無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする



作詞投稿コーナー

誹謗中傷やサイトの批判は削除させて頂きます。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
指名/フリー
本文
文字色
文字色
個人用削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.2437 慟哭の月 投稿者:cat kicho   投稿日:2020年10月05日 (月) 13時13分 [返信]



慟哭の月〜滋氏に送る

作詞:小池 蓮 補作詞:杉江香代子

わが娘(こ)背負って 見た月が
今も変わらず 空に有る
紅いほっぺで 指す指先(ゆび)に
明るい未来が 光ってた
あゝ (あゝ)
眺めているね 平壌で

わが娘想って 浜に立ち
闇の怒涛に 君を呼ぶ
海が隔てた 三十年(さんじゅうねん)
涙も千切れて 波になる
あゝ (あゝ)
夫婦で仰ぐ イエス様

わが娘(こ)平壌 月蒼く
母は見ている 手を合わせ
いつか会える日 待ちながら
もう一度抱きたい この胸に
あゝ (あゝ)
セピアな時間(とき)と 夢の中

font>
No.2439 素晴らしい歌になりましたね 投稿者:杉江香代子   投稿日:2020年10月05日 (月) 19時18分



ただ今、橘さんの歌を聴いてきました。本当に素晴らしい作品になりました。何度も、何度も聴きかえしながら、お手伝いさせて頂いた「詩」に満足をしております。親の気持ちを少し強く前面に出させていただき、子供の可愛さに「赤いほっぺ」と言うフレーズで表現し、女の子の可愛さや親の願いを表させて頂き、星を希望の未来の光とイメージさせました。涙が千切れて波になる…セピアな時間(とき)と夢の中…女性的な綺麗な表現を持ってきて、テーマの重さを和らげました^^V
いつもは漠然とした、考え方などのアドバイスをするのですが、小池さんに於きましては私のフレーズを直接組込まさせて頂き、ただただ小池さんの意図とされている「テーマ」に合わせて絞り込みました。

題ですが「慟哭の月〜平壌の娘へ」とされてはどうでしょうか?滋氏に限定せず、少し幅を持たせた方が一般人のイメージが広がり、親の愛情がテーマの「温かく、柔らかい曲」に感じられる様に思います。ご提案させて頂きます。

No.2438 感激してます 投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2020年10月05日 (月) 15時15分



橘さん、聴かせていただきました。
慟哭の月〜滋氏に送る・・・胸に沁みる歌詞・メロ・歌。
難しい題材に小池さんの思い。杉江さんのアドバイスが活きて、
切々とした横田さんご夫妻のお気持ちが伝わります。
素晴らしい推敲です!




Number
Pass




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板