無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

しゃべるんや(仮)

あなたの魂の声を聞かせてください

「松本秀房の男球」へ

名前
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

[524] 題名:これが平成最後の夏ということなのか 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/18(土) 21:45

朝から嫌な流れやった。
起きてすぐ、外に干していた帽子が風で飛ばされて、アパートの塀の中(入られへん場所)に落ちていることに気付いた(帰って来てから、近所の焼き鳥屋で脚立を借りて回収した)。
時間がないからそれは放置して、近所のコンビニに行ったら、僕は何も悪くないのに女の子に肘打ちされた。
時間がないから急いでいつものヨーグルトと野菜ジュースを買おうと早足で店内を歩いていたら、変な男に追いかけられてると思ったのか、僕が横を追い越そうと思った瞬間に女の子に故意に肘打ちされた(僕は怒らへんかったけどね)。
電車に乗って座ったら、隣りの男が足をめちゃくちゃ広げていた。
何もええことがない1日の始まり。

バイトは予想通り早く終わった。
帰りに初めて行徳で途中下車をした。
駅前の水出しコーヒーの喫茶店で少しだけ時間を潰し、ラーメン屋へ。
味噌カレーラーメンを食べた。
これは難しいラーメンやった。
味はちゃんとしている。
しかし、塩分濃度がアホみたいに高く、これを<美味い>とはとても言われへん。
ただ、西山ラーメンの麺を使っていて、これはさすがに美味かった。
そう、珍しく麺は美味いけど、スープが美味くない店やった。
いや、このスープを美味いと言う人は多いかもしれへんけど、それは舌がイカレてる証拠や。

そして、金足農業。
僕は高校野球ほとんど観いへんけど、これはさすがに動画で何度も観た。
<サヨナラツーランスクイズ>という言葉が、ヤフーの検索ワードのトップになっていたのも納得する。
彼ら(金足農業も近江も)の人生の中で、サヨナラツーランスクイズを決めるのも決められるのも、これが最初で最後やと思う。
近江のピッチャーが最後の1球を投げてから、サヨナラが決まるまでわずか10秒。
彼らの人生において、この瞬間がいろんな形で一生刻まれることは間違いない。

直前にマウンドに上がったキャッチャーの笑顔、ピッチャーが投げた低めの難しい球、最高のスクイズバント、二塁ランナーの好走塁、キャッチャーのタッチを掻い潜ってのホームイン、サヨナラのランナーのガッツポーズ、呆然自失のピッチャーの顔、グランドにうつ伏せのまま起き上がれないキャッチャー、歓喜に沸く金足農業ナイン、スタンドで時が止まったような近江の応援団、歓声を上げる金足農業の応援団、甲子園に響いたスクイズが決まった歓声と二人目の走者がホームインした時の更に沸く歓声、ピッチャーの肩を抱く選手たち、キャッチャーを起こそうとする近江の選手と優しく背中を叩く金足農業の選手、ピッチャーの涙、金足農業の選手たちの全力校歌と輝く笑顔。
絵に描いたようやとよく言う。
しかし、これは漫画以上や。
素晴らしいものを見せてくれた。

明日は休み。
のんびり過ごしつつ、夜は愛しい人と。


[523] 題名:生きている蝉を手で持って歩いているおっさんがおった 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/17(金) 22:33

22時現在、僕の部屋は室温26.8℃、湿度31%。
まるで秋の深みにおるみたい。
どうせまた一旦は暑くなるんやろうけれど、こういう息抜きがあるのは大きい。
今日は厚手の掛け布団を出す予定。

この夏は時間があったし、遠くへも出掛けへんかった分、本を結構読んだ。
課題図書は決めずに、いつも以上に乱読。
宮城谷昌光「劉邦」全4巻を今日読み終え、何度目の読み返しになるのか村上春樹「ダンス・ダンス・ダンス」を読みつつ、三島由紀夫「近代能楽集」から「卒塔婆小町」を読んだ。
なんの脈絡もない、ただの乱読。
他にもレイモンド・チャンドラー「さらば愛しき女よ」も読みかけ。
その時々の気分で。

明日のバイトは千葉方面へ直行直帰。
昼は途中下車してラーメンと決めている。


[522] 題名:昨日はカレースパゲティー、今日はカレーラーメン 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/16(木) 22:47

今日は1日中曇っていて、体感的にはそれ程暑くなかった。
冷房が効いてへん室内で作業をしている時は暑く、屋外に出ると逆に涼しい。
台風の遠い影響なのか。
いずれにせよ、夏も少しずつ凋んできている。

昨日の幸運の連続とは大違いで、今日はサッパリ。
日本年金機構からは特別催告状がまた来たし。
その場凌ぎでやり過ごすしかない。


[521] 題名:11/36の奇跡 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/15(水) 22:41

午前中は布団干しとしおりん(チーム8・チームB兼任・佐藤栞)へのファンレター書き。
午後はのんびりしつつ、霞ヶ関へ。

初めて霞ヶ関ビルへ行った。
日本最初の超高層ビルということで、どれだけ古いのかと楽しみにしていたら、恐らく色々と改築されていて、すごく綺麗なビルで驚いた。
遠くからは眺めたことがあったけれど、初めて入ったら受付嬢も美人で言うことなし。
僕の目的は、「焼きスパゲッチ ミスターハングリー」でカレースパゲティー(正式名称はキーマカレー)を食べること。
めちゃくちゃ僕好みの味で、なんと500円!
名前は<焼き>やけど、焼きそばと同じで当然炒めている訳やけど、これは値段と味のバランスが最高。
また食べに来たい。

そして、イイノホールへ。
「神田松之丞 問わず語りの松之丞の会」というTBSラジオの番組が主催している独演会へ。
当日券が出るということで、神田松之丞のツイッターを僕が見た時点では5枚だけやという話。
まあ、外れるやろうなぁとは思いつつ、取り敢えず抽選を受けることに意味があると思って。
そしたら、最終的に11枚の当日券が出て、並びが36人。
ほぼ1/3の確率。
こういうのは大抵外れる。
自分がクジを引くんやなくて、スタッフの方が引く方式。
10人目まで発表されて、番号が呼ばれず、「最後の1枚です」と言って発表されたのが「16番」。
僕の番号。
思わず、外れたみなさんに向き直って、帽子を取ってお辞儀した。
最後の1枚で当たった。

最後列、上手側一番端っこの席。
全然OK。
ゲストの紙切り・林家正楽さんにお題で「AKB」と言ったら採用されるというおまけ付き。
その切った作品を帰りにもらえた。
採用されるんやったら、「藤井聡太」と言えばよかったと後悔したけれど、それもしゃあない。
それにしても、柳家小三治さん(今日も実は話題に上った)を観に行った時にも林家正楽さんは出演していたし、今年はそんな夏。
でも、いつか寄席で「藤井聡太」をお願いしてみようと心に決めた。

神田松之丞は、フリートークもよかったけれど、講談「怪談乳房榎」が素晴らしかった。
演じ分けの妙。
特に、下男の正介役が人間の業を見事に表現していた。
テレビやラジオでは「宮本武蔵」や「谷風」を聴いたことがあるけれど、こういう重い話こそ味があると感じた。
そら、チケット売れるわ。

今年の夏はほんまにええ夏や。
ずっと東京で過ごして正解やった。


[520] 題名:ドゥービー・ブラザーズの「Listen to the music」ばかり聴いている 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/14(火) 21:58

昨日の想いを体現し、昨日の夜は居酒屋で、今日はテイクアウトでたこ焼きを食べた。
年に1、2回たこ焼きを無性に食べたくなる時がある。

今日はバイトが八王子で早く終わったので、久し振りに「あずき」でラーメンを食べた。
お盆休みを懸念していたけれど、ちゃんと営業していて、スタンダードなラーメンはいつもの如く美味かった。
1、2年前から店に子供が描いたラーメンの絵が飾られている。
店主のお子さんやなく、別の小学生が描いた絵らしいんやけど、これがめちゃくちゃええ絵。
ラーメン自体に勢いを感じる絵。
この店はラーメンも勿論好きやけど、この絵を観るのも楽しみのひとつ。

明日は1日休み。
夜にイイノホールで行われる神田松之丞の公演に当日券が出るという。
そして、それは来場者が多いと抽選やという。
とりあえず行ってみて、そこに賭けてみようかな。


[519] 題名:たこ焼き食べたい 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/13(月) 19:06

午前中にギターの弦を張り替えて、準備万端。
ところが、午後2時頃から激しい雷雨。
一気に気温は下がったものの。
でも、スタジオに行く頃には小降りになっていた。
いよいよ夏も最後のあがき。
蜩も鳴き始めた。

スタジオ練習は調子よかった。
9月のフォークジャングルでうたううたは決まってないのに、11月の名古屋のライヴでうたううたはもう決めていて、その練習。
ほぼ毎日部屋でギターを練習しているから、感覚が活きている。

最近はほんまに神田松之丞ばかり聴いている。
TBSラジオの「問わず語りの松之丞」とJ−WAVEの吉岡里帆の番組にゲスト出演したのをラジコのタイムフリーで聴いて、改めて生で講談を聴きに行きたいと思っている。
その上で、<好きなんや>に藤井聡太と神田松之丞のことを書いたみたい。

明日バイトで明後日は1日だけ休みの予定。
こんなペースでいつも過ごせたらええねんけどなぁ。


[518] 題名:AbemaTVの神田松之丞出演回が素晴らしい 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/13(月) 00:02

完全オフらしいオフを過ごした。
ほとんどの時間は本を読んだり、将棋の動画を観たり、神田松之丞りラジオを聴いたり。
肩の力を抜いた1日。

明日はスタジオ練習の予定。
その他には予定はない。
世間のお盆休みとは関係なく、僕の個人的な休みを。


[517] 題名:今年初めて桃を食べた 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/11(土) 21:48

のんびりした朝、近所のパン屋のカフェでパンとコーヒーで読書。
午後はスタジオ録音の手伝い。
そこから帰って来て、先日のチーム8の<8の日・朝ピット>の映像を観て、同時に藤井聡太対木下浩一の叡王戦を観ていた。
しおりん(チーム8・チームB兼任・佐藤栞)も結構沢山映っていたし、藤井聡太も勝ったし、すべて順調。

雨が降って、涼しくならずに蒸し暑くなった。
明日は完全オフで、明後日はスタジオ練習の予定。
オフはラーメンを食べに行くくらいしか思い浮かばへん哀しさ。


[516] 題名:浴衣の日 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/10(金) 23:23

しおりん(チーム8・チームB兼任・佐藤栞)との握手会に行く前に水道橋でラーメンを食べた。
随分前から行きたかった店。
噂に違わず美味かった。
この夏、シルキーな口当たりの麺に出会うのはこれで二度目。
同じ系列店でもない二軒のラーメン屋で、シルキーとしか表現のしようがない麺に出会った。
僕のタイプではないけれど、これはこれでアリやと思う。
ただ、先日別の店でラーメンを食べて火傷した唇を再度火傷した。
ラーメンを食べるのも命懸けや。

幕張メッセでの握手会は浴衣祭り。
今日参加したすべてのメンバーが浴衣を着ている。
しおりんは青緑地に黄色とピンクの花柄の浴衣。
恐ろしく綺麗やった。
「4年前に初めて握手した時に<天使>だと言いましたけど、今も天使だと思います」と伝えた。
完全にイカレてるよね。
それにしても、うちの近所のキャバクラの女の子が駅前でティッシュを配っていたけれど、それも浴衣姿。
今日はそういう日なんかな。

帰りに西船橋で独りで軽く飲んだ。
古くからある感じの大衆居酒屋で。
こういう居酒屋は近年随分見直されて来ているけれど、これもやっぱりピンキリや。
ただ古いというだけで、ただ安いというだけで、別になんということもない居酒屋が大半。
今日行った店も典型的にそういう店。
その店だけやなく他の店も、連休前やからか、サラリーマンたちでめちゃくちゃ混んでいた。
でも、それはただ普段使いの店として重宝やからなんやろう。
カウンターの僕の隣りの席のサラリーマンは、イカの姿焼きだけをつまみに安い焼酎をずっと飲んでいた。
それが世間というもんなんやろう。

明日からは純粋に3連休。
明日はスタジオ録音に付き合う予定。


[515] 題名:泉正樹八段の解説がめちゃくちゃ面白い 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/09(木) 20:45

台風は寝ている間に過ぎていたらしい。
各地の被害は分からへんけど、僕の周辺ではなんの影響もなかった。
普通にバイトに行って来た。
それも午前中で終わり、八王子のかなり評価の高いラーメン屋に寄ったけれど、やっぱり麺が全然あかんかった。
八王子はやっぱり「あずき」と「タンタン」やという結論。

<演るんや>を更新した。
久し振りにフォークジャングル以外のライヴ。
そして、京都と高知以外のライヴも凄く久し振り。
名古屋で、佐賀優子との競演も久し振り(2010年7月・高知・「劇場 歌小屋の2階」以来)で、そのライヴイベントを企画している川沿クタ子さんとは初競演。
11月末の連休中やから、名古屋だけやなく各地からもお越し下さい。
でも、その前に2回のフォークジャングル。

明日は夕方からしおりん(チーム8・チームB兼任・佐藤栞)との握手会。
しかも、浴衣ヴァージョン。
この夏のひとつの節目。


[514] 題名:妹からお盆のお供えが届いた 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/08(水) 22:16

台風はもうかなり近づいているはずやのに、風雨ともにまだ大したことはなく、頗る静か。
夜中に吹き荒れて、去っていくのか。
そして、どうやら僕は明日もバイトになった。

秋のライヴについて近々発表するとずっと書いてきた。
その詳細が完全に決まった。
明日にでもホームページ上で発表する。
しかし、まさにその当日、しおりん(チーム8・チームB兼任・佐藤栞)の握手会があることが今日発表された。
しかも、ただの握手会やなく、その日限定でブックカバーと栞のセットサイン会があるという。
どう考えても僕は行かれへん。
しおりんの栞・・・。
ああ、なんたる不運。

ほんの一瞬の夏の息抜きも終わり、どうやら東京はまた明日から暑くなるらしい。
この夏はどこまで行くんやろう。


[513] 題名:行かれへんけど、明日は8(エイト)の日 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/07(火) 23:27

つい1週間ほど前、ほぼ同じ時刻に室温33℃を超えていたのに、今の僕の部屋の室温は25℃。
今朝もタオルケット1枚ではちょっと肌寒かった。
今夜は久し振りに厚手の掛け布団を出した。
ただし、全裸。
夏のほんのひと休み。

夕方からの東京医科大学の理事の会見をインターネットのニュースサイトで観ていた。
さすがに適材(謝り方が上手く、誠実そうに見え、受け答えが冷静な人物)を当てて来たな、と思ったのと同時に、記者はほんまにアホが多いなとも思った。
それはそれとして、トカゲの尻尾切り(前理事長・前学長)で逃げ切ろうとしている姿勢がありありと見えた。
勿論、組織というのは大抵そういうもんや。
しかし、これだけの不正が個人レベルで出来る訳がないのは明白で、組織の問題やし、もっと言えば日本人の体質の問題や。
文科省は全国の医学部でも不正入試はなかったか調査すると言っているけれど、一体どれだけ正直に報告されるやろうか。
これで結果が、他の不正入試は0件になったとして、誰が信じるんやろう。
そして、医学部だけ調査したらええというアホみたいな判断は誰が下したんやろうか。
記者質問にもあったけれど、東京医科大学自身は来年度の入学試験も出来たらやりたいという意向やし、ましてや学校法人の資格を返上するとか、廃校にするとか考えている様子は微塵もなかった。
しかし、文科省が東京医科大学の来年度の入学試験を認めるんやとしたら、不正なんてなくなりようがない。
それと同時に、こういう状況を放置してきた所轄官庁としての文科省の責任も問われるべきや。
年末くらいには世間のみんなはきっとこの問題を忘れているやろうけれど、僕はずっと覚えている。

台風が近づいているという。
明日は当然バイトやけれど、明後日はきっと天候次第。


[512] 題名:今一番面白いラジオ番組は「神田松之丞 問わず語りの松之丞」やと思う 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/06(月) 21:21

うちの近所ではまだ雨は全然降ってへんけれど、夕方から風は完全に変わった。
湿り気の少ない涼しい風。
ここ何日間とは全く違う風。
室温が久し振りに30℃を切ろうとしている。

<気になるんや>を久し振りに更新した。
<反=教育機関としての東京医科大学>という題名。
一連の東京医科大学の問題があまりにも軽く扱われていること、あまりにも世間の熱を感じへんことに僕は驚いている。
ここ数年で起きた出来事の中で僕は最も憤っているのに。
そこには書かへんかった結論を言うと、東京医科大学は廃校にすべきやし、他でも同様の問題が起きたら廃校にすべきやし、私学助成金は制度として全廃すべきや。
前半の部分に同調してくれる人は多くても、後半の部分に同調してくれる人は少ないかもしれへん。
自分や自分の家族が恩恵を受けへん可能性が出てくるから。
しかし、私学の教育は国家の基本方針の下に、補助を受けずに独自でやるのが筋やと僕は思う。
そもそも私学助成金というのも憲法違反スレスレの制度や。

フォークジャングル以外のライヴを秋に演るのが決まっていて、その日程がほぼ決まった。
近々詳細を発表する。


[511] 題名:縄文ドキドキ♪ 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/05(日) 21:41

随分昔、三軒茶屋の銭湯でライヴがあった。
僕はそれを度々観に行っていた。
そこでうたっていた女の子(名前も覚えていない)がうたっていたうたで「縄文ドキドキ♪」というサビのうたがあった。
めちゃくちゃええうたやったけれど、その子はきっともううたも辞めていて、そのうたが今後世間に出ることもないんやろうな。

という訳で、今日は上野・東京国立博物館の「縄文展2018」に行って来た。
ほんまに素晴らしかった。
土器も土偶も。
岡本太郎の作品も、ピカソの晩年の作品も、ほぼ縄文土器やないかと思った。
岡本太郎が縄文土器から影響を受けたというのは有名な話やけれど、ピカソが晩年に描いた絵や彫刻の顔も、縄文土器の顔にソックリや。
一緒に行った愛しい人は宇宙人説を唱えていたけれど、あの独創的な芸術感覚がどこから来たのかはほんまに謎や。
とにかく、心に深く刻まれた。
それと同時に、太陽の塔をまた観に行きたいと思った。

そのついでに、上野公園管理事務所に9月分の会場費を支払いに寄った。
これで心置きなく9月を迎えられる。

今週は月曜日から木曜日までバイトで、金曜日は久し振りの握手会。
しかも、浴衣の日。
しおりん(チーム8・チームB兼任・佐藤栞)には伝えたいことが沢山ある。


[510] 題名:室温32℃以下やと寝心地がええと感じる自分の異常さ 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/05(日) 00:18

ネット上で調べていると、夏に足は冷やしたらあかんと書いてあるのが多い。
けれど、僕の場合、冷房の冷えで逆に火照ってる訳ではなく、現実的に熱が籠もってる訳やし、家に帰って片足ずつ洗面器の水に浸けたらアホほど気持ちよかった。
この夏で一番気持ちよかったかもしれへん。
窓から見える空を見ながら。

8月上旬やから仕方ないかもしれへんけれど、この夏は夕立もほとんどない。
1度だけ、雷を伴わへんほんまに激しいが降っただけ。
こんなことを書いていると明日辺り予報通り降るんかな。
夕立が恋しい。

ついさっきまで気付いたら寝ていて、夢の中で谷真理佳(前HKT48・現SKE48)と二人きりで部屋(場所は福岡)におった。
僕が付き合おうって言い出したら付き合い始められるし、彼女はその部屋に留まるのに、僕がそれは違うやろうと思って黙って部屋を出たことによって、彼女は卒業してその部屋を出て行くことになった。
他のHKT48のメンバーも沢山出て来た。
すごく切ない夢やった。

明日は休み。
ドキドキするかも。


[509] 題名:柳家小三治を観て、岩田鉄五郎を想う 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/03(金) 19:12

昨日から考えていた。
そして、今朝、どこかのスーパーの従業員用トイレの小便器に大便をして、流れへん(当たり前)からそのまま逃げるんやけど、走っているのに全然前へ進まへんという夢から目覚め、今日1日の行動を決めた。

ゴミ出しと洗濯と布団干しを終え、午前11時過ぎに池袋演芸場へ向かった。
柳家小三治さんが昼席のトリを務めるから。

実は、去年の夏も行こうと思っていた。
でも、タイミングが合わず実現せえへんかった。
今日、たまたま平日休みになり、8月上席の昼席で、しかも、柳家小三治さんが休演やない日に当たった。
当然並ぶのは覚悟やったけれど、これだけ暑いと断念する人も多いんちゃうかと密かな期待も込めて。

昼12時開場に対して、僕が池袋演芸場前に着いたのは午前11時20分。
遅過ぎるかとも思ったけれど、僕の前に並んでいたのは50人弱。
池袋演芸場は93席と書かれていたから、その時点で座れることは間違いないと。
炎天下、40分待って入ったら、意外や意外、最前列の下手寄り、中央から4席くらいズレた席が空いていた。
という訳で、最前列で人間国宝の落語を生で聴けることになった。

ちなみに、今日はその他にも林家正蔵(旧・こぶ平)、柳家花緑、柳家さん喬、林家正楽(当代の紙切り名人)等が出演していて、超豪華メンバー。
しかし、最終的に立ち見も何十人かいた客席のほとんどの人の目当ては柳家小三治。
その柳家小三治は、9月に発売予定の自分を特集した「別冊太陽」の話をまくらに、「千早振る」を。
78歳で、脂の乗った時期はとうに過ぎているけれど、正直言って一番面白かった。
まず、客席の空気を醸成する力が凄い。
そして、緩急自在というのではなく、<緩>と<もっと緩>を使い分けながら、ほんの一瞬の<急>を見せるタイミングとコントロールは抜群やった。
1回観たらもうええかなと思って観に行ったけれど、何回も観たいと思わせてくれた。

終わってから、ふいに岩田鉄五郎を想った。
水島新司「野球狂の詩」に出て来る現役最高齢のピッチャー。
彼は「うぉーーー」と吠えながら、剛速球のように見せた精一杯の緩いストレートを投げる。
それは<芸>とはまた違うけれど、長く闘う上で、ひとつの在り方を提示している。
今日の落語を聴いて、僕が目指すべきところはそこのような気がしてきた。
「野球狂の詩」を読み返したいと、今強く思っている。

さて、これを書き終えたら、昨日飲まれへんかったウオッカ・トニックを心置きなく。
明日はバイトやけれども。


[508] 題名:パクチーをアホほど食べたい 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/02(木) 23:40

ただ暑いだけやなく、風が完全に止まってる。
僕は大阪、京都、東京と居を変えて来たけれど、その中で東京が一番マシ。
大抵の日は夕方になると風が出る。
しかし、今日は違う。
ただただ微動だにせず。
しかし、京都の夏はそれ以上で、真夏にどてらを羽織らされているような気持ちになる。

ウオッカ・トニックを飲もうと思っていたのに、そのバーが木曜日定休日やということを店の前まで行って知った。
予定変更で、愚かな時間を過ごした。

明日は休み。
最近の睡眠不足を補填したい。
スタジオに入るかどうかは明日決めることにする。


[507] 題名:「1985年のクラッシュ・ギャルズ」を読みながら 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/08/01(水) 22:29

さて、再びの夏のピークなのか。
今日はほとんどビルの中の作業やったけれど、昼休みに外に出たらアホみたいな熱を感じた。
暑さと熱さが重なり合っている。
午後10時時点で、僕の部屋の室温33.8℃。
それでも、夕方には疲れていて眠っていた。

山本彩の卒業発表も前田敦子の結婚発表も触れずに来たのは、「ふーん」と思ったから。
結局僕はもう48グループ全体のことはどうでもよくなっている。
しおりん(チーム8・チームB兼任・佐藤栞)だけが問題なんや。
昔は、札幌に48グループが出来たら、ラーメンを食べに行きつつ劇場にも寄りたいとか思っていたけれど、今は全くそういう気持ちにならへん。
しおりんが全国ツアーで行くなら、金と時間と相談する。

酒を飲んだら体が火照るからなるべく控えているけれど、明後日休みやから、明日はやっぱりウオッカ・トニックを。


[506] 題名:予想外の展開 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/07/31(火) 22:19

つい今しがた、コンビニにコーヒーを買いに出たら、恐ろしく赤く輝く火星。
大接近中やということやけど、それを実感する輝き。
そのせいか全く関係ないのか、近所のガールズバーは超満員。
31アイスクリーンも超満員なのは、火星のせいやなくて、今日が31日やからやろう。

朝、道に蝉が腹を向けて転がっていて、「ああ、もうそういう季節か」と思って横を通り過ぎようとしたら、いきなりジリリと動き出した。
バイトの事務所に着いたら、いきなり出動を言われた。
現場で誤報があったということで、その処理で午前中は終わった。
その現場近くの蕎麦屋でカレー南蛮蕎麦を注文したら、出て来たのはカレー南蛮つけ蕎麦。
所謂カレー南蛮せいろ。
注文する時に店員は念入りに確かめてたのに・・・。
でも、こういうことはよくある。
僕は真夏でも基本的にホットコーヒーやし、蕎麦やラーメンのあったかいのも食べるから、注文する時にしばしば聞き返される。
勿論、作り直してもらうこともなく、そのまま食べたけどね。
そういう予想外の展開が続いた今日1日。
あとは、予想外ではなく、藤井聡太が勝てばええだけ。


[505] 題名:あの台風は反転して来るのか 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/07/30(月) 19:53

消防設備士の講習が終わった。
朝9時から夕方5時まで。
途中で何度も寝そうになりながらもなんとか耐えて、最後の効果テスト(と言っても、テキストを見ながら答えてええ)も多分全問正解やったと思う。
次回も別の設備の講習が8月にある。
その時は科目免除で午後から。

その講習会場には250人位の人がおるんやけど、女性の比率は多分1%位(!)。
消防設備士なんて、工事以外は大して力仕事もないのに、この比率は以前から不思議に思ってる。
現場でも、他の会社の女性に会う機会もほとんどない。
勿論僕がバイトしている会社も女性は皆無。
よう考えたらひどい職場環境や。

明日は藤井聡太の順位戦第3局目。
明日は事務仕事やから、その合間にちらちら観ながら。


[504] 題名:竹炭を更に追加 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/07/29(日) 21:38

読書等しつつ、のんびり過ごした休日。
午後からはスタジオ録音に付き合った。

帰って来てから、AbemaTVトーナメントの藤井聡太対増田康宏を観た。
あの増田康宏に圧勝の2連勝で藤井聡太が勝ち進んだ。
やっぱり本物は違う。

明日は初めての消防設備士講習会。
朝から夕方までの長時間。
退屈せずにおられるやろうか。


[503] 題名:リュックサック・カバーはほんの少し役に立った 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/07/29(日) 08:38

ほんまに全く何もない1日やった。
台風が近づいていたから、バイトも午前中に休みなく終わらせた。
帰り道は雨もやんでいた。
結局、長靴を買う必要はなかった。
東京はほんのひと時、雨が激しかっただけ。

夜は藤井聡太対八代弥の新人王戦を観ていた。
白熱の終盤戦を堪能したし、藤井聡太が勝ったから言うことなし。
今日は夕方からスタジオ録音に付き合うだけ。
明日は消防設備士の講習会。
こんな風にアッという間に夏は過ぎていくんやろうな。


[502] 題名:一旦 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/07/29(日) 02:10

完全な寝落ち。
明日の朝にでも今日のことを書く。
と言っても大したことはない。
とりあえず、寝る。


[501] 題名:派出所で道を尋ねたら、「インターネットとか持ってないの?」と言われて、驚愕 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/07/27(金) 22:41

紆余曲折あった日。

明日の台風に備えて長靴を買おうかと思った。
近所の商店街の靴屋を3軒回って、1軒は置いてなくて、あとの2軒は3000円位のオールドファッションな黒の長靴。
もう少し安くて今風なのはないかと思い、池袋にも行き、ときわ台の東京靴流通センターにも行ったけれど、めぼしいものはなくて断念。
結局、明日は普通の靴で臨むことにした。

午後からはスタジオに入った。
落語を聴きに行くか、スタジオに入るかで迷って、スタジオ。
備忘録的な練習。
とにかく何曲もうたった。
演りながら、自分が今何をうたいたいかが分かってきた。
そういう意味で、収穫あり。

夕方から池袋・東京芸術劇場で芝居を観た。
モダンスイマーズ「死ンデ、イル」。
作品に関して、ほぼ予備知識なしで。
これを選んだ理由は、今日上演していたこと、劇場が遠くないこと、出演者の写真を見て女性が美しそうやったこと。
内容はシリアスで、浪江町から二本松市に引越しを余儀なくされた女子高生が主人公。
役者はみんな上手かった。
しかし、次に他の舞台で彼ら(彼女ら)を見たとしても、「ああ、あの時の!」と分かるほど印象深くない。
僕にとって大切なのは、そういう部分。
重い内容、救いのない物語が、安っぽい推理小説のキャッチフレーズみたいな言い方をすれば、最後の3分で救われた。

観ながら、いろんなことを考えた。
映画でも芝居でも、僕は観ながら大抵別のことを考えている。
今回考えていたのは、この2時間の芝居なら、3分のうたの方が余程心に残るということ。
決して悪い芝居ではなかった。
けれど、あらゆる表現が、世界中の他のあらゆる表現と同時に存在している限り、そこには人生の時を奪い合う闘いが発生している。
先日のチーム8の舞台は、僕が観た芝居の中でそれ程飛び抜けて素晴らしい訳ではなかったけれど、それでも、僕にとってはしおりん(チーム8・チームB兼任・佐藤栞)が出演しているというだけで傑出している。
どんな理由にせよ、何かそこに自分を置く理由がはっきりとあるもの、それこそがすべて。
全然違う話になるけれど、1枚の絵が、素晴らしい音が鳴る1本のギターより遥かに高いなんてあり得ないと僕は思っている。
たとえそれが世界中に1枚しかなく、画家がとうに死んでいたとしても、絵が1枚100億円やとしたら、それは絵が偽物なんやなくて、値段を付けた奴が偽物なんや。

明日はバイト。
台風はどうなんやろ。


[500] 題名:小野みゆき、岡田奈々、薬師丸ひろ子、絵沢萌子、最高! 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/07/26(木) 23:05

結局、ほとんど家を出えへん1日やった。

先日の夕立から空気が少し涼しくなり、今朝なんて肌掛けだけではちょっと寒いくらい。
朝から洗濯をしつつ、神田松之丞のラジオの音源を聴いていた。
僕は今もいろんなラジオを聴いているけれど、今一番面白いのは彼かもしれへん。

そして、映画「戦国自衛隊」を観ていた。
家でDVDで観ていると、どうしても何度も一時停止をして途切れ途切れで観てまう。
映画館という強制的な場所やないと、2時間ずっと画面を観る集中力が持たへんみたい。
でも、ええ映画やった。
中学生の頃、テレビで放映されているのを観たことは勿論ある。
それから三十数年経って、今観て感じることは違う。
僕の愛しい人は、この21世紀に夏八木勲や千葉真一が好きやという。
勿論、それは素晴らしいことや。
僕はこの映画を改めて観て、女優陣の輝きに驚かされた。
台詞のない小野みゆきの存在感、ほんの一場面だけの薬師丸ひろ子のオーラ、岡田奈々のキリリとした美しさ、絵沢萌子(夜這いされる女)の妖艶さ、どれもこの映画から欠かすことが出来へん。
確かにB級映画やけれど、挿入歌の松沢とおる「戦国自衛隊のテーマ」もジョー山中「ララバイ・オブ・ユー」も含めて、味わい深いええ映画や。

台風が近づいて来ているらしい。
明日は芝居を観に行くだけやけど、明後日はバイト。
さて、どうなるのかな。


[499] 題名:突然、神田松之丞が気になりだした 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/07/25(水) 22:01

まるで逆予言。
昨日「結局、夕立は来ず」という題名をつけた直後、恐ろしく激しい夕立。
しかも、珍しく雷を全く伴わない雨。
気温が一気に下がった。
窓を開けて、その激しい雨を眺めながら、全裸でこの雨の中を歩きたいとずっと思ってた。
窓のすぐ外の瓦屋根の上で雨を浴びることなら出来たんやけど。
僕の人生の夢のひとつは、夏、激しい雨の中を全裸で歩くこと。
人のおらん海辺や川縁でもええし、人家の少ない街外れでもええけど、そのアホみたいな解放感を味わってみたい。

今日はバイトやなかったら、昼間に落語を聴きに行きたいと思っていた。
そういう欲求が膨らんでいて、明後日は芝居を観に行くと決めて予約した。
全くの勘で選んだ芝居。
明日は気分次第で、時間が合えば落語を聴きに行こうかな。
その前に、しおりん(チーム8・チームB兼任・佐藤栞)が出演するオールナイトニッポンがあるけど、起きてられる気がせえへん。
ちなみに、しおりんは今日「少年マガジン」の表紙&グラビア(!)の撮影やった。
8月29日発売予定。
僕は勿論何冊も買うけれど、みなさんも是非。


[498] 題名:結局、夕立は来ず 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/07/24(火) 21:07

バイト帰り、野方で途中下車して、銭湯でひと風呂浴びて、やきとんの聖地へ。
2回目の聖地巡礼。
聖地やからと言って、その他の店より特別に美味い訳やない。
せんまい刺しは美味かった。

その後、近くのラーメン屋へ。
都内でも有数の味噌ラーメン専門店。
しかし、イマイチやった。
これだけ評価されている店でこの程度か、と思いつつ、世間は世間の評価に盲目になってるんやと改めて感じた。

家の近所に帰って来て、先日とは違うバーでウオッカ・トニックを2杯。
先日のバーの方がキリリとして美味かった。

ここまでは予定の進行で、明日から休みやと想定していた流れ。
ところが、明日はバイトの事務所に行くことになった。
口を糊するためや、しゃあない。


[497] 題名:今シーズン初めて氷菓子を食べた 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/07/23(月) 20:08

日課のような布団干し。
念願の散髪。
何故か今更、パソコンのキーボードを無線式に替えた(時々反応が悪いけれど、書き物をする時にキーボードをどかすのに便利)。
そんな僕の部屋の室温は今、35.1度。
今年の夏の頂点はここなのか。

そう言えば、先日試験を終えた日、近所のバーでウオッカ・トニックを2杯飲んだ。
そのバーはシングル・モルト・ウイスキーがメインの店。
僕以外の二人の客(男性と女性が独りずつ)は二人ともウイスキーをストレートで飲んでいて、僕がウオッカ・トニックを飲んでいるのは明らかに場違い。
でも、そこは気取ってないまともなバーで、ウオッカ・トニックもめちゃくちゃ美味かった。
この夏のマイブーム。
ただ、体が火照ってなかなか寝られへんかった。

今日の昼にちょっと歩いた場所の中華料理屋でチャーハンを食べて、ちょっと思ったことがある。
それは、美味いとは何かということ。
その店はチャーハンが有名で、実際にとても旨味はあった。
しかし、外食ばかりで暮らしている僕でさえ塩辛いと感じた。
それだけで、もう素直に「美味い」とは言われへん。
世間には実はそういう食べ物が多い。
味が過剰で、それを<濃厚>とか<旨い>と呼んでいる。
それは、当て字として存在する<美味い>という表現からは、相当懸け離れていると僕は思う。
<味が薄い>というのとはまた違う、真っ当な味というのが人間のバランスとして存在するはず。
そして、それは味だけの問題やなく、音楽や映画にも当てはまると思う。

明日1日バイト。
そしたら、また3連休。
どこかに遠くに行こうかと思ったけれど、今はちょっと自重しつつ近場で。


[496] 題名:幸せの形 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/07/22(日) 19:52

しおりん(チーム8・チームB兼任・佐藤栞)の舞台「KISS KISS KISS」を観て来た。
チーム8のメンバー12人が出演する芝居と音楽の融合。
「サロメ」を軸として、合間に他のショート・ストーリーの積み重ね。
しおりんは安定の演技と美しさ。
コミカルな演技が抜群やったけど、もっと本格的な芝居が観たかったという気持ちもあり、しおりんの今後の舞台を楽しみにしている。
僕が持って行ったうちわも認識してくれて、何度も手を振ってくれた。
言うことなし。

帰って来て、愛しいとの手料理。
麻婆豆腐、よだれ鶏風、水キムチ、パクチーチャーハン、とうもろこし、カリカリチーズ。
そして、僕が持って行った白ワインとプラム。
ほんまに満腹になった。
幸せな日。

明日もう1日ゆっくりとした休日。
完全に力を抜いて。


[495] 題名:昨日、藤井聡太が熱戦を制したのも大きかった 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2018/07/21(土) 18:46

試験が終わった。

試験会場は五反田。
かなり早めに試験会場に行って正解やった。
会場はビルの13階やったし、受験者はかなり多かったし、フロアーに男子トイレは1箇所しかないし、工具を準備する時間も必要やったし。

候補問題13問中、僕が一番出てほしくなかった問題が出題された。
なんで出てほしくなかったかと言うと、作業量が他の問題に比べてすごく多いし、変則的な内容の問題やったから。
あれだけ練習してへんかったらめちゃくちゃ焦ったと思う。
それでなくても、結構焦った。
40分の試験時間中、普段なら30分で完成出来るところを35分掛かった。
それは他の受験者も同じで、周りを見るとギリギリまで掛かっていた人がほとんどで、未完成の人もチラホラ。
これから電気工事士になろうとする人(現時点で素人)に対して、この問題を40分でノーミスで仕上げろというのはちょっと酷やと思う。
僕はほんまに慎重に時間とお金を掛けて練習したから出来たものの、1、2回の練習では厳しいんちゃうかな。
しかも、僕の持って行った時計には温度計と湿度計が付いてるんやけど、試験会場の室温が29.5度やった。
あれだけの作業を時間に追われてやるのに、環境も悪すぎる。
消防設備士もそうやけど、電気工事士も国家資格試験なんやから、もうちょっと考えるべきや。

結果は、正直言って、周りの誰よりも美しく仕上げられた。
自分自身が今まで練習で作った時に比べても、一番綺麗に仕上げられた。
正確性に関して、見直しもした。
これで不合格やったとしたら、僕には見えてへん何かの欠陥があった場合だけやろう。
発表は来月末。

その足で天王洲・銀河劇場へ。
しおりん(チーム8・チームB兼任・佐藤栞)が出演する舞台を観に行くのは明日なんやけど、明日は慌しいやろうから今日のうちにグッズを買っておこうと思って。
パンフレットとうちわとバッヂを買った。
明日は純粋に観に行くだけ。

そこから大井町へ。
遅い昼食としてラーメン。
初めて行く有名な店。
相変わらず、確かにスープは美味いけれど、麺はなんでこんなんやろうというラーメン。
こういうラーメンばっかりや。
麺が不味くてええんなら、インスタントラーメンでええんや。

試験が終わって、もう練習をせえへんでええんかと思うと、ホッとしたような淋しいような。
ここ2年半くらいに亘った長い闘いは、多分終わった。
キリリと冷えた1杯を。




Number
Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板