1436671

夫婦・カップル板


表紙をクリックすると送料無料のアマゾンに飛びます。
書いて下さった感想は広報に使わせていただくことがありますのでご了承下さい。
■■■■■■■■■■

この画像をクリックしてお買い物をしてくださると、モラハラ被害者同盟への 支援金となります。家電、食品、消耗品なんでもかまいません。どんなお買い物でもOKです。ご支援よろしくお願いいたします。

□□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■
管理人のモラハラ離婚体験記「家庭モラル・ハラスメント」詳しくは>>>>こちらまで 母から愛されなかった娘の話「母を棄ててもいいですか?支配する母親、縛られる娘」
詳しくは>>>>こちらまで
モラハラ被害体験本の決定版「夫からのモラル・ハラスメント」まっち〜著
「モラル・ハラスメントのすべて」〜夫の支配から逃れるための実践ガイド〜(講談社:1,512円)←クリックでアマゾンへ

>>>>送料無料の楽天はこちら。在庫あります。
詳しくは>>>>こちらまで

  • ここは基本的に夫から精神的暴力を受けている妻のための【夫婦・カップル板】です。
  • それ以外の内容はパブにお書き下さい。
  • 公序良俗に反する関係の方の書き込みはご遠慮願います。
  • ハンドルは、検索をして同一の方がいないかどうか検索の窓↓に使いたい名前を入れ、チェックしてからつけて下さい。「匿名」というハンドルは使えません。 初めてこのBBSに書き込む方は必ずこちらを読んでから書き込みを始めて下さい。
  • レスポンスへのお礼などは新しいスレッドをたてず、同じスレッドで返信をしてください。
    *お願い* 目が弱い方のために5行に1行程度改行を入れて下さい。
  • 利用上の注意は>>>>こちら 携帯は>>>>こちら

    名前
    タイトル
    本文
    文字色
    削除キー 項目の保存 クッキー:

    このレスは下記の投稿への返信になります。戻る

    No.31920 モラハラを自覚し謝罪と離婚の申し出をしてきた夫への対応 投稿者:来美   投稿日:2017年04月12日 (水) 11時04分 [返信]

    結婚二年半目です。

    ほぼ毎日のように、言葉の暴力があり、結婚三ヶ月目で適応障害になりました。服薬をしながら生活をしていましたが、動悸、パニックなどの姿を見せると、余計に攻撃されるのではという恐怖から、症状が強い時は外出するなどで隠していました。

    ところが先日、夫の言葉で発作的にパニックになり、自殺未遂。警察と救急が来ました。

    夫はその時に、警察から、私の精神状態がかなり危機的であること、その原因が自分の言動にあることの説明を受けたそうです。

    それから1ヶ月、夫の言動から、モラハラが消えました。

    やっと、これで普通の夫婦として暮らしていける、と私の精神状態も落ち着きました。パニックや自傷も止まってきました。

    なのですが、先日、夫から、自分は根本的には変わってない。今が限界で、かなりきつい。自分は人を傷つける人間だから、お前とは一緒にいない方がいい。

    また、お前のことを壊してしまう。だから出ていく。

    と言われました。

    ここで、残ってほしい、とお願いしたら、モラハラが再開するのか、との思いもありましたが、この1ヶ月の生活が今後も続くのであれば、続けたいと伝えました。

    でも、夫は、わたしは、夫と結婚する前の私と比べて、自身もなさそうで、友達も少なくなり、オドオドしている。早く、自分と別れて元に戻るべきだ、と繰り返します。

    離婚は決定事項だ、と。

    モラハラはないものの、話し合いをせず、一方的に結論を出すという考え方が、私を対等なパートナーとみなしていない、という気もします。しかし、同時に、私のことを本気で考えてくれて、身をひこうとしているようにも感じます。

    この1ヶ月の生活が今後も続くのであれば、一緒に暮らしたい、は私の本音です。

    夫とどう会話をしていけば良いのか、わたしは、どうしたら良いのか、賛否両論からアドバイスをいただきたいです。

    No.31921 来美さん 投稿者:まる   投稿日:2017年04月12日 (水) 21時16分

    はじめまして
    モラハラ恋人と別れたまると申します。

    これからどうするか、決めるのは来美さんなので
    参考になればと思い、コメントさせていただきます。

    私とモラ男が付き合っているとき、(皆さん同様)彼ははじめは本当に情熱的で、優しくて、楽しいことばかりでした。
    しかし、それも落ち着き、なんとなくリズムができてきたころ
    「俺はお前に合わせている」と言われました。
    そのときは「えええっ!!!」と驚き、「全然わからない!!」と大爆笑しましたが・・

    そのあと数か月してから「どうしよう、お前を本気で好きになってきた」といわれました
    その時も「どういうこと!?」と頭の中には大きなハテナが生まれたのですが・・・
    後で振り返ると、このときから不機嫌や嫌がらせが始まっていたことに気づきました
    「本気で好きになってきた」宣言は、彼のモラハラスイッチオンだったのだと思います。

    つまり、暴言や嫌がらせをする状態が彼らにとって「普通」
    私たちが楽しく、普通に過ごせる時期は、彼らはかなり「我慢」しているということです。

    この考えは、何度彼を懐かしく思い出しても、「結局嫌がらせが始まるんだわ」ということになり
    恐ろしくて近寄れません。

    なので、来美さんの夫が
    >「自分は根本的には変わってない。今が限界で、かなりきつい。自分は人を傷つける人間だから、お前とは一緒にいない方がいい。」
    と言われたのは、事実だと思います。
    もっと言えば、こういう気持ちを伝え、離婚したいといったのに、来美さんが離婚したくないといえば
    この後、離婚せずに彼のモラハラが再開した場合には
    「俺は変わらないから離婚しようと言ったのに、離婚しなかったのはお前だ」といわれるのではないかと思いました。

    辛いこととは思いますが、彼の来美さんに対する言葉の暴力は、治らない、それを前提にこれからのことを検討された方がよいと思います。




    Number Pass
    管理人へ連絡
    SYSTEM BY せっかく掲示板