【平日でもチャンスはある!Lenovo週末限定クーポンThinkPadを買おう!

作詞投稿コーナー

誹謗中傷やサイトの批判は削除させて頂きます。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
指名/フリー
本文
文字色
文字色
個人用削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.3824  投稿者:ふうたろー   投稿日:2022年06月05日 (日) 06時22分 [返信]

Free


yの真天

生まれた愛は 永遠だから
すべて抱きとめ 生きていくのさ

つなぎあわせた 言葉たちだけど
死なすことなど できはしないんだ

希(のぞむ)力を燃やしはじめる
0(ゼロ)のこころにそっと1をくべ

凍えた世界と 錯覚していた
xの炎 気づかぬほどに


横にした鍵 インフィニティを
命の祈りが 縦に開いた

ラストナンバー 誰しも神妙
始まっている テイクの奏で

希(のぞむ)力に応えた耳元
0のテンポに星のささやき

覆いの地上に 幕は引かれた
yの真天(まそら)を 君も見上げて

font>
No.3831  投稿者:ふうたろー   投稿日:2022年06月07日 (火) 13時34分

どうもです。



萩原さん。またよろしくですー(^.^)

No.3830 ありがとうございました。 投稿者:萩原たかし   投稿日:2022年06月07日 (火) 09時46分



ふうたろーさん 丁寧なRESありがとうございました。

No.3829 おつかれさまです。よろしくお願いします。 投稿者:ふうたろー   投稿日:2022年06月06日 (月) 13時55分



杉江さんへ


X軸、Y軸、二次元関数ですね。Zまでだと三次元関数ではないでしょうか。詳しくは調べないと応えに時間がかかります。すみません。

Xは横(心の0・原点から)、大地(地下の地球の核まで)Yは縦(心の0から力、テンションなど)、大気中、天空その辺のイメージで書きました。

あとは、矛盾点がなければ言い訳のような説明はできると思います。

ですが、個々の歌詞の捉え方に委ねたいとは思います。

このような抽象的な(実は具体的な)歌詞に明確な「正しい」という答えはなくてよいのではないでしょうか(=゚ω゚)ノ



萩原さんへ

萩原さん、どうもです(´ω`)

僕は文章、短歌、川柳、詩(ポエム)、書、絵画、漫画、などの芸術分野での創作は幅広くと、思っておりますが、やはり音楽と文章にどうしても傾倒気味になってしまいます。

僕は、名刺の肩書に「総合芸術家 革命家 易者」と一応記しておいてあるのですが、Twitterを発表の場の主軸にしていることが多いですね。

ということで、最近の作詞についてですが、現代はネット社会で、SNSの情報発信で世界が動いているといっても過言ではないくらいになってきていると思っていて、毎日のように情報収集しては、世界の流れを自分なりに捉え、メッセージで舵をきり、バランスをとる、ということをしてるつもりです。

ですので、そんな日常の中で自ずと「今、このタイミングでこの歌詞が必要だろう」ということを体で感じて作詞をしています。

更に細かい留意している点をいうと、今まで創作した歌詞や触れてきた楽曲で使われたフレーズや意味、メッセージをなるべく重複させないように氣をつけているということですかね。

そうはいっても、大概にして根底は「愛」に結びつくのは、皆さんも思っているところなのではないでしょうか。

テクニック的なことに関しては、歌詞を詠んで美しく(リズムよく)感じるフレーズを弾き出す感性を磨くことが、まず大切なのではないかと思います。

それは、例えば、朝起きて目を開ける。そこからスタートして、何故、目を開けたんだろう?と考えてみるのです。悪夢?陽射し?物音?それでは氣づきとしては浅いと思われます。
「上瞼と下瞼が別れたかったのでは?」ですとか、思惟してみるのはどうでしょう。

上辺だけのメッキのテクニックでは、ごまかせないテクニックを探求していくのもいいかもしれません。

ではでは、長文、乱文、失礼いたします(*´Д`)

No.3828 小生にも教えてください。 投稿者:萩原たかし   投稿日:2022年06月06日 (月) 10時40分



ふうたろーさんはじめまして・・・だと思いますが。

我が国の演歌・歌謡曲の歴史は明治以降流行歌と云った時代から誰にでもかりやすく理解できることを常識としてきたと思います。が
一歩前進して新しいスタイルの作詞作法がないものかと小生いつも考えています。

そういう意味で当作品「yの真天」と云うタイトルから始まって歌詞としては大変に斬新的・挑戦的と云っていいかと思います。
純文学としての現代詩の世界に近い表現が多々見受けられますがそのあたりを意識されておられるのでしょうか?
言い方を変えれば従来の演歌・歌謡曲の世界ではあまり例のない難解なフレーズの数々。
しかし今後の作詞世界のひとつの行き方を提案しているようにも思えるのです。

参考までにふうたろーさんの作詞に関する考え方の一端でも教えていただけるとありがたいのですが・・・。

No.3827 教えてください 投稿者:杉江香代子   投稿日:2022年06月06日 (月) 08時41分



ふうたろーさん、こんにちは^^V。
教えて頂きたいのですが、「X]と「Y]のここで含む意味。漠然となのか?深い意味が有るのか?教えて頂けますでしょうか。
特別な意味が無ければ「X]「Y]ときたら最後のサビで「Z]を持ってきて落ち着かせるかな?と思ったものですから。

No.3826 田浦さん、どうもです。 投稿者:ふうたろう   投稿日:2022年06月05日 (日) 11時58分



先日は、田浦さんに初コメント、だったと思います、それなのに、絵文字ひと文字で返信してしまい申し訳ありませんでした。

フィリピンでは、どんな音楽が主に盛んなのか、どんな音楽を好んでたしなんでいらっしゃるのか、まだ調べておりませんが、ベニーさんも日本語の可能性といいますか、日本の音楽家への挑戦だったのかもしれません。

わたしの配信している音楽は、アメリカ、フランス、イギリス、中国、オーストラリアや、世界各国、驚いたのは南アフリカからもアクセス履歴があったということでした。

これは自慢になってしまうとは思いますが、「生ギター一本で世界をぶっとばした男」という声も聞こえてきたりします。

田浦さん、テンションがあがるコメントありがとうございます。

あまり上がると入院になってしまいますので自制するように気をつけます。

この「yの真天」は、どなたでも気軽に曲をつけてくれたらと思います。もちろん曲はひとつにしぼらなくてもよいのではないでしょうか。

ではでは、コメントありがとうございます(*´Д`)

No.3825 ふうたろーさん、初めまして。 投稿者:田浦 賢   投稿日:2022年06月05日 (日) 11時05分



あなたの作品を読み込むだけの力量が私にはありませんので、とりとめの無い独り言にしかなりませんが、何か書かずにはいられないよねという気持ちになりました。

何年か前にマニラ在住の友人の友人であるベニー、サトルノさんというフィリピンでも3本の指に入る作曲家の方と会いました。なぜか意気投合して私どもが詞を書いてることを知ると、俺の曲をあげるからと作品にしてみろと素敵な曲をもらいました。
映画音楽のような素晴らしい曲でした。 素晴らしさは感じるのですが、詞を付けるとなると、手が出ず代表はじめ何人かとトライしたのですが惨敗。 そのときのこととダブっています。

読ませていただいた感覚は<いいねぇ>、<ほんとにいいねぇ>なのですが、それ以上の言葉が出てこないもどかしさがあります。 人の心に響くものを作りたいと思っている私たちにも自分の足下を見なければと思わせてくれる作品かと思います。

どなたか作曲家の先生方、お手をあげてくれませんか?




Number
Pass

レンタカーの回送ドライバー
無料で掲示板を作ろう
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板