無料で掲示板を作ろう  Amazon-maxzenのテレビ・白物家電のタイムセール開催中

しゃべるんや(仮)

あなたの魂の声を聞かせてください

「松本秀房の男球」へ

名前
題名
内容
URL
削除キー 項目の保存

[1204] 題名:<注文を確定する>を押す勇気を与え給え 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/27(水) 22:44

僕はコロナ・ウイルスを憎んでへん。
ウイルスはウイルスのシステムに従って生きていて、人間の気持ちなんか考えてへん。
しかし、それに対する人間の対応は幾らでも変化の余地がある。
結局人間の問題なんやと思う。

第148回フォークジャングルも中止になった。
緊急事態宣言解除、東京都のロードマップを鑑みて、6月28日ならまず開催できるやろうと思っていた。
ところが、今日上野公園管理事務所から留守番電話が入っていて、折り返したら、上野公園野外ステージの6月末までの使用中止が決まったとのこと。
理不尽やとも言える。
役所の事なかれ主義とも言える。
しかし、僕たちが公共の施設を使って活動をしている限り、こういう状況はいつでもあり得ることなんや。

個人的には、控えめに言って、物凄くショックやった。
開催についていろいろなことを考えていたし、実際に少しずつ普段とは違う準備を始めていた。
例えば、佐賀優子にもらった消毒液はお客様用として、控室用の消毒液と除菌ペーパーも買った。
いつもはアンケート用に鉛筆を受付で渡して回収するのを、今回は使い捨ての鉛筆を購入した。
少なくとも今年はこれでいかなあかんやろうと思ったので、1000本(大した値段やないけれど)。
受付での消毒、客席でのマスク着用、客席1列目は着席不可、そして、先程書いた鉛筆の使い捨て等を記載したポスターも作ろうと思っていた。
つまり、かなり前のめりになってたんやな。
だから、中止になって、自分の勢いを利用された巴投げを食らったみたいな気分になった。

こんな時は銭湯に行ってからビールやと思い、その通りにした。
愛しい人とも電話で話をして、少し落ち着いた。
フォークジャングルのフェイスブックにも書いたけれど、振り返ったり、ウジウジ考えてたってしゃあないから、とにかく前へ。
取り敢えず、9月まで暇になった。
マジで室蘭にカレーラーメン食べに行こうか、というのが最初に浮かんだこと(いや、マジで)。
次に浮かんだのが、大阪の歯科医の友人のところに行ってインプラントをしてもらおうかということ。
他は、昨日も書いたちょっと高価な買い物を前倒しですること。
ラーメンなら福岡もええなぁとか、墓仕舞いと母親の納骨を秋から夏へ前倒しするのもええかとか。
よし分かった。
まずは買い物からや。
他のことは後で考える。


[1203] 題名:1976年から1977年を想う 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/26(火) 21:14

流石というのか、緊急事態宣言が解除になった途端、近所のパチンコ屋が営業再開していた。
外から覗くとお客さんも入ってた。
僕はパチンコ屋だけを云々するつもりはないけれど、すべては「喉元過ぎれば・・・」なんやろうな。

言論の自由と匿名性が話題になっている。
しかし、これは全く別の問題や。
それと、言論の自由って呼ばれているけれど、完全無秩序な自由なんて存在せえへん。
そもそも言論の自由を担保しているのは法律であって、「人は生まれながらにして平等である」とかいうのも実は嘘で、それを担保する法律があるからそれが保障されているだけ。
言論というのは、実はめちゃくちゃ不自由で、表現の制約は至る所にある。
誰かに「殺す」と言い続けることは自由やない。
テレビやラジオでは、僕が意識して使っているキチガイという表現は使われへん。
つまり、すごく大きな制約の中で、思想・信条(無思想・無信条)を表現することは自由やというだけや。

匿名性というのは全く違う。
言論表現する上で、匿名性なんて担保されてへん。
たまたま匿名の場所がそこかしこに存在しているだけや。
便所の壁やシャッターへの落書きもツイッターも、その匿名性が担保されている訳やない。
守るべきは匿名性やなく、どんな思想・信条を記名で表現しても、法律以外では罰せられないことと、罰する法律も表現に大幅に介入できへんことや。
その担保こそが、言論の自由と呼ぶべきものや。
匿名を隠れ蓑にして、安全な場所から石を投げつける奴らは罰せられるべきや。

<日本で一番うまいものは何か、個人的に決定した>とか<日露戦争とコロナ禍の日本の類似>とか<コロナというアンチテーゼに対するアンチテーゼ>とか、書きたいことはあるけれど、今はここにメモだけしておく。

最近キャンディーズの「やさしい悪魔」を改めて聴いてみて、結局僕がキャンディーズで一番好きなのはこのうた(僕が初めて買ったシングル・レコード)やし、何処が好きなのかも分かった。
途中でランちゃんがソロになる「レースのカーテンに・・・」という部分。
じゃあ、ランちゃんがソロ歌手としてこのうたをうたったらええかと言われるとまた違う。
3人がうたっている途中で、ランちゃんがソロになるのがええし、「レースのカーテンに」という言葉もええ。
彼女の顔も声もほんまに好き。
僕の中の歴代アイドル最高峰は、梅ちゃん(元AKB48・梅田彩佳)でもはるちゃん(元NMB48・木下春奈)でもしおりん(元AKB48・佐藤栞)でもなく、やっぱりランちゃんなんやと。
と言うか、この並びの名前を挙げる人は他におらんやろうな。

バイトの給料が想像より多く出ていて、今月もコロナ調整費とかいうのが加算されているのかもしれへん。
これで10万円入ったら、僕はまだまだ先の自分への誕生日プレゼントとしてある物を買うことに決めた。
もう何年も前から買えずに逡巡していた物。
僕にとってはかなり高価な物。
きっとこれがタイミングなんやろう。
生きているうちに後悔せえへんことや。


[1202] 題名:魂にソーシャル・ディスタンスはない 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/25(月) 19:42

昨日は夜中に目覚めてもうて、Boney M.とキャンディーズ(及び伊藤蘭さん)の動画を観ているうちに寝不足。
今日はさっさと寝る。

結局、アベノマスクは豊島区でホームレス支援活動をされているNPO法人に寄付することにした。
勿論こちらの送料負担で既に郵送したんやけど、切手代140円払って、ささやかな社会貢献をする機会を与えてくれたんやとええように考えよう。
そして、10万円を貰おう。

バイトへ向かう電車もかなり混み始めていたし、夕方の街の居酒屋も賑わっていたし、ほんまに今、緊急事態宣言解除でええんかなとは思う。
みんなはどう思ってるんやろ。
漠然と、「まだ早い」とか「流石にもうそろそろ」とか。
とにかく一度は気を緩めたいんかな。
それで、もう一度緊急事態宣言が来てもしゃあないと思ってるんかな。
5月23日時点で、明確な感染者数は東京都638人、神奈川県286人、大阪府254人、北海道241人、埼玉県105人で、ここまでが3桁。
勿論これ以外にも潜在的な感染者はおるやろう。
それは不明やからとやかく言わず、この実数もかなりやと思うけどなぁ。
現実にそれだけの数の方々が、症状の差はあれ、この病と闘っている。
僕は個人的には全く油断してへん。
祝杯を上げようなんて気にはならへんなぁ。

それでも、今日はフォークジャングルの準備を進めた。
うたうたいとしてよりも、主催者として考えるべきことが今は山程ある。
例年と同じようには出来へん。
同じようには出来へんなりに、最大限伝わるようにやる。
「魂にソーシャル・ディスタンスはない」って、どうやろ。
今年の名言として残らへんかなぁ。


[1201] 題名:よしなしごとの続き 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/24(日) 16:51

夏物の帽子も虫干しした。
5月らしいほんまにええ陽気。
フォークジャングルは5月は開催予定がなかったけれど、当選して開催予定やった様々なイベントが中止になったんやなぁ、とこんな日和の日曜日には思う。

大阪の自粛解除の指針でも、東京の自粛解除のロードマップというやつでも、ライヴハウスはスポーツジム同様、結局一番後回しになっている。
確かに、ライヴハウスというのは、今回のコロナウイルスへの対策を実行するのが一番難しい場所のひとつやと思う。
特に小規模のライヴハウスでは、いわゆる3密のうち、密閉と密接はほぼ必ず存在している。
密集はお客様の入りによって変わる。
逆に言うなら、演者と観客の密接な空間があることにライヴハウスの意味があるとも言える。

例えば、郊外にポツンと一軒家のライヴハウスがあるなら、音漏れを気にせずに扉や窓を開放すれば、密閉を避けることは出来るかもしれへん。
しかし、都会にあるライヴハウスではそれはほぼ不可能で、換気システムを向上するしかないやろう。
小さなライヴハウスでは、ステージと客席の距離を離すことは難しいし、アクリル板のようなもので間仕切りを作ってやるにしても、出演者同士の問題もある。
僕には名案がない。

アフター・コロナについては僕も先日少しだけ意見を書いた。
それはそれとして、技術的に変化できることを除いて、基本的な人間の営みは変わらへんと僕は思う。
コロナというのが、他の病気のようにone of themになる日はそんなに遠くないと思うし、そうなれば人間はまた密接や密集を求める(今でも求めている)。

人が目の前にいて、そこで何かが行われて、すぐに反応が返ってくる場所。
<ライヴ>というのは、演る側にとっても受ける側にとっても、最も生きていると実感できる場所(時間)のひとつや。
それに対する求心力はめちゃくちゃ強いと思う。
配信の比やない。
好きな人とセックスするのと、マジックミラー越しに好きな人がセックスしているのを観ているくらい違う(それも興奮するやろうけど)。
配信にある程度慣れることは出来ても、決定的な物足りなさ(直接的な熱やぬくもりや肌で感じることの欠落)は残り続けるし、何処かで再び<ライヴ>に触れたら、「こんなに違ってたんや」と再認識するはずや。

フォークジャングルでも、自分の演奏を配信している出演者はおる。
それはそれで全然ええ。
けれど、それは上野公園野外ステージの客席で感じるものとは常に別物や。
6月のフォークジャングルが開催できるかどうかはまだ分からへんけれど、会場が使える限りは開催することしか僕は考えてへん。

コロナについて新規感染者数のことがいつも話題にされる。
しかし、少なくとも今一番大切な数字は、現在の感染者数(ほんまの数は誰にも分からへんから、公表されている数)や。
その絶対値が少ないことこそ、安全の証明や。
細菌のおらん世界はないし、夏でもインフルエンザに罹る人はほんの少しはおるように。
ちなみに、5月23日時点での全国の感染者数は2484人で、毎日ほぼ200人強減り続けている。
希望は、なくはない。


[1200] 題名:ほんまにほんまに、徒然なるままによしなしごとを 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/24(日) 10:35

久し振りに朝から気持ちよく晴れ渡った日。
押し入れに仕舞ってあった布団と手洗いした軍手を日干ししている。
朝から時間があるので、最近思っているどうでもええようなことをぼんやり書いてみようと思う。

リモート配信について。
何度も同じ前置きで申し訳ない。
僕の部屋にはテレビがない。
だからテレビは観ないけれど、インターネットの番組やYou−Tube配信は観る。
最近はリモート配信なるものが増えていて、僕も何度か観つつ、違和感を覚えるものと覚えないものがあることに気付いた。
その違いは、画面が分割されているかどうか(同じ画面に映っている出演者が単数か複数か)の違いやと気付いた。
そこから別の意外なことにも気付いた。

完全に個人的な意見かもしれへんけど、リモート放送(配信)は気持ち悪い。
それはタイムラグのせいやなく、みんなが正面を向いているからや。
人は話をする時、完全に正対せえへんにせよ、基本的には相手の方を向く。
それが、リモートでは画面上で横並びになっている人たちが会話をしているのに、正面(画面越しの僕)に向かってしゃべっているように見えるのがすごく気持ち悪いんやと気付いた。
人間とは違うコミュニケーションの仕方をしている宇宙人を観ているみたいで。

それとは逆に、昨日観た講談の無観客配信やラジオのリモート放送(出演者が家で発言し、ラジオ局から電波が送られる)は違和感がない。
通常の配信(放送)とほとんど同じやからやと思う。

それで気付いたのが、今のバンドでも時々あるし、昔のフォーク・グループなんかでよくあった、演奏者が観客に向かって常に正対している姿に覚えていた違和感はこれやったんやな、と。
漫才でもそう(落語は違う)。
漫才で演者は、体はほぼ観客側に向けて、顔は相方と観客の双方に向くように斜めにして会話するという工夫をしているのを見かける。
所謂バンドというのは、本来なら他の演奏者の方を向いて呼吸を合わせるべきなんやと思う(指揮者がおらん場合)。
大昔、人間はきっと輪になって楽器を演奏したりうたったりしていたはず。
音楽というものを共に楽しむ上で、それが自然やもんね。
それがいつの間にか演者と観客が分かれて、その上、演者同士も観客の側を向くようになった。
これって、実はすごく不自然なことや。
演者が独りで、他は観客なら話は分かる。
対面しているからね。
演者同士が対面したり、アイコンタクトをしたりする(それを多めにしている)バンドは、それだけでバンド自体の親密感(音楽を共に作っている親密感)を観客側も感じるもんね。
僕が所謂バンドを好きやない理由は、音数の多さ(ヴォーカルが相対的に埋もれる)だけやなく、こういう視覚的部分もあるのかもしれへん。

長々と書いてもうた。
<気になるんや>に書くべきやったかと反省しているけど、まあええわ。
似たような話題で<ライヴ>についてもこの話題に絡めて書こうと思ってたんやけど、それは別の項、または今日か明日気が向いたら書く。


[1199] 題名:油断していたら・・・ 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/24(日) 00:13

油断していたら、朝、目覚まし時計が鳴っていた。
止め忘れていた。
「あれ、今日のバイト現場は何処やったっけ?」と寝ぼけながら一瞬考えてもうた。

午前中はのんびり過ごし、昼から完全に晴れて来たので洗濯。
今日はコーヒーも2杯淹れたし、3食とも家で食べた。
カリンバの練習とギターの練習をして、新曲はちょっと放置。
昨日はええ構想やと思ったけれど、一夜明けてもう少しヒネリが必要やと考え直した。

油断していたら、アベノマスクが届いていた。
僕が住んでいるアパートは3部屋あって、それぞれに勝手に郵便受けを設置している。
どの郵便受けもセキュリティー・ゼロやから見えたんやけど、他の部屋の方にもアベノマスクが届いていた。
勿論、僕は全く要らん。
要らんからと言って捨てるのは勿体ないから、NPO法人とかで必要な方へ渡していただけるなら、このまま未開封の状態で寄付しようと思っている。

夜は、神田伯山のYou−Tubeチャンネルで神田桜子(神田陽子の弟子)の二つ目昇進記念として、神田桜子、神田伯山、神田陽子、神田松鯉が上野広小路亭で無観客で演じた講談を配信していた。
それと全く同時スタートで、第3回AbemaTVトーナメント。
2窓にして、行ったり来たりしながら両方とも観ていた。
ある意味で充実した1日やったとも言える。

そして、油断していたら、久し振りに日付を跨いでもうた。
そろそろ散髪もしたいところではあるけれど、明日も家でのんびりやな。


[1198] 題名:新しいコーヒー豆(コロンビア・シエラネバダ)を買ってた 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/22(金) 22:47

モーリー・タトルがカヴァーした「Helpless」を聴いたからなのか、ボブ・ディランの「Visions of Johanna」を聴いたからなのか、突然うたが降って来た。
まだ完全には形になってへんけれど。
こういうのって、知らんうちに蓄積していたものが出口を探してたんやろうな。

さて、明日と明後日は連休。
のんびり過ごそうと思っていたけれど、うたが出来たらええなぁという欲も。
いずれにせよ、引き籠りは引き籠り。


[1197] 題名:せめて藤井聡太の対局があれば、と6月を待ち焦がれる 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/21(木) 22:31

不思議やねんけど、このコロナ騒動が始まってからは生きている実感がない日々であるのと同時に、生きていることの怖さ(死ぬことの怖さ)を身近に感じる日々でもある。
ぼんやりしているのに、体の芯に冷たい部分があるような。
そんな中で、昨日愛しい人の誕生日を無事に迎えられたことはほんまに嬉しい。

昨年末に彼女のお父さんが亡くなった。
その一報を受けたのは、彼女と二人で熱海に泊まっている夜やった。
今ではすごく昔のことのように感じるけれど、僕の母親が亡くなったのも昨年(2月)で、奇しくも同じ年に亡くなった。
彼女のお父さんの法事、僕の母親の1周忌、そして、フォークジャングルの準備といろいろ忙しくしているうちに、今回のコロナが始まった。
今年前半は、追われるだけの日々やったように感じる。
それが、昨日のお祝いでひとつ区切りになった。

カリンバを始めるなんて思わへんかった。
フォークジャングルが中止になるなんて思わへんかった。
家でコーヒーを淹れ始めるとは思わへんかった。
生きていると思いがけへんことが沢山ある。
平々凡々と過ごしている何気ない日々が突然表情を変える。
ええ時もあれば、悪い時もある。
すべてを乗り越えて、今年必ずやるべきことは、円山野外音楽堂でのフォークジャングルと先延ばしになっている母親の納骨と。
それだけが今の自分に正しい方向を与えて未来へと歩ませている。

賭けマージャンも訓告処分も「ふーん」としか思わへんけれど、新聞記者と検事がそうやってツルんでいる愚かさにただただ絶望する。
ここでも何度か書いたように、マスコミを<マスゴミ>と呼ぶ奴らは品格もセンスもないクズやと思うけれど、確かにマスコミというのは愚か者の集まりやとしか思われへん。
こういう裏側だけでなく、取り上げる報道の内容や手法も含めて。

今日点検した建物の1、2階は個人経営の居酒屋で、今は営業時間が制限されているから昼に弁当を売っている。
その店の料理は今まで食べたことがなかった。
今日の昼は点検前にそのお弁当(豚キムチ炒め弁当)を買って食べてみた。
かなり美味かった。
それだけが今日よかったこと。

昨日の夜と今夜、寒くなったから久し振りに万年炬燵のスイッチを入れて暖まっている。
何がどうなったらやる気が起きるのかな。
ほんまは旅に出たいな。


[1196] 題名:「ハイパーハードボイルドグルメリポート」の本を読み終えて、感無量 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/20(水) 21:02

今年は上半期も終わってへんうちから、新語・流行語大賞に選ばれるのがほぼ確実な言葉が頻出している。
コロナ、クラスター、アベノマスク、3密、あたりはほぼ確定か。
今日、その遥か斜め上を行く言葉を目にして、驚きと笑いを同時に。
小学0年生って。
誰が考えたか知らんけど、良し悪しは別にして、発想がトンデる。

9月入学についての僕の意見を書く。
まず、9月入学という意見に全く合理性がない。
世界の多くの国が9月入学やと言うけれど、それに追随する必要は全くないし(留学における不便なんてどうでもええ)、グローバル化なんて弊害しかないし、そもそも9月入学自体に合理性が全くない。
情報によると、欧米では8月が収穫期であり、子供たちもその農事を手伝う必要があったから9月入学になったという。
その真偽は分からへんけれど、いずれにせよ、9月入学に必然性はない。

大きな目で変革するなら、年の始まりも、年度の始まりも、入学時期もすべて1月にすればええ。
その方が余程合理的や。
これを主張する人がおらんことが不思議でしゃあない。
それはそれとして、今年のことはすべて例外的に捉えるべきや。
あらゆるスポーツも延期されている中、学業だけが特別やない。

昼間、愛しい人に花束と誕生日プレゼントとバースデイカードを届けた。
そして、カリンバで「ハッピー・バースデイ」を演奏した。
花束を予約した時点で、花屋さんに彼女が好きなカスミソウを入れてくださいとお願いして、あとはお任せしますと伝えた。
そしたら、「季節の花のヒマワリを入れますか」と訊かれたので、「お願いします」と答えた。
今日花屋さんに受け取りに行ったら、「黄色い花束をご注文の方ですね」と言われた。
そんなつもりは全くなかったのに、いつの間にか黄色い花束(ヒマワリと黄色いバラとカスミソウ)が用意されていた。
別にかまへんけど、どういう伝言ゲームでそうなったんやろ。

夜には、愛しい人と近所の古くからある焼き肉屋へ。
その店は、古くてボロい店やけど、この辺りでは肉質は最高。
それに、おばちゃん(おばあちゃん)の愛嬌が素晴らしい。
何歳になっても可愛いっていうのがあるんやな、と。
愛しい人とも20年以上の付き合いになるけれど、彼女の可愛らしさも昔と全く変わってへん。

さて、明日と明後日バイトで、また土日は連休。
それ以降は様々な要因が重なって、どう考えても忙しくなる。
今のうちにちょっとだけのんびり。


[1195] 題名:独り前夜祭 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/19(火) 20:49

近所のスーパーで白ワインのボトルを買って来て、独り前夜祭。
明日は愛しい人の誕生日。

僕は梅ちゃん(元AKB48・梅田彩佳)の生誕祭は入れたことがなく、はるちゃん(元NMB48・木下春奈)としおりん(元AKB48・佐藤栞)の生誕祭は、有り難いことにほぼ毎年参加できていた(自分がインフルエンザに罹った年を除く)。
しかし、それ以上に毎年誕生日を祝っているのが、僕の愛しい人。
彼女の誕生日が明日。

既に様々な準備は終えた。
明日は一緒にお祝い出来る。
それが何よりも嬉しい。
今日は前夜祭ということで、独りで勝手に白ワインを飲んで祝っている。
クリスマス・イヴのようなもの。

昔家族で住んでいたアパートを引き払う夢を見た。
50年経って遂に引き払うのか、と思うと猛烈に淋しい気持ちになった。
実際は、20年程前に取り壊しになっているのに・・・。
何度も言うけれど、夢と現実に大きな違いはない。
そこで発生した感情は、現実での感情と質的に何も違いはない。
つまり、夢も現実も僕たちは同じように生きているということ。
今朝の夢の中で胸を締め付けた淋しさも、僕の人生の一部に間違いない。
そういう意味で、夢も愛おしい。

この時点で独りでワインボトルの3/4を飲んでいる。
ぺこぱのラジオをラジコで聴きながら。
好きな人(モノ)に出会えることが人生における幸せやと思いながら。


[1194] 題名:顎マスク撲滅を切に願う 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/18(月) 20:32

先日来、愛しい人と日本国憲法前文の話になった。
彼女は日本国憲法前文を読んで、<遺書>だと感じたと言っていた。
読んで号泣した、と。
詩的な感想であり、僕は彼女の発言を完全に汲み取っているとは言い難いけれど、分かる気はする。
あれは、大日本帝国の<遺書>なのかもしれへん。

それはそれとして、僕はいろんな意味で日本国憲法前文には興味がある。
2015年上半期の<気になるんや>にも直接民主制と絡めてそのことについて書いた。
今、改めて読んでみると、また違った味を感じる。
ひと言で言うなら、深く、強く、狭い理想について語られている文章やと僕は思う。
1946年の視野と2020年の視野は違う。
僕は、今ならもっと視野を広げることによって、より深く、より強い理想を掲げられると思っている。
そういう意味で僕は改憲論者。
そう書くといつも誤解を招くけれど、僕は自民党や浅薄な保守主義者みたいな改憲論者やない。
つまり、憲法を現実に近づけるための改憲やなく、より明確に理想を追うための改憲こそ必要やと思っている。
でも、ほんまの理想者義者がこの国にどれだけおるかは常に疑問や。
このことについては、いずれまた詳しく書く。

街が紫色に染まっている夢を見た。
それは、コロナウイルスを絶滅させるために、街中の至る所に紫外線を強化した照明が取り付けられているから。
目が覚めてから暫く、それが夢やと気付かへんかった。

それにしても、なんで街中に顎マスクの奴らがおるんやろ。
特に男。
喋る時にわざわざマスクを外し、電話する時にマスクを外し、ただ歩いているだけやのにマスクを外し、顎にマスクを当てている奴ら。
彼らはどういう精神性をしてるんやろ。
相変わらずの同じ言葉で申し訳ないけれど、キチガイ(自分は正常やと思い込んでいる常軌を逸した人間)やとしか思われへん。
ちなみに、日本国憲法前文のことを書こうと過去の<気になるんや>を振り返っていたら、2018年1月28日に<「インフルエンザにマスクを推奨していない」という厚生労働省のアホ>という文章を書いていたことに気付いた。
別に今の状況を想定していた訳やないし、WHOのアホな発言を予見していた訳でもないけど、繋がっている。

さて、2連休。
雨の予想。
全然かまへん。
家でコーヒーを淹れて本を読み、カリンバとギターを練習し、昼寝し、ちょっとだけ作業をする。


[1193] 題名:バウムクーヘンのちょっとしたマイブーム 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/17(日) 15:56

今日やるべきことは午前10時までにほぼ終わった。
朝食と昼食を買いに出て、毛布を含めた洗濯。
その他、普段着けている軍手は熱湯消毒して、手で絞って窓辺に干した。
そして、相変わらずのピラティス式腹筋。

あとは、カリンバの練習をして、昨日寝落ちして観逃したABEMATVトーナメントの劇的な展開を観た。
外では、暇と精力を持て余した子供たちが騒いでいる。
普段とほとんど変わらへん日曜日。

今日書きたいことはふたつ。
ひとつは、広瀬香美のYou−Tubeaチャンネルが凄いということ。
僕は元々彼女には全く興味がなかった。
テクニカルな意味でうたは上手いと思うけれど、僕の気持ちを揺さぶるものは何もなかった。
楽曲にも惹かれるものがなかったし、声も好きなタイプではない。
嫌いという感情もなく、ただただ興味がないミュージシャンやった。
ところが、先日たまたまYou−Tubeのお薦め動画に広瀬香美がどぶろっくの「もしかしてだけど」をうたうというのが出て来ていた。
テクニカルにうたが上手い人がカヴァー曲をうたうのには基本的にうんざりするんやけど、これはどんな風に演ってるんやろと興味をそそられた。
で、結果、一発でハマってもうた。
広瀬香美ってこういう人やったんや、と言うか、こういう人になったんやという驚き。
後で調べたら、僕と全く同い年やった。

電子ピアノの弾き語り。
自分でアレンジしたという「もしかしてだけど」は、どえらくカッコよかったし、自宅での演奏やのに完全にライヴやった。
みなさんも是非観てほしい。
特に、途中で「Yes!」と叫んでいるところが、そのタイミングもその時の演奏も最高やった。

【広瀬香美】どぶろっくさんのもしかしてだけど歌ってみたG【※江口さん大きな二物】
https://www.youtube.com/watch?v=zIOwUz51QGM

同じようにカヴァーしている他の動画も観たけれど、浜崎あゆみやあいみょんの曲に僕は全く惹かれへんかった。
ただ、広瀬香美という人の魅力は他の動画でも伝わって来る。
あと、彼女のもうひとつの公式チャンネルの広瀬香美 Backyard channelでの語りもすごく興味深いものがあった。
同い年やのに、僕とは真逆の子供時代を過ごしていたんやな、と。

【広瀬香美】浜崎あゆみ/Mを歌い終えて…まさかの号泣【今だから言える】
https://www.youtube.com/watch?v=NU-ADzpilBY

もうひとつ書きたいこと。
緊急事態宣言中の今年の4月は、去年に比べて自殺者も交通事故も激減したという。
自殺者が減った原因は、通勤・通学が減ったことによって会社や学校での人間関係のストレスが軽減されたせいやないかと言われている。
勿論、今後経済的理由による自殺者は増えるかもしれへんけれど。
交通事故が減っているのは、個人的な車の利用が減ったからに違いない。

そう考えると、僕たちが行っている経済活動や学校制度というものは、如何に犠牲を払いながら成立しているのかということが分かる。
これは偶然による社会的実験の結果見えて来たもの。
ということは、僕たちはこういう偶然に頼らずにもっと積極的に社会実験を繰り返し、より理想的な社会環境とは何かを模索すべきやということや。
単純に経済活動を優先するか人命を優先するかという選択だけではなく、どういうやり方をすればよりよいバランスが生まれ、どういう新しいやり方や考え方を取り入れれば負担を軽減しながら幸せを感じられるのか。
机上の理論と議論だけで終わらせず、実験現場として社会を捉え直すええ機会やと思う。

まあ、ゆっくり休めた。
明日バイトに行ったら、今度は2連休。
なんとか。


[1192] 題名:緩み 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/16(土) 17:53

終わったよ。
長い闘いやった。
普通に10連勤でもしんどいのに、この時期に神経を使いながらの10連勤は精神的にきつかった。
それが終わり、近所のラーメン屋でつけ麺とビール。
更に本搾りを買って来て、心も体も緩めているところ。

今日の1件目のバイト現場から2件目への移動中、そして2件目からの帰り道、幹線道路がめちゃくちゃ混んでいた。
明らかに仕事とは関係ない自家用車がわんさか。
道路沿いにあるファミリーレストランには、マスクもしてへん家族連れ(小さい子供を含む)が入っていく姿が見えた。
僕が入った中華料理屋では、仕事終わりなのか、昼間から二人で生ビールを飲んでいるオッサンたちの姿。
柏市周辺での出来事。
雨の土曜日、まだ緊急事態宣言中。
緩み切っている人々の姿を目の当たりにした。
愚かさが人間の形をして具現化されていた。

明日は何も考えず、ただただゆっくり休む。
月曜日もまたバイトで、その後は病院の点検が延期になったから2連休。
平日の休みにしておくべきことをやる。


[1191] 題名:カリンバのレパートリーが2曲になった 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/15(金) 22:29

最近は、音楽と言えばほんまにBoney M.しか聴いてへん。
You−Tubeで聴いてるんやけど、申し訳なくてCDを買おうと思っているところ。
今更僕が1枚買ったところで彼らが潤う訳でもないし、ボビー・ファレルはとっくに亡くなっているけれど、気持ちの問題。
他の買い物もある時に、近いうちに。

自分に直接関係のあるニュース。
全国公立文化施設協会という団体が、今後の劇場使用に関する指針を発表した。
これが絶対ではないけれど、今後<公立文化施設>以外の劇場等の使用に関しても基準になる発表やと思う。
その中で特に注目されているのが「(出演者には)表現上困難な場合を除き原則としてマスク着用を求める」という部分。
ある意味で無茶苦茶な要求とも取れるし、ある意味では上手くぼかしたとも取れる。
つまり、「表現上困難な場合」というのが何かを明示してへんところに大きな意味がある。
どんな捉え方でも出来るよね。
僕の勝手な解釈では、発声せえへんオーケストラの楽団員はマスクせなあかんけど、オペラ歌手はマスクせんでええというようなことちゃうかな。
善意に拡大解釈すれば。
ちなみに、調べてみたら、全国公立文化施設の中には上野公園野外ステージも円山野外音楽堂も含まれてへん。
共に公立の施設やけれど、基本的には○○文化会館みたいな施設が中心みたい。
まあ、いずれにせよ、コンサートを開催するには細心の注意が必要やということに変わりはない。

<気になるんや>を更新した。
<自粛警察という言葉のバランス感覚>という題で、本文にも書いたんやけど、<自粛警察>という存在のバランス感覚やなくて、<自粛警察>という言葉(呼び名)のバランス感覚について書いた。
それと、ほんまはちょっと別件やけど、芸能人が政治的発言(正しく言うなら、思想・信条の表明)することを批判する人たちを糾弾した文を加えた。
発言の内容を議論するんやなく、発言することそのものを批判するのはほんまのキチガイ沙汰や。

さて、明日でいよいよ10連勤が終わる。
これでひと息やけれど、明日は現場が2件あるし、雨やという。
なんとか無事に乗り切ろう。


[1190] 題名:コーヒーミルを毎日分解掃除し、毎日組み立てている 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/14(木) 23:42

健康的に眠い。
と言うか、既に寝落ちしていた。
さすがに8連勤目やからか。
日々の作業はそれほど大変やないものの、知らんうちに蓄積しているのか。
酒も飲んでへんのに充分に眠い。
そう、今日はとにかく寝る。
あと2日なんとか。


[1189] 題名:確かに、カリンバの調律は難しい 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/13(水) 19:43

バイトでは、溜まっていた事務仕事を一気に片付けた。
そして、来週予定されていた病院の点検が2件とも延期になった。
そのうちの1件は先々週くらいにコロナ感染者が出ていたから、少し前に延期が決まっていた。
もう1件は今日になって延期が決定した。
ほんまやったら来週も予定がパンパンやったのが、これでバイトは週3回だけになった。
それはそれでええけど、延期になった分の皺寄せが来月とか再来月に来るはず。
まあ、先のことは考えずに、取り敢えず目の前のことを。

今日の東京都の感染者数は10人やという。
ネット上では陽性率のことをとやかく言う人がおるけれど、僕は問題は常に絶対数やと思っている。
だって、症状が出ている人が1人だけで、検査して1人陽性の100%と、症状が出ている人が1000人で、検査して500人陽性の50%やったらどっちがええかは歴然やろ。
それよりも、自宅療養者と入院患者の数が全国で最低でも二桁以下になることが大切やと思う。
それと、ワクチンが出来るまでの出入国禁止は絶対。
どうしても出入国するなら、自費での2週間以上の隔離。
この部分を緩和する意味は全くない。

佐賀優子様、ここでも書かせてもらいますが、消毒液の件はありがとうございます。
3月のフォークジャングルが奇跡的に成立したのも、あの消毒液の存在はかなり大きかったです。

アイスコーヒーはほとんど飲まない派てすが、昔(僕が中高生の頃)神戸に氷を入れた銅のグラスにホットコーヒーを注いでアイスコーヒーにする喫茶店がありました。
初めてそれを体験した時は衝撃でした。
凄く好きで何回か行ったことがあるのですが、いつの間にかお店がなくなっていました。
今は本郷三丁目の「TIES」のコーヒーを理想として、かなり細挽きで豆の量を多くして濃く淹れています。
自分で淹れるコーヒーは格別ですね。

部屋で冷蔵庫を最後に使用したのは多分30年位前です。
冷蔵庫があれば、目薬を冷やせるし、コーヒー豆は保存できるし、缶ビールやチョコレートも冷やしておけるという利点はあるのですが、冷蔵庫が放つ音、振動、いつか粗大ゴミにしなければならない物を持つこと、狭い部屋がより狭くなること等を考えると、どうしても買わない選択になってしまいます。
僕にとって<物の利便性>というのはかなり下位の選択肢なのです。

いつどこで活動を再開するにせよ、決まったら早めに連絡ください。


[1188] 題名:自宅で珈琲なら 名前:佐賀優子 投稿日: 2020/05/13(水) 13:09

細挽きで濃くおとした珈琲で、アイスコーヒーづくりをぜひ試していただきたいです。アイスコーヒーはお店の都合で作り置きすることも多いので、家で作ると贅沢感が手軽に味わえます。
たっぷりの氷で一気にしめると味も水っぽくならず香りもしっかりたって最高ですよ。

と、提案したかったのですが冷蔵庫お持ちでなかったのですね。豆も冷蔵庫だと鮮度が長持ちするので、コンパクトサイズのものでももしお持ちになれば、お試しを。
ちなみに、我が家のカリンバは、曲の演奏より調律ばかり楽しまれております。


[1187] 題名:100年前のアイヌの村の映像を観ていろいろと想う(いつか詳しく書く) 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/12(火) 22:51

バイト帰りに途中下車してラーメンを食べた。
ラーメン屋というより中華料理屋に近い店やけれど、ラーメンも美味かったし、それ以上にセットの半チャーハンが美味かった。
世間様同様、僕も精神的にちょっと余裕が出来て来たということか。

更に、コーヒー豆を買って帰って来た。
先日買ったのとは別のグァテマラの煎り立てを。
それを早速家の新しいコーヒーミルで挽いて淹れてみた。
美味い!
ミルを手回しするのも楽しいし、豆が砕けていく音を聴くのも心地よい。
昼はやや細挽き、夜は極細挽きで淹れてみた。
確かに味が変わる。
そういうのを感じるのも楽しい。

カリンバも上達してきた。
「Scarborough Fair」は自分なりに80%位の完成度になった。
あとはミスタッチを如何に減らせるか。
単純に練習量の問題やな。

東京は暑い日が続いている。
敷布団の上にシーツの代わりに毛布を敷いて寝ていた日々も昨日で終わり。
今日、普通のシーツに交換した。
夏仕様。

10連勤のうちの6連勤が終わった。
明日は事務仕事。
仕事自体は溜まっているけれど、気は楽。
混み始めた通勤電車が気になるだけ。
早起きしたら、歩いて行こう。


[1186] 題名:今思えば、「プロゴルファー猿」からはいろんな影響を受けた 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/11(月) 20:55

僕は基本的にモノを捨てられへん人間やし、食べ物を粗末にするなと教えられて来ているから、御飯を残すようなこともせえへん。
でも、今日、コーヒーの粉を捨てた。

ここに書き込む時、美味いラーメン屋なら店名も記すけれど、不味いラーメン屋は仄めかすことはあっても店名は敢えて書かへん。
それははっきりと意識している。
しかし、今日は敢えて店名(チェーン店名)を書かせてもらう。
カルディのコーヒーが劇的に不味い。

以前も書いたかもしれへんけど、僕が初めてコーヒーの質について意識した(意識させられた)のは、漫画「プロゴルファー猿」。
猿の敵である死神(実は日影)が喫茶店に入る。
死神は店主を呼んで、出されたコーヒーが不味いと告げる。
ブレンドの配合を当てた上で、豆の保存状態が悪く、酸化していて不味くなっていると。
子供の頃(小学4年生くらい)の僕は、それを読んで初めてコーヒーというのが奥深いものやと知った。

あれから40数年。
あの時の死神と同じ感想を持った。
どう考えても、焙煎から日にちが経ち過ぎている豆で、ペーパーの上に乗せた時点で香りが酸っぱい。
ええ意味の酸味やなく、酸化して劣化して酸っぱくなっているだけ。
実際に淹れてみても、缶コーヒーの方がまだマシやと思った。
それは僕の淹れ方の問題やなく、完全に豆の問題。
何故なら、先日来使っていたやなか珈琲の豆で淹れた時はめちゃくちゃ美味しかったから。
値段は1.5倍くらいやなか珈琲の方が高い。
しかし、味は10倍以上違う。
カルディは他の食材はええものもあるのに、なんでこんなにコーヒーは不味いんやろう。
勿体ないと思って、豆の量を増やしてもう一度だけ淹れてみたけれど、不味いものは濃くても薄くても不味い。
これを飲み続けるのは精神的にも肉体的にも悪いと決断して、残りのコーヒー粉は捨てた。
勿論もう2度と買わへん。

そうこうしているうちに、今日コーヒーミルが届いた。
凄く小型のステンレス製(刃はセラミック)のミル。
まだ試してへんけど、挽きたてを淹れるのが今から楽しみ。

バイト帰りの道で、池袋の東急ハンズが開いているのを発見した。
多分今日からやと思う。
入口で検温と手指の消毒をしてから入店。
休業している間に丁度欲しいものがあったら、早速入って買い物をした。
ジェル状の消毒液も売っていた。
ちなみに、今日は別の場所で除菌ティッシュも売っていたし、徐々にいろんなものが回復しつつある。
何度も書くけど、マスクはもう何処にでも売っている。
今日は近所の商店街のラーメン屋の店先でも売っていた(50枚2500円)。
このところ一番品薄やと感じるのが、ポンプ式のハンドソープ。
これはここ1週間くらいどの店でも見掛けへん。
やれやれ資本主義。


[1185] 題名:チャパティーとひよこ豆 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/10(日) 20:27

10連勤はまだ4日目なのに、もう疲れ果てた。
土日休まず働いているという意識のせいか、長い連休の後やからか。
ちょっと思うのは、今年の新入生たちは5月病というのはないんやろうな。
それはそれとして、今はどういう精神状態なんやろ。

今日は久し振りに愛しい人と外で食事をした。
近所のネパール料理屋で。
店内は空いていたけれど、テイクアウトのお客さんは多かった。
恐らく経営としてなんとか成り立っている位は売れている感じに見受けられた。

夜8時過ぎの今の室温が25℃以上ある。
窓を少し開けて、風が入ってきている状態でこの気温。
ほんまの初夏。
紫陽花の花がほんの少し形を作り始めているのを道端で見掛けた。
ええ夏になりますように。


[1184] 題名:ABEMATVトーナメントは名勝負続き 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/09(土) 23:56

今朝かなり早い時間の電車に乗ったのに、結構多の人が乗っていた。
恐らくほとんどの人が仕事に向かうところやったと思う。
一応まだ大型連休中と言われる日々、緊急事態宣言の中、しかも、土曜日やというのに。
僕も同じやけど、みんなよう働くよなぁ。

バイト帰りに油そばを食べた。
流行っている店やったけれど、席もちゃんと離していたし、マスクを着けたまま威勢のええ定員さんもキビキビしていたし、味以上に納得の一食。

明日もバイト。
日々の小さな楽しみ(カリンバの練習や将棋や初めて聴く音楽等々)を糧に、なんとか。


[1183] 題名:Everything's gonna be alright 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/08(金) 22:14

ボブ・マーリーの「No Woman No Cry」をYou−Tubeで検索すると、関連動画としてBoney M.の「No Woman No Cry」が出て来る。
今迄知らんかったけど、1970年代後半から活躍していたグループ。
何気なく観てみたら、それはそれでええ感じ。
しかし、そのことよりも、Boney M.という4人組がめちゃくちゃ気になった。
4人組の黒人グループで、女性3人、男性1人。
その男性というか、おっさんというか、そのコミカルな動きがたまらなくええ。
それで、他の動画も観ているうちに完全にハマってもうた。
メイン・ヴォーカルのリズ・ミッチェルも素晴らしいし、ボビー・ファレル(男性)のダンス、表情、胸毛、全部が笑えてまう。
曲としても「Rivers of Babylon」が最高に好きで、今日だけで10回以上聴いた。
聴いてるだけで、何もかもOKな気がしてくる。
世界には僕が知らんええ音楽がまだまだあるんやな。

明日もバイトが終わってからBoney M.を聴く(と言うか、観る)のを楽しみに。
とにかく暫くは口を糊するために無心で働く。


[1182] 題名:ピリオドが変わった 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/07(木) 23:06

何も終わってへん。
でも、確実にピリオドは変わった。
今が第2ピリオドか第3ピリオドか第4ピリオドかは知らんけど。

関東では昨日、雨と雷。
そして、連休の一旦の終わりと当初予定されていた緊急事態宣言の終わり。
確かに続いているけど、昨日でやはりひとつの時期は終わっていた。

今朝、通勤電車にかなり人が戻っていた。
夕方、何の行列かと思ったら、何故か2軒の散髪屋に人が並んでいた。
同じく夕方、近所のスーパーに50枚3380円+税の不織布マスクが山積みされていたのに、誰も手を伸ばす人がおらんかった(勿論、僕も)。
近所の居酒屋も賑わっていた。
それがええことかどうかやなくて、とにかくピリオドが変わった。
次のピリオドへ移った。
今宵は満月。

バイトを終え、僕は相変わらずカリンバの練習をし、今日はエミルー・ハリスばかりを聴いていた(観ていた)。
若い頃も、熟していった時も、歳を重ねた今(今年73歳)もそれぞれに奇跡のように美しいうたうたい。
過去も現在も同居していて、僕たちはいつも幻を見つめている。


[1181] 題名:「I Shall Be Released」を何度も何度も 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/06(水) 19:40

雨の降り出しが早く、結局ラーメンを食べにも行かず、近所のスーパーのお弁当と相変わらずの和風だしカレーメシで済ませた1日。
和風だしカレーメシがどんどん好きになって来て、今度は蕎麦屋でカレー丼を食べたいと思っている今日この頃。
思い起こせば、昔祖父のうどん屋で出していたカレー丼は美味かったなぁ。

毎日同じような日々で、今日もカリンバの練習とちょっとだけギターの練習と昼寝。
僕の人生においてカリンバという趣味がひとつ増えたのは、現在のこの状況があったから。
悪いことばかりではないということ。

昨日はリズム&ブルースで、今日はフォークソング。
僕の場合、音楽は聴きたい時と全く聴きたくない時が極端に分かれる。
どちらかと言うと、聴きたくない時の方が多い。
僕が聴きたいのは、結局は人の声なんや。
楽器の音が邪魔やと感じることがしばしばある。

最近は気持ちが全くクリエイティブな方向に行かず、だから逆にカリンバの地道な練習に集中できている。
多分心がどこか委縮しているんやと思う。
インプットでもアウトプットでもなく、ただただ反復練習。

さて、この雨がやめば、明日からまたバイトや。


[1180] 題名:うたも人も小綺麗になり過ぎてるんやろう 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/05(火) 20:13

昨日の夜から、ちょっとしたキッカケでリズム&ブルースばかり聴いている。
サム・クックから始まり、ウイルソン・ピケット、オーティス・レディング、サム&デイブ、そしてエタ・ジェイムズ。
彼らのうたは勿論洗練もされてるんやけど、やっぱり人間臭さと振り切ってる部分が魅力的なんやと思う。
エタ・ジェイムズのライヴなんてほんまにええ。
若い頃は若い頃で荒々しくてええし、歳取ってからの味わい深さもええ。
リズム&ブルースとは違うけど、日本でも今のうちに加藤登紀子さんとか山崎ハコさんとかのライヴを観に行くべきやな。
それと同時に、僕のことを誰も知らん街でライヴをしたくなってきた。

今日も今日で、何もせえへん1日。
外出時間は朝の買い物の15分位かな。
午前中は自分好みのエロ動画がないかを探すだけで終わったし、午後はカリンバの練習と昼寝でほぼ終わった。
あとは、リズム&ブルースを聴きながらウイスキーでも飲んで寝るだけ。

いよいよ休みもあと1日。
その後は予定変更がなかったら恐らく10連勤。
日給月給制やから働かなしゃあない。

この状況下で、僕はめちゃくちゃ慎重に、かつ変な事故に巻き込まれへんように生きているけれど、実はある程度楽観もしている。
僕がほんまに気になっているのは実は一点だけで、何度も言うように、防護服を着ていて何故感染を防がれへんかったか。
ケアレスミスなのか、根本的に気付いてへん問題があるのか。
それさえクリアーすれば、院内感染はかなり防げるはず。
院内感染さえ防げれば、全体の状況はかなりよくなるはず。

緊急事態宣言というのは、自粛によって感染を拡大せえへんことと同時に、コロナに関する細部を慎重に正確に精査するために必要な時間としての意味も大きい。
時間稼ぎは無駄やないということを証明するための努力が必要なのであって、専門家会議の提言は当たり前すぎると馬鹿にしている人がおるけれど、それは1,2か月前の当たり前とは違うはず。
それを再確認するという意味で重要やと僕は思う。
僕は全く馬鹿にしてへんし、逆に徹底するのは案外難しいはずやとも思っている。

明日は天気が悪くなる前に昼間に近所へラーメンでも食べに行こうかな。


[1179] 題名:僕が一番苦手なことは、<変わること>やと改めて思い知る 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/04(月) 21:57

朝から雨が降っていたし、久し振りに朝は買い物にも行かず、部屋で相変わらずのカップめし。
普段はほぼ外食で、インスタント食品はほぼ食べへんかったのに生活様式がちょっと変わった。
毎日カップ麺は耐えられへんけど、カップめしならなんとか。

雨が上がった午後、上野公園管理事務所に来月分の会場費の支払いと11月分の会場抽選申し込みに行って来た。
「来月やるの?」という顔をされながら。
もう既に来月の会場はキャンセルも出ているらしいし、毎年恒例の上野観光連盟主催の上野公園野外ステージでの夏まつりも中止が決まったらしい。
確かに、来月末は微妙や。
うたうたいがうたいたいと思う気持ちとお客様が聴きたいと思う気持ちが、この状況の中でどれくらい重なり合うかの問題やと思う。

帰り道、上野から千駄木まで歩いて老舗のお寿司屋さんで穴子寿司をテイクアウト。
更に西日暮里まで歩いて、そこから電車で帰りつつ、愛しい人の家へ。
テイクアウトした寿司と日本酒で夕食。
ちなみに、普段は予約で一杯のそのお寿司屋さんもお客さんが一人もおらんかった。
時間帯もあるんやろうと思いつつ、この連休中にみんなは案外ちゃんと家で過ごしてるのかなぁ。
これまたちなみに、上野公園は散歩やランニングやベンチで寛いでいる人たちがかなり大勢いた。
今や大きな公園は決して穴場やない。

家におる時間のほとんどはカリンバを弾いている。
カリンバを弾いている間は夢中になってすべてを忘れている。
今は「Scarborough Fair」だけを練習している。
これが完成したら、次は「Canon」を練習したい。
そういう小さな目標があるだけで、生きているのが楽しくなる。

あと2日休みがあるのも大きい。
すぐに終わるのは分かっていても。


[1178] 題名:毎日パソコンに向かいながらも、インターネットのない時代の幸せを想う 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/03(日) 22:43

僕の休日は大体午前中だけが充実していて、午後からは惰性。
今日も買い物と洗濯を終えた時点で、まだ午前9時前。
相変わらずのカリンバの練習と読書と昨日の第3回ABEMATVトーナメントの振り返り。
その後、珍しく昼に缶チューハイを飲んで、そのまま長い昼寝。
夜はカリンバの練習の続きをちょっとしただけで、もう眠い。

明日は天気が回復したら上野公園管理事務所へ。
まだどうなるか分からへん6月のフォークジャングルの会場費支払いと11月分の会場抽選の応募。
明日は時間を潰す必要がないから、上野に行ったらそのままも戻って来る予定。

感染の症状が出ていたのに東京から山梨に帰省し、陽性反応が出た後にまた東京に戻って来た女性が大いに批判されている。
それはそれで当然やと思う。
多分その女性の<身勝手さ>が批判されているんやろう。
でも、<身勝手さ>を批判するんやったら、この特定の状況の<身勝手さ>を批判するんやなく、歩きスマホとか自転車スマホとか歩きタバコとかも徹底的に糾弾すべきや。
自分たちの普段の生活の迷惑な<身勝手さ>は棚に上げるのが人間なんやろうな。
勿論、推測する限り、この女性は歩きスマホもするんやろうけどね。


[1177] 題名:チョコレートが溶ける季節 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/02(土) 23:08

勿論、部屋でまったり。
最近コーヒーと共に常備しているチョコレートが溶け始めた。
僕の部屋には冷蔵庫が(冷蔵庫も!)ないから、低温で保存する術がない。
となると、小分けされたチョコレートの包み紙を開いて、溶け始めたやつを舐めることになる。
あと15包位残ってるんやけど、この休みの間にどうなるんやろ。

おにぎりやパンの他の食事では、最近はカップ飯を食べている。
今日初めて和風だしカレーメシを食べてみた。
これはかなり好き。
蕎麦屋のカレー丼に近い感じ。
こういうものでなんとか凌いでいる日々。

ほぼ何もせずにぼんやりと過ごしている。
ちょっとした勉強、僅かな時間の読書、第3回ABEMATVトーナメント、そして、始めたら何故か夢中になるカリンバの練習。
単に練習しているだけやなく、オリジナルの編曲をしながらやから余計に時間がすぐに過ぎるし、楽しくもある。
これはほんまに買うてよかった。

さて、あと4連休。
なるべく少ないリスクで乗り切りたい。
ほんまにそれだけ。


[1176] 題名:安易に「リスペクト」なんて言う奴らを僕は信用してへん 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/05/01(金) 23:49

4連休かと思いきや、今日と明日あるはずのバイトが早く終わって明日も休みになった。
世間様並みの5連休になった。
僕としては全然かまへんのやけれど。

今日のバイト現場のビルの事務所内では、マスクも着けずに事務作業している人たちが何人もおった。
つまり、マスクしている人としてへん人が混在している状態。
都心中の都心で。
僕には全く考えられへん。
自分自身のリスク以上に、周りへのリスクは考えへんのやろうか。
それやったら、仕事を休んだ方が余程ええと思うけど、認識の違いなんやろうか。
何度でも言うけど、本気を出したら(或いは、それ程本気やなくてもその気になったら)、今はマスクは手に入る。
少なくともそれだけでリスク軽減効果は全然違う。
これでは感染者は減らへんし、僕自身も普段どれだけ気を遣っていてもリスクはそこら中に存在している。
虚しくなって、帰って来てから久し振りに缶チューハイを飲んだ。
飲んだからってどうなるものでもないが。

という訳で、5月。
連休中に1度はまた上野公園管理事務所に行かなあかん。
それ以外は遠出することなく、家におるか近所で生活必需品を買うだけ。
晴れたら、部屋の中で日向ぼっこ。


[1175] 題名:ほんの少しだけ勉強も始めた 名前:まっちゃん URL 投稿日: 2020/04/30(木) 23:01

コーヒーを淹れるという日課があるだけで、1日の潤いが違うと感じる今日この頃。
逆に、酒はほとんど飲んでへん。
4連休には流石にちょっと飲もうかなと思いつつ。

先日、10音カリンバが届いて練習してみて、やっぱり本格的なやつが欲しいと思って注文していた17音カリンバが今日届いた。
ボディーもマホガニーで、音も確かに違う気がする。
僕としてはカリンバは高音よりも低温の響きが好きで、何か1曲ちゃんと弾けるように練習する。

夜には藤井聡太のエキシビション・マッチ。
珍しい形の矢倉で、一方的に勝った。
久し振りに藤井聡太の将棋を観られて嬉しかった。

明日と明後日はバイト。
完全に休みモードになっていたから、切り替えな。




Number
Pass


この掲示板をサポートする このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板