無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする
好きな時に好きなだけ働ける
レンタカーの回送ドライバーってこんなお仕事です

名前
MAIL  
URL 
件名  
内容  
アイコン  
/アイコンURL
/
文字の色  
削除キー COOKIE


[2207]SEVEN [ Mail ] [ HOME ] 2008年10月15日 (水) 09時09分
CMアップ


[2208]SEVEN [ Mail ] [ HOME ] 2008年10月15日 (水) 09時19分
worksに!



映画制作サークル輪彩様へKSP学生映画祭のご案内
[2204]入江 聖 [ Mail ] [ HOME ] 2008年10月03日 (金) 18時57分
映画制作サークル輪彩 様

はじめまして、突然の書き込み失礼します。
私は兵庫県立大学4回生の入江聖と申します。

このたび映画制作サークル輪彩様に協力していただいて実現させたいと考えている企画があり、書き込みをさせていただきました。その企画とは関西学生映画祭(仮)というものです。関西とその周辺にある学生の祭典で、学生が制作した映画を映画館で実際に上映して、学生の才能をより多くの人たちに知ってもらおうというものです。

私は映画に興味があり、映画業界に関わることをしたいと考えていました。現在の映画業界で映画入場者数が頭打ちになっている状況を見て、映画館を盛り上げていきたい、これから映画界を盛り上げていく世代の人たちから盛り上げることで人々に映画館へ足を運ぶきっかけをつくりたいと思い考えました。この企画を関西映画界の伝統として続いていくものにしたいと考えております。

角川グループがKSP(Kadokawa Student Partner)という学生とパートナーとなって学生の夢を実現に向けて活動していこうという企画があります。それを活用して角川グループに提案しようと考えています。費用や設備等々の面から見て、この企画は学生だけでは実現できません。そこでKSPで実現していこうと考えたのです。

私の企画は
・映画制作をしている学生の皆さんに作品を提供していただく
・角川グループにシネコンのスクリーンを提供していただく
・私は角川グループと学生の架け橋となる
(上映作品はコンペを行い、映画館で上映する作品を決定するという形を考えています。)
学生、角川グループ、私、この三者がパートナーとなって動く形を考えています。

この企画は映画研究部、映画制作活動している学生が主役です。映画制作サークル輪彩様や他の映画研究部の方々がいて初めて動き出す企画なのです。一緒に関西映画界に歴史を作ってみませんか?

この企画に興味がほんの少しでもある、胸躍る熱い気持ちを感じたら、
ksp_student_eiga_fes@yahoo.co.jp
宛てにメールでご連絡ください。質問も受け付けます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
よろしくお願いします。

兵庫県立大学 経営学部 組織経営得学科
KSP関西メンバー
入江 聖(イリエ スグル)
連絡先:ksp_student_eiga_fes@yahoo.co.jp



ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2009上映作品大募集!
[2203]ショートショート実行委員会 [ Mail ] [ HOME ] 2008年10月01日 (水) 15時08分
突然の告知で失礼致します。不適切の場合、お手数でも削除の方お願い致します。

【クリエイター魂を見せつけろ!
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2009上映作品大募集!】

10周年を迎えた2008年には、映画祭歴史上初の日本人監督グランプリが誕生し、年々ハイクオリティーな激戦を繰り広げているジャパン部門。日本人監督が米国アカデミー賞を受賞する日も近い!!また、「ストップ!温暖化部門」も同時募集。映像の力で、地球温暖化問題に取り組んでいきます。

応募は簡単!ウェブサイト(www.shortshorts.org)より、オンライン応募フォームに必要事項を記入するだけ。

応募締め切り:2008年11月15日(当日消印有効)



【ゲストあり】『メゾン・ド・ヒミコ』上映会
[2200]梅本 [ Mail ] [ HOME ] 2008年09月21日 (日) 18時11分
はじめまして。企画研究の梅本と申します。
突然の書き込み失礼します。
告知をさせていただきます。

このたび立命館大学にて10月30日(木)に
「映画興行における宣伝の実践的研究」の一環として
『メゾン・ド・ヒミコ』の上映会を行います。

監督は現在『グーグーだって猫である』が公開中の犬童一心監督。
出演はオダギリジョー、柴咲コウ、田中泯、西島秀俊など豪華な顔ぶれ。
脚本は『天然コケッコー』『ジョゼと虎と魚たち』の渡辺あや。

2回上映で各回にゲストによるティーチインを行います。
ゲストはアスミック・エース・エンタテインメント株式会社より
今作以外にも『ジョゼと虎と魚たち』『ピンポン』などを手がけ、
次回作に村上春樹原作『ノルウェイの森』を控えた
プロデューサーの小川真司氏を予定しています。


◎料金:前売り500円 当日600円
◎日程:10月30日(木)
◎タイムスケジュール(予定)
一回目 13:00〜15:15
講演  15:15〜15:45
二回目 16:15〜18:30
講演  18:30〜19:00

◎場所:立命館大学 以学館2号ホール


[2205]ヒロ子 [ Mail ] [ HOME ] 2008年10月04日 (土) 03時02分
すっごく行きたいと思う人、知ってますが。。
(あ、言い遅れました。お久し振りです、輪彩の皆さま♪)

仕事で行けないね〜残念ですねー
土日開催ならきっと、電車乗り継いで来たはずです。



最近映画ばっか見てるんですが・・・
[2199]カマレンジャー [ Mail ] [ HOME ] 2008年09月19日 (金) 22時39分
『ヒットマン』観た人いますか?


[2206]ka2 [ Mail ] [ HOME ] 2008年10月08日 (水) 03時18分
ゲームならプレイしましたが・・・



[2196]にぃやん [ Mail ] [ HOME ] 2008年09月17日 (水) 20時59分
旅行の写真UPきぼん


[2198]カマレンジャー [ Mail ] [ HOME ] 2008年09月18日 (木) 19時30分
心で「送る」と決めたとき、すでに行動は終わっている・・・・・・


[2201]Phone-D [ Mail ] [ HOME ] 2008年09月26日 (金) 20時06分
沖縄の写真UPしました。
花火してる最中の写真と美ら海の中の写真がびっくりするほどないけど気にしないでください


[2202]にぃやん [ Mail ] [ HOME ] 2008年09月28日 (日) 20時32分
ぐっじょぶ
みんなゆーれーみたい



「レオン」についての疑問
[2193]ka2 [ Mail ] [ HOME ] 2008年09月15日 (月) 14時21分
一部ネタバレがあるのでまだ見てない人やこれから見るつもりの人は以下読まない方がいいです。







夕べレオンを見てたんですが、ラストのクライマックスのシーン


マチルダを逃がし、警官たちに囲まれた部屋から出るために、レオンは負傷した警官に扮して脱出します。しかし、ほんの少しマスクを取ったその一瞬、タイミング悪くスタンに見つかってしまいレオンは殺されてしまいます。
タイミング悪くスタンに見つかって・・・
ってあれ?

レオンとスタンって顔会わせたことなくね?


なんでスタンはレオンの顔知ってるん?



誰か答えを知ってる人や、「多分これはこーやろ」とかある人は自由に言ってください☆



[2194]ヒロトトロ [ Mail ] [ HOME ] 2008年09月15日 (月) 22時53分
おひさ!
たまたま覗いたらみつけたので。。。

確かねー
スタンがレオンの顔が映ってる写真を見るシーンがあったはず・・・。たぶんね。


[2195]にぃやん [ Mail ] [ HOME ] 2008年09月16日 (火) 22時40分
久しぶりにBBSが動くとうれしいね〜


[2197]カマレンジャー [ Mail ] [ HOME ] 2008年09月18日 (木) 19時29分
そりゃあ、ジャン・レノは見たら一瞬で・・・


[2285]マチルダ夫人 [ Mail ] [ HOME ] 2011年10月26日 (水) 00時43分
やっと見つけたこの話題。
さっき、レオン見てなんか引っかかっていた…
そうなんよね。映像のなかでレオンの顔とか写真を見るシーンはなかった。
推測ですが、スタンがレストラン経営のトニー(殺し屋の元締め)
にイタリア人殺し屋のことを尋ねに言ったときに、痛めつけられて居場所はかされて、無理やり顔写真も見せさせれられたのでは…
と思います。
そうでなきゃ、イカレタ麻薬取締り官も背後から銃でぶっぱなさんやろうね。
何で、この映画でこの辺を描写するシーンが省かれれているかよく分からないです。



第3回TOHOシネマズ学生映画祭のお知らせ
[2192]実行委員・上村 [ Mail ] [ HOME ] 2008年09月11日 (木) 01時34分
■TOHOシネマズ学生映画祭

東宝の映画館、TOHOシネマズが学生の為に贈る「学生による学生の為の映画
祭」
この第3回の実行委員を募集しています。
学生が全て企画し、運営を行っていきます。
通常得る事ができない知識、経験をここで学んでみてはいかがでしょうか?

TOHOシネマズ学生映画祭の説明(第2回での実績)
関東予選・関西予選を経て決勝戦で231作品の中から優秀作品を決定。
優勝賞金50万円等豪華商品。
また業界の著名な方をゲスト審査員として招待し、
来場者アンケートも8割以上の方が満足と評価して頂きました。
学生をターゲットにした映画祭としては稀な全国規模の開催であり、
賞金やゲストも豪華です!!
第3回では更なるパワーアップを目指し、実行委員を募集しています!!


こんな方、募集してます!!
・映画が好きな人
・全国規模のイベントを運営して、みんなで1つのことを達成してみたい人
・映画監督や業界人と交渉して、ゲストに呼んでみたい人
・新たなつながりを求めている人
・ホームページやポスター、映像製作などクリエイティブなことをしてみたい人
・自分の名前を映画館のスクリーンに流してみたい人(映画ファンなら是非!!)
・何か1つでも大学生活で熱中できることをやってみたい人

興味のある方は
担当者・上村(kamichanz@yahoo.co.jp)まで連絡ください。
イベントの詳細と実行委員の説明をさせていただきます。
第2回は少人数でしたが、頑張りました!!結構大変でしたが、熱かったです!!楽しかったです!
皆さんと一緒にお仕事できるのを楽しみにしています!


またイベントの運営ではなくショートフィルムの出品という形でも参加できます。
今年の詳細はまだ決定していないですが、去年は賞金50万円でした!
まだ3回目と歴史は浅いですが、東宝はこの映画祭をいずれプロの登竜門とすべく、
学生のエネルギッシュな作品を募集しています!!
内容はどんなものでも構いません!!
今回募集する部門は2つ!
ショートフィルム部門(15分以内のショートフィルム)
ネットCM部門(1分以内のwebCM)
こちらに興味がある方も上村まで連絡下さればご案内します。
ちなみに、ネットCM部門は1分ですが、賞金も結構破格で割がいいかな〜とは感じます!
皆さんの募集をお待ちしています!!
長々と失礼致しました。

昨年度の様子はこちら>>http://broadband.biglobe.ne.jp/sp_prg_info/index_tohocsff.html



10月11日『アメリカばんざい』上映&トーク
[2191]山崎 [ Mail ] [ HOME ] 2008年09月08日 (月) 00時39分
おはようございます、ピースムービーメント実行委員会の
山崎です。

下記の上映&トークを企画しました。

心の底から、全ての方々にぜひとも見ていただきたい
と思った映画です。

京都では初上映の映画です。

ぜひぜひご参加をお願いします。

(※マガジン9条:雨宮処凛さんの『「生きづらさについて」』と
「アメリカばんざい」の巻も、ご参照ください。)
http://www.magazine9.jp/karin/080730/080730.php 


・・・・以下転送転載大歓迎・・・・・

■上映&トーク
  『アメリカばんざい』上映&トーク
●日 時:2008年10月11日(土)午後6時25分〜9時10分頃(開場6時20分)
・6時25分〜8時25分『アメリカばんざいcrazy as usual』上映
            (2008年/日本/DV/120分 )
     公式HP http://www.america-banzai.com/ 

・8時30分〜中井信介さんのお話
  『アメリカばんざい』の撮影クルーのお一人の中井信介さん
  に、撮影に参加された時のお話や、この映画への思いなどを、
  お話していただきます。 
  
・質疑応答   ・意見交流(予定)
(9時10分頃終了予定)

●会 場:ひと・まち交流館京都 3階 第4・第5会議室
京都市下京区河原町五条下がる東側
案内:http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html
 京阪「五条」駅下車徒歩8分/地下鉄烏丸線「五条」駅下車徒歩10分
 会場TEL:075-354-8711
 
●参加費:1000円

●主催:ピースムービーメント実行委員会
    アムネスティ京都グループ

●お問い合わせ:
TEL:090−2359−9278(松本)
 E-mail:ANC49871@nifty.com(山崎)

※予約制ではありませんので、なるべく早めに直接会場へお越しください。

●映画の紹介
▼公式HPはこちらから
http://www.america-banzai.com/ 

ホンモノのブートキャンプはこれだ! そこはダイエットの場ではない! 正しい兵
士を作る場所!

『アメリカばんざい -crazyas usual-』は、ドキュメンタリー作家の藤本幸久が
“戦争の入口と出口”を追ったドキュメンタリーだ。 2005年に「Marines Go
Home〜辺野古・梅香里・矢臼別』を完成させた藤本は、取材を通じて多くの若いアメ
リカ兵と知り合った。「彼らはどこから来て、なぜ兵士になったのか?」。その疑問を
追い求めるため、2006年7月から2008年4月にかけ、7回にわたって渡米。の
べ200日間に及ぶアメリカでの取材・撮影を繰り返し、本作を完成させた。

2008年3月20日、イラク戦争は開戦5周年を迎えた。そんな中、「イラク戦争NO!」
と声を上げるアメリカ人も増えている。
これまでいずれの戦争でも他国を戦場にしてきたアメリカで、本当の戦争を知ってい
るのは兵士だけである。
イラク開戦時とは異なる今のアメリカの変化を生み出す契機となったのは、現役兵士
や帰還兵、その家族達の命がけの「NO」だ。それ故に、アメリカは新兵獲得に躍起に
なっている。テレビでも映画館でも宅配ピザの箱でも「軍隊に入ろう」のキャッチコピ
ーが踊っている。
そして、その矛先の多くは、貧困層に向けられる。
兵士になる名目は「志願」だが、その実態は格差社会がもたらす「貧困徴兵制」。

軍事大国アメリカの真実の姿は、日本に生きる私たちとも決して無縁ではない。


監督:藤本幸久
インタビュアー:影山あさ子
ナレーション・プロデューサー:小林三四郎
撮影:栗原良介/中井信介
音楽:川端潤
配給:森の映画社/太秦

●中井信介(なかい しんすけ)さんのプロフィール
ビデオ・ジャーナリスト。1967年生まれ。1993年より、フィリピンや「北方
領土」などの民衆の暮らしを取材し、新聞、雑誌、ニュース番組の特集などで報道す
る。1996年、第1回アジアウェーブ賞受賞。
 2004年、フィリピンの米軍演習場跡地に暮らす不発弾被害者を描いたドキュメ
ンタリー映画「クアリ」を制作(2006年、ソウル人権映画祭に出品)。
 近年は、韓国の平澤米軍基地の拡張問題を取材。RKB毎日放送制作「テチュ里の灯
火」撮影。短編ドキュメンタリー「がんばれ! ファンセウル」制作(国際人権教材
奨励事業AWARD2006受賞)。
2007年『アメリカばんざい』の撮影を一部担当されました。

中井信介さんのHP http://homepage3.nifty.com/tewatashipress/

●映画へのコメント
心の傷とは、静かな声で、かろうじて語られるものだ。カメラがそれを受けとめる
クッションになる奇跡の瞬間、地獄の縁をのぞきこむ番が、わたしたちに回ってくる。
(池田香代子・翻訳家)

「戦争」とは、「大学に行きたい」という夢を持った10代の若者に、人を殺させるこ
となのだ。そしてその「貧困による徴兵」は、この国の近い未来の風景と重なるのはわ
たしだけだろうか。(雨宮処凛・作家)

●○────────────────────────○

※スタッフ募集!!
ピースムービーメント実行委員会は、映画を通じて
平和について考えようという趣旨で、個人有志で、
上映会(&講演の時もあり)をこの5年で40作品余り
を企画してきました。
企画・広報スタッフ・当日スタッフを常時大募集しております。
ご協力願える方は、上記問合せ先にご連絡ください。

●○────────────────────────○



劇場用映画メインキャスト募集
[2190]企画主催者 河野  [ Mail ] [ HOME ] 2008年09月02日 (火) 23時03分
突然の書き込み失礼いたします。
劇場用映画企画の主催をしております河野と申します。
私は現在、そのプロジェクトでメインキャストを3人募集しています。
女性主体のプロジェクトですので応募は女性に限らせていただきます。

詳しくは、下記HPをご覧ください。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=projectei

貴重な告知の場をありがとうございました。
管理人様、不適切でしたらお手数で削除をお願いします。







Number Pass


レノボ週末クーポン   掲示板の作り方   CGI改造作成
このページを通報する 管理人へ連絡
SYSTEM BY せっかく掲示板