【広告】楽天市場 父の日の特集開催ポイント10倍・値引きクーポン配布中

 

光明掲示板・伝統・第一

 

本流宣言掲示板」「光明掲示板・第一」「光明掲示板・第二」「光明掲示板・第三」「光明掲示板・伝統・第二」「谷口雅春先生に帰りましょう・第一」「谷口雅春先生に帰りましょう・第二

ご投稿は「谷口雅春先生に帰りましょう・第二」へ

「光明掲示板・伝統・第一」の目的

「光明掲示板・伝統・第一」のルール

「光明掲示板・伝統・第一」の利用法

重要リンク

必ずお読みくださるようお願いします

Página de topo/Top page トップページ

 

谷口雅春先生の古き学びの書より (235)
日時:2015年02月08日 (日) 04時48分
名前:伝統

 *光明掲示板・第三「谷口雅春先生の古き学びの書より (1058)」からの継続です。
   → http://bbs5.sekkaku.net/bbs/?id=koumyou3&mode=res&log=219


《『行』誌 (中)表紙の言葉》

       *『行』誌(昭和15年7月号〜12月号)より


(1)行 7月号(昭和15年7月)

   實々々。

   「虚」を見ること勿れ。
   「實」のみ見よ。

   「虚」をアリと見れば
   「虚」に捉へられる

   「虚」《なし》と見れば、
   無人の境を行くが如し。    (雅春)


(2)行 8月号(昭和15年8月)

   希望は現實の母である。
   希望に燃えよ。
   希望の火で一切を焼き尽くせ。 (雅春)



(3)行 9月号(昭和15年9月)

   強さと正しさと明るさ。
   吾らの理想はここにある。
   心にこれが成就したとき、
   外はおのづから整ふ。      (雅春)


(4)行 10月号(昭和15年10月)

   「生長の家」の生活は
   すべてが與へられた生活であるから
   感謝の生活のほかない。     (雅春)


(5)行 11月号(昭和15年11月)

   形の地獄の中にも極楽がある。
   縛られてゐても自由自在の消息を
   知るものは幸ひである。     (雅春)


(6)行 12月号(昭和15年12月)

   萬象ことごとく『生命』
   萬象ことごとく『愛』      (雅春)



<関連Web:光明掲示板・第二「谷口雅春先生の古き学びの書より (4924)」
        → http://bbs7.sekkaku.net/bbs/?id=koumyou2&mode=res&log=1023 >


           <感謝合掌 平成27年2月8日 頓首再拝>

《 脚下即龍宮城 》 (388)
日時:2015年02月20日 (金) 05時01分
名前:伝統

         *『行』誌(昭和16年新年号)の巻頭言より

新たに生まれるとは、肉の中に入(い)りて再び出生することに非ざるなり。

物質無き世界に入(い)ることなり。
時間なき世界に入(い)ることなり。
空間なき世界に入(い)ることなり。

否、無物資もなく、無空間もなく、無時間もなき世界に入(い)ることなり。

一切の空間が一点の掌中に握られたる世界に入(い)ることなり。
一切の時間が一点の掌中に握られたる世界に入(い)ることなり。

否、一点の掌中と謂うと雖も、一点もなき世界に入(い)ることなり。
否、「無点」も無き世界に入(い)ることなり。
一切無尽蔵の世界に入(い)ることなり。

『今日(こんにち)』と『爰(ここ)』とを把握することなり。
『今(いま)』『爰(ここ)』がこのまま龍宮海と知ることなり。

ここが今
『園林諸々(おんりんもろもろ)の堂閣種々(どうかくしゅじゅ)の宝もて荘厳せる世界』
なることを知ることなり。

今爰(いまここ)がエデンの楽園なりと知ることなり。
今爰(いまここ)が天国浄土なりと知ることなり。

汝の脚下を見よ。
汝(なんじ)真(しん)に新たに生まれるならば、
汝は脚下に無尽蔵の世界を見出さん。

新たに生(うま)る。
吾等今新たに生(い)きる。

           <感謝合掌 平成27年2月20日 頓首再拝>

(伸びて行く生命) (537)
日時:2015年03月04日 (水) 04時04分
名前:伝統

         *「新生活への出発」最終頁より(「生長の家創刊号」巻頭の歌)
          (本書は、昭和10年<1935年>4月21日・生命の芸術社発行)

吾れを伸ばすものは、

絶えず與へてゐると云ふ感じ、
絶えず人から喜ばれていると云ふ感じ、
與へる歓びは自己擴大の感じ

自己の愛が次第に擴がる感じ、

この感じのうちに生命(せいめい)は伸びて行く

             <感謝合掌 平成27年3月4日 頓首再拝>

『行』誌 (中)表紙の言葉〜(昭和16年1月号〜5月号) (652)
日時:2015年03月14日 (土) 04時49分
名前:伝統

       *『行』誌(昭和16年1月号〜5月号)より

(1)行 1月号(昭和16年1月)

   明るい心の家庭には
   幸福が自ずと集る。 (雅春)


(2)行 2月号(昭和16年2月)

   天に地に感謝せよ。
   万物が有りがたい。
   おのずから合掌される。
   始終 この心持でおれ。 (雅春)


(3)行 3月号(昭和16年3月)

   わたしの行くところに道がひらかれる。
   わたしは道である。

   わたしの行くところに花びらが撒かれる。
   私は花びらである。           (雅春)


(4)行 4月号(昭和16年4月)

   一刻の経験、
   一瞬の体験、
   平凡でも悉く意義がある。 (雅春)


(5)行 5月号(昭和16年5月)

   柔らかくなること。
   調和ある心を為すこと。
   調和ある動作をすること。 (雅春)

・・・

『行』誌(昭和16年5月号)の巻頭言「物心一如を超えて規範を把め」を
「谷口雅春先生をお慕いする掲示板 其の弐」に謹写いたしております。
是非、熟読玩味をお願いいたします。

 → http://bbs5.sekkaku.net/bbs/?id=yuyu6&mode=res&log=68

             <感謝合掌 平成27年3月14日 頓首再拝>

『行』誌 (中)表紙の言葉〜(昭和16年6月号〜10月号) (765)
日時:2015年03月26日 (木) 03時00分
名前:伝統

       *『行』誌(昭和16年6月号〜10月号)より

(1)行 6月号(昭和16年6月)

   制度も環境も、ただ
   種子が芽を出すための
   日光や空気や土壌となるだけである。 (雅春)


(2)行 7月号(昭和16年7月)

   目前に与えられた
   一切を生かし行ずるのが道である。 (雅春)


(3)行 8月号(昭和16年8月)

   一つを信ぜよ。
   そのほかに何もない。       (雅春)


(4)行 9月号(昭和16年9月)

   生命を生むものは
   生命のみである。         (雅春)


(5)行 10月号(昭和16年10月)

   ものの尊さも、
   国の尊さも、
   今ある形の大きさによるのではない。 (雅春)

・・・

@『行』誌(昭和16年6月号)の巻頭言「『忽然』の意義」
A『行』誌(昭和16年9月号)の巻頭言「復古即新生」
A『行』誌(昭和16年10月号)の巻頭言「日本学建設の方向への示唆」

 を「谷口雅春先生をお慕いする掲示板 其の弐」に謹写いたしております。
   → http://bbs5.sekkaku.net/bbs/?id=yuyu6&mode=res&log=68

 
             <感謝合掌 平成27年3月26日 頓首再拝>



名前
メールアドレス
スレッド名
本文
ファイル
URL
削除キー 項目の保存


Number
Pass

ThinkPadを買おう!
レンタカーの回送ドライバー
【広告】楽天市場 父の日の特集開催ポイント10倍・値引きクーポン配布中
無料で掲示板を作ろう   情報の外部送信について
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板