宝塚野鳥の会

何でも書き込んでくださいね

ホームページへ戻る

188859

名前
題名
内容
文字色
画像・音声
ファイル



  削除キー 項目の保存


RSS
  ヤツガシラ・・・超珍鳥の特報です

投稿者:fyamao

昨年の今頃、出たと聞いて深夜にも関わらず出雲の日御碕まで出かけたが、現地着の朝には抜けていて悔しい思いをさせてくれた鳥。今月上旬には石垣島まで行こうかどうしようか迷ってまだ早いと躊躇したが、後になってその日に出たと読んで悔しさ倍増の鳥。見たさ、撮りたさが日に日に倍増の感だった。そこへ発見者の先達から近くに「ヤツガシラが出ている」との知らせ、飛び上がって途中の昼飯を放り出してカメラを手に飛び出した。
途中の赤信号ももどかしく現地着。鳥友と大先輩がいて、数分前に飛び出して行方不明とのこと。失意のどん底なれど、待てばなんとか・・・と粘ってみた。半時間後に戻ってきたのを大先輩が見つけてくれて、木立での止まりや地面に降りて餌を啄ばむ姿を存分に観察。
この一年の鬱憤が一気に逃散、十分に満足、涙が出るほどに嬉しかった。

[1743]2019年03月21日 (木) 21時40分 : 返信

ヤツガシラ、その2

投稿者:fyamao

南方の島や日本海の島々に時折みられる旅鳥と聞くが、関西の阪神地域では稀有なる観察と思う。
飛翔や冠羽を立てた姿は撮れなかったが、初めて見る感慨は大きかった。

もう4葉ほどを・・・

[1744]2019年03月21日 (木) 21時46分

凄いですね

投稿者:n.igu

珍鳥を狙っての行動範囲の広さに敬服するばかりです。
近郊では見れない野鳥を撮ってブログ記載され、それを観察出来きる当会に参加して良かったです。小生も更に勉強し野鳥の観察、撮影に努力したいと思います。
これからも宜しくお願いします。

[1746]2019年03月23日 (土) 20時15分

  この鳥の名前を教えてください。

投稿者:M.I

最近、我が家の庭によくあらわれる、ハトより小さく、スズメより大きい鳥です。
シロハラ、でしょうか?

[1741]2019年03月21日 (木) 15時34分 : 返信

シロハラかな、

投稿者:fyamao

後ろ姿だけですが、私にはシロハラのように見えますね。

[1742]2019年03月21日 (木) 20時58分

投稿者:Rinko

私もシロハラに1票です。
2、3年前に我が家の荒れ庭にも来てくれたことがありました(^^♪
最近ではベランダにゴイサギが来てくれたのには驚きました(^^♪

[1745]2019年03月21日 (木) 22時09分

  プチ遠征、その2、ハイイロチュウヒの雄

投稿者:fyamao

岐阜羽島のオオタカの後に、もう一件は愛知県は西尾市(知多半島の東側対岸)のハイイロチュウヒを見るために足を伸ばしました。関西では湖東で時々見かけられるようだが、安定しては出てこない。今回成功すれば初見初撮りとなるので期待大です。
午後1時半に現地着、3時頃が良いと聞いていたので余裕だったが、待てど暮らせど出てこず、周りはカラスばっかし。3時間ほど広い田園地帯をゆっくり車で探しながら回ってみたが変わりなし。今日はダメか、冬鳥も終わる時期なのでもう抜けたかと諦めかけた時に、車の上から前方へいきなり飛んでくれた。それを追って農道を走り回り、どこにいたかと思われる探索の車もあちこちから10台ほどが走り出して、まるで大捕物騒動になった。ほとんどのバーダーは飛ぶのを追いかけるだけで撮れなかったらしいが、私は途中で車を止めて窓から飛翔を撮った。ちょっと小さくてよくない画像だが、最後の唯一のワンチャンスをモノにできたということでご容赦。
待ちの間に見つけたキジのつがいの写真とともに・・・。

個人的なことを一言、考えるところがあって個人ブログを立ち上げるべく鋭意準備中です。出来上がれば公開いたします、まずは予告まで。

[1740]2019年03月20日 (水) 20時13分 : 返信

  プチ遠征 2題、

投稿者:fyamao

まずは岐阜羽島のオオタカのスポット。先日の蝉会にクマタカ見学の際に地元バーダーから情報入手したもので、ぜひ行ってみたいと思った次第。今では全国的に有名になって、河川敷の木立の中のオオタカの巣と生態が土手の高台から50mぐらいの距離で観察されるというところ。巣作りの場を騒動で紛らわしてはいけないとは思うけれど、これ以上は近づけない環境で、まあいいかと。
朝10時前に現地着ですでに5−6名のカメラマン、すぐさま巣から雌の飛び出しがあったのち、巣作りに忙しい雄、悠然と構える雌、後尾の様子など撮影できました。
雌、雄を2葉、後尾の様子を4葉目に。

そのあと昼前には次の鳥の撮影場所に移動。その結果は次の記事で・・・

[1739]2019年03月20日 (水) 19時56分 : 返信

  武庫川左岸宝塚新大橋手前から下る

投稿者:R. Doi

1.2.イソヒヨドリ雌
一定の距離をとって何度も行ったり来たり、あまり怖がらず。写真撮るには好都合。
春先に寒さで膨れていた頃よりはるかにスマート。
3.キンクロハジロ
 水鳥は多く残っている、キンクロハジロまだはかなりの数群れを作っている。
 写真は立派な冠羽と真っ白なお腹で完全な生殖羽。
4.トビが左下の水鳥を狙っているのか?
 トビは生きている動物は襲わないと聞いているが、ただ遊んでいるだけなのか?
 狩りは成功せず。

その他3種のセキレイが多く、飛び回っているのが目立つ。ツグミ、ムクドリ
コガモ、ヒドリ等。
この付近は河川敷が広く芝生の部分が多いが岸辺に木が少なく小鳥は少なそう。
3月18日

[1738]2019年03月20日 (水) 10時30分 : 返信

  クマタカ

投稿者:Rinko

先日、今季2回目のクマタカ狩りに行って来ました。現地は雪!凍える指に息を吹きかけて待っている内に雪が止み、鳴きながらクマタカが飛んでくれました(^^♪
次回は青空に飛ぶ雄姿を撮りたい!です(#^.^#)

[1737]2019年03月19日 (火) 22時19分 : 返信

  近所で散歩と探鳥

投稿者:R. Doi

山本駅スタートし中山観音駅まで巡礼街道付近に沿った初めての探鳥。
山本駅下りるとすぐ東の最明寺川でカルガモを見つけた。
1.ジョウビタキ雄
2.ルリビタキ雌
 道路の端をぴょこぴょこ歩いている。犬を連れた人が通ったので一旦隠れたがまた出てきた。横へとよく動くが遠くには行かない。いかにも愛嬌を振りまいている様だ。
3.キセキレイ
この間は川が多いのでひとつひとつ覗いていく。
4.イソヒヨドリ雄
 最近、イソヒヨドリの雌が高所でさえずっているのを聞く、イソヒヨドリは雌もさえずることがあるらしい。天神川は比較的幅が広いので他にもジョウビタキ雄雌、アオジなど、中山寺東ではカワセミが飛んで行くのを見る。 このコースは鳥が思っていたより多そうだ。
途中、松尾神社の祭神は大山咋命、坂上田村麻呂とある。山本付近で古くから住んでいる坂上(さかのうえ)姓の人達は、坂上田村麻呂の縁者の末裔と信じている人が多いのだろう。

[1736]2019年03月19日 (火) 10時59分 : 返信

  昆陽池から猪名川へ

投稿者:n.igu

猪名川河川敷きのキジを撮影に行く前に昆陽池公園に寄り道した。まず、カンムリカイツブリと前回は遠目ではっきりと分からなかったコチドリが近くに現れたのでパチリ^_^
その他には、キセキレイの雌、カワセミ、メジロ、ジョウビタキの雌、シジュウカラ、シロハラを確認しました。
その後、園田競馬場と田能遺跡の間の猪名川河川敷きへキジを撮影しに移動しました。出没場所が分からずにウロウロ、
カメラマンの後を付いて行き、出没場所を聞きましたが範囲が広いので何処に出るか分からないとの事でした。諦めて帰り際にそれらしき鳥影が、藪のなかにキジがいたパチリ^_^
田能遺跡側に移動して探すと、ケン、ケーンと鳴き声が聞こえる。河原に居た、パチリ^_^ 二羽居る様で鳴き合わせしています。ここで又バッテリー切れ残念だけど帰途に着きました。

[1735]2019年03月18日 (月) 16時55分 : 返信

  鶴見緑地公園

投稿者:R. Doi

 花博時一度ここへ来たと思うがはっきりした記憶がない。
1.アメリカヒドリ「大池」
ここの水鳥はまだかなり残っている。アメリカヒドリが1羽だけ。一羽だけでも残っていてうれしかった。
2.水鳥の交雑種
アカハジロとホシハジロの交雑種らしい。帰らずここへ住み着いているとのこと。
3.アオサギの営巣とコロニー形成
「季節の池」にアオサギ多数、誰か餌付けしている様子。アオサギの嘴も最近赤く変化して繁殖期も近いと思っていたがここでは周りの樹の上の高いところにいくつも巣を作っている。 
4.今は無人の展望塔にハヤブサ
「いのちの塔」展望台付近にハヤブサが止まっている。最近まではチョウゲンボウがいたのをハヤブサが追い出して居座っているとか、見始めてから1時間余りは動かず。

その他見たのはシメ、アオジ、シジュウカラ、ヤマガラ、ジョウビタキ、カワラヒワ、カワセミ、セキレイ、シロハラ、ツグミ、梅の蜜に群れるメジロ等。水鳥はキンクロ、ホシハジロ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、マガモ等
その他、遠目で早咲きのオカメ桜が咲いているのが見えた。

[1734]2019年03月17日 (日) 10時40分 : 返信

  飽きもせず昆陽池公園へ

投稿者:n.igu

朝方の雨も上がり 今日も他にする事も無く カメラを担ぎ マイ自転車で昆陽池に行きました。
シメのよく居る場所では、シメは見当たらず、アトリが水浴びをしている、その上ではコゲラ、カワラヒワ、地上ではシロハラと野鳥のオンパレードです。
キセキレイが居るらしく、チームKの方に居る場所を教えていただき その場所へ移動すると目の前に飛んで来ました。パチリ^_^ラッキー🤞🤞
満足して池を一周、公園の入り口の観察場所で別のチームKの方がカンムリカイツブリが居るのを教えてくれました。
少し遠くですが、パチリ^_^ 残念ながらバッテリー切れで帰途に着きました。

[1731]2019年03月16日 (土) 15時18分 : 返信

続き

投稿者:n.igu

その他には、ジョウビタキ、モズ、アオジ、ツグミそして初めてカワセミを観察しました。今日は沢山の野鳥に出会えて満足です。^_^

[1732]2019年03月16日 (土) 15時40分

  クマタカ、第二弾

投稿者:fyamao

しばらく休んでいました。その訳は・・・

伊吹山麓のクマタカ、再度見に行ってきました。途中では空が暗くて天気悪そうで、長浜に入ると雪模様。7時に現地着で積雪5cm、初めてスタッドレスが役立ちました(笑)。
雪は少しして止みましたが、樹上の雪が落ちたり、雫が雨のように落ち、時に雨が降り、散々の撮影環境。それでも雪景色の中のクマタカは絵になるだろうなぁ・・・という期待だけで寒さに耐えておりました。
飛んだのは3回、木止まりが1回、しかし、いずれも遠い。午後一時まで6時間粘りましたが、あえなく撤収。出来栄え(鳥栄え?撮り栄え?)は前回が70点として今回は20点ぐらいかな。
雪の中を飛ぶクマタカ、樹上のクマタカ、いずれも遠すぎです。400mぐらいの実距離で、35mm換算1050mmの我がレンズ(500mm)では如何ともしがたい。真面目に、856が欲しくなってきました。

[1730]2019年03月16日 (土) 13時56分 : 返信

投稿者:i.s

6時間待ちお疲れ様です。それでも出て良かったですね。
バズーカ856ずっしり・・(^.^)

[1733]2019年03月16日 (土) 23時33分

  御苑

投稿者:R. Doi

京都に用事が出来たので先に御苑へ立ち寄ることにした。
今出川駅近の乾門(北西)から入り御苑の北側中心に石薬師門(北東)へ抜け→出町柳駅→目的地 
1.2アトリの雄雌が地上で餌を探している。地上にいると木の上にいる時より背中含む全体の写真が撮り易いのはうれしいがバックが問題でフォトジェニックではない。
3.イカル、シメ混成群
 どちらも10羽位いたが混成群は初めて。
4鳥の水場
 体重の軽いエナガがどうするか見ていたがカラスの行水でサッと去って行った。
 見ている間に水浴びしたのはシジュウカラ、ヤマガラ、アオジ、メジロ、シロハラ。
御苑ではその他私にはおなじみのビンズイ、コゲラ、鶯、トビ等。
当日大変寒かったので、ウグイスは姿を見せたが鳴かず。早春賦の歌詞のように「谷のウグイス歌は思えど時にあらずと声も立てず」の気分なのか?
鴨川ではもうツバメがたくさん飛んでいたのが印象的。

[1729]2019年03月15日 (金) 11時54分 : 返信

  伊丹昆陽池

投稿者:n.igu

雨が降りそうでしたが、暇なので久しぶりに昆陽池公園に行きました。撮影スポットではコチドリがいるらしいけど中々見つからない! 他のバーダー双眼鏡に合わせて見るもダメ、居場所を聞いてやっと見つけたけれども、石垣の前なのと遠くなので見づらいと思います。二羽います。
後はアオジです。

[1728]2019年03月14日 (木) 13時20分 : 返信

  大仙公園 JR百舌鳥駅下車

投稿者:R. Doi

友人の洋らん展を見るため堺の大仙公園内の緑化センターへ行く。その前に公園を一回り。
1.大仙陵(仁徳陵)の堀でホシハジロ(潜水ガモ)
残っている水鳥は殆どカルガモであったがホシハジロが1羽だけ。鴨の区分を後で確認。
          淡水ガモ   海ガモ(潜水ガモ
・餌の取り方 水中の餌は尾を水面に 潜水して取る
       突き出したままとる
・水面から飛び立ち 垂直に可能  水面助走してから

ホシハジロは潜水ガモに区分され、隠れるつもりかすぐに潜るのと逃げる時に助走して飛んだのを思い出す。
2、3.ツグミ(秋口になかなか姿を見せなったが)    
 秋から冬に2羽位は一緒にいるのを見たが10羽も群れていたのは初めて見た。写真はその半分のみ。ミミズなどの餌で栄養をつけてそろそろ北帰行の準備か?
4.コゲラ
 最近見たコゲラ2羽はつがいのようだったがここではまだ1羽だけ。

公園のボランティアガイドに古墳の説明を15分ほど聞く(世界遺産申請準備中)
仁徳天皇の名前が 古事記では:大雀命、日本書記では:大鷦鷯尊 どちらにしてもミソサザイとは、小さすぎて理解し難い。理由は諸説ありここでは触れない。
尚、この付近には現在ミソサザイはいないとのこと。
3月7日

[1727]2019年03月11日 (月) 11時26分 : 返信

  枚岡神社

投稿者:R. Doi

 河内国の一之宮、春日大社の元宮とも言われる。近鉄枚岡駅前
1.ソウシチョウ 
 神社の境内付近の藪の中にソウシチョウが群れていた。
 色が鮮やかなため、動きは分りやすいが動き回るので写真がうまく撮れない。地元の人によるとこの付近をテリトリーにして住みついていると。大きな声で鳴く。
 そもそもこの外来種が野生化したのは、神戸在住の華僑が祝典の際、放鳥してそれが六甲山に住みついてさらに各地へ広がったとか。関東ではインコが野生化している例もある。
2.クロジ雄
図鑑ではもっと黒いと思い込んでいたがグレーに近かった。幼鳥かも知れない。
3クロジ雌
まさかクロジ雌とは思わずアオジの雌かなと考え写真を撮っておいたが、後でクロジ雌とわかる。すでにつがいになっているのかも。ホオジロ科だが尾の端は確かに白くないようだ

オガタマの木の花
 拝殿横の樹に神話にも出てくるオガタマの白い花が高いところに咲いていた。

[1726]2019年03月10日 (日) 12時43分 : 返信

  今日も黒池へ

投稿者:n.igu

今日も いつもの散歩コースへ行くもヒヨドリばっかり(-_-)
カワセミの撮影ポイントへ移動する バッチリ👍待っていてくれた その上、ダイブを連発でも なかなか撮れない 粘る事30分 やっと1ダイブ撮れました。
帰り道では仲の良いメジロに出会いました。

[1725]2019年03月09日 (土) 12時22分 : 返信

  伊丹黒池

投稿者:n.igu

風が冷たく強い中、いつも同じコースを散歩しました。
鴨類以外、鳥さんが居ない。
仕方なくトビを観ていると、鳩ぐらいの鳥が枝に止まったのでカメラを構え覗くとハイタカだ・・パチリ
中州では、ハシボソガラスがトビの獲物を狙って格闘している・・パチリ
その他は、メジロ、ジョウビタキ♀、ヒドリガモ、マガモ、
ハシビロガモ、キンクロハジロ、カイツブリです。

[1723]2019年03月08日 (金) 11時51分 : 返信

続き

投稿者:n.igu

トビ

[1724]2019年03月08日 (金) 12時03分

  箕面大滝でカワガラスに出会う

投稿者:R. Doi

滝見橋の上から滝を眺めながら、この滝の裏にもカワガラスの巣があるのかなと、考えている正にその時、足元の橋の下をカワガラスが下流から滝の方へ飛び抜ける。滝壺付近から滝をはさみ岩壁を左右に上りながら滝の上流に消えた。あっという間だった。
写真を見ると苔のようなものをくわえている、食性は動物性なので時節的に巣の材料か?
1.滝壷付近
2.3.滝の中ほど
その後、滝上の駐車場付近まで追いかけ2回見つけるも見失う。
カラスの仲間でないのにカワガラスとは。英語名 Brown dipper(水に潜る鳥)の方がピッタリか。
4.カワラヒワの水飲み、一度顔を上げないと飲み込めないのかな。

その他ヤマガラ、シジュウカラ、マガモ、カルガモ以外は出会わず。
3月5日

[1722]2019年03月08日 (金) 11時02分 : 返信

  府立 山田池公園

投稿者:R. Doi

トモエガモを見たくて行ったのだがすでに帰った後。
野鳥観察場所は植木の手入れ作業中でがっかり。
探鳥会のグループに出会い、今日ヒクイナが出たとの説明を聞いて昼食と鳥合わせ以外は“なりすまし”で同行させてもらった。
1.ミヤマホオジロ
2.アオバト
  木の上で止まっているアオバトをなんとか撮ったがカメラマンは地上に
 カメラを向け待機中、何かと尋ねてみると、樹上のアオバトが地上に下りてくるところを待っているとか、ご苦労様です。
3シメの群れ 
 20羽くらいのシメが地上で餌をとっている。こんなに大きな群れを見たのは初めて。
 一部だけをカット。周りには榎木あり。
4.メジロと河津桜
 梅林ではメジロが多数花の蜜を吸いに来ている。人がそばを通ってもすぐ離れた別の梅の木へ移動するだけで逃げてしまわない。 写真は河津桜と。

 その他ヤマガラ、シジュウカラ、モズ、バン、オオバン、ヒクイナも当日朝出たとか。
肝心の山田池では渡りの鴨はすでに見えず。
最近、オオバンが増えてバンを駆逐したのかと漠然と考えていたが、オオバンの増加は1990年後半の中国南部の洪水で越冬地が琵琶湖などに南下したからという説あり。一方バンの減少は国内の湿地が減少したせいで、オオバンの増加とは関係がなさそう。
昔は田圃にバンがたくさんいて田の番をしている様だとバンと名付けたとか。

[1721]2019年03月06日 (水) 10時09分 : 返信

  箕面滝道をそぞろ歩き

投稿者:fyamao

ちょっと疲労気味に加えて、どこにいってもいい出会いがないのでしばらく休んでおりました。今週は今日を逃すとまた雨模様なので、無理やり奮起して箕面の滝道を歩いてきました。狙いはクロジなんですが、そのスポットは昨年の台風被害でいまだに通行止め、時たまそこから下に降りてくるが望み薄・・・とのことです。実際にその通りで目立ったものは何も出ませんでした。
ヒガラかと思ったがヤマガラでした。キセキレイは水浴びの後か。メジロがうんと背伸びして花びらに、マガモもこうしてみると綺麗なもんですね。

カワガラスが餌運びをやっているようでした、旅館の裏に隠れてしまったので確認はできませんでしたが、そろそろひな育ての様子を見られるかもしれませんね。

[1720]2019年03月05日 (火) 18時43分 : 返信



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板