【平日でもチャンスはある!Lenovo週末限定クーポンThinkPadを買おう!

作詞投稿コーナー

誹謗中傷やサイトの批判は削除させて頂きます。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
指名/フリー
本文
文字色
文字色
個人用削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.3072 あなたのお陰 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年10月08日 (金) 11時08分 [返信]

フリー


解約した母の携帯を時々、電池切れになる前に充電してしまう。あの世と呼ばれる地から電話が入りそうな気がして。「死ぬ」と言う事は目の前から居なくなると言う事なんですね〜…。


【 あなたのお陰… 】
             


font>
No.3085 小池さん、有難うございます^^ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年10月11日 (月) 18時57分



これで3作目になってしまいました^^:。月日の流れが早く感じて、つい先日まで目の前に居た人が居ない事に戸惑っております。親はいつまでも生きていると本当に思っていたのかと…。
此れから元気な作品を書いて行きますので、宜しくお願い致します。

No.3084 いつか行く道・・。 投稿者:小池 蓮   投稿日:2021年10月11日 (月) 12時10分



実体験の詩は何よりも強く読む者にグッとものが有ります。
ましてや経緯を知ってる者や経験者には思い巡るものが有りますね。

No.3080 ながいさん、林さん、温かいコメントに感謝 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年10月10日 (日) 16時24分



ながいさん、林さん、お読み頂きまして有難うございました。この詩は先日、「朝陽と月が見える窓に…」と言う題で投稿させて頂いたものを推敲しました。どこかに父の顔が浮かんできて、父を入れ込みました。父は心臓で18年前にその日に他界して…林さんが感じ取って下さいました父の存在ですが、私から見ても素敵な男性。上品でハンサムで…(娘の欲目です)。両親の喧嘩を見たことが無く、兄弟で喧嘩をしたことが無い環境で育ったので、その雰囲気が詩に残ってしまうんですね。ホンワカ〜です。
ながいさんに「良い作品とだけは言えます」に嬉しく思いますが、細かい講評が有りましたら指摘して下さいませね。自分の作品は本当に良いのか?普通なのか?が分かりません。悪い時だけは分かります^^:
私にとりまして皆様の講評が命ですので、ビシバシと真髄をついたコメントを、宜しくお願い致します。前回の「母からの贈り物」(観世丸さん付曲)の詩は協会の「きょうの詩・あしたの詩」に出しました。大切な母の1曲になっております。感謝しかありません。

No.3079 温かい気分になりました 投稿者:林貞行   投稿日:2021年10月10日 (日) 10時53分



杉江代表、しみじみ、ほのぼの感動しました。私にも94歳の母がいるので、いろいろな感慨を抱きながら拝読しました。
お母様の話ではありますが、なぜか私は、お父様のことに強く心を惹かれました。私の父は22年前に他界しましたが、改めて夫婦、家族の絆の深さを感じ、温かい気分になっています。

No.3077 いい作品ですね 投稿者:ながいさつき   投稿日:2021年10月09日 (土) 17時20分



杉江さん、いい作品ですね。
それだけは言える内容の作品だと思いました。

No.3076 風太さん、時女さんへ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年10月08日 (金) 19時27分



風太さん、時女さん、有難うございます。以前、投稿した詩を少し時間を置いて推敲。不思議ですね〜寝せてた間に違うフレーズが出てきて、字脚にも合って。自信など有りませんが、流れがスムーズになり、自分の言いたいことが簡潔になった気がしたので、題も変更して見ました。3節の左に母を 右に父…ここが今一、いいかな〜??と迷ってる所です。
まだ、こんな母や父の詩を書いています^^:、駄目ですね〜。

風太さん、お帰りなさいませ!!虹の音楽舎は「・・さん」でいいのですよ〜。ご丁寧なコメント、嬉しく思います。母からの留守電を消してしまったので、電池が切れてしまう事が怖くて充電しています。本当にこの詩は「手紙」ですね…まだまだ、残像の残る実家には足が向きませんが、家が壊されたりすると吹っ切れるのでしょうか?風太さん…お待ちしておりました。待ってました!!素敵な作品を拝見させて下さいませ!

時女さん、温かいお言葉を有難うございます、嬉しいです。掲示板もこの作品も実生活の家族の話ばかりになってしまっておりますね。最後の5年間の優先順位は、母を一番にして来ましたので、居なくなった空白は安気にはなったけど、淋しさが裏返しになりました。50年来の友達のお母さんが今、入居されたので…いつまでたっても施設の話題になり、友達のお母さんと母がダブってしまいます^^:。だからか?この様な、最後の詩ばかりになって…。飛んで跳ねた作品を早く書いて、時女さんを驚かさなくてはと焦ります。

No.3074 あなたのお陰 投稿者:時女礼子   投稿日:2021年10月08日 (金) 16時51分

又素晴らしい作品ですね


杉江さんへ、
お母様をお書きになる詩は悲しいなかに温かいものが溢れています、いつもです。心ある詩は人を感動させますね、、、。杉江さんはお母様に愛されて育ち、最後は精一杯の愛でお返しをなさったことは誰にも出来ることではないと思います。

三十五日が過ぎたけど お母さん
この一行で私はすでにウルウルしてまいりました。自然体で書かれた詩は素晴らしいですね。
まだお母様の携帯をお持ちなんですか、そうなんですか、、、亡くなっても声って聞こえるのですよね。

大分昔にある方から「世の中で一番大切なものは何だと思いますか?」と問われたことがありました。「愛だと思います」と即答したことが昨日のように思い出されました。杉江さんのお母様への精一杯の愛が本当に素晴らしく、読み手によく伝わってまいります。

ずっと杉江さんを見守ってくださいますよ、空の上から。感動の作品です。

No.3073 感動致しました。 投稿者:風太   投稿日:2021年10月08日 (金) 11時43分



杉江様の心暖かさ、親を愛する優しさが作品で伝わってきますよ。創作ではなくて、心の手紙、感動致しました。素晴らしい詩読ませて戴き有り難う御座います。
僕も今でも亡き母ゃ亡き弟にラインを仕掛けたしてハッと我に返るときがありまして忘れたくないお気持ち良く解ります。僕は写真の前にいつも花を飾って返事のない会話をしています。笑




Number
Pass

レンタカーの回送ドライバー
無料で掲示板を作ろう
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板