無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする



作詞投稿コーナー

誹謗中傷やサイトの批判は削除させて頂きます。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
指名/フリー
本文
文字色
文字色
個人用削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.2125 湯の町しぐれ 投稿者:山田慎介   投稿日:2020年05月12日 (火) 13時31分 [返信]

フリー


傘をさす手に 肩寄せながら
逢えば川面の 灯もにじむ
倫(みち)に背いた いけない人と
深い静寂の 離れ宿
浴衣黒髪 ほつれ髪に
情(こころ)ください 湯の町しぐれ

川の瀬音を 枕できいて
命焦して 身を寄せる
夢を見させて 女の夢を
すべて忘れて しまいたい
憎いあなたの 愛おしさ
さだめ儚い 湯の町しぐれ

くもる鏡に なぞった名前
何故に重たい 柘植の櫛
胸のぬくもり 身を引く私
涙かくして 口紅(べに)をひく
別れせかせる 汽車の汽笛(ね)に
未練残り香 湯の町しぐれ

           
           
         
                   

font>
No.2134 小池先生有り難う御座います。と 投稿者:山田慎介   投稿日:2020年05月14日 (木) 15時14分



奈良の徳さんからもご指摘戴いてます。
ただ今推敲中です。
パソコン故障中に付き携帯で投稿してまして
思うようにいきません。明日までは推敲版載せる予定です。

No.2133 湯の町しぐれ 投稿者:小池 蓮   投稿日:2020年05月14日 (木) 12時12分

慎介さん。


要所要所にドキっとするようなフレーズが有っても良いかな?
熟練した、女泣かせの詩はお嫌いですか?

No.2127 徳さんしばらくです 投稿者:山田慎介   投稿日:2020年05月12日 (火) 17時10分



奈良の徳さん相変わらずのご活躍嬉しい限りです。
演歌一筋仙台爺ちゃんコロナ対策で暇を持て余しておりますよ。
そうですねもう少し深く突っ込んだ方が良いかもしれませんね。
改めて推敲致します。
ボケ防止頭の体操やりますよ。

No.2126 懐かしや演歌爺! 投稿者:奈良市 徳田勝行   投稿日:2020年05月12日 (火) 16時54分



お帰りなさい。どこへ出かけていたんでしょうかね。
名も知らぬ湯の街! ひっそりと歌詞にあるような事で泣かせていたんでしょうか(笑) 
もう少し、逢瀬の余韻を楽しまれても良いのでは!って、久し振りなんでコメント入れました。
わたしは最近、演歌を書いてないかな? 奈良の爺より




Number
Pass




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板