無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

題詠マラソン2004・私的感想掲示板

横レス歓迎。お気軽にどうぞ。
(ページ左下に検索機能が付いています。よろしければご利用下さい)

ホームページへ戻る

 

Name
Mail
Homepage
Subject
Color
Delete Cookie

 

やそおとめ [ Home ] [ Mail ]
>015:蜜柑 田中昌仁 2004年03月02日 (火) 00時58分
>姉さんが身を乗り出して弟に蜜柑を投げたのここの踏切

>結句の「踏切」で景色がガラッと変わってしまう歌。
>姉弟がいたのは電車の中だったのか、電車の外だったのか。

こんにちは。楽しい読みこみが始まりましたね。時々お邪魔させて頂きます。
 上のぽっぽさんの解釈ですが、私は姉が列車(蒸気機関車・ブルートレインなどの懐かしい昔の列車だと思います。)の中で、
弟が踏み切りに立っているのだと解釈をしました。

姉さんが嫁いで行く、あるいは、奉公に行く、もっとドラマチックに描けば、売られて行く。

あぜ道を必死に駆けて来て、「姉さん〜!」と、もう二度と逢えない人を呼ぶような声で弟が呼ぶ・・。まろぶように駆けてくる弟の姿を目にした姉は汽車の窓を開けて、旅の乾きを癒す為のたった一つの蜜柑を投げた。

お父っあん・お母さんを頼むわね〜!

 劇画風に読んでしまいました。深読みが私の欠点です。あは。

 あの〜色のつけ方わからないのですが教えてくださいな。

         おとめ
No.9 2004年03月05日 (金) 11時17分

 

過去ログ6より。
ぽっぽ [ Home ] [ Mail ]
001:空 植松大雄/SERENO(No.61)  2004年03月01日 (月) 22時56分
屋上に本物見せに連れて行く海も空も知らない地球儀

一昨日、隣町のカインズホームで肌色の地球儀を見たんです。青いのしか見たことなかったんで、しばらく眺めましたけど、さすがにとうちゃんに「買ってちょうだい」とは言えませんでした。「空を見せてあげたいの」と言ったら買ってもらえたかしらん。

004:ぬくもり 津和 歌子 2004年03月01日 (月) 23時15分
「ぬくもり」の意味がわからず辞書をひくあなたをずっと抱きしめている

あー、こういう人いますね。あたしも一人知ってます。別宅に匿ってます。(笑)
抱きしめている人はつらいでしょうか。それとも微妙に満足でしょうか。

001:空 五十嵐きよみ 2004年03月02日 (火) 00時11分

  (1)イカロスの空
イカロスという名をつけた飼い鳥を空に放てばすべてはけむり

今年は100首連作になさるというきよみママ。あたしは連作が苦手なので、じっくり拝見して少しでも技を盗みたいです。結句の「すべてはけむり」のあっさりした断言が冷たくて気持ちいい。

015:蜜柑 田中昌仁 2004年03月02日 (火) 00時58分
姉さんが身を乗り出して弟に蜜柑を投げたのここの踏切

結句の「踏切」で景色がガラッと変わってしまう歌。
姉弟がいたのは電車の中だったのか、電車の外だったのか。

004:ぬくもり 宮川大介 2004年03月02日 (火) 07時48分
(どくぜつがばかでせつなくはてしなく)ぬくもりのある恋人だった

あー、この歌好き。(笑)
昔の恋人の悪口っていくらでも言えますよね。でもやっぱりいい人だったと思いたいじゃないですか。思い出は操作可能。でも、操作できないぬくもりもある。

002:安心 本田瑞穂 2004年03月02日 (火) 08時31分
秋の日のひなたのなかですこし会うすこし安心したよねむたい

瑞穂さん、こんにちは。
結句の「ねむたい」に撃たれました。

029:太鼓 現川尋香(川内次代) 2004年03月02日 (火) 09時24分
「あなたとは最後だから」と断られ龍神太鼓は悲しく響く

これ、「鳴神」でしょうか?(違うかな)
もう少しちゃんと状況が分かると良かったかも。
No.8 2004年03月05日 (金) 10時29分
こちらでは初めまして
牧野芝草 [ Home ] [ Mail ]
梨の実歌会でお世話になったRayです
(今年から短歌用の名前に変わりました)。

マラソンの感想に横レスです。
>>015:蜜柑 田中昌仁 2004年03月02日 (火) 00時58分
>姉さんが身を乗り出して弟に蜜柑を投げたのここの踏切
>
>結句の「踏切」で景色がガラッと変わってしまう歌。
>姉弟がいたのは電車の中だったのか、電車の外だったのか。

この歌は、芥川龍之介の『蜜柑』という短編を
下敷きにしているのではないかと思いました
(タイトルうろ覚えですが)。

「汽車に乗っていたら、
 作者と向かいの座席に座っていた少女(というか女学生?)が
 蜜柑を剥いて窓から投げた。
 窓の外には弟らしい少年たち(?)がいて……」
というような話だったと思います。

そうだとすると(私の想像が正しいとすると)
姉=電車(汽車)の中、弟=外
ということになると思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
No.10 2004年03月05日 (金) 15時01分
ああ、そうか!>牧野さん
ぽっぽ [ Home ] [ Mail ]
その「蜜柑」でしたか!(ものすごく納得)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/98.html

久しぶりに読み返したですよ。
さすがに描写が精密だなあ。蜜柑のなんと美しいこと。

ととと、
ご挨拶が遅くなってごめんなさい。
こちらでもよろしくお願いしますね。
ご教授ありがとうございました。(^^)
No.12 2004年03月05日 (金) 19時29分

 

過去ログ5より。
ぽっぽ [ Home ] [ Mail ]
01:空 白糸雅樹 2004年03月01日 (月) 08時02分
わたしからあなたへなだれてゆく愛は空へと帰る雨粒たちだ

あー、雅樹さんだー、
と思って嬉しかった歌。
愛はなだれるんですね。それもごく自然に。

001:空 春畑 茜 2004年03月01日 (月) 11時26分
空いろの小さき車体をかがやかせ絵本の朝を〈トーマス〉が来る

春畑さんはふんわりとした作風の方。
「絵本の朝」という表現の巧さが、優しい歌をスッと引き締めていると思いました。

001:空 ももか 2004年03月01日 (月) 11時47分
えぷろんのふりるを空へ游がせてけふはどこへも行かぬいちにち

「游がせて」は「およがせて」。この一字が効いてますね。景色が見える。普段はエプロン姿でお買い物に行かれるのかなあ。

001:空 津和 歌子 2004年03月01日 (月) 12時59分
この空はあなたのことを必要としていないから起きて来ないで

面白い歌だなあと思いました。
じゃあ、空は誰が必要なんだろうか。

001:空 五人 2004年03月01日 (月) 15時11分
みずいろは空塗る色じゃないと言い 透明絵の具探した冬の日

そうか。
みずいろは水の色ですもんね。空の色じゃない。理屈っぽいけど好感の持てる歌。一生懸命だからかなあ。

006:土 伊波虎英 2004年03月01日 (月) 16時12分
ペテロより受け継がれたる天国の鍵の在り処を言へ土井辰雄

この方の歌はどれも捻ってありますねえ。
どんな人なんだろう。お会いしてみたいな。(^^)

009:圏外 谷口純子 2004年03月01日 (月) 20時48分
圏外の男とおもい乱調にふるまいしまま結婚をしつ

谷口さんは実力派。題詠マラソンはとてもリラックスして走っておられたご様子。夫は圏外の男に限りますね。(笑)

001:空 富士川朝日 2004年03月01日 (月) 20時54分
はりついた笑顔のままで別れたが空ほど高くなかったような

不思議な歌。
「空ほど高くなかった」のは何でしょうか。分からないけど、分かるような気もします。

001:空 南野耕平 2004年03月01日 (月) 21時24分
この空は見覚えがある この空は君と出会ったあの日の僕だ

なんのさん、お元気そうだなと思いました。
昔、空だったことがおありなんですね。
No.7 2004年03月05日 (金) 02時28分

 

過去ログ4より。
ぽっぽ [ Home ] [ Mail ]
008:姫 千尋 2004年03月01日 (月) 03時41分
お姫様小さい頃からイヤだっただって着物が重いんだもん

ってことは、
千尋さんは生まれながらにお姫様なんでしょうか?(謎)
この方はつぶやきをそのまんま歌にしている感じなんですけど、そのつぶやき方がものすごく素直で率直。読んでてビックリするくらい。

030:捨て台詞 大石俊弘 2004年03月01日 (月) 03時45分
捨て台詞はいて別れし人もあり「仲良きことは美しきかな」

素直といえば大石さんも素直な歌を作る人。
これは多分、異性ではなくて同性との別れでしょうね。推敲に推敲を重ねて歌を練り上げる人もいれば、つぶやきをそのまま歌に託す人もいる。作歌の目的が違うんだろうな、と最近は思ったりもします。

030:捨て台詞 しんくわ 2004年03月01日 (月) 04時41分
「貴方とは縁を切ります」と捨て台詞太宰治に吐いてみました

太宰治が絶妙。(笑)
確かにそういうタイプの作者ですよね。

039:モザイク 花笠海月 2004年03月01日 (月) 05時57分
一編の短編に再会するために「モザイク・ラセン」新版を買ふ

うわー、モザイク・ラセン!
あたしは「エッグ・スタンド」が好きでした。
(って世間話かよ^^;)

というわけで、
この過去ログ4はほとんどこの四名さまの作品で占められていました。夜明けのデッドヒート、見応えがありましたね。
No.6 2004年03月05日 (金) 00時38分

 

ご挨拶。
ぽっぽ [ Home ] [ Mail ]
題詠マラソン2004、
いよいよスタートしました。
今日で五日目。完走者も増えました。

今年はどうしようかなあと思ってたんですけど、
やっぱり感想を書いてみたくなりました。

どこまで続けられるか分かりませんが、
とりあえず始めてみますね。

どうかよろしくお願い致します。
No.2 2004年03月04日 (木) 21時52分
はじめまして
郁迪 [ Home ] [ Mail ]
ぽっぽさん、はじめまして。
郁迪です。
梨の実歌会の過去ログを読みながら、
ぽっぽさんのコメント非常に興味深く読ませていただきました。
この掲示板も楽しみに拝見させていただき、
芸(詠み)の肥やしにできればと思っています。

今後ともよろしくお願いします。
No.3 2004年03月04日 (木) 22時36分
あ、どうも〜>郁迪さん
ぽっぽ [ Home ] [ Mail ]
いや、実はあたし、
今はほとんど歌人じゃないんで…(^_^;)

なので、
ご期待には添えないかも知れませんが、
それなりに頑張ります。(笑)

もしよろしかったら、
郁迪さんもご自由に書き込んで下さいね。
こちらこそどうかよろしくお願いします。
No.5 2004年03月04日 (木) 23時12分

 




Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板