無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

月下会員のつぶやき

ホームページへ戻る

 月下掲示板アイコン集

名前
MAIL
URL
件名
内容
アイコン (リスト)  /アイコンURL
削除キー COOKIE


[ No.10690 ] 時の盗人 投稿者: ねこまる 2018年04月04日 (水) 12時24分
皆さんのお宅にお世話になって隼人君たちは本当に幸せでしたね!!
きっと、思い残すことなく生まれ変わってくることと思います。


そして、師匠のかきこ。
まったくもってその通り!!

私も、「あなたの良かれと思ってやったことで私が良かったことは一度もない!」と本人に言います。


そして、相手に気を使って(というつもりで)
決まったことを、さんざん悩んでもとの振り出しにもどされると
「付き合わされた私の時間を返して」と思います。

本人はいいんですよ。
散々悩んで納得して、もと通りの決定に戻るんですから。

付き合ったこっちは「だから最初からそうしてっていってるのに。。。」と思ってしまいます。

鹿児島でひいたおみくじにも

「後回しにするのは、時の盗人である」みたいなことが書いてました。

まったくその通りだと思います。

盗んだ時間は返せませんからね。。。

山田さん。
KGGのどうでもいいことは、きっとみんな聞き流してると思います。。。ふふ(笑)

[ No.10689 ] 投稿者: yamada 2018年04月04日 (水) 07時50分
先生!分ります〜

私も、たかだかKGGに質問されるくらいでも「それってどうでもいい事だよね?笑」って事あるし、
そして「あ。自分も同じことしてるかも」と気付かされるのです(やだな。KGGから気付かされるの。笑)

組み立てて崩して組み立てて崩して…
あんこさんも先生も、通常業務こなしながら、
どれだけの時間と脳を使った事か…と思います。
でも、その先にはあの子たちの笑顔が待っていますから\(^o^)/

KGGも何度かアッシーがあるので、昨日ドライブかたがた
みらいクリニックの下見に行って来ました。
そして、ボランティア自販機で飲み物買って(スティの子たち用)
帰って来ました。

あとは、布団カバー洗って、タオルとか準備してお迎えの準備。
そして生徒たちの体調はもちろんですが、自分たちも体調崩さないよう注意して(一度、風邪をひいたことがあったので)
KGGにも運転に気をつけてもらって…と、
自分たちのやれることをやろうと思っています!!

一番スムーズに事が進む、魔法の言葉…
それは「言いなり」笑笑笑

[ No.10688 ] 投稿者: 美月 2018年04月04日 (水) 01時08分
アイコン間違えました。
とらちゃん怖いけど、なんだか可愛くなりました。

[ No.10687 ] 投稿者: 美月 2018年04月04日 (水) 01時06分
ねこまるさん、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
言葉が心地よく突き刺さりました。
虹が見えました。
本当に素晴らしいです。

わたしのところにいた大和との約束で歌を創りました。
ねこまるさんの旅立ち&絵馬の護摩焚きの前に
諭鶴羽神社で奉納したいと思いました。
実現出来て良かったです。
戦争と震災がテーマでした。
まだ完成形にはなってませんが、続けていきます。
宮司さんとたくさんお話をしました。
戦争の時には神社もいろいろなことがあったそうです。
狛犬も青銅で作られているということで徴収されたそうです。
狛犬にタスキがかけられていたそうです。
このお話を聴いてからは狛犬にタスキが見えてせつなくなります。
戦争のことをリアルに知っている人がどんどん減ってきています。
決して忘れてはいけないことです。
繰り返さないように確実に伝えて行かなければと思います。
これからもたくさんの方の想いを言葉に
して行こうと思ってます。
私に出来ることは小さいことだけど止まらないで
続けていきます。

[ No.10686 ] 和歌 投稿者: トモ 2018年04月02日 (月) 22時50分
ねこまるさま

「西行さんも、桜を愛した人でしたので」
という書き込みで、次の和歌を思い出しました。

「願はくは 花のもとにて 春死なむ
 その如月の 望月の頃」
という和歌です。

この和歌は魂に響くような気がしています。
心から桜を愛していたんだなあ…と思って
いました。

[ No.10685 ] 主先生 ありがとうございます 投稿者: トモ 2018年04月02日 (月) 22時43分
主真緑先生 

ありがとうございます。
携帯から書き込みをしようとして失敗したのですが、
自宅のPCからだとできました(^−^)

今朝も神社にお参りに行ったところ、なぜか
10個入りくらいの紙コップが手つかずでその
ままの状態で捨てられていました。

そして、石段のそばには何やらビニールテープ
で結ばれた中の見えない何かが入った袋が…。
これはゴミではなく、意図的に神社に置かれた
物のような気がして、そのままにしました。

普段は宮司さんのいない神社なのですが、私が
触らない方がよいような気がしました。
神様にもそのようにお参りのときにお伝えしました。


家でお迎えした「はやとくん」たちですが、私は、
娘のような若い女の子に照れながらもうれしく思
ってくれているように感じていました。
だから、娘が描いた絵が「はやとくん」たちを
送るのにふさわしいように思っていたのです。
先生から娘の絵がすぐに燃えたとお聞きしたとき、
本当に良かったと思いました。

「はやとくん」たちの少しでもお役に立ててうれ
しかったです。

そのような機会を与えてくださり、ありがとうご
ざいました。

[ No.10684 ] 投稿者: yamada 2018年04月02日 (月) 22時14分
孫対面ツアーから、戻りました!(^^)!

号泣は無かったですが(笑)まぁ〜可愛かったですね〜。
Kジーは26年前を思い出して、沐浴させていました。
なかなか上手でした。

そしてちょっと驚いたことが。
あちらのお母さん、ハーレーを持っているらしいのですΣ(゚Д゚)

私より5つ年上なのですが、免許も50歳過ぎてから取ったそうです…すごい…

ねこまるちゃん。おかえりなさいませ。
任務終了カキコ、感動しました。
先生やトモさんと同じ、本当に勉強になりました。

早くそれぞれの名前で生まれ変わって、また新しい分野(職人とか、角界とか。笑)で
活躍してほしいです。。

昨日は、帰りの飛行機から、きれいなお月様が見えましたヽ(^o^)丿

[ No.10683 ] 知覧。番外編。 投稿者: ねこまる 2018年04月02日 (月) 14時32分
トモさん、本当にどこにいっても桜でした。
旅の間、長時間運転していた西行さんも、ずいぶん桜で救われたと話していました(西行さんも、桜を愛した人でしたので)


今回の旅で確信しましたけど、私は「終わらせる人」なんだなと思いました。
それが私の役割なんでしょう。

どんなに恨まれても、憎まれてもしかたありません。
だって役割なんですから。


田舎もんだと実感したことがありました(九州にいる間、私と息子はくしゃみ、鼻水を連発していました。
まさか、花粉症とかじゃないよね?と話していましたが、気が付くと帰りの新幹線ではすっかり収まっていました。

やはり、花粉だったのでしょうか。

鹿児島でもずいぶんみんなあっちこっちでくしゃみしてるな〜と思ったのですが、灰とかも関係あるんですかね。

そして、都会の「音」
これには参った。
駅にいるとアナウンスの音や、人の声、電話の音など
とにかくずっとザワザワ、ザワザワ。。。

脳が休まらない。。。と真剣に思いました。

福岡の町中のホテルでは、仕事帰りのスーツ姿の団体をみて「なんかコンサートでもあったんか?」と思いましたから!!!

ただの通勤の方々だったんですけどね(笑)

田舎は基本、スーツ着てる人いませんから。。。
ついでに、暗くなってから歩いてる人もいないし、真っ暗だからみんな懐中電灯もって犬の散歩行きますから。。。

自宅に戻ってつくづく
あ〜田舎で良かった!と思いました。


[ No.10682 ] おつかれさまでした 投稿者: トモ 2018年04月01日 (日) 22時03分
ねこまるさま

「知覧 報告」拝読しました。
おつかれさまでした。
文章に引き込まれました。
涙がにじみました。

私の家では娘と私と2人の「はやとくん」を
お迎えしていました。
私は「はやとくん」たちに、なぜかどうしても桜
を見せてあげたかったのですが、満開の桜の中で
送られていったと知り、とてもうれしかったです。

「悲しいではなく、清々しい」
という言葉も、はやとくんたちはとても喜んで
いるような気がしました。

「終わらせてあげないと始まらない」
とても深い言葉だと思いました。

ありがとうございました。


[ No.10681 ] 知覧 報告 その2 投稿者: ねこまる 2018年03月31日 (土) 10時16分
特攻隊記念館にて吉野家と1年ぶりに会います。

久しぶりの再会ですが、各自言いたいことだけ言って大笑いして、隼人君の銅像の前で写真撮って好き放題です。
無駄な挨拶とか(笑)世間話はしません(笑)
必要ないんです。
出会ってから「またねー!」と別れるまでほんの1時間くらいでしょうか。
なんとも充実した時間でした。
ありがとうございました!

特攻隊記念館も中に入ってみましたが、なんだか違和感がありました。

もう、亡くなった人達は「終わった」んです。
やりきったんです。

だから悲しいではなく、清々しいんです。

記念館は残された人たちが作ったので、悲しいとか、無念だとかの気持ちのほうが強くてちょっと参りました。

吉野家と別れて我が家はそのまま宮崎に向かいます。

チェックインまで時間があったので、市内の小さな博物館?に入ります。
入館料一人100円。
すてき。

待ってました!と言わんばかりの職員の男性の方が私たちの前に立ちはだかり説明を始めます。

いや、ゆっくり見たいんです。。。と思いましたがここはご親切に甘えることにしました。

彼が饒舌に喋りだし、気が付くと私のそばから息子Sがす〜〜〜と消え、西行さんがす〜〜〜と消え
私一人が職員の男性とマンツーマンで講義を受ける
図になりました。。。

ええ。いつものことですよ。確か、遠い昔もこんなことがありましたね。。。くすっ。

そこで、知覧特攻隊の一員なのに、練習中に飛行機が墜落して一名亡くなった方の写真を見ました!

思わず、ぼお〜と聞いていたのに突然食いつき質問する私(笑)
亡くなった特攻隊員の家族や、親戚にはそのことは秘密にされていたようです。
長い間、特攻で亡くなったということになっていたんですって。
何故なら、恥だから。。。

なんてこと!ひ孫さんの代になってから初めて分かったそうです。

そして、東京駅で時間があったので本屋さんのカフェに入って何気に読んだ本にまた知覧特攻隊員の話がありました。
その方は9回飛んで9回生き残った方。
その方も、マラリアにかかったり、生きて戻ったりしたときはずっと「生き残り部屋」みたいな場所に軟禁されていたそうです。

何故なら、恥だから。。。

この方は92歳?まで生きておられました。

ずっと生きていることは「恥」と思っていたかもしれません。
生き残った隊長も、「無念」だったかもしれません。

残されたほうが思いは強い。。。
これは、今までの任務でも本当に実感しました。

でも、もう終わりました!!
「恥」も「無念」も、もう終わり!!!

終わらせてあげないと始まらないんです。
ちゃんと終わるかどうかってとても大事なことですよね。

太宰府天満宮のご神木の前で撮った写真に光の帯?のようなものが写ったのを発端に何枚もいろいろな角度で映りこみ。。。
同じ場所で同じ角度でとった西行さんの写真には写ってなかったときいて初めて
「あ〜違う意味か」とあらためて思う私。

光の帯は太い虹のようにも見えるしちょっとわかりませんが
とにかく無事に任務完了して。こうして無事に皆様に報告して、私もやり遂げて清々しい気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。





Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板