無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

ユースホステル合唱団の掲示板

この掲示板は、団員による練習日誌やコンサート情報などを
書き込んでいただくものです。
足あとを残していただいても構いませんが、主旨に合わない内容や誹謗中傷などの書き込みは
削除させていただきます。ルールを守ってご利用下さい。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
本文
e-mail
URL
文字色
削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.509 4月5、12日練習日誌 投稿者:佐々木@アルト   投稿日:2017年04月20日 (木) 00時44分 [返信]

佐々木です練習日誌遅れてしまい
申し訳ありません。
簡易的になってしまいますが、ご了承下さい

2日共団体指揮者練でそれぞれ、二十億光年とネロを中心にやりました。

4月5日
二十億光年の孤独
始めは歌えるまで、ゆっくりペースで歌い、その後、インテンポでやりました。
今までちゃんと一曲通しでできませんでしたが、今日は通すことができました。

全体的に変拍子が多く、拍が変わるので入る場所に注意してください。入る場所を間違えると、ズレが生じ、曲にならなくなるので周りをよく聞くこと。

クレッシェンドなど音の強弱が多いので、その
辺りはしっかり付けましょうフォルテピアノとかもしっかりやりましょう


31ページのネリリ、キルル、ハララのアクセントしっかりとしっかりと歌いましょう言葉分からなくなる傾向あり

34ページの4小節目アルト入りの音きちんとはいりましょう

少しネロの合わせもやりましたが、次の週にメインでやりました

4月12日
この日はネロの合わせをやりました。
全体的に言えることはテンポが急に変わる事が多い特徴の曲なのでritやaccel、allarg等の記号をしっかり意識して演奏しましょう。
まだまだ、このテンポ感になれていないので慣れるようにしましょう。
拍が合わなくなると大きくずれるので、指揮を見ましょう。

ちなみにaccelは段々早く。
allargは段々ゆっくり、そして強くという意味です。
一つの曲で56、69、76、88とテンポが変わる微妙な差も意識できるといいですね

また3連符等もずれが生じると合わなくなるので注意しましょう。音も各パートフラットやナチュラルでぶつかる音は要確認です。

全体的な大まかな内容になってしまたことご了承下さいm(__)m





Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板