無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

ユースホステル合唱団の掲示板

この掲示板は、団員による練習日誌やコンサート情報などを
書き込んでいただくものです。
足あとを残していただいても構いませんが、主旨に合わない内容や誹謗中傷などの書き込みは
削除させていただきます。ルールを守ってご利用下さい。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
本文
e-mail
URL
文字色
削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.517 7月26日の練習日誌 投稿者:すずきえり@あると   投稿日:2017年07月28日 (金) 01時56分 [返信]


田中先生と浅見先生によるレ・ミゼラブルの練習でした。
まず、最後の曲から練習しました。伴奏が入る辺りから少し楽しそうになりすぎてしまう。もう少し緊張感のある歌い方で。
語尾の子音 comes の最後のsなどきちんと入れましょう。
最後の和音をきちんとハモるように。to-mor-row comes!はひとつひとつアクセントで。

最初に戻り、at the end of the day
2小節目からの、Ah-のところ、軟口蓋を上げ、舌根を下げて、縦に口を開けて響く声で堂々と歌いましょう。
歌詞に入る前の付点四分休符で次のリズムを感じ、用意して歌に入りましょう。
One more day standing about のaboutは短く切らず、次のwhat is it for に向かっていくこと。
2番の、winter is coming on fast のfast も同様です。
Like a waves crash on the sand からアルトは頑張って(体を使って)歌いましょう。

続くソリの部分。ソリの4人は心をひとつにして歌う。そのために手を繋いで、次には肩を組んで歌いました。
近づいて呼吸を感じることで,タイミングが合い、揃って聞こえるようになりました。

Castle on a cloud
2小節目に休符が入るけど、2小節で切らないように。気持は4小節で一山です。
Cosette,I love you very much でだんだんおそく、少し弱くなりますが、123小節目からは元の音量で,元のテンポで。

Do you hear the people sing
合唱に入るところ、Do youの部分はアウフタクト。強いのは次の小節の一拍目です。ほかの部分も同様です。

177小節目。And I know のところから転調します。
楽譜上は、Fdurですが、実はここは♭がもうひとつ。B-durなのです。
そして同じ記号のまま、182小節目でB−dur→G-durになり、やっと185小節目からF-durになるのですが、階名で歌うのは難しいですね。
(私たちの時代は階名で歌うことを学校で習いました。)
でも階名(移動ド)で歌うことで曲調と正しい音程のつかみ方がわかると思います。
トライしてみましょう。




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板