宝塚野鳥の会

何でも書き込んでくださいね

ホームページへ戻る

168874

名前
題名
内容
文字色
画像・音声
ファイル



  削除キー 項目の保存


RSS
  遠征探鳥会・・・速報です

投稿者:fyamao

予てより計画されていた今年の遠征探鳥会、21名の会員の参加のもと、佐賀は東よか干潟にて敢行されました。18日夕刻、大阪南港から新門司港へフェリーで出発。翌朝5時に着後、すぐに借り上げバスにて佐賀へ。9時前に現地に入り、11時半の満潮すぎまで干潟でのシギチの観察。近くの料理店にてムツゴロウをはじめとした海鮮料理で昼食後に福富干拓にてカモ類などの観察に時間を過ごしました。夕方にはバスで新門司港に戻り、フェリーで関西に戻るという強行軍でしたが、実に楽しくて実り多い探鳥会でありました。

オオハシシギ、ソリハシシギ、オオソリハシシギ、チュウシャクシギ、ホウロウクシギ、ツルシギ、キョウジョシギ、コオバシギ、オバシギ、ウズラシギ、トウネン、ウズラシギ、ハマシギなど、さらにはムナグロ、ダイゼン、シロチドリ、メダイチドリに加えてクロツラヘラサギ、ヘラサギなどなど・・・書ききれませんが、さすが非常に大きな干潟ゆえに総計60種を数えました。詳細は後日報告される探鳥会記録を乞うご期待です。

個人的には新たに11種の初撮り種が増えて、一応の成果ではありました。ただ残念なのは、久しぶりのカメラ機種とで設定がまづかったのか、はたまた鳥たちが遠すぎたのか、綺麗な写真が殆ど残らず駄作ばかり、証拠写真程度で終わってしまいました(涙)。
未だ整理が追いついてなくて、一部正確さの保証もないのですが、何もここにあげないわけにはいかないのでとりあえず、クロツラヘラサギ、オオソリハシシギ、ソリハシシギなどの数点のみにてご容赦願います。

[1385]2018年04月21日 (土) 20時39分 : 返信

遠征探鳥会・・・補遺

投稿者:fyamao

写真を整理して探鳥会の時のことを思い出していました。
個人的には上の記事で初撮り種11種と書きましたが、撮影種のデータベースに入れようとして、その内の4種は関西の川や干潟で既撮影でした。結局、7種の増加に止まりました。頭に残っていないというのは初見と同じことかとも思いますが、仕方ないですね(苦笑)。
鳥以外の写真を4葉ほど、人の顔が出ないようなものしか出せませんので・・・
明石海峡大橋をくぐる頃にはダイニングルームで食事(飲み?)を楽しみ、瀬戸内海に夕日が落ちる頃からは狭いベッドで早朝起床に備えて眠る人も?
鳥見の最中に彼の地の名物ムツゴロウの漁師を撮って見ました。昼のレストランでこのムツゴロウを真っ黒に焼いたものがでましたが、私には食べられなかった(笑)

[1386]2018年04月24日 (火) 18時30分

  定例探鳥会ー大阪城公園

投稿者:fyamao

事情があってこのところ鳥見になかなか出られない中、今日の探鳥会は時期的に、場所的に絶好の機会でありました。参加者は10名強でちょっと寂しかったのですが、大きな期待を上回る結果がありまして、絶賛の探鳥会となりました。23種の鳥を観察できましたが、とりわけオオルリ、キビタキ、コマドリに加えてクロツグミまで見ることができ、近年にない成果の出た定例探鳥会でありました。

個人的には今期初見のオオルリとキビタキ(神社裏)を各二葉づつ、次掲の記事でコマドリ雌(神社裏)と予想外だったクロツグミ(市民の森)を其々二葉づつを・・・

[1383]2018年04月17日 (火) 19時28分 : 返信

定例探鳥会ー続編

投稿者:fyamao

コマドリとクロツグミ、後者はちょっとピンずれですが・・・

[1384]2018年04月17日 (火) 19時30分

  在庫から・・・

投稿者:fyamao

今日の午前中はまだいい天気だったのだけど、残念ながら所用にて鳥見には出かけられませんでした。二日前に甲山で撮ったシメとトラツグミを各一葉。鳥ではありませんが蝶を2題、ミヤマセセリとルリタテハをどうぞ。

甲山のなかよし池が大変なことになっています。池と川の間にあった葦が全て綺麗に刈り払われています。何もありません! それ以来やってくるバーダーが激減しているそうです。

[1382]2018年04月14日 (土) 20時59分 : 返信

  オオルリとコマドリ狙いで妙見山の初谷渓谷へ、

投稿者:fyamao

大阪城あたりで入ったオオルリはこの辺りに移ると云われ、コマドリもよく出る探鳥地と聞いて、昨日の箕面に続いて出かけてきました。かって一度会の探鳥会で行ったことがある筈なんだけど、どうにも思い出せなくて初めて来たような感覚でした。
今期まだ見ぬオオルリが一番の期待で、コマドリが昨日に続いて撮れればなお良しと云うところでしたが、そうはうまくいってくれません。入り口近くで会ったバーダー二人と行動を共にしながら登って行き、数カ所のスポットでコマドリが実によく出ました。昨日も盛んに出ていたらしい。一匹のコマドリを100名以上のカメラんが追っかける昨日の箕面とは打って変わって、3−4名で数カ所を巡ってどの場所でも楽しませてくれる、実に鳥見の醍醐味とはこういうものかと。ところがオオルリがさっぱりです、声は聞こえているんだけれど・・・
というわけで、ピントが甘ですがコマドリを三葉ほど。コマドリの横に出たヤブサメは予想外の副産物でしたが実は初撮り種で、思いがけない収穫でした。ちょっとピンズレですが一葉だけ。最初はムシクイかなと思っていましたが、現像してからよく見て見ると尾が短いのでこのように結論しました。

[1381]2018年04月13日 (金) 20時30分 : 返信

  午後から夕方の甲山にて・・・

投稿者:fyamao

いつものコースを歩いているとオオルリの鳴き声が・・・、ゆっくり探しながら分入って視界がひらけた所の出ると目の前の枝にいるのに遭遇。近すぎる!と思いながらゆっくりカメラを構えた途端に飛ばれてしまい、撮影に至らず無念の涙。今期初見の綺麗なオオルリだったのになぁ。
高い木の先端にシメを発見、今度は遠すぎて証拠写真程度のものしか撮れず、またまた悔し涙。
ブッシュの中でなにやらうごめくものが・・・よく見るとトラツグミがダンスしてました。綺麗に撮れましたが、ここへの掲載は割愛。

帰りかけた時に、地元?の熟練バーダーから夕方に戻ってくるアオゲラのスポットを教えてもらいしばらく残留することに。予想通り、期待通りに雄と雌が出てくれて、薄暗い中で懸命に撮影、大なる成果を得ました。
アオゲラを4葉。

[1379]2018年04月13日 (金) 00時30分 : 返信

  久しぶりの鳥見!!!

投稿者:fyamao

事情あって一週間以上鳥見をできずにいましたが、やっと再開です。今日は一日フルに鳥見に使えるとあってどこに行こうか迷いましたが、取敢えず箕面ででもオオルリとコマドリぐらいを狙ってもいいだろうか・・・と出かけました。現地に着くと、前日から入ったというオオルリ、数日前から入っているというコマドリ雄狙いの100名以上のカメラマンが林立。そんな情報を知らなかったので少々戸惑いながらも、撮れるものは撮って適宜退散することにしました。コマドリは出ていましたがオオルリは出なかったようです。
帰り道の渓流にてキビタキの雌を見つけてこれも撮影できてまずまずかと・・・
コマドリ雄を3葉、キビタキ雌を1葉。

帰宅前に甲山に転進、その結果は次の記事で。

[1378]2018年04月13日 (金) 00時26分 : 返信

投稿者:i.s

しばらくお目に掛かれなかったので心配していました。
良いご事情ならいいのですが・・
小生も事情で(まぁまぁの事情)鳥見が出来ておらず、fyamaoさんの写真で憂さばらしです。 安心しました。

[1380]2018年04月13日 (金) 10時04分

  オオルリ

投稿者:鶴山建済

甲山森林公園でオオルリが撮れました。

[1376]2018年04月06日 (金) 09時36分 : 返信

投稿者:fyamao

鶴山さん、
書き込みありがとうございます。タイムリーな記事ですね。

[1377]2018年04月06日 (金) 09時53分

  定例探鳥会、甲子園浜へ・・・

投稿者:fyamao

夏鳥待ちの端境期はここでも例外ではなかったですね、鳥影薄く目立ったものはありませんでした。15名の参加者で30種を確認。個人的にはウミアイサが目につきました。スズガモは恥ずかしながら初撮り種、194種目でした(苦笑)。

[1375]2018年04月01日 (日) 20時46分 : 返信

  遠征、プチ遠征二題・・・その二

投稿者:fyamao

前日の出雲に向かっている途中の松江辺りで「稲美町でアカマシコが出ている」と会のベテランさんから神の声がありました。日御碕を日帰りに短縮した理由の一つはこれでした。で、昨夜帰り着いたあと今朝から現地へ。10時過ぎに着くとついさっき出たので次は4−5時間後だよとは屯するバーダーの声。7−80名は集まっていました。4−5時間待つのは覚悟の上、大したことはないと待機していると、1時間ちょっとで桜の花に戻ってきました。鳥運は我に味方せり・・・ですね。それから半時間ほど楽しませてくれました。ただし、花や枝被りで完全なショットは少なく手強い相手でした。が、初撮り193種目の満足いく撮影でありました。
アカマシコは初めて聞く名で、調べてみると、雄は頭部から腹まで赤く、雌はそうでもないという。雌はベニマシコの幼鳥と区別が難しいが、胸の縦縞があり、尾が短いとあった。インド、東南アジア北部、中国南部で越冬したのが北に帰る途中に寄ったり迷ったりするらしく、日本では極めて珍しいという。

[1372]2018年03月29日 (木) 19時51分 : 返信

投稿者:i.s

やりましたね!!\(◎o◎)/!
ヤツガシラの代わりにしては出来過ぎ。オスなら気絶(笑)

[1373]2018年03月29日 (木) 19時56分

投稿者:fyamao

前日の日御碕の鬱憤が一気に晴らせました。雄だったら気も狂わんばかりだったでしょうに・・・

[1374]2018年03月29日 (木) 20時19分

  遠征、プチ遠征二題・・・その一

投稿者:fyamao

三月中旬から出雲は日御碕にヤツガシラが降りているという情報をもらって色々調べたところ、大体2−3日で飛び立つという。入れ替わり立ち替わりで別個体が同様に2−3日降りてくるのだそうな。フィリピンあたりから朝鮮半島を経由してユーラシア大陸に渡る間に立ち寄るとのことだった。なかなか見ることのない鳥だけにどうしても行きたくなりました。ただ、何時も居る訳でもなのく見られるかどうかの保証もないので迷っていました。
日曜に行った人のブログで土曜から出ていないとあり、ならばその5−6日後なら次の個体が・・・と思って意を決しました。水曜の明け方に宝塚を出発、朝の9時前に現地着。現地の作業員やバーダーから話を聞き出る場所を確認したけれど、「この数日見てないなぁ、、、」と。実際歩き回ったけれど姿なし、丸坊主の探鳥でありました。予定通り泊まり込んで頑張ってみるかとも思いましたが、どうも出る気配を感じないので夕方で諦めて日帰りで帰ることにしました。これからもいろんな意味で出かけていく探鳥地だと思われるので一度行って見たことには意義があったと(無理やり)思いながら・・・.
蛇足ながら、現地の人が「今年は兵庫県から来る人が多いなぁ・・・」と言ってました。誰か煽っている人がいるのかな(笑)。で、閑話休題、この地にはなぜかジョウビタキが非常に多数集まっていました。これから朝鮮半島に渡るために集まっているんでしょうか? せめての慰みに・・・

[1371]2018年03月29日 (木) 19時33分 : 返信

  探鳥例会、淀川中津へ

投稿者:fyamao

22名の参加でベニマシコ、オオジュリンなどを期待して実施。個人的にはツリスガラ狙いを期待していましたが・・・
鳥影は薄く、若干期待外れの感なきにしもあらずでしたが、ベニマシコ、オオジュリン、ジョウビタキ、モズ、チョウゲンボウ、ヒバリ、ウグイスなどなど25種を確認しました。オオジュリンも遠くていい撮影にはなりません。かろうじて頭の黒くなりかけたのを撮ることができました。
例会終了後に単独で海老江方面に歩いて見ました。近くにオオジュリンが飛び交うのに遭遇したのみでしたが、ここでいい写真が撮れました。ツリスガラはとうとう見かけませんでした。
春らしくなって、最後にタンポポを一葉・・・

[1370]2018年03月25日 (日) 21時07分 : 返信

  黒っぽくなったタゲリ

投稿者:robin24de

近くの公園の桜もちらほら咲きで、すっかり春らしくなった。
近くの田んぼにいたタゲリはもう帰っただろうと覗いてみると、4羽確認できた。天候もよいしせっかく来たので、愛用の望遠レンズを出し近くに行って観察、中に喉から腹にかけてとても黒くなった個体がいた。11月ごろと比べると見事な黒さである。近くに雌らしい個体もいて、一瞬2羽が揃った。もうすぐ旅立つであろう、この冬はピークで30数羽と初めてたくさんのタゲリをみることができハッピーだった。

[1368]2018年03月24日 (土) 22時55分 : 返信

さすがですね

投稿者:fyamao

さすが熟練のrobinさん、綺麗な写真に感服です。

[1369]2018年03月25日 (日) 06時32分

  探鳥会は中止・・・その代わりに、

投稿者:fyamao

服部緑地公園での定例探鳥会の予定位だったので集合時刻に現地にたどり着いたら、6人が集結したけれど小雨寸前の悪天候であえなく中止。そのうち5名で「折角来たから箕面のカワガラスを見に行こう」ということになって天候を気にしながら転戦しました。駐車場に車を入れて河沿いに歩くと、すでにひなの給餌の時期は過ぎて、数カ所で成鳥、幼鳥が飛び交ってました。すぐ近くで観察できて、一応の成果として探鳥会に代えました。

[1365]2018年03月20日 (火) 20時53分 : 返信

残念!

投稿者:Rinko

昨日から探鳥会準備バッチリ(?)でした。
天気予報では「曇り後雨。しかし、いつ降るかわからない。寒い」。朝起きたら空はどんより。で、心萎えて引きこもり。
カワガラスに転戦されたのなら、行けばよかった・・・
心弱き者にはご褒美はいただけませんね・・・

[1366]2018年03月20日 (火) 21時41分

  出会いたい鳥

投稿者:Rinko

「BIRDER]4月号に「出会いたい日本の鳥10」が掲載されている。@アカショウビンAシマエナガBヤイロチョウCヤマセミDシマフクロウEサンコウチョウFイヌワシGオオワシHライチョウIヤツガシラ。順序は異なるが納得!でも、私的にはどうしても、割り込んで入れたいのはカンムリワシ!・・・そろそろ又行きたい、石垣島に!

同じく世界のそれは@ハチドリAケッツアールBシロフクロウCハクトウワシDワライカワセミEキーウイFハシビロコウGアネハヅル、オウギワシ、フウチョウらしい。キーウイとオウギワシにはまだ出会っていないが、これも私的にはセボシカンムリガラやキバラオウギビタキ、メジロシマドリなども入れたい。その地域では珍鳥ではないが、出会えばその可愛さに心奪われること間違いなし!・・・と思う(^^♪

こう書いていくと又画像を繰って見たくなるのです(#^.^#)
セボシカンムリガラ、キバラオウギビタキ、メジロシマドリです

[1364]2018年03月19日 (月) 14時07分 : 返信

  アーモンドの花にも鳥は来るだろうに・・・

投稿者:fyamao

神戸深江の沖の人工島の某企業が敷地内の数十本のアーモンドの木の花を一般公開しているというので出かけてみました。鳥も出てくるかもとは勝手な期待ですが。駅から無料のシャトルバスで送迎してもらい、桜より一足早い花見です、花見は梅や桜だけでないという反語的イベントですね。大人気の人出でした。初めて見ましたが、桜の花より少し大きい、でもよく似た花でした。桜と違って枝から直接花がつくのが特徴とか。鳥は何も出ませんで鳥ネタでなくなりました、どうもすみません・・・

[1363]2018年03月18日 (日) 20時30分 : 返信

投稿者:i.s

いえいえ! 🐦だけが自然じゃなくて(^.^)
ほ〜っ これがアーモンドの花ですか。初めで見ました。可愛い花ですね。桜に似て。ありがとう!!

[1367]2018年03月20日 (火) 21時50分

  噂のシベリアジュリン、見てきました

投稿者:fyamao

神戸の池に出ているという珍鳥(迷鳥)のシベリアジュリン、その垂水の池の名と場所が神の声で聞こえてきた。それれとは別に某ブログでも明らかになっていた。で、早速今朝から出かけてきました、もう抜けていることも充分予想されましたが・・・
現地に9時半ごろに到着、この池は探鳥地としていいらしい、カモ類は沢山いましたし、カメラマンやバーダーも少々目につきました。地元の熟練バーダーらしき人に聞くと抜けているかもしれないが、出るとすれば3箇所ぐらいのアシの穂が残っている付近とのこと。オオジュリン2羽と一緒に行動しているらしい。仕方ないのでその内の1箇所で暫く待機することにしました。待つこと2時間近く、カメラマン達も少しずつ消えて少なくなった頃にふと見ると一羽上に出て止まっている。双眼鏡で見るとオオジュリンかシベリアジュリンか分からないけれどもそれらしい、とにかく撮影しました。私の撮影に気がついて散っていたカメラマンたち数人が集まってきて、10分ばかりシャッター音が続きました。偶然そばに来た比較的若いバーダーがオオジュリン1羽とシベリアジュリン1羽が動き回るのを見ながらそれらの区別を指南してくれました。ラッキーでした。ただし、オオジュリンも比較のために撮ろうとしましたが被って撮れず惜しいことをしました。

オオジュリン/シベリアジュリンの識別点、いずれも両者を比較してということですが・・・
嘴が 湾曲/直線的、上嘴と下嘴のコントラストが弱め/強め(上嘴が黒っく、下嘴が肉直)
大きさが 普通(?)/小さめ
胸脇が 薄い縦縞/縦縞は目立たないで全体に白い
尾の長さが 特に短くはない/短く見える
足が 黒褐色/特に黒くはない
といった点らしい。いずれにしもこの両者の識別は非常に難しく注意を要するようです。私のここの写真での判断も間違っているかも・・・

[1361]2018年03月17日 (土) 20時54分 : 返信

神戸の池・・・続き

投稿者:fyamao

シベリジュリン待ちの間に、すぐ横にヒクイナが出ていました。今日はこれだけで終わりかな、と諦めかけた時に本命が出てくれました・・・

[1362]2018年03月18日 (日) 07時53分

  花粉症対策はどうしてますか?

投稿者:fyamao

実に良い天気なんだけど、鳥撮りも休んで自宅に籠っていました.理由は花粉症のアレルギー.2月中旬に最初の軽い兆候がでて、抗アレルギー剤を処方してもらい、点鼻薬でも処置していて収まっていました.今年はこの程度で回避できるかと思っていたら、昨日、山に入った事もあるのだろうがひどい鼻炎で劇症化.今はスギ花粉のピーク時らしくとうとう閾値を越えたのか? いつもはあと半月後のヒノキ花粉に最も感受性が高くなるので、今のスギの時期でこれでは今年は大変なことになるのではと大いに心配になりました.もう少ししたら野鳥の春の渡りが本格化するのに・・・と意気消沈しての休息というか引きこもりというか.皆さんは花粉症でも探鳥に出かけられるように、どんな対策をとっているんでしょうか?

一日引きこもって、気になったこと・・・・
シベリアンジュリンという鳥が神戸のあたりに出ているという。しかし、詳しい場所がわからない!
黄色いアオジが見つかったそうな。綺麗な色だそうですが、これも場所はわからない・・・

[1359]2018年03月14日 (水) 21時50分 : 返信

花粉症、お見舞い申し上げます

投稿者:Rinko

お辛いようですね、私は目頭が痒くなる程度、それも、花粉症なのか?どうかな?位です、が、重症の方は本当に辛いと聞いています。♪春よ〜来い、早〜く来い♪は気軽に歌えないですね・・・
ところで、シベリアジュリンはどこにきているのでしょうね?2006年の当会の韓国探鳥で出会ってますが、その頃はまだカメラを持っていなかったので、是非撮りたいです・・・神戸なら近いし・・・ご存知の方は是非教えていただきたいです。

[1360]2018年03月15日 (木) 00時17分

  箕面の山と川へ・・・

投稿者:fyamao

ある鳥狙いでキレンジャクの熱も冷めた箕面の公園へ行って見ましたが、バーダーの数も減りましたが鳥影も薄く、出たのはマヒワ、アトリ、ホオジロぐらいで目当ての鳥は外れました。帰りにカワガラスの幼鳥と給餌の様子を撮りたいと川に沿って歩いて行くと、まず茨木のロビンさんに遭遇、続いて三太郎さんにばったり出会って、皆さん同じ想いなのかと・・・
カワガラスの様子を4葉ほど、いずれも暗くてシャッター速度が上がらず被写体ブレがひどいですが、雰囲気は出ているかと思います。

[1357]2018年03月13日 (火) 21時31分 : 返信

カワガラス

投稿者:robin24de

餌やりが撮れ雰囲気十分です、よかったですね。本当に暗い場所でしたね、出る年によりなかなか良い条件は少ないです。
今日は大失敗していました、カメラにSDカードが入っていることをすっかり忘れており、CFが入っているとばかり思って、いっぱいになってCFが入らないので初期化し800カットぱあになりました。かろうじて180枚は無事でしたが、初めての大チョンボです。

[1358]2018年03月14日 (水) 00時11分

  甲子園浜へ...ホオジロガモはまだいるかな・・・

投稿者:fyamao

ここではホオジロガモの雌がよく見かけられていました。が、雄はいないと書かれています、また非常に遠くにしか見られないとも。ただ一件の記事のみ、遠いけれど雄を撮ったとありました。もう飛び立つ時期なのでいない可能性も高いけれど、行って見なければわからない・・・と割り切って今日になって出かけて見ました。写真は浜から近いところで雄と思われたので撮りました。腹の部分が水面に出てませんが、間違っていませんよね。コメントをいただければ嬉しいです。正しければ191種目の初撮り種です。

ついでながらウミアイサ、ずいぶん遠いところにいました。

[1355]2018年03月12日 (月) 20時36分 : 返信

ウミアイサは間違い!

投稿者:fyamao

ホオジロガモは若い鳥だが間違いない、ウミアイサとしたのはハジロカイツブリの夏羽だろうと指摘を受けました。訂正です。

[1356]2018年03月12日 (月) 22時02分

  懸命に子育て

投稿者:robin24de

風邪で10日間しんどい目をしましたが、やっと元気になり、久々のBWに出かけました。
もう春かなあと思うぐらい暖かい日がありましたが、今日の寒さは真冬並み、山は雪交じりの雨でした。
そろそろ待望のカワガラスのヒナが出てくる頃と営巣を見に行きました。
毎年毎年しっかりと子供を育てるすばらしい生き物です。親は懸命に上流にまた下流にと口にいっぱい水性昆虫を咥えて、近くの岩に戻り巣穴にいき、またすぐエサ取りに飛んでいきます。
そんな中で小魚を咥えて戻り、岩の上で数回振り回して動かなくして巣穴に行きました。親は子育てに一生懸命です。振り回した写真はピンが甘いですが、珍しいので投稿しました。

[1353]2018年03月09日 (金) 23時37分 : 返信

早春

投稿者:Rinko

まだまだ川の水は冷たいのに、(小鳥の中では)いち早く子育てするカワガラスの親鳥の健気な姿には感動しますね!

[1354]2018年03月10日 (土) 21時51分



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板