宝塚野鳥の会

何でも書き込んでくださいね

ホームページへ戻る

199351

名前
題名
内容
文字色
画像・音声
ファイル



  削除キー 項目の保存


RSS
  万博記念公園無料開放日

投稿者:R. Doi

1.2.カイツブリ(水鳥の池)
 雛一羽子育て中、大きな魚を採り雛に給餌、雛は丸のみした。雛の体は綿毛の様だ。
カイツブリが陸で歩いているのを見たことがないが、オオバンのように弁足、カイツブリのカイは櫂と関係あるようだ。
3.イカルチドリ(日本庭園心字池)
 池の中の芝生にイカルチドリがいる、なぜこんなところに?
4.コガモ(水の広場)
ここにもコガモが2羽最近渡って来たようだ。2羽とも嘴の基部が黄色かったがどちらかが雄のエクリプスならこれから嘴も黒に変わっていくはずだ。

その他、がハヤブサ(東の広場)、コサメビタキ(野鳥の森)、カワセミ、モズ(みずすましの池)、ヤマガラ(日本庭園のエゴノキの実のある周りで群れていた)、メジロ・シジュウカラ(梅林)セキレイいたるところ。

[1898]2019年09月18日 (水) 11時15分 : 返信

  塩尾寺タカの渡り3日目

投稿者:Rinko

やっと「渡り」らしく塊で渡って行くのが観察されました。ただ、芥子粒かゴマ粒程度にしか見えない高高度(-_-;)。なんとか撮影できたのはミサゴとサシバで、ハチクマはシルエットだけでした。(4枚目は昨日のサシバ)

[1897]2019年09月17日 (火) 21時23分 : 返信

  塩尾寺タカの渡り観察2日目

投稿者:Rinko

今日も青空。でも、昨日より風が強くて、ツバメも飛ばず。パラパラとハチクマが渡って行くのみ。やっと10羽を超える。「終了」の合図でカメラを片づけ始めた時「サシバ!」の声に慌てて(レンズフード無しで)レンズを向けました。

[1895]2019年09月16日 (月) 16時56分 : 返信

  塩尾寺タカの渡り観察

投稿者:Rinko

いよいよ今年もタカ秋の渡りが始まりましたね🎶
塩尾寺での1日目の観察。午前中はただただ青い空を見上げているだけでしたが、午後に大きな歓声が上がりました🎶ハチクマが大きくはっきり見えました!(^^)!尾羽の太い黒色帯から雄だと分かります。

[1892]2019年09月15日 (日) 18時15分 : 返信

鷹渡り観察🦅

投稿者:n.igu

鷹渡り観察🦅お疲れ様です。前半は期待薄でしたが、後半は賑やかに観察出来ましたね、
青空の中、胡麻より小さい鳥影を見つけるのは至難の業、皆さん凄いですね!まして、種目まで見分ける、凄い、
私は、ただただ青空を見上げるのが精一杯です。
下木に飛び交う野鳥は、ホオジロ、ソウシチョウ、メジロ、コシアカツバメ、イワツバメ等が観察出来ました。

[1893]2019年09月15日 (日) 20時27分

初日にしては大盛況

投稿者:I.S

皆さんお疲れさまでした。午前はやや意気消沈でしたが
午後からは良かったですね。ハチクマバッチリ(^.^)
サービス残業ご苦労様でした。

[1894]2019年09月15日 (日) 22時01分

  大阪城公園

投稿者:R. Doi

1.サンコウチョウが捕食
 一番櫓付近でしばらく追っかけていると突然アオスジアゲハを捕食。残念ながら写真は逆光でピンボケ。その後ホイホイホイと小さな声で鳴いたのがご愛敬。サンコウチョウは昆虫食でハエ、蜂、蝶を食べるとのこと。他の写真で見るとアイリングも目立たず嘴の基部も少し黄色いので雌と思いたいがこの時期、雄雌の区別は大変難しいらしい。
2.サンコウチョウ
 水飲み場へ来る鳥を待っているとサンコウチョウが水を飲みたいらしく目の高さまで降りてきたが逃げられる。雄が長い尾を付けて危険な海を渡ってくるのか疑問であったが、春渡来した時にはすでに尾は長いが帰る時は、短くなっているとのことで半分納得。
3.キビタキ雌(英語名:Narcissus Flycatcher)
 低い木に止まり、地面との間を何回も往復していた。この間フライイングキャッチしているのかまた元の枝近くに戻る。雄も見たが写真撮れず。英語名はいいい名前を付けてもらったものだ。
4.コサメビタキ(Brown Flycatcher)

その他ヤブサメ(飛騨の森)、コルリは抜けてしまったようだ。

[1891]2019年09月15日 (日) 17時27分 : 返信

  三田武庫川沿い

投稿者:R. Doi

1.ケリ
 おなじみのケリが田圃ではなく河の中にいた。数もかなりいるようだ。
2.ホオジロ
 川沿いの桜並木にいることが多かったホオジロ、今は稲の実った田の中でコメを食べている様子。除草作業の人に聞くとこの辺りのブランド米は「三田コシヒカリ」。昔は堂島米市場の代表銘柄だったとか。
3.カルガモが10羽位群れていたので、雄、雌の見分けようとして後ろ向きの写真を数枚撮ったが上尾筒の色「黒:雄、茶:雌」では見分けがつかない。他の識別方法「雌は雄に比べ全体に色が薄いことと背中の羽の白い縁がハッキリしている」なら写真は雄の様だ。
4.ダイサギ
 田圃の畦のいたるところにダイサギがいた。緑と白のコントラストがきれい。

その他アオサギ、カワウ、イソシギ、三田市街近くのイソヒヨドリ、ツバメ位。

[1890]2019年09月12日 (木) 21時27分 : 返信

  甲子園浜探鳥会

投稿者:R. Doi

1.ウミネコ幼鳥
 「フィールドガイド日本の野鳥」の説明の通り「若鳥は額・喉・顔は白っぽい。尾の先は黒く嘴は薄紅色で先は黒く足も薄紅色。カモメ科の鳥は成長になるまで3~5年要する」ようだが背中のはっきりした鱗模様からも写真は今年の幼鳥か?
2.ウミネコ若鳥
 奥が2年くらい、手前が3年くらいか(手前は尾羽のように見える初列風切に白い点々が見られないので完全な成鳥ではないように思う) 知識が乏しいので深入りしない。
3.マガモ
 写真を見て後でわかったことだが嘴が黄色く尾が白っぽいのでマガモ雄のエクリプスと思われる。
4.キンクロハジロ雌
 写真は嘴の付け根が若干白い雌の個体。

その他
コガモが5〜6羽いたが雄のエクリプスは雌に似るので写真では区別がつかない。コガモは渡来が大型の鴨に比べて早い。ホシハジロの雄、ここではよく見るイソシギ、魚を採ったミサゴ、浄化センター付近のイソヒヨドリで、シギ・チはまだ少ない。

[1888]2019年09月09日 (月) 14時55分 : 返信

投稿者:Rinko

カモやカモメの名前は分かっても、幼、若、成鳥の区別(人によっては「〇年モノ」なんて表現される)をさらりと言えるなんて憧れです・・・

[1889]2019年09月09日 (月) 23時39分

  甲子園浜探鳥会

投稿者:n.igu

暑い中の探鳥会お疲れ様でした🥵
オスプレーの写真を載せます。
甲子園浜で直ぐに掲示板にアップしたのですが、書き込みされていませんでした。
4枚目は昆陽池公園のコシアカツバメです。
ややこしい写真ですが賑やかしです。
武庫川コスモス園もバーダーは居ませんでした

[1887]2019年09月08日 (日) 14時09分 : 返信

  大阪南港野鳥園 続き

投稿者:R. Doi

1.キリアイ(錐合:嘴が錐をあわせたものに似るから?)旅鳥
白い頭側線と眉斑があるため頭側が縞模様に見える、足は黒。嘴が太目で先端が下へ曲がっているのが特徴。顔の特徴から比較的憶えやすそう。
2.オグロシギ 旅鳥
 オオソリハシシギと一緒にいた。大きさはオグロシギの方が少し小さく嘴が真っ直ぐなのが大きな違い。尾の先が黒いのは飛ぶとよくわかるのだが。
3.オオメダイチドリ幼鳥 旅鳥
 メダイチドリより嘴は長く足が長く黄色い。
4.ソリハシシギ 旅鳥
 遠くからでもシルエットが分りやすい。

現在、5月頃は見なかった鳥が多い気がする。
展望塔は屋根も椅子も自販機もありまた最近出た鳥もHPの掲示板に出ているので渡りの始まったこの時期は絶好の探鳥スポットだ。

[1886]2019年09月05日 (木) 10時52分 : 返信

  武庫川

投稿者:n.igu

サンコウチョウも沢山撮ったので、今日は武庫川左岸に行きました。目的はコムクドリです。春の渡りの時期に居た場所に向かったが鳥影なし、新幹線方面に向かうと道路側でカメラマンさんが地面を狙ってる! 近づくとコムクドリの群れで水浴びや水を飲んでいた!ムクドリも混ざってるが良しとする👌とりあえずシャッターを押す。
私が着く前には。オオルリの雌、キビタキが居たそうです。

[1885]2019年09月04日 (水) 11時36分 : 返信

  大阪南港野鳥園 チュウヒ

投稿者:R. Doi

チュウヒ(漢字:宙飛、中飛とも由来不明)
今回初めて園内でチュウヒを見る。チュウヒは本来越冬のため飛来する冬鳥。

チュウヒは狩りの際V字翼で低空飛行が得意。雌の方が大きく(雄L48,雌58)垂直着陸の可能な唯一の猛禽類。英語名:Eastern marsh harrier で、英国のハリアー戦闘機の名前の由来とも。

野鳥園では葦の上を低空でゆっくりV字飛行しながら獲物を探している様子。チュウヒが現れるとシギチドリが一斉に群れて飛び立つ。チュウヒの翼の色は個体差が大きいとのことで残念ながら雄雌の別は分らず。一度、園内上空にいたミサゴが急降下してチュウヒを追っ払ったが、ミサゴは何時もいる杭に止まるとそれ以上のバトルにはならず。

[1884]2019年09月04日 (水) 11時19分 : 返信

  秋の渡りを期待して!!

投稿者:n.igu

やはり昆陽池公園へ秋の渡りを期待して行く、
掲示板には、昨日、マミジロが飛来した記録が有る
バーダーによると10分程撮り放題との事、今日はと期待したが抜けたようです、残念
他の野鳥との出会いを求めて散策、他のバーダーが地面に動きを見つけた。コルリらしい、その後、3羽の動きがある、ヤブサメとコルリだカメラを構えるが枝被りのピンボケ トホホ
その後動きが無く解散、しばらくすると別場所で小鳥が飛び交う、サンコウチョウ、エナガ、シジュウカラ、センダイムシクイ、メジロ、横に移動しながらシャッターチャンスを待つが残念ながら帰宅時間、次回に期待し公園を後にする。
1.ヤブサメ 不鮮明ですがお許しを
2.センダイムシクイ
3.サンコウチョウ
4.キビタキ雌

[1883]2019年09月02日 (月) 16時56分 : 返信

  サンコウチョウ

投稿者:n.igu

いつもの公園、
センダイムシクイ、コサメビタキ、コゲラ、メジロに混ざってサンコウチョウも場所を移動しながら飛び交う、しばらくして、目線の高さの枝に止まる、枝被りなし!20分位動かない撮り放題、ファンサービスか?しかし、距離があるのでピンボケです、トホホ(u_u)
コルリは確認出来ませんでした。

[1881]2019年08月31日 (土) 20時53分 : 返信

頭が下がります

投稿者:Rinko

頭が下がります・・・イエイエ、暑さに参ってではなく、この酷暑続きの中探鳥日参されていることに頭が下がります。ちゃんとご褒美を頂かれてますね(^^♪
最近私はもう少し涼しくならなければ出かけられないアカンタレになってしまいました(-_-;)

[1882]2019年09月01日 (日) 07時27分

  昆陽池公園

投稿者:n.igu

秋の渡りを期待して又々昆陽池公園へ行きました。
サンコウチョウは見当たらないが、サンショウクイが飛来しています。動きが早くて全く写真は撮れません。
3日前からコルリがいるらしくスポットへ移動!
約10m先の小高いところを歩き廻っている。笹の枝被りでピンボケ写真、しばらく待って居ると近くに出て来る、チャンス!! 若干ピンボケですが撮れました。

[1880]2019年08月29日 (木) 11時48分 : 返信

  大阪南港野鳥園他

投稿者:R. Doi

1.-3.ホウロクシギ(焙烙鷸)旅鳥 環境省絶滅危惧種U類(VU)
日本に渡来するシギでは最大級の大きさ。野鳥園には一羽だけいた。日本名が素焼きの平たく浅い土鍋とはかわいそうに。ダイシャクシギと殆ど見分けがつかないが、ダイシャクシギとの違いは腹まで淡褐色(ダイシャクシギは腹は白色)で翼下面も全体に褐色の模様が見えること。
嘴が長いのは餌採るには便利そうだが羽繕いには苦労しているように見えた。

野鳥園には他にタカブシギ、オオメダイチドリ、ミユビシギ、ヒバリシギ、コアオアシシギがいるようだが遠くにいるためか見つけられず。もっとも見ているのだが微妙な違いで見落としているのかも。

4.大阪城公園のコルリ

[1879]2019年08月28日 (水) 11時14分 : 返信

  昆陽池公園

投稿者:n.igu

3日続いてサンコウチョウを追っています。小鳥の群れと一緒に飛び回り移動している為、中々良い写真は撮れません。
本日、昆陽池にて確認された野鳥は
サンコウチョウ 雌3羽
キビタキ 雌2羽
センダイムシクイ
エゾメシクイ
コサメビタキ
サメビタキ
エナガ
移動が早く全く撮れません。
なんとか撮れたサンコウチョウの写真、4枚です

[1878]2019年08月26日 (月) 13時08分 : 返信

  大阪南港野鳥園

投稿者:R. Doi

1−3.ミサゴ
 野鳥園にミサゴはいつもいるとは限らないのに当日は2羽もいた。写真は羽がきれいでバフ色の羽縁があるので幼鳥かも知れない。魚を食べた後だったためかあまり動かず。池の上を旋回してまた戻ってくる。餌の魚を食べているとカラスが寄ってくる。
ここにいるのがミサゴで良かった。ミサゴは同じ猛禽類のハヤブサと違い、餌が魚のため、ミサゴがいてもシギチドリは全く逃げない。一方ハヤブサはシギチドリの天敵。
4.ソリハシシギ、メダイチドリ

他に大型のホウロクシギ(L62)、ダイシャクシギ(L60)がいるらしいが残念ながら見つけられず。

[1877]2019年08月26日 (月) 10時05分 : 返信

  又々、又、昆陽池公園へ

投稿者:n.igu

サンコウチョウを追って又昆陽池公園へ、前日出た場所へ脇目も振らずに歩く🚶♂、しかし、居ない、諦めずにひたすら上を向いて先に進む、まずヒヨドリが飛び立つ、しばらくして枝が揺れる、センダイムシクイが続いてサンコウチョウが飛び回った。カメラを構えるが追っつかない。少しピンボケと枝被りのサンコウチョウしか撮れませんでしたでした🥴😞
サンコウチョウは二羽確認しました。センダイムシクイも二羽確認しました。
3枚目は、中サギです

[1876]2019年08月25日 (日) 11時40分 : 返信

  又々、昆陽池公園へ

投稿者:n.igu

厚さも少し和らぎ,午前中は暇なので昆陽池公園へ
公園を一周したが出会えたのは、カワセミ,ヒヨドリだけ
諦めて帰りかけた時,サンコウチョウ,センダイムシクイが出たとの情報が入り早速現場へ
サンコウチョウ、センダイムシクイ、メジロ、ヒヨドリが飛び回っている。目視できるが、ファインダーには入らない
結局はサンコウチョウのシルエット写真のみです。
いよいよ秋の渡りの時期になったようです。忙しくなりそうです。
寂しいので、今日撮った、赤トンボの写真を一枚載せます。

[1874]2019年08月24日 (土) 12時49分 : 返信

訂正

投稿者:n.igu

訂正します。厚いではなく暑いでした🥵
サンコウチョウは私が確認した場所と、同時刻に別場所で確認されている事から、二体は居ると思います。尚、私のサンコウチョウは雌でした。
センダイムシクイの他にはエゾメシクイ?等も確認しているようです
秋の渡りが始まり、野鳥との出会いが楽しみです

[1875]2019年08月24日 (土) 20時16分

  大阪南港野鳥園

投稿者:R. Doi

ここでシギ、チドリの秋の渡りが始まったと知って行ってみる。
1.オバシギ
 背羽の一部がまだ赤褐色になっていない。幼鳥と成鳥の間くらいか?
2.オオソリハシシギ
 まだ胸が褐色でないが嘴の先が黒で基部が淡紅色から分かる。
3.ダイゼン
前面まだ黒くはない
4.アオアシシギ
  嘴が少し反っている。

他に最近観察されているのは、ソリハシシギ、キョウジョシギ、オグロシギ、コチドリ、シロチドリ、タカブシギ、トウネン、メダイチドリ等。台風の影響か、珍しくセグロアジサシが飛来とのこと。

展望塔は日が当たらず、座って観察出来、さらに掲示板に見つけた鳥の書き込みもあるので
大助かり。

[1873]2019年08月19日 (月) 12時13分 : 返信



Number
Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板