宝塚野鳥の会

何でも書き込んでくださいね

ホームページへ戻る

150276

名前
題名
内容
文字色
画像・音声
ファイル



  削除キー 項目の保存


RSS
  高山植物と風景

投稿者:Rinko

@「クロユリは恋の花〜」と歌われた花だが、この花の匂いが恋の匂いと連想するのは日本人で、英語ではSkunk Lily(スカンクのユリ)とかdirty diaper(汚いオムツ)とか表現されているらしい。
A言わずと知れた高山植物の女王「コマクサ」。花の形が駒(馬)の顔に似ていることが名前の由来
B小さな花は梅に似ているのに有毒だというコバイケイソウ
C最高峰の剣が峰に登る登山者が列をなしている

[1148]2017年07月24日 (月) 00時39分 : 返信

  イワツバメ

投稿者:Rinko

イワツバメは正に子育て真っ最中
@銀嶺荘の軒下で
A巣立ち雛が集まって親が餌を運んで来るのを待っている
C地面に降りている、ということは巣作りの泥を集めているのだろうか?ちょっと遠かったので確認できなかった

[1146]2017年07月24日 (月) 00時11分 : 返信

御来光

投稿者:Rinko

山頂から見る日の出と一口で言ってしまえばそうなのだが、この澄み切った空気に包まれた山頂から一点を見つめるこの一瞬はやっぱり「御来光」と云うに相応しい。
素晴らしい雲海だった。
銀嶺荘が見える

[1147]2017年07月24日 (月) 00時20分

イワツバメ、イワヒバリ等々

投稿者:haseryo

いい写真ですね。イワツバメの生態が良く分かります。イワヒバリの親子の給餌行動も出色ですね。色んな写真に解説までしていただき再度勉強ができました。感謝感謝!!

[1150]2017年07月24日 (月) 23時05分

  カヤクグリ

投稿者:Rinko

今回あちらこちらで出会ったカヤクグリ
@ハイマツの上で「チリリリ・・・」とよく囀っていた
A雪渓の上でも囀る
Bハイマツの天辺でも・・・

[1145]2017年07月24日 (月) 00時02分 : 返信

  イワヒバリー2

投稿者:Rinko

イワヒバリは雌雄同色
@ハクサンイチゲやミヤマキンバイが咲くお花畑の中の成鳥 A雪渓の上の成鳥 B雛

[1143]2017年07月23日 (日) 23時43分 : 返信

ホシガラス

投稿者:Rinko

イワヒバリに足を止められてホシガラス現場には遅れてしまいましたが何とか数枚撮れました
@ハイマツの中のホシガラス
A大岩の上に
B乗鞍岳は長野県と岐阜県にまたがる。私達が訪れた畳平は「岐阜県側だよ」ってホシガラスが教えてくれた(#^.^#)

[1144]2017年07月23日 (日) 23時55分

  乗鞍岳・畳平探鳥会

投稿者:Rinko

先日の探鳥会は久しぶりの高山歩きでした。目標の鳥にも出会えて楽しいひと時を過ごせました。皆さん満足されていたようで、準備してくださった役員の方々ありがとうございました。
それぞれ立ち位置が違っていましたのでカメラを持っていかれた方は画像アップしていただければ話題も増えると思います。
私が撮った一部をアップします
まず、やはり高山の鳥の代表ライチョウです
@雄 A雌 B突然座り込んだ雌。砂浴びをするのかと思いましたが、それにしては短い時間でした。C雛連れの雌。雛は3羽だけ見えました

[1141]2017年07月23日 (日) 23時23分 : 返信

イワヒバリ

投稿者:Rinko

「ホシガラスがいるよ」の情報が入り、お花畑から急いで移動しました。悲しいかな私は遅れてしまいました。が、「塞翁が馬」という言葉があるように、遅れた2,3人の目の前にやってきてくれたのはイワヒバリでした(^^♪しかも、雛連れ!盛んに餌をねだる雛の姿は例に漏れず可愛さ満点でした(^^♪

[1142]2017年07月23日 (日) 23時35分

  うぐいす

投稿者:木谷幸雄

我が家の近所の大きな空家に住み着いているのか毎日盛んに囀っています。春に鳴くと思っていましたが、こんな時期まで鳴くのですか?カラスも時々やってきて鳴いています。差別するのはいけない事かもしれませんが
カラスに襲われたりしないかと心配もしています。

[1139]2017年07月23日 (日) 17時33分 : 返信

投稿者:Rinko

山歩きをしていて夏でも囀っているのは聞いたことがあります。
カラスは他の鳥の卵や雛を襲うことはしばしばあります。カラスも自分の雛を育てるために必死なのですが、こちら側からみれば小さい方を守りたくなりますね。自然の節理は時に残酷です。

[1140]2017年07月23日 (日) 23時05分

  乗鞍畳平への一泊探鳥遠征会

投稿者:fyamao

目標は、ライチョウ、イワヒバリ、ホシガラス、カヤクグリ、イワツバメと勇んで参加。撮れたと思っていたイワヒバリがカイクグリのよう、遠くて小さくてよくわからなかった・・・無念残念至極! でも、重い機材を担いで3回も大黒岳まで往復した奮戦結果として4種を新たに観て撮ることができました・・・

まずは大本命のライチョウを。運がよければ・・・と言われていたのに今回は4箇所で観ることができ、よく遭遇できたと思われます。
1、2葉目はライチョウの雄、こんなところにこんな風に保護色で隠れて動かなければなかなか見つけることができません。3、4葉目は雌、雄との違いは目の上の赤い円班が無いことか。
次の記事での5葉目は番いのライチョウに出会えました、ちょっと遠いですが。
可なりの努力の後に雛連れの雌に遭遇(6葉目)、雛が草影でちょっとわかりづらい。雛単独の写真(7葉目)は可なりピンずれ、どんな鳥の雛をとってもこうなる傾向があるけれど、これは豊かな羽毛のせいなのでしょうか? 雛を連れた雌親(8葉目)は足環が無い。この辺りのライチョウのほとんどは足環をつけていて個体識別されている(3葉目)ようだけど、この雌親はまだそれがされていない個体なので珍しいのを捉えたと指摘されました。

[1134]2017年07月22日 (土) 22時06分 : 返信

乗鞍畳平探鳥遠征会 続1

投稿者:fyamao

1様目、つがいのライチョウ、上が雄で下が雌
2葉目、ライチョウの雛連れ、雛が葉陰で分かりにくいですが・・・
3葉目、雛、
4葉目、雛を連れていた足環のない親鳥、

[1135]2017年07月22日 (土) 22時12分

乗鞍畳平探鳥遠征会 続2

投稿者:fyamao

ライチョウ以外の観られた鳥、残念ながらイワヒバリを逸しました。
カヤクグリ(1葉目)、ホシガラス(2葉目)、最後にイワツバメ(3葉目)。この後にイワヒバリが入るはずだったのに・・・

[1136]2017年07月22日 (土) 22時15分

乗鞍畳平探鳥遠征会 続3

投稿者:fyamao

ちょっと話題を変えて、高山植物を少々・・・
順に、ハクサンイチゲ、ミヤマダイコンソウ、クロユリ、ヨツバシオガマ・・・

[1137]2017年07月22日 (土) 22時18分

ライチョウ、採餌の仕草・・・

投稿者:fyamao

歩いているライチョウ、コマクサが目に入り動きが少し止まった後にこれを食べていました。

[1138]2017年07月23日 (日) 11時25分

乗鞍のライチョウ

投稿者:haseryo

コマクサを食べるライチョウは見たことがありません。さすが重い三脚をもって何往復もされただけの事はありますね。ライチョウシリーズ勉強になります。

[1149]2017年07月24日 (月) 23時00分

  ライチョウのウィンク

投稿者:R Hase

皆でバス旅行した乗鞍岳。大黒岳でのライチョウ、初めて見るその雄姿に釘付け・・・なかなかハイマツの茂みから出てくれないと思ったらでたでた…じっとしていて目をきょろきょろ!そのうちに観られ疲れたのかウインクして今から寝るぞと。プロの写真家が投降される前の余興にどうぞ!大黒岳からのご来光はオマケ!今年も良い事ありそうだ。楽しかったです!!

[1133]2017年07月21日 (金) 21時46分 : 返信

  丹頂との出会いが得られました

投稿者:三太郎

暑い日が続きますが雛も大きくなりました、親子仲良く広場で輝いていました

[1132]2017年07月20日 (木) 20時42分 : 返信

  ブッポウソウを求めて・・・

投稿者:fyamao

まだ見ぬ、しかし今夏には是非見たい鳥、この一ヶ月でサンコウチョウ、アカショウビン、ヤイロチョウと初見、初撮りに成功して、今日は其の第四弾です。
岡山は吉備高原まで、ここに行けば見られるというのでブッポウソウを求めて出かけて来ました。さすがにこの鳥を町の鳥として守っているためか、山里のあちこちで飛んでいるのを見つけることができました。圧巻は巣箱の雛に給餌する一連の姿を撮ることができて、今回はこの4葉を、
それにしても暑かった・・・冗談でなく本当に倒れ込みそうでした。

[1131]2017年07月13日 (木) 19時53分 : 返信

  ヤイロチョウを見て来ました

投稿者:fyamao

先月上旬出てからその後は出なくなったと聞いていたあの地のヤイロチョウ、最近再びブログでよく取り上げられているので、一度は見て見たいと思い出かけて来ました。夜明け前3時半に宝塚を発って現地には5時半。既にたくさんのバーダーやカメラマンがいました。ヤイロチョウは15−20分おきぐらいに出て来て、いつも餌のミミズを多量に咥えて巣に飛び込む。其の姿は一寸グロテスクですが、これも自然界にある姿なのだから受け入れることに、綺麗な格好だけが鳥ではないと・・・
有名になった探鳥地に人が集まるのは仕方がないとして、いくつかの問題点もあるようです。人が集まり過ぎないように情報操作をやっているような噂も聞きます。また撮影に際してのマナーの乱れはかなりのもの、今日は被害甚大で気分を害してしまいました。こういう有名探鳥地ばかりを巡っているのがよくないのかなと若干の自戒を込めて・・・

[1130]2017年07月10日 (月) 15時46分 : 返信

  続 八東町・・・コノハズク

投稿者:fyamao

暗いけれどもライトアップされていてなんとか撮影ができました・・・

[1128]2017年07月07日 (金) 20時37分 : 返信

  アカショウビンを求めて・・・

投稿者:fyamao

いくつかの探鳥地で声は聞こえれど姿見せずの憧れの鳥を求めて、鳥取は八頭の八東町まで会の長老に付き合ってもらって一泊で出かけて来ました。全国的にもこの鳥の有名なスポットで、ここなら確実に見ることができるはずとのことで大いに期待しながらの旅でした。数日前から台風や豪雨でとてもアクセスできそうな気配はなかったのですが、昨日から今日だけは見事に晴れて絶好の探鳥日和となりました(今夜からはまた雨とのこと)。さらに運気の良いことにはアカショウビンの雛が孵って二日目と相成って、探鳥1日目午後と二日目の早朝には餌を運ぶ親鳥が頻繁に巣に出入りするのを見ることができ、大変な幸運に恵まれて観察と撮影を十分に堪能しました。
1日目の夜はコノハズクの巣の観察で、やはり雛が孵った巣への餌運びに忙しい親鳥、巣から出る雛の顔を堪能しました。オオコノハズクは既に巣立ちして旅だったようで見ることはかないませんでした。これは別掲、次の記事で・・・

[1127]2017年07月07日 (金) 20時31分 : 返信

アカショウビン

投稿者:haseryo

やりましたね!いい時に行かれて最高でしたね。
またもや先を越されてしまった。

[1129]2017年07月08日 (土) 10時00分

  ささやまの森・・・その後、

投稿者:fyamao

サンコウチョウの巣と雛をフォローするため5度目のこの地へ(7/3)。
二つの巣を見て回りましたが、雛のいた巣はもう何もなく巣立った模様。もう一つは前日に会の長老がオスとメスが入っていると知らせてくれましたが、この日はもぬけの殻で雛の痕跡も見当たらず、やはりこの巣は放棄されたもののようでした。残念至極。当地でこの日に我々を出迎えてくれたのはこの鳥のみ、オオルリのメスだと思いますが、間違っていればご指摘を。
帰りに能勢は野間の大ケヤキに回って、アオバズクと一年ぶりに対面して来ました。

[1126]2017年07月07日 (金) 20時08分 : 返信

  6年ぶりにバンのヒナ

投稿者:会員robin24

カルガモのヒナが出ていると超長老にお聞きし訪れたら、予想外にバンのヒナがいた。バンのヒナは独特のポーズが実にかわいい。傍に大きくなった若2羽もおり、成長ぶりが比較できた。バンのヒナにエビのようなものを与えていた。

[1125]2017年06月28日 (水) 23時23分 : 返信

  またまたサンコウチョウを求めて・・・

投稿者:fyamao

本格的な梅雨の雨が降る前に間隙をぬって北の森へ4度目のプチ遠征、サンコウチョウの巣がどうなっているかが気になって・・・出かけました。アカショウビンは無理だとは思っていたけれど今日は鳴声も聞こえない。
辺りにバーダーが誰もいないのであの巣は放棄されたのかと思いきや、じっくり見てみると数分ごとにオスとメスが入れ替わって入っている。動きが頻繁でないので気がつきにくいのか?抱卵中ということかな、これなら今後期待が持てるな、フォローしなくてはと・・・

上に上がって行くとバーダーが2人、もう一つ別の巣を観察していました。この結果は次の記事で、

[1122]2017年06月28日 (水) 10時00分 : 返信

続・・・サンコウチョウ

投稿者:fyamao

この巣ではすでに雛がかえっていてオス、メスが餌を運んでいました。雛の頭、顔がかい間見えるのだけど、写真の焦点がうまく合いません。2匹がまだ孵って間がないように見えます。
上の場合も含めていずれの巣でも周りであまり騒がないのがいいのだけど、ずいぶん高いところなので・・・

[1123]2017年06月28日 (水) 10時03分

貴重な鳥情報に感謝

投稿者:会員robin24

いつもご活躍何よりと感謝しています。
サンコウチョウこのまま巣立ちをむかえてほしいですね。そっと、そっと!!カラス、ヘビなどにも狙われないように祈っています。

[1124]2017年06月28日 (水) 22時21分

  ヤマセミの観察に・・・

投稿者:fyamao

いつものヤマセミのスッポットに夕方から寄って見ました。小一時間待っているとすぐ近くの枯れ木に止まってくれて、その後しばらく飛び回ってくれました。ここのヤマセミ、去年はかなり老齢のメスで後継が危ぶまれていたと聞きますが、今回は若い幼鳥を引き連れて飛んでいました。繁殖に成功したようです。

[1121]2017年06月27日 (火) 22時35分 : 返信

  日本の美しい鳥・・・写真集

投稿者:fyamao

先日の探鳥会で話題になったこの写真集。梅雨の本格入りのような気配で鳥を見に出かけるのも難しくなります・・・で、これを手に入れてじっくり眺めてみることにしました。珍鳥、奇鳥を集めたものでなくて、ごく普通の鳥を撮ったもの、だけど見事に綺麗で構図がいい。鳥撮りのいい教科書、参考になること請け合い!

[1118]2017年06月23日 (金) 21時30分 : 返信

  タマシギ親子

投稿者:fyamao

東大阪の池島でタマシギの育雛の様子を見てきました。あちこちで紹介されていて知っていたのですが、「稲の苗が伸びると見えなくなるので今のうちですよ」とさる長老から意見をもらって慌てて出かけてきました。
先客カメラマンは2名ほどでしたが、朝から二時間以上待ってるけど畔端から動かない・・・と。私が着いてカメラをセットすると直ぐに田圃の中へ雛を引き連れて歩き始めました、ラッキーでした。

補遺:近くの塔の上にハヤブサが出てるよと途中で行き違った女性バーダーさんが教えてくれて、タマシギの後で帰る前に探して見たが見つからず・・・。

[1117]2017年06月22日 (木) 17時05分 : 返信

  定例探鳥会・・・箕面へ

投稿者:fyamao

参加者20名ほど、初めての参加者も3名、うち2名が当会に新規に加入された!
17種の鳥を観察、ちょっと寂しいが夏になったのでこんなものか。主なものとしてはセンダイムシクイ、オオルリ、キセキレイ、セグロセキレイ、シジュウカラ、アオバズクなどなど・・・アカゲラの鳴き声も聞かれた。
オオルリが結構出てくれて、近くで撮れたものを2葉、アオバズクはここでは初めて出たと聞いたのを一葉、最後に夏の冷風を作ってくれる滝水を・・・

[1116]2017年06月20日 (火) 16時26分 : 返信



Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板