただくものです。
足あとを残していただいても構いませんが、主旨に合わない内容や誹謗中傷などの書き込みは
削除させていただきます。ルールを守ってご利用下さい。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
本文
e-mail
URL
文字色
削除キー 項目の保存
No.398 スパイラルでコーラス隊緊急募集 投稿者:田岡玲子   投稿日:2013年06月11日 (火) 19時15分 [返信]

皆様、ご無沙汰しております。
お忙しいと存じますが、田中明先生のお許しをいただきまして、お手伝いしている

◆緊急募集!◆
スパイラルの空間いっぱいに響き渡る、即興コーラス隊に参加しませんか?

ヨーロッパのアーティストやキュレーター、研究者など10か国16名のメンバーからなるグループ「OuUnPo(オウンポ)」が来日、6月17日〜27日、東京、横浜各所のアートセンター10数カ所を拠点にセッションを行います。
スパイラルでは、6月25日(火)に、パリで活躍するアーティスト、サモン・タカハシの個展初日に合わせ、館内各所でパフォーマンスを繰り広げます。

そのプログラムのひとつとして、ミラノ在住のアーティスト、エレナ・ネムコヴァのディレクションによるサウンドパフォーマンを行います。
コーラス隊は、カフェやギャラリーなどの空間全体に散らばって潜み、あるシグナルを機に一斉に歌いだします。
歌われる曲は、コダーイ作曲の「スターバト・マーテル」に、エレナ・ネムコヴァによるオリジナルの歌詞を載せた「De expetendis et fugiendis rebus(追求すべきものと避けられるべきもの)」。

このパフォーマンスは、科学がもつ素晴らしさと危険性という相反する要素を問うています。何も知らされていなかった人々は、突然始まった合唱に驚きながらも、人間が発する声そのものに感動を覚えていくことでしょう。
歌好き、アート好きの方の、ふるってのご参加をお待ちしています。

●開催日時  6月25日(火) 15:00〜15:30
●開催場所  スパイラルガーデン(スパイラル1F・港区南青山5-6-23)
●共催    OuUnPo、株式会社ワコールアートセンター
●募集人数  10名〜15名
●参加条件  6/24  20:00〜22:00(リハーサル)、
       6/25  14:00〜16:00 に参加可能であること。
★交通費程度支給予定
★参加される方は、当日行われる他のプログラムや、夜7時よりアーティストを囲んでのオープニング・レセプションにご参加いただけます。
★参加ご希望の方は、下記あてメールにてご連絡ください。音源と楽譜を送付させていただきます。

<参加希望窓口、合唱に関するお問い合せ先>
田岡玲子(Archivista) 03-6768-2337
r-taoka@jcom.home.ne.jp

★イベント全体についてはスパイラルのホームページをご参照ください。
http://www.spiral.co.jp/



No.397 演奏会のご案内 投稿者:コーロ・ヌオーヴォ   投稿日:2013年06月02日 (日) 07時37分 [返信]

突然の書き込み失礼致します。

私どもコーロ・ヌオーヴォは、1974年の創立以来、バッハの作品を中心
とした演奏活動を続けている合唱団です。
このたび下記要領にて第54回演奏会を開催する運びとなりましたので、
この場をお借りしてご案内させて頂きます。

《コーロ・ヌオーヴォ第54回演奏会》
  日 時 : 2013年7月6日(土)
        開場18:00 開演18:30 (全席自由 2,800円)
  会 場 : めぐろパーシモンホール 大ホール
        (東急東横線「都立大学駅」より徒歩7分 )
  指 揮 : 長岡 聡季
  独 唱 : 澤江 衣里(ソプラノ)
        谷地畝 晶子(アルト)
        藤井 雄介(テノール)
        加耒 徹(バス)
  管弦楽 : バッハチェンバープレイヤーズトウキョウ
  曲 目 : J.S.バッハ
         カンタータ第64番
         「見よ、父のわれらに賜いし愛のいかに大いなるかを」
         小ミサ曲ト短調
         モテット第4番「恐るるなかれ、われ汝と共にあり」
         カンタータ第147番「心と口と行いと生きざまが」

お問合わせ:coronuovo@yahoo.co.jp
HP:http://coro-nuovo.main.jp/

皆様のご来場を心よりお待ちしています。


No.396 「遊声」第十六回演奏会のお知らせ 投稿者:「遊声」   投稿日:2013年05月30日 (木) 14時48分 [返信]

突然の書き込み失礼いたします、「遊声」と申します。
私ども「遊声」は、東京大学コーロ・ソーノ合唱団、日本大学合唱団、東京外国語大学混声合唱団コール・ソレイユ、東京家政大学フラウエンコールという、常任指揮者を同じくする4団からなるジョイント合唱団です。
この度、下記のように第十六回演奏会を開催する運びとなりましたので、この場をお借りしてご案内させてください。
もしも不適切な内容でありましたら、お手数ではありますが、削除のほど、よろしくおねがいします。

「遊声」第十六回演奏会
「昭和の合唱名曲選T」
●日時 2013年6月29日(土)
開場16:45/開演17:30

●会場 昭和女子大学人見記念講堂(東急田園都市線三軒茶屋駅)

●チケット価格 1000円(高校生以下無料、未就学児の入場はご遠慮いただいております)

●曲目
1st STAGE 日本大学合唱団
混声合唱組曲「海鳥の詩」より
指揮:八ア優太 ピアノ:渡部香

2nd STAGE 東京家政大学フラウエンコール
女声合唱組曲「愛の風船」
指揮:青木聡子 ピアノ:渡邊宏美

3rd STAGE 東京外国語大学混声合唱団コール・ソレイユ
五つの混声合唱曲「飛行機よ」より
指揮:新島さおり ピアノ:西下航平

4th STAGE 東京大学コーロ・ソーノ合唱団
混声合唱のための「うた」より
指揮:豊岡祥

5th STAGE 合同ステージ
昭和の合唱名曲選 I
1.混声合唱組曲「水のいのち」より「雨」
2.混声合唱曲集「わたしの動物園」より「河童」
3.混声合唱曲「合唱のためのコンポジションI」より「III」
4.女声合唱組曲「美しい訣れの朝」より「お母さん」(女声)
5.男声合唱組曲「月光とピエロ」より「秋のピエロ」(男声)
6.混声合唱のための組曲「旅」より「行こう ふたたび」
7.混声合唱組曲「筑後川」より「河口」
指揮:鈴木成夫 ピアノ:山内知子

*******
今回の演奏会は、「昭和の合唱名曲選T」と題して、昭和に作曲された、珠玉の名曲たちを演奏致します。
チケットは当日券を前売りと同じ価格でご用意しております。
団員一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

「遊声」HP→http://www5.hp-ez.com/hp/yusei/top

貴重なスペースを使わせていただき、ありがとうございました。


No.395 5月1日練習日誌 投稿者:あると   投稿日:2013年05月29日 (水) 16時47分 [返信]

田中先生の練習ででした.
始まる前に,Sweet Prospectの歌詞をリズム読みしていたのですが,予想に反してMozartのmissaをがっつり練習しました。

■Kyrie

難関の16分音符:
・Sop&Alt 19小節3拍目→Ten&Bass19小節4拍目→Sop&Alt 20小節1拍目はあわてないで,他のパートのつながりを感じながら歌う.
・Ten 25小節1拍目→Alt 25小節3-4拍目,Bass 26小節3拍目→Ten 26小節4拍目,つながっていることを意識して歌いましょう.アルトは16分音符を一個一個歌わないで,4個ひとまとめで1拍目の頭を強調して歌うとよい.

■Gloria
・歌詞を大事に.Et in terra pax hominibus Cum Sancto Spiritu (下線は強調部分)
・56小節のAmenの3拍目"men"の部分は4分音符なので,長さを意識しましょう("meen"と音をのばします)

■Credo
・言葉の切れ目をおろそかにしないでしっかり歌う(途中で消えない) 例:"Patrem"

の"trem"を丁寧に歌う.

・Deum de Deo, Lumen de Lumine リズムを大事にして歌う.
・伴奏をよく聴いて伴奏(楽器)と対話するように歌う.歌詞と歌詞の間でピアノが16分音符でいろいろな遊びのような音色を奏でています.


■Sanctus

・出だしの"Sanctu”の音は、Bass→Tenor→Alt→Sopとつながっているので、音感を意識して出だし頭ははっきり歌いましょう。最初の音はずりあげないで上から歌うように。

〜居残り練習〜
・真っ赤な太陽、港町十三番地、川のながれ3曲を練習しました。
・真っ赤な太陽:切るタイミングは皆でそろえましょう 例:「まっかにも〜えた〜」2拍伸ばして切る。「はげしい あいに やけた すはだは〜」の部分は激しく歌う。

練習の録音は次の練習の復習〜予習にもなりますので、ぜひお勧めです。


以上です。


No.394 5/2 投稿者:ヌカ   投稿日:2013年05月29日 (水) 16時45分 [返信]

田中先生の練習ででした.
始まる前に,Sweet Prospectの歌詞をリズム読みしていたのですが,予想に反してMozartのmissaをがっつり練習しました。

■Kyrie

難関の16分音符:
・Sop&Alt 19小節3拍目→Ten&Bass19小節4拍目→Sop&Alt 20小節1拍目はあわてないで,他のパートのつながりを感じながら歌う.
・Ten 25小節1拍目→Alt 25小節3-4拍目,Bass 26小節3拍目→Ten 26小節4拍目,つながっていることを意識して歌いましょう.アルトは16分音符を一個一個歌わないで,4個ひとまとめで1拍目の頭を強調して歌うとよい.

■Gloria
・歌詞を大事に.Et in terra pax hominibus Cum Sancto Spiritu (下線は強調部分)
・56小節のAmenの3拍目"men"の部分は4分音符なので,長さを意識しましょう("meen"と音をのばします)

■Credo
・言葉の切れ目をおろそかにしないでしっかり歌う(途中で消えない) 例:"Patrem"

の"trem"を丁寧に歌う.

・Deum de Deo, Lumen de Lumine リズムを大事にして歌う.
・伴奏をよく聴いて伴奏(楽器)と対話するように歌う.歌詞と歌詞の間でピアノが16分音符でいろいろな遊びのような音色を奏でています.


■Sanctus

・出だしの"Sanctu”の音は、Bass→Tenor→Alt→Sopとつながっているので、音感を意識して出だし頭ははっきり歌いましょう。最初の音はずりあげないで上から歌うように。

〜居残り練習〜
・真っ赤な太陽、港町十三番地、川のながれ3曲を練習しました。
・真っ赤な太陽:切るタイミングは皆でそろえましょう 例:「まっかにも〜えた〜」2拍伸ばして切る。「はげしい あいに やけた すはだは〜」の部分は激しく歌う。

練習の録音は次の練習の復習〜予習にもなりますので、ぜひお勧めです。


以上です。


No.393 5月22日練習日誌 投稿者:杉坂(娘)@ソプラノ   投稿日:2013年05月27日 (月) 20時55分 [返信]

先生練習でした。
Missa
先生が来るまで
Credo 音確認。
先生が来てから
Gloria からAgnus Dei まで
↓特に注意!
Gloria
歌詞をparaで歌ったらどこがpaでどこがraになるか考えてみましょう。
Agnus Dei
歌詞をluで歌ったらどう歌うか。
49小節からはpa で歌ったらどう歌うか。Tutti のdo-na,do-na,no-bis pa-cem,のところはパーパン,パーパン,パーパン,パンパンという感じになります。
全体的に
強弱にもっと気を付けましょう。

すみません、練習から日が経ってしまい、うろ覚えな部分もありますが、以上になります。


No.392 ≪日本を代表する音楽家とクリスマス・オラトリオを!!  ドイツでも歌いませんか?≫ 投稿者:グレイス合唱団     投稿日:2013年05月09日 (木) 17時30分 [返信]

ユースホステル合唱団の皆様、こんにちは!! 毎度お騒がせして済みません!!  

12月には、ドイツに行って、ドイツ人の音楽仲間達と一緒に歌い、歌った後は、本場のビールでToast!!・・・と行きませんか!! 

グレイス合唱団では下記にて、J. S. バッハの不朽の名曲『クリスマス・オラトリオ全曲』チャリティ―公演及び、
ドイツ公演を予定し、100名を目標に合唱団員を募集しています!!

日本の音楽界を代表する、素晴らしい音楽家の方々とご一緒に、一生涯、深く心に残る、バッハの至高&至福の音楽を歌いませんか!! そのあと、 

12月にはドイツに行って、ドイツ人の音楽仲間達とクリスマス・オラトリオ、一緒に歌いましょう!!  

≪以下詳細は、下記の4月 2日付けの合唱団員募集記事をご覧下さい。オマチシテイマ〜ス!!≫

※youtubeで過去の演奏をご堪能頂ければ嬉しいです。HPの【合唱団について】から入れます!!


No.391 4月24日 練習日誌 投稿者:Chisa@そぷらの   投稿日:2013年04月30日 (火) 22時21分 [返信]

団内指揮者の練習日でした。美空ひばり作品集を練習しました。
以前に注意された点も含んでいます。

「愛燦燦」
●ソプラノ歌いだし、譜割り気をつけて揃えて歌う。
●高音部の音程下がらないように。下から持ち上げるのではなく、上から降ろすように歌う。
●13小節アウフタクト、テナーのメロディー部分は思い切って声を出す。
●「不思議なものですね」は、ソプラノと他パートでリズムが違うので注意。ずれ方をつかむ。ハミングは強弱をつけて、メリハリ良く。
●17,18小節、「みらいたちは〜」の「みらい」の歌詞をはっきりと歌う。
●28小節、2番の歌詞の終わりは、ソプラノだけが残るので注意する。
歌詞を大事に、アーティキュレーションをきちんと歌えたら素敵ですね。

「柔」
●メロディーを大事に、力強い声で歯切れよく歌う。コブシの部分は流れないように。
●11小節、メロディーパート以外は小さめに始まり、13小節からは全パートがフォルテからクレシェンド、16小節フォルテシモへ向かうように。17小節は強さを保ったまま伸ばし、4拍できっちりと切る。
●2番も同じように繰り返す。

「お祭りマンボ」
●歌いだし、ソプラノからアルトへのメロディーのつなぎをスムーズに。アルトはソプラノ部分から一緒に歌っているつもりで。(2番の男声も同様)
●2番のテナー「あさくさそだちで」の「く」の部分は無声音で歌う。
●29小節、39小節はクレシェンド効かせて
●74小節以降、BLUESは雰囲気を変える。85小節「ためいきばかり」ソプラノは、本当に息が混じった声で。

歌えるつもりが、全然イケてない(>_<)
美空ひばりを練習するたびに思うのですから(^_^;)(^_^;)
次こそ本気で自主練します!


No.390 4月17日練習日誌 投稿者:ヌカ   投稿日:2013年04月22日 (月) 22時13分 [返信]

常任指揮者練習でした。

Irish Bressing

最初の女声ユニゾンから、ソプラノ アルトが別れるところ、またユニゾンに戻るところ
バラバラで
いろんな音が聞こえます。
ってなわけで、言葉なし uー で歌い、響きを合わせる練習をしました。

こういうしっとり系の曲が歌えるかどうかで、合唱団の上手いor下手がバレるとのこと。

歌っていくうちに、だいぶ改善されましたが、本当は歌う前から きちんとイメージすることです。
まだ漠然と歌いはじめてます。


Sweet Prospect

先週音取りして、言葉をはめてくるという宿題でしたが、いまいちでしたね。

リズムをつかんで、それにのること。
言葉の切れ目注意。
例)19小節は、3つめと4つ目の音の間が切れ目。

音注意箇所。
14小節アウフタクト、オクターブ音が違う最初の低いDの音、しっかり取る。

この曲は、まだまだですね。


Agnus Dei

後半、Dona nobisの歌い方 毎度指摘されますが、 明るく弾む。

最後のパー・チェム
ヴァイオリンの弦で例えるとザーン・ザーン
両方しっかりと弾く。


練習後、運営会でもお願いしましたが、
2ヶ月後の合宿までに、全曲自力で歌えるようになること。

今回、演奏会初参加の方は、自力でなくてもいいので、歌える人にくっついて歌えるようになること。
決して合宿で音取りなんてするようなことにならないように。
忙しい中、わざわざ、河口湖まで出掛けていって集中練習するのですから、成果を出すためにも、みんなが歌えるようになってることが重要です。


No.389 4月3日の練習日誌 投稿者:すずきえり@あると   投稿日:2013年04月17日 (水) 16時34分 [返信]

申し訳ありません。ずいぶん時が経ってしまいました。
それで、記憶もずいぶん飛んでしまいました。覚えていることと、過去の練習で言われたり確認したことを書きます。
4月3日は団内指揮者練習でした。
当然、美空ひばり作品集の練習でした。
*おまつりマンボ
神田の生まれで と チャキチャキ江戸っ子の部分はソプラノからアルトへとパートが変わります。ここはすんなりと渡せるように、間が空かないように、つまりアルトが出遅れないようにしましょう。
2番の歌詞で男声が歌う部分も同じことが言えます。
29〜30小節、ワッショイワッショイのフォルテに向けてクレッシェンドを明確に。
次のワッショイワッショイは、それまでのフォルテから次のページのソーレソレソレのフォルテッシモに向かってクレッシェンドですが、
そこはクレッシェンドの効果を高めるために、39小節は一旦メゾピアノに落としてからクレッシェンドしていきましょう。
ブルースに入ってから・・80小節のおじさんとのところ、音程間違えないように。
*柔
17小節目の全音符は弱くならないように。同じ太さで。
25小節のソプラノ、テナーのばかのばをはっきりと。
29小節のアタマの『いくもかえるも』は、『ゆくもかえるも』に変更。アクセントはっきりと。
32小節のひとすじにの『ひ』のHの子音をはっきりと歌いましょう。




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板