無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする



作詞投稿コーナー

誹謗中傷やサイトの批判は削除させて頂きます。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
指名/フリー
本文
文字色
文字色
個人用削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.2286 あなたとの街・野菊の恋 投稿者:谷 耕一   投稿日:2020年06月08日 (月) 23時31分 [返信]

フリー


( あなたとの街、)

雨に濡れてる      春雨橋で
思いがつのる      忍び逢い
運命(かぜ)にちぎれた おんなの夢を
紡ぎ合わせる      二人して
 あ あ 松戸の街はあなたとの街

肩を抱かれて      平潟小路
指切り交わす      ひみつ宿
恥ずかしいけど     初めてでした
朧夜明けに       涙する
 あ あ 松戸の街は忘れない街

霧にかすんだ      坂川通り
水面に浮かぶ      母のかお
強く生きろと      聞こえたような
そんな気がする     この径は
 あ あ 松戸の街はあなたとの街




  ( 野菊の恋、)

初めて恋した      ひとなのに
世間の噂に       隔てられ
野菊はさみしく     泣いている
矢切の里は       江戸川の
無情な岸辺に      咲いていた

運命に流され      嫁がれて
今際の時にも      会えぬまま
矢切の空へと      逝きました
民さん偲び       訪ねても
涙でぼやける      渡し舟

あれからどうして    居るのやら
筑波の北風       囁いて
野菊の姿を       見たと云う
なんの変わりも     ないように
今年も同じに      咲くと云う

font>
No.2316  投稿者:谷    耕  一   投稿日:2020年06月13日 (土) 15時44分



萩原先生初めましてコメントありがとうございます。返信
が遅れまして申し訳ありません。私は松戸の矢切の渡し迄
車で20分位所に住んでいます。伊藤左千夫の短編小説の
野菊の墓を歌謡詞にしてみました。駄作ばかりです。今は
行きずまっております、また投稿致します、宜しくお願い致します。  谷  耕一


No.2315  投稿者:谷    耕  一   投稿日:2020年06月13日 (土) 10時45分



杉江様  コメントの返信ができたとのお知らせありがとうございます。まるでパソコン教室で習っているみたいです。

No.2313  投稿者:谷    耕  一   投稿日:2020年06月12日 (金) 17時25分



杉江様  沢山のpcの手ほどきを頂きありがとうございました。萩原先生、山田先生、小池先生に返信しましたが届いているかは分かりません。頭が悪くてすみません。
また挑戦します。   谷  耕一  

No.2312 出来た出来た!! 投稿者:杉江香代子   投稿日:2020年06月12日 (金) 17時21分



パチパチパチ…できましたね。文字の訂正や、消去はカーソルを一番下にしますとNOと削除暗証番号の枠が出ます。投稿NOと暗証番号を打ち込むと操作ができます。分かりにくくて申し訳ありません^^*

小池さんは松戸在住なんですよ〜♪お近くだったりしてね((笑))。

No.2311 自己紹介です 投稿者:谷    耕  一   投稿日:2020年06月12日 (金) 14時43分



小池様初めまして、コメントありがとうございます。私は松戸に移住して30年になりますが、おもに演歌調が中心に書いております。駄作ばかりです。ご指導宜しくお願い致します。pcが苦手なので杉江様の手を煩わせております。

No.2310  投稿者:谷    耕  一   投稿日:2020年06月12日 (金) 14時23分



山田様、初めましてコメントありがとうございます。
pcが苦手で只今独学で勉強中です色々と御指導頂ければ
幸甚に存じます。演歌調が多いです。  谷  耕一拝

No.2291 初めまして谷様 投稿者:山田慎介   投稿日:2020年06月10日 (水) 10時41分



お初にお目にかかります。
誰もが認めております7.5調の仙台演歌爺です。
親の影響を受け子供の頃から演歌が大好きで、過去の作品はど演歌調ばかり。
長くやっておりますが、奥が深く満足できるもの多くありません。
サイトの皆様はお仲間です。少しでも良い作品をとご意見を頂戴し頑張りましょう。今後とも宜しくお願い致します。


No.2290  投稿者:谷 耕一   投稿日:2020年06月09日 (火) 21時54分

代理投稿


音楽舎に投稿したのが初めてでpcも独学で勉強中です。駄作ばかりです。おっしゃるとうり伊藤左千夫の短編小説の政男と民子の悲恋を書いてみました、松戸に移住して感ずる事は歴史的なものがあるなあと思います。自分は78歳になりますがおもに歌謡詞が多いです。投稿のルール違反に注意しながら書きますのでご指導下さい。  谷  耕一

No.2288 自己紹介から。 投稿者:小池 蓮   投稿日:2020年06月09日 (火) 20時15分

谷さん。


谷さん、初めまして、小池と申します。
こんなに近くに音楽を愛する同志が居たとは嬉しい限りです。以後、よろしくお願いします。

No.2287 谷さんへ。 投稿者:萩原たかし   投稿日:2020年06月09日 (火) 10時38分



はじめまして・・・と思います。
大変に真摯な制作姿勢に好感を感じております。

「野菊の恋」は伊藤佐千夫の小説「野菊の墓」がテーマですね。松戸矢切の渡しが舞台だったでしょうか。
以前小生の作品に同じテーマの「野菊の挽歌」があります。当サイトの小池さんが映像化したものが残っています。小生のHPに掲載しているので暇な折にでもご覧下さい。




Number
Pass




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板