【今日最終日!】Lenovo週末限定クーポンThinkPadを買おう!

記憶のかさブタ掲示板

記憶のかさブタをご覧頂きありがとうございます。
本サイトへの御意見御感想等ございましたら どうぞ。

※スパム並び迷惑行為と思われる書き込みは削除いたします。
御了承下さい。

ホームページへ戻る

Name
Title
Mail
URL
Message
削除キー 項目の保存

このレスは下記の投稿への返信になります。内容が異なる場合はブラウザのバックにて戻ってください

[Name] オバQマン [Title]
[1351]

祝!「魔犬ライナー0011変身せよ」生誕50周年!!

私がこのアニメ映画を知ったのは、アニメ関連本で1972年夏の「東映まんがまつり」が「へんしん大会」と銘打たれ、「0011」の他、「仮面ライダー対じごく大使」「超人バロム1」「変身忍者嵐」「魔法使いチャッピー」「国松さまのお通りだい」と、その大半が変身もので構成されたのを知った時です。それにしてもスゴイ内容、「東宝チャンピオンまつり」でも同時期は「ゴジラ・エビラ・モスラ南海の大決闘」(リバイバル)「ミラーマン」「天才バカボン」「赤胴鈴之助」(アニメ)「かしの木モック」と、変身物は「ミラーマン」だけです。

そして夏休みの土曜朝に放送されたのを拝見しましたが、その内容は「サイボーグ009」そっくり!長男犬のエースは003、次男犬のジャックは006、そして末っ子犬のジョーカーは007と同じ変身能力、そしてジョーカーの声が007と同じ曽我町子でした。だがその後調べてみると、原作が「笹川ひろし」!? 笹川はタツノコの敏腕演出家、まさか商売仇の演出家に…と思ったら、これは笹川が漫画家時代に発表した「魔犬五郎」が原作だったんです。でもほとんどオリジナルでしょう。

拝見しますと、やはり4匹のサイボーグ犬とデビル星人の怪獣メカとの戦いはかなり印象ありましたし、ラスト近くの爆弾勝利はかなりスリルがありました。

でも話は終わっても、ツトム少年の父・林博士はデビル星人に殺されたままで終わってしまい、戦いに勝利したもののツトムにとってはやり切れない結果、なにしろ話の冒頭で、ツトムのクラスメイトに「林博士が学会で敗れた」とからかわれ、テレビ映像でも林博士が宇宙人の事で一笑される有様(科学者ってのはこうだからな。「ガ・キーン」の花月博士にしろ、「ガンガー」の星博士にしろ…)、これじゃ地球軍に「パパのいう事を信じないからこうなるんだ!!」と叫びたくなります。もしもう少し話が続いたら、ツトムとサイボーグ犬たちのその後も見てみたかったです。

そして上映より前、「チャッピー」でも述べた様に、東映動画が「登石新社長の『希望者退職』発表に対し、スタジオロックアウト」になります。こんな中で「チャッピー」「デビルマン」「マジンガーZ」「バビル2世」、そして劇場次作「パンダの大冒険」が制作される事に。思えばこの時期が一番つらい時期だったんですね。

2022/07/16/(Sat) 15:50:28


[Name] 管理人mvunit [Title]
[1354]

オバQマンさん、
今年もいろんな作品が50周年を迎えますが
ライナーも半世紀前ですか。
あれは幼児のころ地元の東映の映画館に
見に行った記憶があるんですが、
さすがに幼すぎて行ったという以上の記憶はなく、
のちによみうりテレビで
オンエアされたのを見てようやく全貌が解った次第。
のちに徳間書店から出た
東映長編動画全集(上下巻)を見ると、
数多ある東映長編動画の中でも
とくにぞんざいな扱いを受けている作品で
スタッフインタビュー頁では
スタッフが他の作品の思い出をさんざん語った挙句
「魔犬ライナーのことを語るべき頁なのですが、
私は思い入れがないのです」と
書かれてしまう始末で
(安寿と厨子王丸と並ぶヒドい扱い)。
山下毅雄さんの音楽は素敵なんですが、
あのオープニングは不気味過ぎませんかね?
当時あれを大スクリーンで見せられた児童らは
どう感じたのやら。

2022/07/21/(Thu) 17:56:59




Number
Pass

レンタカーの回送ドライバー
無料で掲示板を作ろう
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板