無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする



月下会員のつぶやき

ホームページへ戻る

 月下掲示板アイコン集

名前
MAIL
URL
件名
内容
アイコン (リスト)  /アイコンURL
削除キー COOKIE


[ No.11002 ] 投稿者: yamada 2018年10月14日 (日) 10時42分
トモさん。
最後にたくさんのご投稿、ありがとうございます!

今回のカキコで、男脳の方たちのエピソードが、
一貫して面白い(いい意味です!)のが
改めてわかりました。

ご本人たちはいたって真剣なんでしょうが、何か笑えるというか(もちろんいい意味です!)
そしてきっと、たくさんの徳を積まれているのだろうな〜と思いました(__)

月下を代表する男脳の皆さま、一か月間のお付き合い、ありがとうございました。
どこかでお会いした時にはまた、楽しいお話を聞かせて下さいね〜(^.^)

[ No.11001 ] ありがとうございました 投稿者: トモ 2018年10月13日 (土) 22時14分
今回カキコする機会を与えていただき、ありがとう
ございました。
2日しか登場しませんでしたが、読ませていただく
のも、書かせていただくのも、とても楽しかった
です。

主先生のカキコ、いつも楽しく読ませていただいて
います。
私も通勤のバスの中で読んでいます。
笑ったり、涙ぐんだり、深く考えさせられたり…。
この前のう○この話は、帰宅してから娘ともう一度
読み、大笑いしました。
毎日の楽しみになっています。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします(^−^)

[ No.11000 ] 道を尋ねられる 投稿者: トモ 2018年10月13日 (土) 22時10分
道をよく尋ねられる私ですが、恐らく普通の人では
ない人にも道を尋ねられたことがあります。

私の実家は小さな町です。
JRの駅から歩いて10分くらいかかります。
駅前には店が並んでいて、実家の近くには大きな
スーパーもあります。

以前、8月15日に実家に娘と行ったときのことです。
JRから降りて実家まで歩いていく間、誰1人として
すれ違わずにシーンと町じゅうが静まりかえってい
ました。

すると、ずっと遠く、実家の近くのスーパーのそば
に年配の男の人がいるのが見えました。
なぜか、
「あの人は私を待っている」
と感じました。
(娘もそう感じたそうです)

その男の人はスーパーには入らず、ずっと店の駐車
場の前の道路に立っているのが見えました。

「やっぱり私を待っている」
となぜか確信し、歩いていくと、やはり話しかけら
れました。

「○○小学校にはどうやって行くのですか?」

「○○小学校はこの道をすぐ左に曲がって、その
道をずっと歩いていくと着きますよ」

「そうですか。ありがとうございます。ずっと前
にその小学校に勤めていて、懐かしくなって来て
みたのです」

男の人は笑顔でお礼を言って、道を曲がって行き
ました。

えっ?
私、ずっと前からここに住んでいた(40年近く)
けど、道は変わっていないよね?
もっと前にいたの?

などと思いながら、私たちも少し遅れて道を
曲がりました。
……そこには男の人の姿はありませんでした。

でも、いやな感じはしませんでした。
教えてあげられてよかったなあと思いました。


余談ですが……。
私のハンドルネームの「トモ」は父の祖母の
名前です。
彼女には不思議な能力があり、滝で修行をし
ていたのだそうです。

父が生きていた頃、よく言っていました。
「おばあちゃんは本当におれのことをかわい
がってくれた。大好きだった。とても優しかった。
お前はそのおばあちゃんによく似ている」
ここまではいいのですが、そのあと必ず次の
一言が。
「でも、美人じゃなかったけどな」

……お父さん、それは私がよくわかっている
から言わなくていいからって思っていました(笑)

[ No.10999 ] 投稿者: トモ 2018年10月13日 (土) 21時50分
今日職場に休日出勤した。
印刷機を使おうとすると、
「排版ボックスがいっぱいです」
というサインが…。
「はいはい、私を待っていたのね」
と捨てる。

次に製版しようとすると、
「テープが切れています」
というサインも。
「はいはい、それも待っていたのね」
と補充する。

休日なので、隣の印刷機も使えるので、
製版しようとすると、またまた
「テープが切れています」
というサインが。
「はいはい、あなたも待っていたのね」
とここでも補充する。

職場を出て今日は久々にデパートへ。
まずトイレに行くとすいている。
「やっぱりデパートのトイレはきれいでいい
なあ」
なんて思いながら個室を出ると、何とそこに
は行列が。
「えっ、デパートのトイレで行列?」
私が呼び寄せたのか…?

地下の果物売り場に行き、これを買おうと
ぶどうを選んでいると、またまた人が集まる。
何だか今日は「男脳」が全開になっているのかと
思う。


職場では相変わらず、トイレ掃除、印刷機のゴミ
拾い、紙の補充、電話取り、インターホンの対応、
病人の対応などを、自分の業務と並行して毎日毎
日行っている。

若いのならともかく、あと数年で退職という年齢
になっていて、若い子なみに働いているのに、
「なぜ?」
と思うときもある(人間として未熟)。
でも、主先生の
「徳を積んでいると思って」
という言葉に従い、
「ああ、私って何て徳を積んでいるのかしら」
と思うことにしている。

[ No.10998 ] 投稿者: トモ 2018年10月13日 (土) 21時39分
ふぐ助さんの

>怒や哀も 多々あった。
>だけど忘れた。忘れちゃえ!!!
>怒や哀があるから、喜や楽が輝く。

なんてかっこいい!
と思いました。
私も忘れちゃおう!って思いました。

[ No.10997 ] 投稿者: トモ 2018年10月13日 (土) 21時36分
今まで1回しか登場していませんが、男脳の皆さま
のカキコ、深く共感しています。

初老さんの「ラストに男脳アルアルを」。
そうそう、そうなんです! と思います。
そのとおりです!!

口は硬いです。
「言わないでね」
と言われたこと以外でも、その人の個人的なこと
は言いません。
私が言うべきことではないので。

おそらく「卑怯」とはまったく違う世界に生きて
います。
「だめなものはだめ」です!!
うまく立ち回ることもできません(苦笑)
でも、こういう生き方しかできないからしかたない
のかなあって思っています。

[ No.10996 ] 名前 投稿者: ふぐ助 2018年10月13日 (土) 11時16分
そうなんです!
子ふぐの名前は、
いや〜アンタ、しっかし 格好いい名前だね!と
日々思っています。最高です。笑
妊娠中に !!!と浮んだ ある文字を使った
3つの名前の候補から
先生にベストワンを選んでいただきました!!!\(^o^)/

先日、200人に手紙を書く機会があった。
書道が好きなので、一人一人の名前を筆で書くことにした。
心を込めて、丁寧に。
一文字一文字 集中して書いていると、
名前ってなんて美しいんだろう!!!とめちゃめちゃ 感動した。
その名込められた、親御さんや、名付けた方の
想いや希望や喜びや笑顔が
それぞれの文字から透けて見えるような気がしたのだ。
そしてその思いを受け取って200名を大切にしようと思った。

でも集中する為、手元灯だけの暗闇で
素晴らしい!とか、お見事!とか、美しい!とか
ほほ〜っ!とか、はは〜っと!か ブツブツ言いながら
書道で、完全にナチュラルハイになっている私の姿は
職場では、アンタッチャブルで恐怖だったと思う。。。 笑笑


[ No.10995 ] ラスト 投稿者: 初老 2018年10月13日 (土) 10時45分
ラストに男脳アルアルを

@男脳は仲間を売らない(ヤンキーだからではない)
かなりの確率で絶対と言える。

A口の硬さも鋼鉄なみ。
むかーしある人に言われた事がある
「君は愛人にするには最高の口の硬さだ。」
これは褒めたつもりだったのかが疑問ですが。

B卑怯なことを受け入れる引き出しがない。
心でそれ卑怯じゃない?と感じると魂が震え出す。

たとえ悪者にされようと理解されなくても変人扱いされても
ダメなものはダメなのさっ。

卑怯ほど嫌いな言葉はない。


こんな男脳ですが、またどこかで会ったら〜
お元気で〜

1ヶ月間お付き合いくださりありがとうございました。


[ No.10994 ] 投稿者: yamada 2018年10月12日 (金) 19時48分
続きです

ホテルで朝ご飯を食べ、知床へ出発です。
2時間弱でオシンコシンの滝へ。
ここは、日本の滝100選にも選ばれているそうで、2本、流れている滝で、とても綺麗でした

次に、ウトロ港から出ている知床クルーズに行ってみたのですが、
波が高く、午前の便は欠航になっていたので、午後便に期待しつつ、
とりあえず知床五湖へ行ってみます。

こちらのウォーキングコースは、約40分のと90分のがあって
どうせなら全部回ろうと、90分コースにしました。

90分コースは、ウォーキングするにあたって、ばったり熊に出くわした時の注意事項を10分ほどレクチャー?講習?受けました

熊にバッタリ会ったら、慌てず、騒がず、走って逃げたりせず…と、色々な説明がありましたが、
「しかし、絶対に大丈夫!という方法はありません」とか言われ
え〜〜〜そんな〜〜でもそうか〜〜と思いながら聞いていた(笑)

紅葉にはまだ早く、ちょっと残念でしたが、色づいたらキレイなんだろうな〜〜と思いながら
五湖回って来ました。

次は、カムイワッカ湯の滝というところへ行きました。
ここは、滝が温泉??温かい水が流れていました。
下の方はちょっとぬるめでしたが、上がっていくと少しづつ温かくなっていました。

上の方まで行ってみたかったですが、滑って転んで迷惑かけたら困るし←やらかすタイプ
1人しかいない運転手のKジーにも怪我されたら困るので(笑)
無理のない所までで、止めました。


そしてまたクルーズのところへ戻ってみると(途中でシカを2度、見ました〜)
14時半のが、時間短縮(90分→40分)だけど出港するというので
チケットを買いました。

1時間ほど時間があったので昼食を食べてから、乗船です。
揺れが怖いので、大きい船のほうにしました。

乗って少しすると雨が降って来たし、短い距離でしたが、
精霊でも住んでいるかのような知床半島が見れて良かったです。

そして、この日は釧路にホテルを取ったので(前日に)
釧路へ向かいます。
なかなか遠かった…かな。遊んだあとだし(笑)

本州の地図に北海道を当てはめたやつを見ると、
札幌〜網走は、京都〜長野…みたいな感じなんですね。

ほっかいどうは、でっかいどう…(^-^;

釧路では居酒屋でお刺身やホッケやザンギやおでん(ワッティおでん好き)を食べてホテルへ。

翌日は、釧路湿原の展望台(上らなかったけど)寄ってから
池田町のワイン工場、帯広で豚丼食べて、無事に札幌に到着。

帰って来てから、娘はひたすら体重計とにらめっこ。
ワッティのダイエット法を、少しマネしているようです(^0_0^)

[ No.10993 ] 15年か〜 投稿者: ふぐ助 2018年10月11日 (木) 19時37分
あっと言う間でした。
ふぐ助として
喜怒哀楽では、喜や楽を沢山 経験させていただきました
ありがとうございましたm(_ _)m

私は人間が出来ていないなので、笑
15年間で
怒や哀も 多々あった。
だけど忘れた。忘れちゃえ!!!
怒や哀があるから、喜や楽が輝く。

ちなみに、よく ふぐ助の名の由来を聞かれるのですが、
初カキコの当時、飲み過ぎで顔がパンパンにむくんで
膨らんでいる姿を見た家族が、
。。。ふぐみたい。。。と言ったのがきっかけです。
くだらなくて、済みません。笑





Number
Pass




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板