うつ病掲示板

うつ病などでお悩みの方々が情報を交換したり、
交流の場として掲示板を運営しております。
うつ病についてお話しませんか?
人と話すことで心が軽くなるかも知れません。
三人寄れば文殊の知恵と言います。
知恵と解決策を持ち寄れば、前進できるのではないかと思います。
なお直接、管理人だけにご質問等がある場合は、
「うつ病闘病記」のメールのボタンからお入り下さい。
ホームページへ戻る

名前
e-mail
タイトル
本文
画像

URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.193 独りごと 投稿者:あげまき   投稿日:2018年07月06日 (金) 12時44分 [返信]

過去を過去だと割り切ることの難しさに共感します。

くるしみの人生。
子供の頃からの両親からの虐待。
小学二年生の時の性被害。親の怒りを鎮める為に独りで耐えた苦しさ。
毎晩レイプされる夢をみた。
高校時代の教師からのいじめ。
友たちから妬まれて嫉妬されていたことに気づいた。
私は何も持っていなかったのに。

生きる意味がわからなくなって、自殺の名所に行った事。
親の夢を叶えるために、親から捨てられる恐怖から自分を殺して良い娘として生きてきた。
妹は家を出て、看護学校の寮に避難した。
両親からの監視は私ひとりに集中された。

母の夢である音大に入っても、もっともっと上にいけとせかされた。
大学生になっても門限は20:00。 たった1分遅れても家にいれてもらえなかった。
私をわかってくれる誰かを求めて、好きになっても反対された。
男性からの電話はことごとく切られた。

就職して独り暮らしをしたいと言っても許さないと言われた。
主人に出逢ってから内緒でお付き合いして8年目にやっと認めてもらった。
いつもいつも、心の中に冷たい風が吹いていた。
しあわせの中にいても、両親の事を考えるから不安で風が吹きすさんでいた。
長女だから親の面倒をみなくてはならない。家を継がなくてはならない。
母は私の若さを憎んだ。
シワが出来たのはあなたのせい。心配ばかりかけるからこんなになったといわれた。

そんな時母は癌になった。
5年間抗がん剤治療をして、新しい不治の癌が見つかった。
死にたくないといつも言われた。
父と母が治療の問題でもめた。
父は病院でも最新治療を。母は延命せずホスピス治療をのぞみ、自宅で死にたいと言った。
そして母は天に召された。

主人と結婚しても、欲しかった赤ちゃんは授からなかった。性被害にあったことが原因のひとつ。
周りから赤ちゃんまだ?とせかされて悲しかった。
いまだに初めて会う人たちからはお子さんは?と言われる。
そんな時とてもとても傷つく。
私には何もない。
何ももっていない。
もっているのは他の人より色が白くてハーフみたいだといわれた小さな見かけだけ。
見かけだけで判断されることの辛さは、誰にもわからないだろう。
そんなものはいらない。
欲しいのはあたたかい平和。
いまここにあるのは、住宅ローンと夫の借金返済のための貧乏な生活。
真っ白い一匹の猫が私のともだち。
彼女がいてくれるなら、しあわせ。
うつ病は何十年たっても治らない。
でも死にたいとは思わない。
それでも生きていくしか道はない。



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板