うつ病掲示板

うつ病などでお悩みの方々が情報を交換したり、
交流の場として掲示板を運営しております。
うつ病についてお話しませんか?
人と話すことで心が軽くなるかも知れません。
三人寄れば文殊の知恵と言います。
知恵と解決策を持ち寄れば、前進できるのではないかと思います。
なお直接、管理人だけにご質問等がある場合は、
「うつ病闘病記」のメールのボタンからお入り下さい。
ホームページへ戻る

名前
e-mail
タイトル
本文
画像

URL
文字色
削除キー 項目の保存
RSS
No.195 胸の内 投稿者:管理人トモヤン    投稿日:2018年07月21日 (土) 10時05分 [返信]

いつかの偶然で出会えた人
ボールペンを転がしながら
考え事をしていたら
窓の外のキンモクセイが揺れていた

あるかなしかの風に誘われて
いつものように差し出す手が震えている

胸の内を言えない苦しさが
胸の内をそっと言える清々しさを
はるかに超えてしまった

あの人のまなざしの向こうにあるのは
宇宙の果て
決して届かない場所

いつまで続くのだろう
そろそろ終わりにしようか
答えはあるのに
その答えは問えない

No.194 生きていること 投稿者:管理人トモヤン    投稿日:2018年07月08日 (日) 11時57分 [返信]

いつも周りに人がいたように
思っていたけど

悲しみと苦しみと寂しさに
押しつぶされているうちに
いつの間にか
独りぼっちになってしまった

優しくしてくれた人
慰めてくれた人
あれは錯覚だったのだろうか

捨てきれない過去
捨てられない過去
誰にも言えない
誰も背負ってはくれない

行き着く先はひとつだけ
一人抱え込んだまま
墓場まで持っていくしかない

目の前の霧が晴れることは
決してない

幸せそうな中にしあわせは見い出せず
不幸せの中にしあわせを模索する

所詮
人はひとりで生まれてきて
ひとりで逝ってしまうのだと
当たり前のように思う

どうして生きているのかは
分からないけど
生きていること
それだけが事実

No.193 独りごと 投稿者:あげまき   投稿日:2018年07月06日 (金) 12時44分 [返信]

過去を過去だと割り切ることの難しさに共感します。

くるしみの人生。
子供の頃からの両親からの虐待。
小学二年生の時の性被害。親の怒りを鎮める為に独りで耐えた苦しさ。
毎晩レイプされる夢をみた。
高校時代の教師からのいじめ。
友たちから妬まれて嫉妬されていたことに気づいた。
私は何も持っていなかったのに。

生きる意味がわからなくなって、自殺の名所に行った事。
親の夢を叶えるために、親から捨てられる恐怖から自分を殺して良い娘として生きてきた。
妹は家を出て、看護学校の寮に避難した。
両親からの監視は私ひとりに集中された。

母の夢である音大に入っても、もっともっと上にいけとせかされた。
大学生になっても門限は20:00。 たった1分遅れても家にいれてもらえなかった。
私をわかってくれる誰かを求めて、好きになっても反対された。
男性からの電話はことごとく切られた。

就職して独り暮らしをしたいと言っても許さないと言われた。
主人に出逢ってから内緒でお付き合いして8年目にやっと認めてもらった。
いつもいつも、心の中に冷たい風が吹いていた。
しあわせの中にいても、両親の事を考えるから不安で風が吹きすさんでいた。
長女だから親の面倒をみなくてはならない。家を継がなくてはならない。
母は私の若さを憎んだ。
シワが出来たのはあなたのせい。心配ばかりかけるからこんなになったといわれた。

そんな時母は癌になった。
5年間抗がん剤治療をして、新しい不治の癌が見つかった。
死にたくないといつも言われた。
父と母が治療の問題でもめた。
父は病院でも最新治療を。母は延命せずホスピス治療をのぞみ、自宅で死にたいと言った。
そして母は天に召された。

主人と結婚しても、欲しかった赤ちゃんは授からなかった。性被害にあったことが原因のひとつ。
周りから赤ちゃんまだ?とせかされて悲しかった。
いまだに初めて会う人たちからはお子さんは?と言われる。
そんな時とてもとても傷つく。
私には何もない。
何ももっていない。
もっているのは他の人より色が白くてハーフみたいだといわれた小さな見かけだけ。
見かけだけで判断されることの辛さは、誰にもわからないだろう。
そんなものはいらない。
欲しいのはあたたかい平和。
いまここにあるのは、住宅ローンと夫の借金返済のための貧乏な生活。
真っ白い一匹の猫が私のともだち。
彼女がいてくれるなら、しあわせ。
うつ病は何十年たっても治らない。
でも死にたいとは思わない。
それでも生きていくしか道はない。

No.192 忘却の彼方へ 投稿者:管理人トモヤン    投稿日:2018年07月06日 (金) 00時03分 [返信]

どうしようもなく
辛くて仕様がない夜
何度、空を見上げただろう。
自分の体がどうであろうと
いつも星は同じように瞬いて見えた。

この空が地球の裏側にも繋がっていて
この瞬間にも
どこかで誰かが懸命に息づいていることを
少しでも感じられたら
どんなに救われるだろう。

過去は過去として捨て去り
永遠の忘却が出来るのなら
生きやすくなるのだろうか。

心の中に渦巻くあらゆるものが
いつも叫んでいる。
過去への贖いをいつまで続けたら
楽になるのだろう。

通りすがりの風に揺られて
行く当てもない行き止まりの道に
気づいたらいつも
呆然と立ち止っている。

忘却のその先にあるものは
何なのだろう。
生きていくことの難しさも
忘れることが出来るのだろうか。

No.191 続・薬について 投稿者:管理人トモヤン    投稿日:2018年06月30日 (土) 17時02分 [返信]

私の場合を紹介します。
〇初期 約4か月間薬の効果は
感じました。
※睡眠薬の服用なし
〇最悪期 約4年間睡眠薬以外、薬の効果は
感じませんでした。
※睡眠薬に依存
〇停滞期 約3年間睡眠薬以外、薬の効果は
感じませんでした。
※睡眠薬に依存
〇回復期 約1年間睡眠に影響する薬以外
服用しませんでした。
※睡眠薬に依存
〇現在 睡眠薬に依存

No.190 薬について 投稿者:管理人トモヤン    投稿日:2018年06月28日 (木) 22時33分 [返信]

うつで服薬されている方は、
多いと思います。

何の病気でもそうですけど、
薬は「もろ刃の剣」であることは、
忘れてはなりません。

作用・副作用があるのが薬です。
ネットでも簡単に探し出せない、
稀な副作用にも十分注意する必要があります。

最初は効果があったからといって、
ずーと効果があり続ける保証は、
どこにもありません。

体調が下り坂になると、
薬を増やしたいと思うこともあるでしょう。
ただ、
その薬、自分にとって本当に今現在、
効果があるのか?
を十分考慮する必要があります。

自分の体は、
自分にしか分かりません。
自分の病気がどういう状態なのかは、
常に問い続けなければならない、
と思います。

No.189 Wカップです。 投稿者:管理人トモヤン    投稿日:2018年06月26日 (火) 23時25分 [返信]

Wカップが盛り上がってます。
深夜の視聴率も高いようで。
皆さん、翌日の仕事は大丈夫でしょうか。

得点がなかなか入らないスポーツなので、
得点シーンを見逃すことが多いのですが、
今大会は日本の1得点を、
ライブで見ることが出来ました。

日本は世界60以下だとのことですが、
なかなか善戦しています。

32チーム中、
ヨーロッパが10か国も出ているのですね。
さすがにレベルが高いです。

そういえば、
Jリーグができて、
もうかなりの年数になります。
でも、
ヨーロッパはもっとずーと前から、
プロリーグがあったのでしょうね。

地球のほぼ反対側なので、
ライブを見るのも大変です。
Wカップ好きですけど、
仕事もあるのでもう寝ないと。

No.188 多趣味でした。 投稿者:管理人トモヤン    投稿日:2018年06月21日 (木) 22時00分 [返信]

料理も園芸もDIYもしますね。
どれも好きです。

社会人になってからどんどん趣味が増えました。
ピアノ、英語や数学の勉強、旅行・・・
数えたらきりがありません。

でも、どれも上手くはありません。
学生時代はスポーツに明け暮れましたが、
運動神経も無くて。

基本的に何をするのも不器用なのです。
何かひとつでも才能がある人は凄いです。

ただ、
幾つになっても、
夢中になれるものがあると、
やっぱり良いと思います。

No.186 茄子は出来ました ! 投稿者:管理人トモヤン    投稿日:2018年06月09日 (土) 21時18分 [返信]

毎日のことですから、
食事の用意は大変ですね。
我が家の夕食は、
早く帰った人が作ります。
だから私も作ります。
レパートリーが少なく下手ですけど。

トマト大好きです。
地元にはブランド化されたトマトがあります。
糖度が高くとても美味しいですが、
値も高いのでそうそうは口には入りません。

実家ではミニトマトを植えてますので、
毎年時期が来れば少しだけ収穫します。

以前借りていた農園では、
茄子を植えたのですが、
立派な実を付けてくれましたよ。
素人でも茄子は出来るようです。

園芸は楽しいです。
結婚したての頃は特にはまっていて、
毎週のようにホームセンターに行っては、
種や園芸材料を買い込んでいました。

板や角材をたくさん買って、
鉢を置く縁台も何台も作りました。
ただ古くなって処分するときは、
大変でした。

電動のこで短く切って、
半日がかりでごみ袋に詰め込んだのを、
思い出しました。

No.187 こんばんは 投稿者:あげまき   投稿日:2018年06月11日 (月) 21時34分

お料理されるのですね。早く帰った方が作るのは素敵ですね。^^
恥ずかしながら、(^^)は魚をさばけません。いつも切り身を買って来てしまいます。

ブランドのトマトは甘いのですね? 近所のフルーツ専門店でフルーツトマトを見つけました。そこはとても高価なお品物ばかりなので、いつも見るだけなんです。
これからの茄子は旬ですから美味しいですね。
園芸はお手入れも大変そうですけど、収穫のよろこびがあっていいな。定年後はぜひやりたいです。^^

トモヤンさんはDIYもされるのですね〜。
お料理も園芸もDIYもできる男性は素敵です。
気温が低かったり高かったりします。
うつは気圧の影響を受けますから、どうぞご自愛ください。

No.181 生きていくこと。 投稿者:管理人トモヤン    投稿日:2018年05月20日 (日) 12時25分 [返信]

毎日仕事に追いまくられるだけなら、
喜怒哀楽もなければ、
人生はつまらまいでしょう。

好きな人がいる人、
愛する人がいる人は、
幸せです。

希望だけでも、
勇気だけでも、
優しさだけでも、
そして、
ささやかな楽しみだけでも、
持てるとしたら、
人生はどんなに素晴らしいでしょう。

背負っている荷物は重くて、
誰も代わってはくれないけど、
もしかしたら、
生きていることは、
そんなに捨てたものではないのかも。

そんなことを思いながら、
一日一日、
生きています。

No.182 トモヤンさん 投稿者:あげまき   投稿日:2018年05月26日 (土) 20時11分

今晩は。
少し前に退院できました。心配かけてすみません。
昨年はとても元気でしたが、なかなか鬱はなおらないものですね。

愛する人がいること・・・しあわせですよね。
愛されるよりも愛すること。理解されるよりも理解すること。なぐさめられるよりもなぐさめること。絶望のあるところに希望を。悲しみのあるところに喜びを。自分をすてて初めて自分を見いだし、許してこそ許されること。むずかしいけれどそんな心でいたいと思います。

トモヤンさん つる薔薇は美しいですよね。実家のお隣さんのお庭には、つる薔薇が咲いてとても素敵です。モッコウバラの苗をいただいたとき、根つかなかったことがあります。薔薇はとてもむずかしいですね。


No.183 あげまきさん 投稿者:管理人トモヤン    投稿日:2018年06月06日 (水) 22時07分

退院されて2週間程ですか。
自宅生活はいかがでしょうか。

なかなかうつは治らない、
というのは誰しも何度も、
思うことですね。

治ったと喜んでると、
また調子が下がってしまう。

いつ治るんだろう、
と思っているうちは治らなくて、
このまま一生治らないと諦めて、
しょうがなく生きていると、
いつの間にか調子が上がってたりして。

本当に付き合いにくいです。

でも同じ生きていくのなら、
少しでも楽しまないと、
という思いで、
私はうつの真っただ中で旅行に行ったりしてました。

最も旅行という行動が出来た時点で、
どれほど楽しかったかは別として、
どん底ではなかったのでしょうね。
当時はどん底を這っていた、
という気持ちでしたが。

私が前の職場で植えたつる薔薇は、
本当に綺麗でした。
小さな苗でしたが、
1年後に大きな花を咲かせました。

剪定や雑草取りなど、
手間暇かけました。
剪定も最初のうちは何故この枝を切るのだろう、
と不思議でしたが、
慣れてくると何となく分かってきました。

我が家は高い両隣に囲まれているため、
日照時間が短く、
ほとんどの花は育ちません。
育つのはベゴニアなど、
ほんの数種類の花だけです。

そういえば、一時期、農園を借りていましたが、
自宅から遠くて遠くて。
日当たりの良い庭が欲しいですね。

No.184 こんばんは 投稿者:あげまき   投稿日:2018年06月08日 (金) 20時10分

トモヤンさん、入院生活にくらべて自宅はとても快適です。
入院中はバランスの良いお食事が取れていましたが、お料理の少し下手な(*^^*)は、三食のお料理が大変なのです。

つる薔薇を咲かせたトモヤンさんは、すごいです。
剪定をしなくてはいけなかったのですか?あらら。
どの枝を切るのかやっぱり難しそうです。

(*^^*)の住む家は環状線が近くて、ベランダガーデンでミニバラの苗を植えましたが、すぐに病気になってしまいました。かなりがっかりしました。
ミニトマトのアイコだけは元気に沢山の実をつけてくれましたょ。

杉浦太陽さんが野菜を育てている番組を見るたびに、お庭があればなぁと思ってしまいます。
音大の友達の嫁ぎ先が農家なのですが、
野菜は買った事がないそうです。
いまはトマトが豊作みたいで、
毎日のようにお姑さんからどっさりもらうそうで、
飽きて困っていると言っていました。
何ともうらやましい話ですよね。
とれたての新鮮野菜が一年中食べられるなんて!

ベゴニアもお手入れが大変だと聞いたことがあります。トモヤンさんは園芸が本当にお好きなんですね。^^



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板