無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする

しゃべるんや(仮)

あなたの魂の声を聞かせてください

「松本秀房の男球」へ

名前
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

[132] 題名:決断と自制の夏 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/08/02(水) 22:19

夜中のの地震で目覚め、寝不足。
折角涼しくて、全裸に厚手の布団という最高の組み合わせで寝ていたというのに。
目覚めた後も横になっていたけど、もう深い眠りはやって来えへんかった。

そんな今日、バイトから帰って来たら、しおりん(チーム8・佐藤栞)の個別BIGタペストリーが届いた。
早速壁に引っ掛け金具を増設し、寝起きにすぐに目に留まる位置に吊るした。
いつもしおりんに見られている。
なんか恥ずかしい。
全裸。

新しい試験勉強も、参考書の1巡目は「なんのこっちゃ」という感じやったんやけど、既に2巡目に入ったら随分理解度が変わってきた。
このペースで行ったら、8月末くらいまでには8割から9割まで持って行けそうな気がする。

今週は薬を飲んでいるから、酒は全く飲んでへん。
昨日も書いたけど、今はビールよりも日本酒よりも焼酎よりもジントニックが飲みたい。
夏のある時季になるとほんまに無性に飲みたくなる。
それ以外の時はほとんど飲みたいと思わへんのに。
来週にでも近所のバーに行こうかな。


[131] 題名:無性にジントニックが飲みたい 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/08/01(火) 23:07

例年なら一番暑い時季、台風の影響か、凌ぎやすい日々。
そして、雨。
窓を開けていると、秋の始まりみたいな涼しい風が入って来る。
あまりにも涼しいから、念のために厚手の布団を出して来た。
そんな8月1日。
猛暑と予想されたこの夏も、少なくとも東京はそれほどでもないみたい。

今年は池袋演芸場に柳家小三治の落語を聴きに行こうと思ってたのに、どうやら日程的に無理みたい。
唯一空いてた次の日曜日は休演やというし、今まで暇やったのに来週の月曜日は僕がバイト。
こういうのは縁なんやと思う。
そして、縁というのは大切なんやと。


[130] 題名:しおりん(チーム8・佐藤栞)の久し振りの劇場公演が平日の昼間やという絶望感 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/31(月) 19:55

アッという間の5連休が終わった。
途中で午前中だけバイトに行ったから、実際は連休・バイト・連休。

今朝、洗濯をしつつ、耳鼻科に行って来た。
暫く右鼻が詰まった感じで、右耳もなんとなくぼんやりしたような感じやったから、このタイミングで。
そしたら、軽い副鼻腔炎やと言われた。
こういうのは、診断が下されるだけで安心するもんや。
1週間真面目に薬を飲む。

今日からまた新しい勉強を始めた。
果たして試験までの2ヵ月半で自分が納得いくまで仕上げられるのか。
その間には、秋のフォークジャングルの準備も始まる。
休みと空き時間を有効活用して、他の雑多なことに囚われずに。

汗をだらだら流しながら昼寝をしたのに、まだ激しく眠い。
僕は子供の頃から夏になると普段以上に昼寝をしたくなる。
ちなみに、<昼寝>は夏の季語らしい。


[129] 題名:芝居の楽しみのひとつは、始まる前の暗闇 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/30(日) 16:35

試験が終わった。
恐らく合格していると思う。
今回の試験はすごくストレートな問題が多く、ちゃんと勉強をしていたら解ける問題ばかりやった。
それでも、1問は全く僕の勉強の範囲を外れた問題やったし、曖昧な部分もあったから、正答率75%から95%の間くらいやと思う。
正答率60%以上が合格やから、余程僕が勘違いをしてへん限り大丈夫やろう。

こんな風に勉強していて思うことは、受験生はシステマティックであるべきやし、同時にストイックであるべきやということ。
試験というのは、100%の努力をして100点が取れる訳やない。
120%の努力をして、80%から90%の成果が得られるもんや。
更に精度を上げようと思って、150%の努力をしたとしても、得られるのは85%から95%程度の成果やと思う。
しかし、150%の努力をしようと思ったら、いろんなところに無理が来る。
自分の精神であったり、肉体であったり、或いは他人に迷惑を掛けたり。
受験生というのは、ある程度無理をすべきやと思うけれど、その無理し方と期間の長さとタイミングが大切やと思う。
高校1年生から3年生まで無理し続けるのはしんどい。
高校3年生の1年間でも結構ハードや。
だからと言って、高校3年生の夏休み以降なんて甘い。
いくら効率的に勉強したとしても。
大切なのは、自分が長距離ランナーか短距離ランナーか見極めることと、自分がどれくらいタフか知ることと、どれだけやれば100%で、どれだけやれば120%で、どれだけやれば150%か知ること。
これが分かれば、無理のし方が分かる。
でも、こういうのって、後から気付くんやな。
自分が受験生の当時は、自分のタフさを信じて1年間はただただ集中して勉強した。
そして、僕のピークは受験前の12月くらいで、その後はそれまでの惰性で乗り越えた気がする。
これを読んでいる受験生なんておらんと思うけど、ふとそんなことを思った。

試験の後、つけ麺を食べた。
ひどいつけ麺やった。
外れた場所にあるのに評価の高い店で、食べてみたら東池袋大勝軒系の店やった。
そして、案の定、化学調味料がドバッと入れられ、予想通りに甘ったるいスープにうんざりした。
つけ汁というより、化学調味料汁という感じの。
何故これを美味いと思うのか、僕には理解できへん。
僕は決して無化調(化学調味料を一切使わない)信者やないけれど、それにしてもこれはヒドイ。
また勉強になった。

昨日の予告通り、<気になるんや>を更新した。
<何故ツナマヨなのか>というタイトルで、他愛もない話を敢えて大仰に書いた。

取り敢えず明日まで休み。
今日の帰りに新しい参考書を買った。
10月にある次の試験のための勉強も明日から始める。
でも、まずはこれから銭湯に行って、ハーブ湯に浸かる。


[128] 題名:出来れば、札幌からそのまま福岡へ 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/29(土) 20:16

最終調整も終わった。
午前中にミスタードーナツで1時間程勉強し、午後は軽く30分程勉強した。
いくらやってもキリがないから、最終調整はここまで。
明日の朝、どこかでモーニングを食べながら軽くおさらいをして本番。

心地よい雨が降っている。
外の雨音に加えて、パソコンでも雨音を流しながら読書。
村上春樹「ダンス・ダンス・ダンス」。
この本を読んでいるから札幌に行きたいのか、札幌に行きたいからこの本を読み返し始めたのか、そこのところは自分でもよく分からへんけど、とにかく今、無性に札幌に行きたい。
ラーメンを食べ、コーヒーを飲み、街をうろついて、酒を飲む。
ただそれだけの日々を出来れば1週間くらい過ごしたい。
ちょっとお金を貯めて、せめて2泊3日くらいでフラッと行こうかな。
札幌が呼んでいる。

明日試験が終わって帰って来たら、<気になるんや>を書こうかと思う。
どうでもええ下らない話やけど、世間であまり聞かへんし、ネットで検索しても出て来えへん話題やったから、書いてみる価値はあると思った。
一応予告すると<何故ツナマヨなのか>。


[127] 題名:何回目か分からへんけど、村上春樹「ダンス・ダンス・ダンス」を読み返している 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/28(金) 16:32

昨日も書いたように、今日は急遽バイト。
普通に朝出勤して、実質30分で用件は片付けた。
若干の事務仕事をした後、午前中で上がらせてもらった。

これはええタイミングやと思い、行列必至のラーメン屋へ。
バイトの事務所から歩いて15分程。
かつては、事務所に昼に戻ってる時に2、3度食べに行ったことがある店。
しかし、今ではミシュランの星まで獲得し、アホみたいな行列になってからは食べに行ってへんかった。
でも、僕は以前から行列するほどではないという記憶しかなく、今回その再確認の意味で並んだ。

行ってみると、そのミシュランの影響か、外国人がやたらと多い。
アジア系、欧米系問わず。
かつてはその店の売りである坦々麺を食べたから、今日は今僕の中で追究対象である塩ラーメンを食べた。
結論を言うと、「なんでこんな麺を出すんやろう」。
昨日のラーメン屋と全く同じ感想。
ただ、スープも具材もさすがに今日の店の方が明らかに美味い。
スープはくどくないのに恐ろしくコクがある。
美味いから飲み干したいと思うスープやなくて、飲み干してもうてほんまに美味いスープやったなぁと思うスープ。
しかし、麺はほんまにヒドイ。
これを美味い麺やと思って提供してるんやろうか。
僕は、味が分かるイタリア人と中国人に「美味い麺とは何か?」といつか機会があれば尋ねてみたいと思っている。
それくらい、美味いスープを作れるのに不味い麺を出すラーメン屋が多過ぎる。
このアンバランスな進化は、人類の進化そのものみたいでもある。

その行列に並んでいる間も勉強していた。
まだまだやと思っていた試験もいよいよ明後日。
明日はゆっくり過ごしつつ、おさらい。


[126] 題名:せえへんかった親切 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/27(木) 19:14

昨日の続きの涼しさ。
夏の夏休み。
今朝6時からチーム8会議(じゃんけん大会出場に当たって、チーム全員で1枠として出場するかどうかが議題)のショールーム配信を観ようと思ってたのに、昨日(と言うか、今朝)の4時半まで本を読んでいたから起きられず。
ちなみに、しおりん(チーム8・佐藤栞)も起きられず(しおりんはテスト期間)。

それでも今日は出掛けようと決めていた。
まずは川口のラーメン屋へ。

そこへ向かう途中、家の近所の自動販売機の前での出来事。
車椅子に乗っている年配の男性が、何か飲み物を買おうとしていた。
車椅子と自動販売機の角度を調節し、小銭を入れようとするけれど、なかなか上手く入らへん。
声を掛けようかと思いつつ、近くで見守っていたら、なんとか小銭は入ったみたい。
ところが、その自動販売機は押しボタンが3段になっていて、最上段のボタンは車椅子に乗ったままではどうやっても届かへん。
そこでも、声を掛けようかと思った。
でも、結局は2段目のボタンを押して飲み物を買うことが出来たのを見届けて、僕はその場を離れた。
御節介やとしても、声を掛けるべきやったんやろうな。
もしかしたら、ほんまは最上段の飲み物(ミネラルウォーターとかスポーツドリンクとか)が欲しかったけど、届く範囲で我慢したのかもしれへん。
これが、僕が今日<せえへんかった親切>。

そのせいかどうか、川口では全然美味くない塩ラーメンに当たった。
めちゃくちゃ丁寧に作られているのに、全然美味くないラーメンというのは、最近よく存在している。
こういうハズレを沢山経験するからこそ、美味いラーメンが一入やということや。

このラーメンがもしもめちゃくちゃ美味かったら、そこで満足してそのまま家に帰ったかもしれへんかった。
でも、欲求不満を抱えてもうたから、その足で下北沢へ。
頭の片隅に入れていた芝居を観に行って来た。
劇場の場所も分からへんし、劇団名も芝居の題名もうろ覚えのままに。
劇場の名前と公演開始時間だけは分かっていたから、下北沢に着いて「観劇三昧」という演劇ショップで劇場の場所を尋ね、開演30分前に劇場前に着いた。
711という劇場で行われた<たすいち>という劇団の「呪いならいいのに」という芝居。
711というのは、ザ・スズナリと同じ建物にある劇場。
ちなみに、ザ・スズナリの前には行列が出来ていた。
新井浩文や荒川良々などが出演する芝居をやっているらしく、当日券の抽選に並んでいるみたいやった。

今回の芝居も出演者も演出家も誰も知らん。
内容もほぼ分からへん。
世間の評判と勘を頼りに、今日の昼に観ることが出来るという条件で選んだ。
幸いに当日券があり、しかも、幸いに並び順が早くて最前列に座れた。
それにしても、案外最前列からは埋まらへんもんなんやな。
芝居の内容は相変わらずピンと来えへんねんけど、役者はみんなよかった。
ただ、先日松井玲奈を観た後だけに、いろんな意味で見劣りするのは否めない。
それは比べたらあかんところなんやろう。
芝居自体よりもよかったのが、アフターイベント。
僕は何も知らんまま「この後、出演者が登場して・・・」というアナウンスがあったから残っていたら(観客のほぼ全員が残っていた)、「納涼怪談大会」というのが始まった。
僕は「苦手やなぁ」と思いつつ、司会の女性(この方も出演者)の短い怪談から、演出家、他の出演者のうちの二人の怪談を聴いた。
実は、芝居自体よりもこのアフターイベントの方が遥かに面白かったし、舞台に三々五々リラックスしている役者たちの姿の方が芝居中よりも遥かに魅力的やった。
これはええことなんかどうか分からへんけど、そこまで含めて観に行った価値はあった。
8月に入ったら、少なくとももう1本は芝居を見に行く予定。

連休やと浮かれていたら、留守電が入っていて、急遽明日出勤になった。
午前中だけで片付けられる事務仕事やけど。
そんなこんなで、明日朝ちゃんとした時間に起きなあかんということや。


[125] 題名:こういう日が1日あるかないかで大違いの夏 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/26(水) 19:38

まずは謝る。
昨日「信じてへん」と豪語したのに、今日の東京は涼しかった。
朝からの雨。
そして、夕方から雨は上がったけど、穏やかな北東からの風。
この時間帯に最近平気で33度とか34度の僕の部屋の温度でさえ、今27度。
天気予報も当たる時があるんやな。
お蔭で、夏のひと休み。
と言うか、梅雨の戻りのような気圧配置。

何度も書いているように、明日から3連休。
普段の夏やったらどっかに遠出してたと思う。
去年から今年はずっと勉強をしているし、試験が日曜日やからせいぜいラーメンを食べにちょっと出掛けるくらい。

推しのしおりん(チーム8・佐藤栞)がインスタグラムを始めたということは昨日書いた。
僕はやむにやまれぬ理由からツイッターを始め、フォロー0という形で続けている。
いくらしおりんが始めたからと言って、流石にインスタグラムを初める気にはなられへん。
こういうSNSに完全に否定派の僕としては。
でも、一応拡散希望としてしおりんのインスタグラムのアドレスを貼っておく(ちなみに、bookmarkerとは日本語で栞の意味)。
超絶美人の画像が見られることに間違いはないから。
http://www.instagram.com/bookmarker_23/


[124] 題名:昨日からしおりん(チーム8・佐藤栞)のインスタグラムが始まっている 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/25(火) 21:54

昨日と今日であるホールの点検作業をしていた。
昨日は休館日やったけど、今日は開館中の点検。
そこには大ホールと小ホールがあって、その小ホールの方では朝からずっとピアノが鳴りっぱなしやった。
「なんやろう」と思って予定表を見たら、<ホールのグランドピアノを弾いてみませんか?>というような企画やったらしい。
1人の持ち時間は1時間か1時間半位の交代制で、ホールの真ん中に据えてあるグランドピアノを好きなだけ弾いてええらしい。
確かに、観客はおらんでも、音響のええホールでグランドピアノを思いっ切り弾けるってなかなかない。
公共施設やし、交代で演るから、恐らく1人当たりの料金は安いと思う。
平日昼間の公共のホールってなかなか使われることがないから、すごくええ活用方法やと思った。

その点検現場では午後から激しい雨と雷。
でも、家に帰ったら、そんな痕跡はなく、お湿り程度の雨。
蒸し暑さだけが残っている。
夏の寝技とでもいう状態。
東京の明日の最高気温が27度という予報なんやけど、僕は信じてへん。
天気予報が当たったら謝る。

とにかく、明日バイトに行ったら実質3連休。
正確には、日曜日に試験を挟んで月曜まで休みやから5連休。
どこへ行くでもなく、試験に備えて。


[123] 題名:先週の「ダイアンのよなよな」はもう既に10回位聴き返している 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/24(月) 21:23

大汗をかきながら、足元が透けて見える舞台の天井で作業をした1日。
あまりにも汗をかいたから、バイト帰りにインターネットカフェに寄ってシャワーを浴びた。
スッキリ。

推理小説シリーズが続いていて、今4作を読んでいる。
この流れの中で、今のところ一番面白い。
世界的名作やしね。
近日中に<それでも僕が推理小説を好きになれない理由>というのを<気になるんや>に書こうと思ってる。
近日中というのは、2ヶ月くらいのスパンで。

今、何よりも強く思うことは、日本に麦茶という文化があってよかったということ。
毎日1ℓ以上は確実に飲んでる。


[122] 題名:浴衣の話、ふたつ 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/23(日) 17:26

幕張メッセで行われたAKB48の浴衣祭に行って来た。
朝、浴衣姿のしおりん(チーム8・佐藤栞)からメッセージ入りうちわをもらい、次の私物サイン会まで会場を離れた。
何度か行っている津田沼の美味いラーメン屋でラーメンを食べ、その近くのカフェでしおりんへのファンレターを書き、再び幕張メッセへ。
結局私物サイン会は0/2でハズレた。
こういうクジ運は全く持ってへん。
ただ、浴衣姿のしおりんは、もう絶望的に美しかった。
浴衣の女性は普段の何割り増しとかよく言うけど、それにしても浴衣姿のしおりんは史上最高やった。
そんなしおりんを間近で見られただけで充分。

もうひとつの浴衣の話。
つい最近、夢に大阪の友人が出て来た。
僕が大阪に帰って近所をブラブラしていたら、その友人が24、5歳で身長170センチくらいの本田翼似の美女と一緒に浴衣を着て歩いていた。
ずっと女っ気のない友人やったから驚き、かつ、その女性の美しさに呆然とした。
まさか正夢とちゃうやろうなぁと思いつつ、暫く連絡してへんかったからこの内容を友人にメールで送った。
そしたら、正夢ではないにしろ、最近国仲涼子似の29歳の女性と時々デートしているという。
いやいや、ほぼ正夢やないか。
そういうことってあるんやな。

幕張メッセへの行き帰りにも勉強しつつ、最終調整段階。
先日も書いたけど、明日から3日間バイトしたら、3日連続休みの後に試験。
その間にはスタジオにも入ろうと思っている。


[121] 題名:推理小説連続3作目 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/22(土) 21:44

遅れ馳せながら、今トレンドの昆布水に浸かったつけ麺を食べて来た。
そもそも食べる数で言えば、ラーメン対つけ麺の比は8対2くらいやから、どちらかと言うとつけ麺には疎い。
それでも、こんなに一般化しているとは思ってへんかった。

確かに美味かったし、ポタージュ系(濃厚系)からの反動として、こういうあっさりにしてコクがあるつけ麺が登場するの必然と言えば必然。
僕はそもそもサラッとしたスープのつけ麺の方が好きやから、この流れは大歓迎。
ただ、何もつけずにそのまま麺を食べてみてとか、塩だけをつけて麺を食べてみてとか、蕎麦のシステムを導入するのはどうかと思う。
そもそも、蕎麦でもそういうのは気取りすぎやと思うし、水に浸して蕎麦の香りを楽しんで下さいとか言う店があるけど、蕎麦なんて痩せた土地で米の代用として食べられて来たものであって、つゆをつける方向に進化したものをわざわざ水という変化球(それは決して原型ではないはず)はスカしてるだけやと思う。

結論を言うと、こういうつけ麺があるのはそれでええから、麺自体がもっと美味くなる方向を研究してほしい。

今日も部屋でギターを弾きつつ、微調整。
僕はミディアムゲージという太めの弦を張っているのに、ライトゲージを張っているような軽い音がする。
ええように言ったら、煌びやかな音。
悪く言ったら、深みと重みがない音。
昨日も書いたけど、これに慣れつつ、もっとええ音が出るように弾き込くなあかん。

明日は朝早くからしおりん(チーム8・佐藤栞)に会いに行く。
うちわお渡し会と抽選による私物サイン会。
さて、当たるのかどうか。


[120] 題名:おまえ、痩せてもうたなぁ 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/21(金) 22:15

今日はちゃんとゴミ出しの時間に間に合うように起き、洗濯もした。
午前中に1時間、午後に1時間、集中して勉強もした。
支払いも済ませ、日用品の買い物もした。

夕方からは久し振りにスタジオ練習。
ギターが修理から帰って来て初めて。
愕然とした。
ギターの音が痩せていることに。
そんなに耳がええ方ではない僕でも分かるくらいに。
フレットをステンレスに替えると倍音が減ると言われていたけど、そのせいかもしれへん。
ブリッジ(ギターのボディーの弦を留めている部分)の補修もしたから、その影響かもしれへん。
いずれにせよ、こうなったらしゃあないから、次にいつか修理するまで馴染ませていくしかないし、寄り添っていくしかない。
あと、6弦がビビッてたのは、トラスロッド(ギターのネックの中にある調整棒)を順反り方向にほんの少しだけ回転させ、更に今も弦を張ったままにして調整中。
僕は激しく弾くから、どうしてもある程度ビビるのはしゃあないけど、それでもこういう微調整で解消される部分も大きい。

明日は早くからバイトで、明後日は朝早くから握手会(と言うか、浴衣祭)。
月曜日から水曜日までバイトで、木曜日から土曜日まで休み。
そして、その次の日曜日は試験。
超変則スケジュール真っ只中。


[119] 題名:松田優作「天国は遠くの町」 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/21(金) 00:42

朝からビル屋上での作業。
この炎天下。
それでも、風があったから少しマシやった。

しおりん(チーム8・佐藤栞)のショールーム配信を観終わった後、布団に横になって寝落ちして、今に至る。

その間の夕方、ずっとどうしても知りたいことがあって、大阪のラジオ局に電話した。
「ダイアンのよなよな」というラジオ番組のエンディング曲の歌手と題名。
ずっと気になっていて、訊くタイミングを逸し続けていた。
それが今日やっと分かった。
意外な結末やったけど、作詞・作曲BOROと知って納得した。

明日は休み。
久し振りにスタジオ練習の予約をした。
さて、どのくらい鈍っているのか。


[118] 題名:まだ朝晩は涼しい 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/19(水) 20:42

昨日の酒が残っていて、今朝はただただ眠くてたまらんかった。
焼酎ロックを何杯飲んだか。
友人に全面的にご馳走になりつつ。
そして、比較的早い時間にお開きにしたと思ったのに、友人は帰りの新幹線に乗り遅れるという事態に。
昨日は無事に東京に泊まれて、更に今日はちゃんと出勤できたんやろうか。

ちなみに、不思議なもんで、僕が先日観た「ベター・ハーフ」という芝居を彼も予約していると言っていた。
こういう偶然ってあるんやな。

今日、遂にギターが修理から帰って来た。
かなり大々的な修理で、最終的に僕の普段の給料の半分くらいを費やすハメになった。
ここでは細かく書かへんけど、一番大きな変化は、フレットをニッケルクロームからステンレスに変えたこと。
この変更には、ええ面も悪い面もあるということで大いに迷った。

最大の利点は、フレットの減りが遅くなるということ。
反面、音が硬くなるとか倍音が出にくくなるとか言われていた。
減りに関しては、実際にどの位長持ちするのか、使い込まな分からへん。
音質に関しては、僕は敏感な方やないからあまり分からへんねんけど、キリッとした音になったんかなとちょっとだけ思う。
これも使っていくうちに徐々に感じていくことやろう。
いずれにせよ、これで暫くは安心。

ここ最近推理小説をずっと読んでる。
そのうちに感想もまとめて書こうと思ってるけれど、何よりも感じていることは、アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」は推理小説家が誰しも意識する作品なんやなということ。
僕も以前読んだけれど、僕としては「オリエント急行殺人事件」の方が好き。
ただ、誰が犯人か分からへん密室での連続殺人というテーマは、推理小説家にとっても読者にとっても魅力的なんやろう。
それはそれとして、僕は自分がなんで推理小説を好きやないかという理由がはっきりしてきた。
それは後々書く。

明日バイトでまた1日休みでバイト。
変則の日々が続く。


[117] 題名:まだメンテナンスが続いている 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/18(火) 23:07

友人と東京駅の近くで飲んだ。
中学、高校の同級生で、もう30数年の付き合いになる。
様々な話をして、彼が今住んでいる名古屋に帰る最終に間に合うはずやったのに、東京駅に着いたら最終はもう行った後。
彼は東京に泊まることになったらしい。

今日、池袋には直径2cmくらいの雹が降った。
久し振りに天候の変化に驚いた。
帰り道にも、雹が固まっていて、こんな状況を見たのは生まれて初めて、
50年も生きて来たのに、まだまだ体験してへんことがある。

明日は変則的に休み。
のんびり過ごしたい。


[116] 題名:クアトロフォルマッジ 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/17(月) 21:13

昼間、愛しい人とちょっとお出掛け。
久し振りにピザを食べた。
僕も大人やし、<独り○○>というのはほとんど出来るけれど、独りでピザは食べる気にならへんし、独りでピザの宅配を注文する気にもならへん。
分け合って食べることに意味を感じる食べ物。

この3連休中はほとんど勉強もせずに、ただただのんびりと過ごした。
部屋で汗をだらだら流しながら。
ある意味で夏らしい。

この後、しおりん(チーム8・佐藤栞)が久し振りにショールーム配信をするらしい。
それを観たらゆっくり寝て、明日はバイトの後旧友と酒を飲む予定。
ちなみに、僕が普段使っているメールのサーバーがメンテナンス中で、明日の午前10時までメールを読まれへん、とお伝えしておく。


[115] 題名:本屋には、残念ながら本がない 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/16(日) 19:44

今日の籠もった暑さの反動の夕立。
今、通り過ぎているところ。

街を歩いている短い時間に、自転車に乗っていて倒れている(恐らく熱中症の)老人を二人見かけた。
ひとりは近くにいた人が恐らく119番に電話を掛けているところで、もうひとりは救急車が既に来ていた。
夏はひとつのピークを迎えている。

しおりん(チーム8・佐藤栞)との握手会に行って来た。
久し振りの幕張メッセは、48グループはまだ充分に人気があると思わせられるような人の数。
今日のしおりんはショートカットの毛先を外はねにさせた髪型。
最高に美しかった。
伝えるべくこともきちんと伝えられた。

帰りに船堀で途中下車して、以前から行きたかったラーメン屋へ。
札幌「すみれ」で修行して独立した方の店で、麺も「すみれ」と同じ森住製麺の麺を使っているらしい。
確かに、麺はスープの濃厚さに全く負けてへん美味い麺やった。
しかし、これが<美味>に送り仮名を振って<美味い>と書くべきラーメンかと言えば、僕は違うと思う。
スープのエッセンスは確かに美味い。
「すみれ」を正統に受け継いでいると思う。
しかし、例えばこれが味噌汁やと考えたら、味噌の入れ過ぎか出汁のとり過ぎでバランスを崩しているのがはっきりと分かる。
<濃厚>と<美味い>は全然別物。
近年世間に広まっている<濃厚煮干し>を謳っているラーメン同様、味覚が壊れた人向けのラーメンやと僕は感じた。
これやったら、麺は東京の浅草開化楼製のを使っているけれど、浅草橋「福籠」の方が僕は好きや。
でも、この店でラーメンを食べられたことで、またひとつ勉強になった。


[114] 題名:大汗をかきながらの昼寝の夏 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/15(土) 21:55

今日はほとんどを家で過ごし、読書と動画サイトを観ることで終わった。
それはそれでええ休養になった。

乾くるみ「イニシエーション・ラブ」を昨日から今日で一気に読み終えた。
「ほんまに面白い推理小説は存在するのか?」という自分自身の疑問の流れの中で読んだ。
恐らく面白くないのは初めから分かっていたけれど、それでも<敢えて読む本>として。
結論は、以前読んだ朝井リョウ「何者」と同じ感想で、魅力的な登場人物がひとりもおらんということ。
先日芝居を観た時も似たようなことを書いたけど、物語がどうかというより、そこにいる人間が魅力的かどうかが結局は大切なんやということ。
例えば、僕は「オリエント急行殺人事件」は犯人も筋書きも知っているけれど、再読してもええと思う。
しかし、「イニシエーション・ラブ」はもう二度と読む必要はない。

今まで読んだ本で魅力的やった登場人物と言えば、ツァラトゥストラ(「ツァラトゥストラかく語りき」)であり、フィリップ・マーロウ(レイモンド・チャンドラーの各小説)であり、サル・パラダイス(「路上」)であり、ホールデン・コールフィールド(「ライ麦畑でつかまえて」)であり、高橋和巳「邪宗門」に描かれているすべての人たちであり、村上春樹「ダンス・ダンス・ダンス」に描かれているすべての人たちであり、だからこそ彼らに再び会うために再読する。
意表を衝く展開とか、どんでん返しとか、深い悲劇性とか豊かな喜劇性とか、そういうものは結局は二の次、三の次なんやと最近ははっきりと思う。
そういう意味で、現代日本文学(或いは、世界中の文学)ではそういう魅力的な人物は登場しにくい状況にあるのかもしれへん。

明日はしおりん(チーム8・佐藤栞)との握手会。
実は、僕は握手会を1回パスしている。
選抜総選挙直後で、会って話すべきことが見つからへんかったから。
少し時間をおいた今、伝えたいことは大体ファンレターに書いたんやけど、直接伝えたい祝辞もあるから会いに行く。


[113] 題名:幾つもの夢の連なり 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/15(土) 03:27

体調はイマイチ芳しくはないけれど、取り敢えず僕も世間様と同じような3連休に突入する。
まず、目覚まし時計を止めることから。


と書いて、完全な寝落ち。
明日起きてから考える。


[112] 題名:棋譜を味わう夏 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/13(木) 23:02

最近、藤井聡太の対局動画を何本も観ている。
僕もかつては「将棋世界」や「週刊将棋」を講読していたから、どちらかと言うと分かる方ではある。
もう随分長く将棋の勉強はしてへんかったけど。
でも、今一番に思うことは、今も父親が生きていたら、酒を飲みながら将棋の話を出来たのになぁ、ということ。
しかも、今や将棋のネット中継がこれだけ広まったから、僕にパソコンの設定をさせて酒でも飲みながらネット中継を観るのが父親の楽しみになってたかもしれへん。

確か僕が小学1年生の時に父親が将棋盤を買ってくれて、同時に詰め将棋の本も買ってくれたんやと思う。
あの頃、真剣に将棋の勉強をしていたら、今頃もっと強くなってたやろうなぁとは思うけれど、僕は詰め将棋も飽きてしまったし(正確に言うと、解かれへん問題が増えて諦めた)、それが僕の大きな意味での実力なんやとも思う。
ただ、あの時、僕に将棋を教えてくれたことは今でも父親に感謝している。
今でも棋譜を見ながら、「なるほど」とは思えるから。

7月はバイトが比較的ヒマで、明日働いたら3連休。
日曜日に握手会に行く以外は、今のところ予定はない。
愛しい人とちょっとだけ出掛けられたら、と思う。
来週にはいよいよギターが戻って来るはず。


[111] 題名:カメムシがアホみたいに蛍光灯にぶつかり続けて、夏 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/12(水) 20:05

昨日の夜中に目覚めて、動画サイトで藤井聡太の棋譜を観ていたせいで寝不足。
午前中をほぼ棒に振った。
昼になって漸く出掛けた。

まずは久我山でラーメン。
先日食べた新高円寺「甲斐」に続き、久我山「甲斐」へ。
改めて感じたのは、ここのラーメンはまさしく「春木屋」のコピーなんやけど、はっきりと進化してるということ。
自家製麺も燻製感のあるチャーシューも。
表面の油の層の厚さとスープの熱さはやや「春木屋」が勝っているか。
いずれにせよ、ラーメン(と言うか、中華そば)としてかなりの質。
次の機会はもう一度新高円寺で。

その後、笹塚に行って免状の申請。
そこから笹塚の商店街を北へ歩いて、更に中野通りへ。
久し振りにバスに乗って中野へ。

中野のルノアールでお手紙を書いて、以前行ったことのあるラーメン屋で味噌ラーメンを確認して、帰宅。
中野の裏通りに建ち並ぶ魅力的な居酒屋の群れに誘われたけど、今日は酒は飲まへんと決めてたから。

途中、電車に乗っている時、斜め前に美しい少女が座っていた。
「どこかで見たことあるなぁ」と思ったら、AKB48の田野優花やった(恐らく)。
推しメンやったら声を掛けるかもしれへんけど、推しメンやなくてただ顔を知ってるだけやったから声は掛けへんかった。
半信半疑やったし。
ただ、家に帰ってから彼女の最近の写真を見たら、髪の長さも分け方も全く同じやったから間違いないと思う。
これがしおりん(チーム8・佐藤栞)やったら、どうしたらええんやろう。
降り際に軽く会釈だけして(僕の顔も知っているはず)、去るのがスマートなのか、それともやはり声は掛けないでおるべきなのか。
声を掛けへんのがマナーなのは分ってるけど、しおりんと街で会えたらきっと舞い上がってまうやろうからなぁ。

今日は本格的な夏の始まりを強く感じた。
今も僕の部屋の温度は33度。
この夏は東京に居座って乗り越える。


[110] 題名:何故かカーペンターズを聴きながら 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/11(火) 23:48

汗をだらだら流しながら、脚立を何度も上り下りする作業を終えた1日。
それでも、昼休みに外で流れていた風は心地よく涼しかった。

昨日ネット上で合格発表があった試験の合格通知が今日届いた。
合格通知には点数も載っている。
筆記試験(4択問題)が95%、実技試験(筆記問題)が85%。
全体で60%以上取れれば合格やから、数字から見たら楽勝なんやけど、実際には苦吟した問題もあり、どれだけ勉強してもそんな簡単な試験なんかないということや。
これで去年の夏から受け続けている試験は4連続で合格して、予定では残すところあと2つ。

明日は1日休みになった。
合格した資格の免状書き換え申請をして、あとはお手紙を書く予定。
窓口に直接申請に行く気になったら、その流れでラーメンを食べに行くかも。


[109] 題名:そして、友人からの飲みの誘いも 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/10(月) 18:38

今日は起きた時から出掛けると決めていた。
問題は、どこに行くか。
午前中いろいろ検討して、まずラーメンを食べに行くことに決め、その後で当日券があるなら芝居を観に行くことに決めた。

ラーメンは久し振りに大当たりやった。
新高円寺(と言っても、南阿佐ヶ谷との中間くらい)の甲斐というラーメン屋。
写真で見ただけでルックスが好みやと分っていたけど、味もよかった。
何よりも麺が美味く、麺とスープと具のバランスがすごくええシンプルなラーメン。
ここは必ず再訪することに決めたし、本店の久我山にも行ってみることに決めた。

そのままの足で下北沢へ。
今朝、インターネットで今日の昼間に東京近郊で演っている芝居を検索し、その中で引っ掛かる芝居を選んだ。
下北沢・本多劇場「ベター・ハーフ」。
引っ掛かったのは2点。
1点は、脚本・演出がサードステージ(かつて僕が観た頃は第三舞台という名前やった)の鴻上尚史やということ。
もう1点は、出演する4人の役者のひとりが松井玲奈(元SKE48)やということ。
少々料金は高かったけど、この2点が決め手やった。

当日券に並んで入ったら、最後列の真ん中の席。
それでも劇場が広くないからちゃんと観られた。
芝居を観て、幾つか思うことはあった。
劇中歌として中村中がピアノを弾きながらうたう1曲目が森田童子の「たとえばぼくが死んだら」やったのには、ちょっとヤラれた。
芝居自体は、僕をどこか別世界へ連れて行ってくれるような内容ではなかったし、何年か後になっても忘れられへんような台詞もなかった。
ただ、僕は昔も今も推しでもなんでもない松井玲奈を観ていて、この人は芝居をしている時に生きてるって感じてるんやろうなというのが伝わって来た。
結局そういうことなんとちゃうかな。
僕たちが(少なくとも僕が)触れたいものって。

今の自分はいろんな生のもの(ライヴや芝居や落語等)に触れて、ある種の感覚を蓄積(もしくは感染)させている時期。
夏の間にまだ幾つか観に行こうと思っている。
かなり気分次第で、時に計画的に。

家に帰って来て、先日受けた試験のネット上の合格発表を見た。
なんとか無事に受かってた。
僕の前の番号は受かってたけど、僕の後は12人連続で番号がなかった。
次の試験は7月30日。

昨日はショールーム選抜の発表があり、しおりん(チーム8・佐藤栞)が3番手のフロントメンバーとして楽曲を与えられた。
今日はそのミュージックビデオの撮影らしい。
嬉しいことが続く。


[108] 題名:テント芝居を観たい 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/09(日) 15:56

窓を開けっ放しにして過ごす日々。
今年少しだけ改善したのは、換気扇を回し続けることにより、無風の日でも自然と部屋に風が流れるようにしたこと。
もうひとつは、窓辺の木枠にゼラニウムの精油(アロマオイル)を2、3滴垂らして、仄かに部屋がゼラニウムの香りになるようにしたこと。
これだけで快適さが随分違う。

今朝から掛け布団を干し、敷布団を干した。
午前中に久し振りにミスタードーナツに行き、1時間程勉強をした。
この後、早い時間に銭湯に行く予定。
板橋区の銭湯は、7月と8月の毎週日曜日はハーブ風呂イベントをやっていて、今日はローズマリー。
好き嫌いはあると思うけど、僕は楽しみ。

ギターがまだ修理に出したままで、月曜日にスタジオ練習できへんのが残念。
明らかに鈍っているのが分かる。
如何ともしがたい。

夜にはショールームでしおりん(チーム8・佐藤栞)が3位に入ったショールームイベントのお礼配信がある。
そこでなんらかのサプライズ発表があると思われる。
しおりんにとって意味のある発表であることを願いつつ。


[107] 題名:そうか、満月か 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/08(土) 21:00

今日はしおりん(チーム8・佐藤栞)が能登でイベントをしていた。
僕はバイトで当然行かれへんかったんやけど、ツイッターやYou−Tubeに上がった画像や映像(チーム8は撮影可)を観ると、しおりんはほんまに最強やと思う。
圧倒的に美しい。
なんで彼女が圏外なんやろう。
世界は昔も今もひたすら間違い続けている。

核兵器禁止条約に批准せえへん日本が最悪なのは当然のこと。
アメリカに追従し続け、原子力発電という核技術を保持し続けようとする態度は、ある意味の大局観なんやろけど、それは最悪の大局観や。
もっと先の、あらゆる軍事力を廃絶するところまで進む第一歩さえ踏み出されへんということ。
自虐史観なんて言う人がおるけど、この国に対して、或いは人類に対して、自虐以外のどんな態度があり得るんやろうか。

今日のうちに洗濯を終え、明日はのんびりした休日。
夜は愛しい人と。


[106] 題名:二度見 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/07(金) 19:31

昨日書いた通り、バイト帰りにそのまま出掛けた。
有楽町へ。

まずは以前から気になっていたラーメン屋へ。
カウンターだけの狭い店で、昼の時間帯は外れていたのに待ちの列が僕の前に10人ほど。
興味深いラーメンやったけど、僕はもう一度食べに行くことはない。
典型的な和風スープの上品なラーメンで、僕はこのスープなら麺は素麺の方がええと思った。
極細のラーメンである必要はなんなのか。
サラリーマン3人組がラーメンに対して領収書をもらっているこの国のこの時代の無様さを思いながら、人の評価と自分の評価は違うもんなんやなぁと改めて思った。

そもそも何故有楽町に行ったかと言うと、沖縄のアンテナショップでかりゆしウェアを買うため。
夏物の半袖シャツがどんどん限界を迎えているから、決心して新しいシャツを買うことにした。
先日もバーゲンで賑わっているファッションビルをフラッと回ってみたところ、着たいと思える服が1着もなく、それやったらかりゆしウェアにしようと思って。
迷ったけれど、結局1着買った。
薄桃色の涼しげなシャツ。
余裕があれば、この夏の間にもう1着買いたいけれど。

その出費があったから、銀行でお金を下ろした。
何気なく残高を見たら、異常に少なくて一瞬ゾッとした。
でも、もう一度よく見たら、1桁間違っていて、想像を遥かに超えるの残高やった。
それで、今日ボーナスが出たことを初めて知った。
昨日までなんのお知らせもなかったのに。
いずれにせよ、ありがたいことや。
これでギターの修理費もちゃんと支払える。

コンビニで既に九州地方の豪雨被害に対する募金が始まっていた。
ほんのわずかばかりやけれど、お金を投じた。
亡くなった方もおられるし、ところどころでまだ降り続いていると言うし、まだ避難出来ていない方々もおられるらしい。
なんでもない日々の大切を想う。


[105] 題名:今日の晩御飯は牛乳500ml 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/06(木) 21:48

昨日の夜中、変な時間に目覚めてもうたせいで寝不足。
まだ朝晩は比較的涼しく、寝苦しくもないのに。
今年の真夏は猛暑かもしれへんけど、本格的な厳しい暑さはきっと短い期間やろう。

明日はバイトが早く終わることが確定しているから、バイト帰りにちょっとだけ出掛けることにする。
買い物ができたら、と。
そして、美味いラーメンが食べられたら、と。
なんなら、美味い酒も飲めたら、と。
ちょっと強欲か。


[104] 題名:松本人志が寝る前に必ず桂枝雀か立川志の輔を聴くというのは意外 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/05(水) 20:10

台風一過の炎天下。
作業着の上に更にもう一枚つなぎを着た状態で、日の当たる屋外で30分以上待機させられた時には、さすがに熱中症になるかもしれへんなと思った。
実際にはならへんかったけど、その後、遅い昼休みを過ごした道の駅で、恐らく熱中症と思われる老人が救急車に乗せられる場面に出くわした。
そういう季節になったということやな。

そんなこんなで久し振り大汗をかいて、コンビニで買った純粋な炭酸水(糖分もアルコール分もないやつ)を飲んでひと息。
この後、アルコールの入った炭酸(ビール)を飲むかどうか検討中。

この夏は、恐らく遠くには旅しない。
細切れの休みものんびり過ごそうかと思う。
しおりん(チーム8・佐藤栞)との握手会が何回かあり、他はライヴか芝居か落語でも観ようと。
とか言いつつ、青春18切符でちらりと出掛けるかも。


[103] 題名:換気扇を回し続けるというだけの冷房 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2017/07/04(火) 21:24

東京も夕方から雨が降り出した。
今はしっかりした雨音が聞こえる。
本当は昼間にちょっと出掛けてラーメンでも食べようかと思っていたら、丁度その時間帯だけ雨が降って来て、断念して近所のラーメン屋に行った。
結局、この3連休は徒歩圏内しか移動してへん。

今日は割とちゃんとやった1日。
午前中も午後からも、1時間ずつくらい集中して勉強した。
普段は参考書の4択問題を読みながら解くことが主やけど、ゆっくりと時間がある今日のような日は、筆記問題の解答を実際にノートに書き込んでいる。
条件反射的に正解が出て来ることも大切し、じっくりと書き込むことになれるのも大切。
そういう意味で大きな1日やった。
試験までまだ20日以上ある今の時点で、かなり仕上がっている。

昨日の予告通り、<気になるんや>を更新した。
<受け皿という甘え>という題名で。
僕が<気になるんや>にわざわざ書くことは、世間の多くの人が僕の視点とは違う場合。
もう何十年も前から「受け皿がない」と嘆くだけの人がおる状況は、明らかにシステムの問題やと分るはずやのに、それを声高に言う人がおらんことに対する疑問符として。

どうやら今晩中に雨が抜けるということでホッとしている。
明日のバイトは屋外で作業があるから。
さて、これは梅雨の終わりを告げているのか。




Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板