無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

情報を貼るための掲示板

レスがつかないことがデフォの気持ちで
自分が面白いと思ったニュースやら知識やらを投稿しましょう〜
朝起きて歯を磨く程度の感覚でヨロ。
気がついたら変な知識の貯蔵庫になってたら素敵ですな。

トップページへ

フリートークへ

名前
本文
削除キー (optional) Cookie


こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

フジがプライドを切った、真相。
ムラヤマ
本文コピペって言われたからするけど「無断転用」でいじめられないか心配…

ttp://genron.9.dtiblog.com/blog-entry-93.html

フジテレビがPRIDEの放送中止を発表した。広報部によれば「契約先の株式会社ドリームステージエンターテインメント(DSE)による契約違反が判明致した」として、契約解除だけでなく今後もイベント関与をしない異例の厳しい決断を下した。しかも、4日に行なわれた「PRIDE武士道」の放映を10日に予定しており、その前振り番組も流れたばかりだった。
タイミング的には例の暴力団との密接な関係が大きく報道されたばかりで、PRIDE主催のDSE側が提訴する意向を表明、この件にまつわる事が原因であるのは間違いないが、表向きの理由は「契約違反」として「放送を継続することが不適切な事象が、イベント会社内であった」となっている。当のDSEが「確認中」と理由を把握してない振りをしているのもキナ臭いが、今日時点で私が関係者を取材して分かったのは他局との水面下交渉があった模様。なぜ他局との交渉があったのか、それは前出の裁判沙汰とつながってくるのだが、暴力団問題が浮上するきっかけにもなった「猪木祭」でのトラブルでも同様のことが背景にあった。フジで放映予定だった「猪木祭」が結局、日テレとの天秤にかけられ、あげく共同開催するはずだったDSEが土壇場で外される裏切り行為に遭って暴力団を交えた脅迫事件に発展したもの。
結局、これは金になる格闘技イベントの過当競争が暴力団の格好の金儲けの舞台になり、そこにテレビ側が深く食い込まれてしまって格闘技イベントの主催側さえもコントロールが効かなくなっていたのではないかという図式が見えてくる。
ポイントは「武士道」大会終了の直後に発表されていること。私は数ヶ月も前にフジがPRIDEを切るらしいことを耳にしていたし、少なくとも4月末の時点でそれはほぼ確定していたはずだった。なのに、それが5月4日の大会直後というギリギリに発表されたということは……勘のいい人は察してください。PRIDEを裏で操っていた人間がいまやライバルのK−1側に付いているのも偶然ではないはず。この件でカギを握るのはズバリ、フジの清原邦夫プロデューサー。この件はさらに取材を進め、近日、某月刊誌で書く予定…ですが、その前後で決定的な事が起きてしまうかもしれない。


ttp://www.mp3-hollywood.com/showbiz/2006/battle.shtml

[格闘技界の闇] 暴力団がやってきた
 2003年大晦日の格闘技イベント「イノキボンバエ(猪木祭)」に出場したエメリヤーエンコ・ヒョードルの引き抜きをめぐり、山口組系暴力団S氏らが主催元「ケイ・コンフィデンス」の川又誠也社長を脅迫した容疑で逮捕。一時は東京湾の底とも囁かれた川又は、身の危険を感じて未だ海外暮らし。「週刊現代」で衝撃の告白をする。「日本に帰ったら私は殺される」
 2003年末、日本テレビが「イノキボンバイエ」、TBSが「K-1ダイナマイト」、フジテレビが「PRIDE男祭り」を放映し、NHKの「紅白歌合戦」に対抗すべき格闘技界の“電波ジャック”となった。視聴率は、「ボブ・サップ vs 曙」のメインカードを掲げたK-1が19.5%で大勝利。猪木祭は5.1%の大惨敗に終わる。

 当初はK-1を窓口としたTBSの猪木祭に一本化されていたが、K-1主宰の石井和義が脱税で逮捕され、ボス不在のK-1利権に裏の仕切りモノが入り乱れたのである。石井が逮捕される1ヵ月前には、PRIDEを運営するDSE(ドリームステージエンターテインメント)の社長だった森下直人が亡くなる事件が起きていた。

 石井が収監中、川又はK-1の谷川貞治プロデューサーら作家集団「ローデス」に対抗、K-1のNo.2だった今井賢一と結託し、ケイ・コンフィデンスを設立。K-1からミルコ・クロコップを引き抜き、石井が保釈される直前にPRIDEと共同開催することに合意。彼らの動きについて、石井は後に月刊誌「文藝春秋」でこう語っている。「いったん引き下がって、様子を見ることにしました。すると、今度は向こう側で仲間割れがはじまったのです」

PRIDEはヤクザだらけ

 案の定、川又は3年8億円で日本テレビと契約し、これにPRIDE側が反対した。それも、アントニオ猪木の“後見人”でケイダッシュの川村龍夫会長による意向が働き、これでは日テレが放映した川村プロデュース「LEGEND」の再現となってしまう。こうなると、“PRIDEの怪人”こと百瀬博教の顔が立たない。そこで、ミルコに出場を辞退させると、今度はPRIDE王者のヒョードルを引き抜いてきたのである。

 これに激怒したDSEの榊原信行社長は、暴力団を引き連れて川又を脅迫。元暴力団にしてK-1の“暴力団対策要員”として雇われた川又だが、業界ではPRIDEの“経営母体”で知られる山口組系幹部やPRIDEの実質的オーナーとされる企業舎弟のI氏には降参。「PRIDEは実質ウチがやってるんや。ワシらが表に出ると不都合があるから、榊原に任せてるんや。それを何や!選手を横取りしやがって」

 その日、川又は記者会見に1時間遅れ。そこに猪木の姿はなく、なんでも「アマゾネスのような女に監禁された」という。一説には、“PRIDEの女帝”と呼ばれる内田統子ではないかと言われ、「LEGEND」に出場させたPRIDEのアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラを猪木祭でも引き抜こうとしていた。それも、彼女の背後には川村会長がいるからである。

 川又が批判していた「PRIDEはヤクザだらけ」のごとく、年が明けても暴力団の脅迫は止まらない。川又は前述のS氏ら暴力団に「2億円払え!」などと脅迫される。結局、逮捕されたS氏らは処分保留で釈放となり、逮捕されるはずだったI氏には海外へ逃げられてしまった。「I氏や榊原社長に捜査が伸びないのは納得いきません。自分たちは手を汚さず、すべてを私に押しつけて紳士面するテレビ局も許せない」(川又)

[62] 2006年06月15日 (木) 20時54分
身内しか見てないから大丈夫だろう。>無断転用

なんか、プライド中止って聞いてたけど、暴力団がらみだったんだなぁ。
 芸能界はいまだにそんな感じなんですな。
[63] 2006年06月15日 (木) 22時01分
追加記事。リンク先の一番下の写真は、戻ることの無いプライドの哀愁をかもし出している。
ttp://www.tanteifile.com/diary/2006/06/10_01/index.html

PRIDEと暴力団と

昨日の記事にもあるように、PRIDEがフジテレビから締め出されてしまったことは記憶に新しい。

(ポスター写真)
本来放映されるはずだった

週刊現代の記事が発端になって始った、この格闘技界の黒い噂だが・・・一体、フジ側は一体本当はどんな内容で締め出しを決定したのだろうか。

格闘技界に深く関わっている関係者A氏は、探偵ファイルの取材にこう語った。

A氏「結論から言うと、週刊現代の記事が本当ならPRIDEに付いていたスポンサーが全員離れると、一致団結してフジに言ったんです。総会も起きたとか。釈明しても結果的に離れて行ってしまったのだから、黒い噂どころか、真実だったんだと皆言っていますよ」

更に、A氏は公開された無差別級のマッチメイクについても、こう語る。

A氏「スカパーで放映すればいいとか、そういう問題よりも、スポンサーが離れているのに選手のギャラ払えるんですかね?やらないことになる可能性の方が高いですよ」

ファンからしてみれば残念、無念というところだが、これが実情だとか。

また、PRIDEと暴力団の関係だが・・・今に始ったことではなく、こうした話もあることを付け加えておこう。

ファイトマネーの話になるが、ブラジル勢にはこんな違いがある。勿論、マフィアが仕切っているのだが、シウバが年間20億円の契約金をDSEと交わしているが、「ショーグン」「ニンジャ」などは100万円以下のファイトマネーしか貰っていない。

シュートボクセの場合、選手には殆ど金を渡さず、中にはブラジルからの渡航費も選手に自腹を切らせているという話がある。ブラジルの貧困生活から脱出したい選手は藁にもすがる気持ちで頑張っているのに報われないファイターの姿が・・・。

その一方で、「ホドリゴ・ホジョリゴ」ノゲイラ(双子の兄弟)のファイトマネーは、1試合約4000万円。ブラジリアントップチームは結構良心的で、各ファイターは割りと優雅な生活をしている。

日本人選手として比べてみると、ライト級王者五味が400万円で相手のグ ー選手が2000万円。ヤクザが仕切ると勝敗なんか関係なくお客の呼べる宣伝効果の高いネームバリューに金は流れる。命をかけて戦っている男達と別なところで動いているのだ。

ヒョードルは1試合500万円。残りはロシアンマフィアが持って行く。PRIDE絶対王者が他の人気選手以下しかギャラを貰っていないという実情をどう思われるだろうか。

あれだけ金が動いても故郷のロシアではろくな練習道具が無く、良くない環境で練習している場面が選手紹介でVTRで流れている。ヒョードルとノゲイラのVTRを見比べるといい。同じファイターなのにこの待遇の違いはと首を傾げることだろう。

(シウバの練習写真)
シウバの場合、近代的設備にてトレーニングが出来る

上記に記した問題がなぜ起きるかと言うと、PRIDEに選手を入れるプロモーターが4人しか存在しておらず、またその4人が暴力団関係者であるが故、他のプロモーターはこの4人の誰かに頼らざるを得なくなり、結局 暴力団の利益の為に選手が食い潰されていくのが現在の状況である。

そして、本当に世界で1番強いファイターは呼ばれない。
「ジャングル・ファイト」と言うアントニオ猪木主催のバーリ・トゥードのイベントがブラジルであるのを御存知だろうか?

このファイトにはブラジルで本当に強いファイターばかりが呼ばれファイトしているのだが、「PRIDE・HERO‘S」は日本の暴力団と外国マフィア子飼いの選手を出して人気の利権を取っている為、外国マフィアや日本の暴力団に関係のない強力な選手は呼ばれない。

中量級・重量級と良い勝負が出来るファイターはブラジルやアメリカには沢山いる。大衆は、暴力団・外国マフィアの金で動いていたメディア(フジテレビなど)に躍らせられているのである。

締め括りとして、ネットに流れている、この一連の騒ぎの中で実に有名になった映像を貼り付けておこう。

(全身紋紋の人たちによる楽しい宴[資金集め会]に出席するプライド責任者)
どう解釈されるかは、皆さんにお任せするとして。

ホドリゴ
[66] 2006年06月17日 (土) 10時28分
ムラヤマ
[格闘技界の闇] PRIDE放映中止で仁義なき抗争へ
 先月、フジテレビがPRIDEの放映中止を発表し、格闘技界に火花が散っている。PRIDEのエースだった桜庭和志がK-1主催の総合格闘技「HERO'S」に移籍する一方、K-1のボブ・サップが契約解除する事態に。さらに、猪木祭なるイベント「INOKI GENOME」の決勝戦を大晦日にブツけるなど、再び仁義なき抗争となりそうな予感である。
 PRIDEの放映中止は、フジの日枝久会長らによるトップダウンで決定し、PRIDEの番組を仕切っていた清原邦夫チーフプロデューサーですら知らされなかった。それも、PRIDEの道場開きが行われた数時間後のこと。前日は「PRIDE武士道」のイベントが行われ、放映も決まっていたのである。

 それというのも、暴力団との関係を追及した「週刊現代」の記事にあり、中止が事前に漏れれば暴力団が強硬手段となり、死者が出る可能性もあったというのだ。そう、PRIDEを運営するDSE(ドリームステージエンターテインメント)の森下直人前社長が亡くなったように。DSEの榊原信行社長は「週刊現代」の記事を否定。一部では、K-1によるPRIDE潰しの陰謀説もあるとか。

 TBSは大晦日に「レコード大賞」を追い出し、亀田興毅の世界王座決定戦とK-1の2本立てを計画。しかし、ボクシング界が煙たく思うK-1とブッキングすることは可能か?むしろ亀田と組めるのはDSE主催の「ハッスル」で、スポンサーがパチンコメーカー「京楽」という共通点がある。そうなるとフジが再び息を吹き返すだろう。そこに猪木祭が割って入るとどうなるかである。

暴力団の腐れ縁

 そこで、「イノキボンバエ2003」を主催した川又誠也が「週刊現代」で告発した暴力団を解き明かそう。PRIDEの“経営母体”で一心同体と言われた山口組系幹部X組は山健組の太田興業。現在は太田守正組長が六代目山口組の若中に昇格し、直参の「太田会」に改称。同じく、川又を脅した容疑で逮捕されたP組とは後藤組の良知組。良知政志組長は後藤組若頭で、後藤忠政組長につぐ後藤組No.2である。

 先々月は後藤組長が逮捕され、PRIDEばかりかライブドア事件の本丸は「後藤組壊滅作戦」とさえ思えてくる。また、山健組出身の渡辺芳則五代目が引退に追い込まれ、山口組で優位となるのは司忍六代目の出身である弘道会ということになる。「これは警察と弘道会の間をつなぐ組織が存在するからだ」(関東のフロント企業社長)

 そして、PRIDEの実質的オーナーとされる企業舎弟I氏は、PRIDE初期の母体「KRS(格闘技レボリューション・スピリッツ)」の会長だった石坂徳州。本名は「金徳州」という在日で、現在は韓国に逃亡中。夫人の姉が広域暴力団組長の未亡人という後ろ盾が存在し、Gacktが所属する芸能事務所「ミュージアム・ミュージアム」のオーナーも務める。Gacktは「週刊現代」でPRIDEの要人と報じられ、関係をもった女性には「性の生け贄」とも告発された。

 いずれにせよ、暴力団の占める割合が許容範囲を超えてしまったというのか?ライブドアがダイナシティやジャックスホールディングスなど、暴力団のフロント企業とされる「S案件」の買収を露骨に発表したように、闇社会が表に流出し始めたというわけである。元「実話時代ブル」編集長の鈴木智彦は、「週刊現代」が格闘技界と暴力団の腐れ縁を言うなら「グラビアに登場するタレントも使うことが難しくなる」という。

[格闘技界の闇] 暴力団がやってきた


http://www.mp3-hollywood.com/showbiz/2006/battle2.shtml
[73] 2006年07月23日 (日) 11時40分



Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板