【コミュ障でも楽しい!】レンタカーの回送ドライバー

作詞投稿コーナー

誹謗中傷やサイトの批判は削除させて頂きます。

ホームページへ戻る

名前
タイトル
指名/フリー
本文
文字色
文字色
個人用削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

No.2933 思いっ切り推敲 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年09月09日 (木) 10時02分 [返信]

指名


皆様のコメントでピョイ!と乗り越えた水たまり。有難うございました。ドラマの展開は変えないものの、少し横須賀らしい雰囲気に書き換えました。細かい推敲を今後もするかも知れませんが、第一ハードル越えの作品です。


【 横須賀LOVE   】   


font>
No.2942 萩原先生まで^^V 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年09月10日 (金) 15時31分



わぁ〜!萩原先生まで再度のコメント、本当に有難うございます。コメントを頂いた中で、題の事が有りましたので横須賀に変えました。皆様のコメントが無いと迷路から抜け出ておりませんでしたね。
先生に何時も言われる、「こんちくしょう根性」かどうか分かりませんが、粘り強いです〜〜。馬鹿と言われるくらい素直です〜(笑)。萩原先生が出て来て下さるだけで、「ほっ!」としますので、これからも宜しくお願い致します。

No.2941 第一ハードル越えの作品 投稿者:萩原たかし   投稿日:2021年09月10日 (金) 11時33分



グンと説得力がでてきたと思います。

≪迷路に入った詩に命を入れたい≫
こんちくしょう精神と素直さが同居。
誰にでも出来ることにあらず。見事な根性に乾杯です。

No.2940 徳田さん、これならOK!? 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年09月10日 (金) 08時50分



徳田さん、30分の推敲です。皆さんのコメントを読ませて頂いていたら、この題が降りてきました(笑)。
この詩なら了解して頂けたと言う事、有難うございます。私はこの様に皆様の感想で、迷路に入った詩に命を入れたいと思っておりますので、これからも良きアドバイスをお願い致します。

No.2939 思いっ切り推敲  投稿者:奈良市 徳田 勝行   投稿日:2021年09月09日 (木) 20時09分



凄いですね! これなら受け入れられます!
さすが、プロ作詞家・・・お世辞抜きです。
お疲れ様でした! (拍手!拍手!) 徳田

No.2936 切り替えの早さは女^^ 投稿者:杉江香代子   投稿日:2021年09月09日 (木) 14時07分



林さん、時女さん、早々にコメントを下さいまして有難うございました。昨日の皆様のコメントを読んでいました後に、「横須賀LOVE]と言う題が浮かび、ほんの30分で書き直しました。本当に頂いたコメントの御蔭です。自分でも思いっ切り雰囲気を変えながら、自分らしさを醸し出したいとの思いで、ドラマを演出しました。
時女さんの「シルクのドレス」ですが…大事に着ているか?捨てているか?リサイクルに出しているか?(笑)…女性はギリギリまで我慢した分、切り捨てた後はクールで冷たいと言う。彼女はとっくに遠くを歩いているかもね〜?(笑)と…思います。ねぇ、時女さん!!(爆笑)。

畳みに転がす そろいの指輪…咄嗟に出てきました。指輪を「リング」と呼ばそうかと思ったのですが、この部屋との兼ね合いで「指輪」としました。煙草を使わずに「煙」としましたが、狭い、西陽のあたる部屋で、指輪を転がしながら煙草を吹かし、安燗酒をあおる男の姿=「未練」 になるかと思いました。映像が浮かんでくだされば、大成功です^^V。林さんの解説コメントがお上手なので、私のつたない詩が少し上質に感じられます。名解説、有難うございます。

No.2935 横須賀 love 投稿者:時女 礼子   投稿日:2021年09月09日 (木) 12時38分

タイトルがスッキリして良いですね


杉江さんへ、
推敲まえと随分ちがいますね、読みやすくなりました。一番の「捨てているのかシルクのドレス」は好きな女性の為に似合いそうなドレスを探してプレゼントした男性、出来れば捨てないでおいて欲しいとの未練心を上手く表現されていると思いました。
三番でも林さんがお書きになられた「畳に転がるそろいの指輪」に男性の未練心が本当によく表れていて感心するばかりです。杉江さんの男、繊細で良いですね。次も楽しみにしております。

No.2934 見事な推敲 投稿者:林貞行   投稿日:2021年09月09日 (木) 11時50分



杉江代表、前稿と並べて拝読し、推敲とはこれかという感を深くしました。
僭越ですが、前の詞も納得感はありますが、改稿された世界は締まりが良く素晴らしいと思います。
導入部で異国情緒が漂う港町を遠望された後、その街の一角が切り取られ、さらに西陽の差す部屋へのズームインは映画を観ているような気分になります。そこで繰り広げられた男女の心模様も鮮明に見えるようです。
特に「畳みにころがす そろいの指輪」に唸りました。独りで「逢いたい」とつぶやく男の心情が、直截的でない分、より濃厚に感じられます。未練がましい男心というより、切り替えの早い(?)女の怖さに震えそうです。(笑)




Number
Pass

Lenovo週末限定クーポンThinkPadを買おう!
無料で掲示板を作ろう
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板