草場純さんの研究博物館 掲示板

サイトのちょっとした感想から、紹介されていたゲームをやってみたという報告・感想などお気軽に書き込みください。

草場純さんの研究博物館へ戻る

名前
メールアドレス
タイトル
コメント
URL
写真
編集パスワード
文字色
RSS
昭和18年のばか詰記事  投稿者:磯田征一  投稿日:2017年11月13日 (月) 19時53分  No.30
 
藤村幸三郎著「推理パズル」(1955年、小山書店刊)に、将棋で最初の駒配置から先手後手協力して7手で後手玉を詰ます手順の問題が「ばか詰み」の題で載っています。解答の説明の中に「これは昭和18年に提案した問題」とあります。
わたしは詰将棋の歴史を研究している者で、この昭和18年の提案という内容を知りたいのですが、ネットや国会図書館の蔵書を当たっても見つかりません。
どなたか提案の媒体についてご存知の方がいたら教えていただきたいのでよろしくお願いします。
なお、草場さんとは大昔にご縁がありまして、「なかよし村とゲームの木」のメンバーカード(No.88)と、月刊「芸夢通信」(1982.4創刊号〜1987.12通巻56号)はいまだにもっています。


Number Pass
SYSTEM BY せっかく掲示板