無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

黄昏流儀 作品修練場(掲示板)

ここではほぼ自由に作品を投稿し、来場者の評価を二者択一形式で募集することができます。
あわせて評価文も頂戴できます。過去の作品、正式発表作品も含めて、修練の場としてご利用ください。

ホームページへ戻る

修練場に集いし作品たち
名前
タイトル
メッセージ
要素1
要素2
  削除キー 項目の保存

クローン

「博士、ついに出来ましたね。クローン人間が」
「そうとも、このまま速成培養すれば、1ヶ月すればもう一人の私が現れる。するとこの研究も加速すると言うものだ」
「本当にすごいですよ。後は機密と違法な行為を少しでも隠蔽して、機が熟するのを待つだけですね」
「そうだな・・・機密を守らねばならんなぁ。そうなると・・・」
「は、博士! 何で私を見るんですか・・・ああっ!」
「悪く思わないでくれたまえ。君がいなくとも、もう一人の私がいる限り、この秘密は私と私のクローンで一生守って・・・うっ!」

「悪く思わないでくださいよ、博士。こういうこともあろうかと、助手は助手なりにクローンを作っておいたわけです。さっき葬ろうとしたのは私のクローンですよ。まあ、後はこの研究データをすべて私のものにさせていただきます・・・あしからず」

投票 おもしろかった  (201)
投票 おもしろくなかった  (228)
(13/たそがれイリー/04/15(Sun) 08:04)

救命病棟異常あり

「患者は?」
「両足を負傷しています。出血が激しくて、輸血が必要だと思います」
「で、一緒に担ぎ込まれた、こちらの女性は?」
「この男性患者の妻です。一緒に搬送されました」
「それにしても…どうやったら、両足にこんなケガをするんだ…それも、夫婦そろって同じ箇所だ」
「かじられたそうです」
「??」
「息子と娘に、スネをかじられたそうです。もう痛みに耐えられないと」

投票 おもしろい  (215)
投票 おもしろくない  (174)
(12/たそがれイリー/03/16(Fri) 23:52)

フリーペーパー

「今はちょうど、サービス期間でしてね」
「サービス期間?」
「ええ、このフリーペーパー、こちらに割引券があるじゃないですか。それをご利用いただいたら・・・」
 差し出されたフリーペーパーの一部分を見つめ、目を輝かせる女性。その勢いにおされ、半ば強制的に同意している男性。
 その様子を見て、あえて表情を変えないでいようとする女性医師。

 それから10ヵ月後。
「先生、ちょっと苦しかったけど、案外やろうとすれば、何とかなるもんですね」
「山本さん、これからがまた大変なんですよ・・・で、これを」
「なんです?このフリーペーパー」
 差し出されたフリーペーパーの一部分を見つめ、目を輝かせる女性。その勢いにおされ、半ば強制的に同意している男性。
 その様子を見て、あえて表情を変えないでいようとする女性医師。
「これから、3歳児検診までの医療費が割引になるんですよ・・・おまけに、奥様の検診費用も全部無料になるクーポン券なんですよ・・・」
 女性医師の言葉に、母となった女性は即答した。
「この券、使わせてもらいます!」

 この調子で、この女性が生んだ愛娘が、母親を老人ホームに入所させる際、割引入所券まで行使したことは言うまでもない。

投票 おもしろかった  (150)
投票 おもしろくなかった  (115)
(11/たそがれイリー/02/16(Fri) 07:36)

品質管理

「ちょっと、おたくの菓子パンに金属片が入ってましたわよ!」
「もうしわけありません・・・では、早速お詫びのお品をお送りしますので、取り急ぎご住所を・・・」

「ふう。やっぱり主婦はしつこいな。買った以上の賠償じゃないけど、とにかくがめつい」
「課長、それにしても・・・最近はこういうの、なんだか多くありませんか・・・もう一度、工場全体のチェック、行なった方がいいと思いますが」
「まあいいじゃないか。金属片の件は、保健所の査察次第だろうな・・・まあ、あいつらのことだ、今日チェックを入れているが、文書指導ぐらいで済ませてくれれば・・・」
「それなら課長、先ほどお帰りになられましたよ。機械のメンテナンスを確実にするようにと、後日文書訓告されるようにおっしゃってました。だから私は・・・」
「ああわかった。とりあえず、この話は終わりだ」
「課長!」
「いいんだよ!あれはバレたとしても、これとそれがバレてなければ、いいんだよ!」

投票 おもしろかった  (113)
投票 おもしろくなかった  (115)
(9/たそがれイリー/01/28(Sun) 20:34)

ポータビリティ

「番号そのままでお移りいただけますよ!」
「あの・・・ほんとに?」
「嘘は言いませんって。いまなら0円です!」
「ぜ、0円!」
「番号どころか、あなたが今おつかいのデータ、すべてそろってお移りいただければ、0円です!」
「・・・移動しちゃおうかなぁ・・・いや、移動するよ!」
「では、こちらにサインを」

 こうして1人のスパイが、暗号書ともどもCIAに移籍したことは、誰も知らない。

投票 おもしろかった  (125)
投票 おもしろくなかった  (129)
(8/たそがれイリー/01/24(Wed) 20:21)

高嶺の花

「それにしても山本君、よく総務部のアイドルをモノにできたね。いったいどんなテクニックを使ったんだい」
「テクニックって・・・そんな大それたことはしてませんよ」
「それでも、大学時代にミスコンを席巻した彼女だぞ。引く手あまたじゃないか・・・そんな彼女に、結婚まで快諾させるには相当苦労したんじゃないのかね」
「苦労って言うか・・・プレゼントですよ」
「プレゼント?」
「まあ、どこのカップルもやってることでしょうけど・・・あの子の場合は、ちょっと高価だったってことですかね。明日は彼女の欲しがってた1000台限定の車が届くんです。そんな感じで・・・」
「なるほど・・・確かに、高値の花だねぇ・・・」

投票 おもしろかった  (114)
投票 おもしろくなかった  (126)
(7/たそがれイリー/01/20(Sat) 23:17)

永遠の願い

「そなたの願いを聞いて進ぜよう」
 神は眼前で祈り続ける女性に語った。
 女はゆっくりと顔を上げ、己の願いを語った。
「永遠の若さが欲しいのです。欲張りな私をお許し下さい」

 神はしばし黙考した。
 そして、何かを悟り、次のように言った。
「永遠の若さを与えてやることはできる。しかし、そのためにはお前は義務を背負わねばならぬ」
「義務・・・ですか」
「そうだ。永遠の若さを背負うからには、お前がその若さを使い、この国の国民すべてに愛される存在であり続けなければならない。それがおぬしに、できるかな」
「やります。このまま老化し、朽ち果てていくのはイヤです」
 女は即答した。
 その言葉を聞き、神はもっていた木の杖を振りかざし、女の眼前に差し向けた。
「この女に、永遠の若さを!」

 女は目が覚めた。
 女の目の前には、週末の茶の間らしき光景が広がっている。
 そして、自分を見つめる無数の目。老人も、子どもも、あらゆる世代が自分を見つめていた。

 ”願いは叶えた。さっそく、義務を果たすのじゃ”
 女の頭の中に、神の声がこだました。
 女は訴えた。早速義務をと言われても、何をすればいいのでしょう?と。
 ”最初じゃからの。1回だけ教えて進ぜよう。目の前でお前を見つめている、多くの民に、これからわしが言う言葉を、明るい笑顔と共に伝えるのじゃ”
 して、どんな言葉で?
 女は神に問うた。

 ”サザエでございます!”
 神は裏声で女らしく叫んだ。

投票 おもしろかった  (109)
投票 おもしろくなかった  (130)
(6/たそがれイリー/01/16(Tue) 17:26)

溺愛

「なぜうちの和馬ちゃんが踏み切りなんかで事故に・・・いや、これは事件ですわ!」
「お母さん、落ち着いてください」
「いいえ!うちの和馬ちゃんには踏み切りに行かないように仕付けてあります。それに、今日は道哉くんの家に行くって・・・道哉くんの家なら、踏み切りを通る必要なんてありませんもの!」
「なるほど・・・ちなみに和馬ちゃん、おいくつですか?」
「この前5歳になったばかりですの。好奇心旺盛になってきまして、将来が楽しみでしたの」
「好奇心旺盛・・・例えば?」
「最近はプラレールがお気に入りでしてね・・・今度の夏は新幹線に乗ろうって言ってたのに」
「そうですか・・・」
「おまわりさん、それが何か?和馬ちゃんの件とは無関係ですわ!」
「いえね・・・私にも息子がいまして、電車が好きでした・・・行くなといっても踏み切りに行きましてね・・・後は奥さんと同じです」

投票 結末に納得できた  (110)
投票 結末に納得できなかった  (133)
(5/たそがれイリー/12/28(Thu) 14:45)

世界最強の大統領

波野イクラ。
 近隣の軍事大国の圧力に対抗し、この日本を未曾有の危機から救うべく選ばれた、新世紀の大統領。
 そして今日も、大統領イクラは戦うのだ。
 自身の名誉のため、そして日本国民のために!

「ミサイルの発射が確認されました」
「バーブー」
「大臣、制裁措置を具体的に検討せよ、とのことです」
「・・・」
「そして、早く原稿をまとめ、声明文として発表できるようにしろとも言われています。」
「では、今新潟港にいるあの国の貨客船はどうしましょう」
「ハーイー」
「人道的配慮で、旅客だけ下ろしてやれとのことです」
「・・・」
「ブー」
「それ以降、あの船の入港を半年間禁止しろとも言われています」
「わかりました、大統領。仰せの通りにいたします」
「だそうです。大臣にお任せして、よろしいですね」
「ハーイー」

 大統領イクラ。
 彼の職務を忠実にこなし、そしてその命令を簡潔に伝えられるのは、内閣官房長官、フグ田タラオしかいない。

投票 おもしろかった  (82)
投票 おもしろくなかった  (73)
(4/たそがれイリー/12/28(Thu) 14:42)

Sorry・・・

今日もオカンと喧嘩した。

 バイトばっかり行って。
 単位はちゃんと取れてるの。
 来年は就活でしょ。
 その前に。
 あんた、将来ちゃんと考えてるの?

 わかってるよ。
 わかんないから、もがいてるんじゃん。
 そうだよ、もがいてるんだよ。
 もがいてるって、わかってよ。
 それもわかんないのに、怒るだけ。
 そんなの、親じゃなくだって、誰でも出来るじゃん。
 
 でも、謝らないと。
 なんだか、気分が悪い。
 今日一日、こんな気持ちでいるの、イヤだよ。

 謝り方。
 誰か教えてよ。
 単位よりも、就職よりも、夢よりも。
 謝り方、誰か教えてよ。

 ん?
 なによ。
 列車遅れてるの? マジで?
 今日のエロ教授の講義、出ないと単位ヤバイのに!
 何のための列車だよ! バカ!
 ここからどうやって、大学行けばいいんだよ!
 
 『ご迷惑をおかけいたしますが、復旧に全力を挙げておりますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます』

 達筆だね。
 駅長さんが、本当に書いてるのかな。
 それとも、別の駅員?
 どっちにせよ、すっごく上手な字。
 上手って言うか、思いがこもってるよね…

 そっか。
 そういうことなんだね。
 わかったよ。何かが。少しだけど。

 遅れてもいいや。
 遅れは、取り戻せるよね。
 それ以上に、取り戻せないものがあるんだから。

 達筆じゃないけど、今日は書いてみよう。
 引き出しの中に、便箋があったと思うから。
 まだ、間に合うよね。
 きっと。

投票 感動した  (78)
投票 感動できない  (78)
(3/たそがれイリー/12/17(Sun) 19:48)


Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板