無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする



作詞投稿コーナー

誹謗中傷やサイトの批判は削除させて頂きます。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
指名/フリー
本文
文字色
文字色
個人用削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.1915 頑張って下さい。 投稿者:26時京都   投稿日:2020年03月14日 (土) 22時38分 [返信]



沼田様こんばんは。読ませて頂きました。最近の沼田様の作詞を読ませていただいて、一つ感じている事があります。大先輩に対して大変失礼になるやもしれません。しかし沼田様とは5年も前からお互いの存在を認識しているなかです。お叱りを覚悟て敢えて指摘させて頂きます。それは最近の沼田様の詩に鮮明な映像が浮かんで来ないのです。故に何回と読み返しても残らないのです。それは私の読解力の無さから来るのかもしれません。しかし沼田様も大きな野望を持っておられるはずです。一般の方々が読んですぐ映像が浮かびあがる詩を書いて頂きたいのです。この様な失礼な文章、サイトの他の方々には書きません。沼田様故敢えて書かせていただきました。沼田様にはベテランの片鱗を見せつけて欲しいのです。頑張ってほしいのです
10年のペイペイですが失礼を承知で、又私も勉強にもなりますので一番だけですが添削してみました。

夢を抱(いだ)いて 古里捨てた
あれは風吹の 五年前
酔えば親父の 口ぐせだった
こうと決めたら 前を向け
それが男の 道と悟(し)れ

☆沼田様の捻り出したワードを最大限に活かしてみましたが、古里を捨てた身ですので、二代目ははずしました。辻褄が合いませんので!

このサイトの作詞、作曲家の先生方はかなり強力です。厳しい指摘もございます。しかしそれに屈する事は、私も沼田様も意地もあるはずです。きっと!お互い上を目指して頑張っていきましょう。沼田様重ねて失礼御容赦下さい。

font>
No.1921 26時京都さん沼田さんへ。 投稿者:萩原たかし   投稿日:2020年03月16日 (月) 10時32分



お二方のやり取り拝見しました。当サイトでの意見の交換大変に意義のあることと思います。

26時京都さんの親身のご意見に共感しております。
沼田さんどうぞもう一度熟読して一つでも二つでも理解を深めていただける点があればいいと読ませていただきました。横丁の隠居のミミズの戯言ですが・・・。

No.1919 追伸 投稿者:26時京都   投稿日:2020年03月15日 (日) 09時58分



二代目を主眼に置かれての作詞なら私の「古里捨てた」の添削は間違いです。「古里後に」が正解でしょう!これはあくまで私の解釈ですので読み流して下さい。他意はございません。

No.1918  投稿者:26時京都   投稿日:2020年03月15日 (日) 08時50分



沼田様のスタイル、考え方を貫く事を否定しているのではありません。貴方の実力ならもっとわかりやすい表現が、描写ができるはずです。そう思われませんか?形になって世に出たとき、最終ジャッジを下すのは一般大衆ですよね!二代目を強調されたいのなら、親父様は何をなされてる方なのでしょうか、その説明が一言あれは、元誌のままでも、もっとわかりやすくなったのではないでしょうか?と私は思うのですが?

No.1917 一徹一義 投稿者:沼田清一   投稿日:2020年03月15日 (日) 07時34分



お早う御座います^^
早速のお叱り入たにいります、今後も良い作詞を書くものとして共々に頑張りましょう。
書いて下さった詞を見させて頂きました。一つお聞きしますが「故郷を出るとなぜ二代目は継げないのでしょうか」「肝中の気も抜けている、[一徹一義」あく迄も[心情の世界]ですので宜しくご理解をお願いします。それらを考えると全体の事が見えてくると考えられます。自我自賛はしたくありませんプロの話でもこれで良いと一度も思わないと聞きましたですから曲が付かなければただの詞だとも教わりました26時さんへ一歩でも近付けるよ努力いたします。
私もこの詩のように良い意味で一徹一義を貫く覚悟です。




Number
Pass




レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板