無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

作詞投稿コーナー

誹謗中傷やサイトの批判は削除させて頂きます。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
指名/フリー
本文
文字色
文字色
個人用削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.1960 赤羽の彼女(ひと) 投稿者:沼田清一   投稿日:2020年04月07日 (火) 19時39分 [返信]

フリー


推鼓して見ましたどうでしょうかね、杉江先生
一途にあなたへ 縋ってゆくと
恋(いと)しあの頃 想い出す
思えば二人の 契りの駅だ
どこへ行くにも 無邪気の侭で
長いくろ髪 おかっぱ頭
いまも浮かぶは 赤羽の彼女(ひと)

揃いの浴衣を 羽織で覆い
馬鹿の祭りに 浮かれてた
育ちは老舗の だいじな娘め
訳も言わずに 下向き泣けば
察しなだめて 手を振り別れ
風は無常に 赤羽の彼女(ひと)

別れの面影 見えないけれど
きっと一生 消えぬだろ
多摩川水門 想い出土手を
一人歩けば あの声むなし
若いおとこは 心で泣いた
今は懐かし 赤羽の彼女(ひと)

font>
No.1962 赤羽の彼女(ひと) 投稿者:沼田清一   投稿日:2020年04月08日 (水) 07時16分

フリー


杉江先生へ
いつもお手数かけますやはり先生の優しい教え方
本当に有り難く感じております。
どうしても書こうとするとなかなか書けませんね
一番書ける筈なのに、、また病んでしまいます。^^
素晴らしいデモ詞を勉強させて頂きます。
私はこれで良いとはおそらく一生ないでしょう
そう感じたらもう作詞を辞めますよはい、その位の思いです。

No.1961 頑張っておられますね 投稿者:ながいさつき   投稿日:2020年04月08日 (水) 01時25分



沼田さん、赤羽の彼女(ひと)取り掛かって頂いたようでうれしく思います。
私が言うのも口幅ったいですが、作詞の世界は自分との闘いです。これでいいと思ったらそこまでの詩姿。演歌を含む歌謡詞は今は2ハーフ調も少なくありませんが、当作品は七五調の韻をなすオーソドックスな3コーラスの作品。色々感じて思うところもありますが、あくまで沼田さんの感性ですから細かい箇所は後にして完成を目指すお手伝いが出来たらと思います。ただ私が入り込むと私の色合いの作品になってしまいますので、本当の意味でオリジナリティが損なわれます。そこで私なりによかったと思う3番のフレーズを行の順番などを入れ替えて、3番だけのデモ作品を考えてみました。あくまで
デモですのでご参考までに。

玉川水門 想い出土手を
ひとり辿れば 花しぐれ
あの日あの時 好きと一言
言葉を足せば よかったものを
今頃どうして いるのやら(いるだろう)
こころ離れぬ 赤羽の女(ひと)

これは沼田さんの3番の箇所をアレンジしたものですが、1番から3番までありますので、整合性を念頭にこの3番が1番の出だしになっても何らおかしくありません。辻褄が合えば沼田さんの物語の中でその順番は柔軟に操作していいわけです。ただその際、字脚を揃えることは必須です。これは後に附曲して頂く作曲家に対する最低限の礼儀とわきまえてください。

色々偉そうに済みません。どうかこれからもよろしくお願いいたします。




Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板