無料で掲示板を作ろう  この掲示板をサポートする
2021年の年賀状印刷が安い!
印刷料金60%OFFって本当に安いですか?
2.7倍 印刷料金 比較 こんなに違う!

せっかく掲示板

何か記念に書いてください!

ホームページへ戻る

名前
メール
本文
文字色
ホーム
アイコン 削除キー COOKIE
こちらの関連記事へ返信する場合は上のフォームに書いてください。

No.41 感想専用スレそのに。
NAME:神海

いやっほう! 「い」ステージ解禁だぜ!
ってことで時間取ってまたゆっくり読みました。
私の感想前半、あんぱんさんと東雲遊人さんのターン。


『恋愛雁字搦め』。

あんぱんさんは本当に赤面する姉御が好きだなぁ!
冒頭からお姫様抱っこで堂々と理樹君を運び出すという飛ばしっぷりを発揮してくれる来ヶ谷さんですが、授業サボって早弁な上椅子に縛り付けるってそれ何てプレイ?(落ち着け
来ヶ谷さんとしては極々自然な流れで(縛り付けてる時点で自然じゃない)お弁当の「あーん」イベントをしたかったのでしょう。おそらく初めての手料理、何でもできる来ヶ谷さんではありますが、彼女だって人間ですし、最初は不安ですよね。
まあでも、理樹君はそんな心配少しもしてなかったに違いなく、当然の如くおいしいお弁当を恋人手ずから食べさせてもらえるという嬉し恥ずかしイベントを体験する辺り羨まし……じゃなくて素敵。
何気なくこぼしたひとことから勘違い→ドツボに嵌るという黄金コンボもご馳走様です。というか理樹君、「僕、こんなことされなくても来ヶ谷さんなら…いいよ」ってそれは女の子の台詞だw
内容とタイトルの掛け方もばっちり。此度も砂糖だばだばな甘い話をありがとうございましたー。

『デート』。
ちょっと口調とかに違和感? それはまあさておき。
正しくタイトル通りの話で、理樹君と来ヶ谷さんがゆっくりと一緒の時間を過ごすという内容。ところどころで乙女ちっくな一面を見せる姉御が可愛らしく、映画を見た後手を繋ぎっぱなしにしているなんて、もう、二人並んでくっついてる姿を想像したらうっすら頬が緩んでしまいますよ。
で、今回はテーマが『初リトバスSS』ということもあり、スタンスを変えて指摘みたいなものも。
前述の違和感もそうなんですが、全体的に「あれ?」と思う箇所がありました。これは個人的な捉え方との齟齬でもあるんですが、語尾の口調や溜め息の描写など、もう少し気を配ればさらに良くなるのではないかと。
技巧的な面で言えば、削れる部分と足りない部分のバランスが取れてないかも。言葉の意味の重複などはよく読み返せばたぶん見えてくると思います。上に着てる上着、とか、そういう部分ですね。表現する言葉は、多く知ってれば知ってるほど読者に違和感を抱かせず済みますので。
もうひとつだけ、これは別にあまり気にせずともいいんですが、行の終わりに句点(。)が欲しいかな、と。読んでいると勢いが途切れてしまうのですよ。もっとも、表現の手段として否定しているわけではないですから、あくまで参考程度に。
最後に誤字を一個、終盤の理樹君の台詞「あれ? 恭介、健吾と真人は?」。
変換間違いで謙吾が健吾になってるです。

空気読んでない感じで大変申し訳ないですが、ついでに上から見てる感じでホントすみませんが、なるべく穏当な言い方を選んだ上で少しでも良いものを書いていただきたい、という気持ちを持っての言葉です。挫けず頑張ってほしいなぁ、と。
続きは明日、後半二本を。

2007年11月22日 (木) 14時53分


No.43
NAME:ごす

いやっほ〜ぅ! ry

姉御はSだと思う。いや絶対Sだ。誰がなんと言おうとSだ。だから縛り付けても良いんだ (w
そして赤面なんて、なんて萌え過ぐる・・・

健吾はオレの友達です。(違


 オラもなんか描きたくなってきたぞい。

2007年11月22日 (木) 22時16分


No.44
NAME:研修生

最初に、あんぱん様
ゆ・い・こ のすべてに作品うpするんですか?すごいがんばってますね
しかし、今回もまたエロいw
前回のような露骨なエロさではなく、ところどころに散りばめられた、ポイントを絞ったエロ
なんでこんなにエロエロ連呼せにゃならんのだw
いやぁ、でもやっぱり姉御はかわいいですねっ!
ぐっどえっち!漢達にエロの栄光あれ!

東雲さん
ほのラブですね
私の中では理樹と姉御は付き合うけれど、離れてしまう。みたいな内容で出来上がってしまったので「デート」のような作品は新鮮です
ごちそうさまでしたっ(←なにか違うw

しゅーろうさん
真人切ないw
しかし、リトルバスターズ!内でも公認で、親でも公認とは・・・やはり姉御ハッピーシナリオは斬新です
しかし、姉御が少し弱かった気がします
姉御といえば向かうところ敵なし!ですねw
こんなこと言ったら断罪される・・・

ロップイヤーさん
早速で失礼ですが長いですねw
首と腰が疲れましたw
引用部分を読み終え、葉留佳が出てきたときはビックリしましたね
そして「でも・・・唯ねえは何が残るかな」では鳥肌が立ちました
考え直せば姉御にはなにもない・・・それを悲しいと思う感情さえも
でも、理樹といると、みんなといるとやはり感情というものがあるのだと実感できる
それが一番の幸せかと思いました

2007年11月22日 (木) 22時25分


No.47
NAME:神主あんぱん

「い」ステージの感想。
「い」のテーマは新人。まあようは新たなリトバスSS作家の発掘みたいな。そんなのをイメージしました。まあテーマがあるのなんて今回だけだろうかと思いますが。
あーちなみに自分がいる理由は深く考えないでくださいw まあ常に新人の気持ちをってことです(ぇ

あと全部の紹介文考えるの大変でした。気に入っていただけるとありがたいです。

>東雲遊人さん
見ててほのぼのしました。こういう雰囲気は好きです。俺の書く理樹はつい唯湖をいじめてしまいますし、唯湖もつい誘い受けをしてしまうので、そういった感じがない恋愛SSってのはある意味新鮮でしたw

>しゅーろうさん
いろんな意味で惜しいなあと感じました。
唯湖母、これがかなりいい存在。もっと動かしてよかったかと。母親に対してはたじたじな唯湖とか見ていて良かったです。
てか唯湖母ってネタは俺も使ってもいいですかと個人的には言いたいですw

>ロップイヤーさん
うーん、正直中の本編である部分は省略した言葉とかで短くまとめてほしかったです。引用で苦労した努力はすごいとは思いますが、自分の言葉で書いてほしかったというのが本音。引用ってやりすぎちゃダメなんです。
引用していない部分とかかなりいい感じだったのでなおさら。現実世界で残ったものの部分とかかなりいいと思いました、この部分は見ててくるものがありましたし。そのあとのラブラブっぷりとかも大好きです。

2007年11月23日 (金) 05時45分


No.48
NAME:神海

ちょっと遅めの時間ですが後半行きます。


『公認された外泊』。

初書きとのことですが、これなら充分過ぎるくらいかと。キャラクターの把握もしっかりできてますし、個人的にはさほど違和感を感じませんでした。って最近こればっかり言ってる気がするなぁ……。
クリスマス後、ひょんなことから来ヶ谷さんの母君と会うことになった理樹君。意外にエキセントリックな性格のお母様に認められ、晴れて理樹君は来ヶ谷さんの公認彼氏になったのでした、という感じで、ところどころ可愛らしい仕草も垣間見ることが出来、プロット的にかなり魅力的だと思います。
ただ、その反面全体的な描写が少ないためか、シチュエーションを羅列しているだけに見えてしまうのは大変惜しい。例えば電車で移動している間、ドキドキ感を募らせる理樹君の心情や、それを察してからかう来ヶ谷さん、なんていうワンシーンを入れるだけでもかなりメリハリが付くんじゃないかなと。
また、一行毎の文章量が短いからか、どうしても散文的な印象を受けてしまいます。長けりゃいいってものでもないんですが(私なんかいい例)、前述の描写不足も加味し、もう少し細かくキャラや状況の動きを書いてみると目に見えて良くなると思いますよ。
東雲さんの方でも言いましたが、言葉の意味の重複もちょっと気になります。例えば冒頭、二行続けて頭に「昨日の」と付ける必要はないですよね。そんな感じで削れるところは削っちゃえばさらに洗練されるかと。
最後、誤字報告。
「付き合っていることをメンバーの女の子達は大体知っているが真人と謙語、恭介は知らないみたい」で、謙吾が謙語に。
「すぐに電機を消して寝ることにした」は、電気が電機に。
……しっかし謙吾はよく変換間違い起こるなぁw


『僕と彼女、私と彼』。

はるちんの言葉が個人的にはすごいツボで、こう、優しいけれど切ない決断にちょっぴり胸きゅん。来ヶ谷さんとの会話も微妙に初々しいらぶらぶっぷりが可愛らしく、その辺り十二分に堪能させていただきました。
ですが、あんぱんさんが仰ってる通り、引用の量は正直多過ぎるように思えます。テキストの半分以上ともなると、もうどっちが本体かわからないレベル。
再構成物なんかを書いてるとわかるんですが、原作の引用は当然ながら少ない方がいいんですよ。もし件のシーンを回想するにしても、例えば一行使うだけとか、抽象的な表現をするとか、もっと他にやり方があったはず。妄想具現化を主とするSS書きたる者、自分の文章で勝負しなければならないのです。
……とまあ、かなりきつい言い方になってしまってますけど、だって本当に惜しいんですもの。きっちり書けばきっと素敵なものが書ける資質を備えているように見えるので、余計に。
できれば次は、最後まで自分の力でお書きになったものを読んでみたいです。これに挫けずふぁいとっ。

2007年11月23日 (金) 22時52分


No.49
NAME:sou^

よし、次のステージに進む前に感想を。

>あんぱんさん
SSから唯ねぇ大好きなことがよく伝わります。
理樹君に花を持たせると、唯ねぇの魅力が引き立つ引き立つ
そして唯ねぇのお弁当からいい香りが…食べたい

>東雲遊人さん
タイトルどおりデート。それを短く、良い雰囲気でよかったです
唯ねぇと理樹君の組み合わせでも普通のデートですね(失礼
ただ、もう少しだけ掘り下げて欲しかったかなーと思いました

>しゅーろうさん
唯ねぇ母登場!その時点でおぎおぎでしたよ
さらにお母さんに違和感がないですね
アレな展開にならない理樹君が…理樹君すごいよ

>ロップイヤーさん
はるちんだ、はるちんが来た。空気読むはるちんも実にアリです。
はっ、唯ねぇだった唯ねぇ。
恋心が残ったのか曖昧でしたが、理樹君だと良い解釈に。
そして最後のらぶらぶっぷりがまぶしいです。

固有名詞多すぎでしたね。
また感想のレベルに達してないようですがこれにて失礼しますっ。

2007年11月23日 (金) 23時20分


No.50
NAME:東雲遊人

感想ありがとうございます、皆さん

えと、文章の違和感は自分も皆さんの作品を読んで、あれって感じました。そのためにご迷惑を幾人にもかけたと思います。
一部足りない部分とかもあったと思いますが、気づいてる方は気づいてそうですね。完全なミスですね。
どうもすみませんでしたm(_ _)m

文章量を抑えてどれだけ甘い感じで仕上がるか、という事を考えていました。甘く感じられたら良しなんで、良かったと思うところがあります
でわ、これで……
その、感想が出来ないので、すみませんが、皆さんのちょこちょこと読んでます。どれも楽しませてもらってますので、どうこうというのは自分からは無いですから。
感想書くのが下手ですみません。ただ、皆さんの作品、楽しませてもらってますので、本当に
でわ、これで〜

2007年11月24日 (土) 00時17分


No.54
NAME:NELUO

>>恋愛雁字搦め

うわあ申し訳ない、見事なまでに「あーんネタ」被りしちゃってますね、自分の作品・・・あんぱんさんが自ら方向ずらしてくれたのが幸いでしょうかw
それにしても『根本的な部分では理樹に負けちゃう唯湖』が本当に好きなのがよくわかりますってこれソーセージのときも書いた気が・・・。
とにかくこの唯湖はとてもニヤニヤしながら眺められる作品でしたっ。お疲れ様ですー。

>>デート

う〜む、こういうほのラブ系は心温まるものがありますね。初々しいカップルを見ているようで何とも微笑ましいものです。実際唯湖は理樹と付き合い始めたら結構純情系になんじゃないかなーと自分も思ってたりします。
後気になった点について少しだけ。もうすでに↑のほうでおっしゃってる方もおられますが、読んでいて「ん?」と思うような箇所がいくつかありますね。場面の転換が唐突なのが個人的には一番気になったかなぁと。転換前にワンクッションいれるともう少し自然に描けると思いました。

>>公認された外泊

まず初めに・・・謙語!?謙吾ですよっとKYにも誤字指摘をば。
いやーまさか唯湖ママを登場させてくれるとは、良い意味で期待を裏切ってくれました。原作で設定上登場するのみのキャラって描くのが難しいんですよね、何しろイメージがまるでつかめないですから。それをこの親にしてこの子有り、みたいな感じでうまく母親描いたなぁと思います。個人的にコスプレショーを詳細に書いてくれるとすごくうれしかったです。

>>僕と彼女、私と彼

うむう・・・やはり自分もこの引用の多さはどうしても気になってしまいますね・・・作者様自身の文章自体は決して悪くないだけに少しもったいない感じがしました。
ただ個人的に大好きなはるちんがものすごく空気読んで大活躍だったのはうれしい誤算っ!唯湖も初心な感じで可愛いなぁ・・・。

なんか何人かの方には微妙にアドバイスめいたこと言っちゃってますが自分自身初心者なので、あくまで読み手として感じたものを率直に書いてみたと思ってくださいまし。俺もうまくなりたいなぁ・・・。

2007年11月24日 (土) 10時02分


No.56
NAME:しゅーろう

まずは皆さん感想ありがとうございます

……やはり誤字が一番目立ってますね……
もっと注意しないと……
う〜ん、後はもう少し動かしても良かったというのもなるほどと思いました

まあ、何にしてもとても勉強になりました
次書くときはもっと頑張りたいです



あんぱんさんへ 母ネタ使っちゃって下さいって言うのが本音ですね 僕よりもうまく動かせると思うので

2007年11月24日 (土) 16時06分


No.58
NAME:marlhollo

続いて『い』ステージの感想も書くぜ!

>恋愛雁字搦め

連投な上、祭りの運営……まずはあんぱんさん、お疲れ様です!
縄で雁字搦めにされるとか何と言う非常識……なはずなのに、姉御がやるとあら不思議。『まぁ姉御だから』と思ってしまいます。
それにしても、あんぱんさんの姉御は本当に可愛いなぁ!
そしてやっぱり最後には攻める理樹もなかなかw
今回はエロよりはあまあまって感じですかね?思う存分ニヤニヤさせてもらいました!

>デート
非常にほんわかしたSSで、ニヤニヤというよりは和むSSだなぁと個人的に思いながら読んでいました。
こういうゆったりしたSSは私は大好きですので、非常に楽しく読ませてもらいました。
誤字や句点等の指摘に関しては他の方々がやってくれるでしょうから、私は特に言う事はないですが。
1つ言うとすれば、場面転換にはもう少し気を配った方がいいかもです。
まぁNELUOさんと被りますが、個人的にそこが一番気になりました。
もう少し前でも後ろでもいいので、今回でいえばデート当日になったという描写を組み込めば良かったかもしれません。

>公認された外泊

まさか母親が出てくるとは……外泊とはそっちの事だったか!と吃驚です。
初書きという事ですが、これだけ書ければ凄いと個人的には思います!面白かったです。
ただ、短編でオリジナルキャラを出すのは少し厳しかったかもしれません。まぁ来ヶ谷の母親はオリキャラといえるかどうかは微妙ですが…。
読み終わった後に思ったのは、母親のキャラがあまり立っていない印象を受けました。着せ替えをやっていましたが…。
母親がメインではないので良いんですが、タイトルになぞらえるなら、外泊に関する理樹の心情なんかを掘り下げても良かったでしょう。
…と、何だか偉そうで真にすみませんです。

>僕と彼女、私と彼

うーむ……やはり皆様同様、引用が気になりました。
短編とはいえこれだけの容量、そして半分近く…それ以上が引用となると、読み手としても「あれ?」となってしまうのは必然かと思います。
葉留佳を姉御の一番の親友とし、終盤葉留佳がキーとして出てくる辺りは非常に良かったです。
もっと引用をコンパクトにまとめて、自分の文章に比重を置けば、物凄く素晴らしい作品になったと思います。
そういう意味で、『惜しいな』と本当に思ってしまいました。




今回偉そうな事ばっか言ってて本当申し訳なく、『お前がそんなん言える立場かっ』と言われたらそうではないのですが…。
皆様題材は本当に素晴らしい物ばかりで、書く文章も初書きとは思えぬクオリティの方ばかりだったので、ついつい『あぁしたら、こうしたら…』と思ってしまうのです…すいません。
私のはどっかのおっさんの独り言と思い、他の方々のアドバイスをしかと受け止めて、これからも頑張ってください。期待しています!
というか、一緒に頑張っていきまっしょい!

それでは、『い』ステージの皆様、お疲れ様でした!

2007年11月24日 (土) 19時32分


No.59
NAME:ぴえろ

・あんぱんさん
言いたいことは神海さんが言ってるので、短いです。orz
あんぱんさんはアーンが好きだなぁ。
そんなにアーンさせたいのかい?文脈に出まくってるぜ!
理樹の縛り方はもしかして、亀甲ですか?(;゚∀゚)=3ハァハァ 姉御ならやりかねないなw
実はこの後、更に目隠しして(ry 理樹はホントMっ気ありすぎだw

・東雲遊人
神海さんと同じこと言って何ですが、自分も句点はあった方がいいなぁ。
読点は使ってるのに、句点がないのは違和感。
うむむ、もちっと波があってもいいかなぁと思いました。
そしたら、ほのラブじゃなくなるわけですが(^^;

・しゅーろう
東雲遊人さんにも言ったのですが、句点はあった方がいいかと。
う〜む、理樹の性格からして、男衆に知らせてないのは違和感があるかと。
鈴の時も知らせてますし、姉御END後なら当然知ってるでしょう。
何だか結果論が目立つ気がします。
見てる側にしたら、クリスマスパーティや姉御と両親の関係復活の“最中”が見たいのでは?
ふむふむ、理樹が姉御の両親に会いに行くと。これはお父さんとの対決が楽しみ――って、お父さんいねぇ!?
お父さんと理樹を対決させた方が面白い気が……あ、それだとほのラブじゃなくてギャグになるか。(^^;
そう言えば、両親って、日本とアメリカ、どっちにいるか言ってましたっけ?
んー、全体的にあっさりし過ぎな感じがするなぁ。どこで魅せたかったのかちょっと分かりづらかったです。


・ロップイヤーさん
『僕と彼女、私と彼』の感想です。
うーむ、やっぱり「・・・」が気になってしまう。
実はこれ中黒が三つ続いてるだけで、三点リーダですらないんですよ。(^^;
三点リーダは「…」にして欲しかったかなぁ。まぁ、作法上は「……」で二つで一セットなんですが。
後、異常に数が多いです。大半が「・・・」だと精神的トラウマが蘇ってきました。((((;゜Д゜)))
(ロップイヤーさんには全く関係ないことですが、一度自分の作品の文章が全部この『・』になったので)
まぁ、自分のことはどうでもいいとして、数減らした方が確実に良いです。

「僕の」
     小さな恋が始まっていく。
「私の」        

とかは良い演出してるなぁと思いました。もうちょっと助走距離あれば、破壊力増したことでしょう。

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・

で沈黙を表してますが、これはゲームなら気にならない(クリック動作があるので)んですが、SSの時は不要です。
後、原作から抽出したシーンがありますが……それが悪いわけじゃないんです。ただ、ちょっと自分はくどく感じました。
白状すれば、かなりスクロールして飛ばしました。この辺りは、ばっさりカットした方が内容が充実するんじゃないかと。
で、どこからがロップイヤーさんの文章なのかなとまた遡りました。(~~;
もしくは、丸っきり全部コピーするんじゃなくて、アレンジを加えれば良かったんじゃないかと。
例えば、原作の理樹視点で進んでいる所を、姉御にするとか。

「い」のステージ。テーマは新人とのことで、何やら批評的なことばかり言ってしまいました。
申し訳ないんですが、一応経験者なんで色々引っかかる所がありましたので……。
うーん、何回見ても偉そうな感想(というか批評?)に見えるなぁ。手厳しいこと言って申し訳ないです。
でもまぁ、**作の出来=作者のポテンシャルってわけじゃないですので、頑張ってほしいです。

2007年11月24日 (土) 19時35分


No.61
NAME:かみかみ

 取りあえず「い」の二人から

・恋愛雁字搦め
 実を言うとあんぱんさんの作品って、今回の祭で読むのが初めてなんですけど、「そういう人なんだなぁっ・・・」て言うのがなんとなく分かった(意味フ
 恋愛要素を用いて料理する幅が広いというんでしょうか。とにかく可愛く、忠実に魅せてくれるのが巧いんですよね(*´∀`*)
 以前のチャットでもSSは愛のなせる業とか仰ってましたが、なるほど、確かに見事に体現していると(・∀・)ニヤニヤしながら美味しく戴かせて頂きました。

・デート
 SS初めて書いてこのレベルなら、あとはどう自分の文章を研鑽するかでしょうね。自分もSSはそんなに書いてないので人のことは言えませんが(汗、とにかくSSは自分が何を書きたいのかという明確な目的と意思があれば、伸びるのは早いと思います。
 東雲さんの書きたい物、こうやりたいという流れと趣旨は明確なので、それを読者にどう読ませていくのかを意識し始めれば勝ったも同然です。
上記の感想書いた方達がいうように甘い点は結構あると思いますけど、むしろ一作目から超怒級の作品とか出す方が異常ですから(笑
 皆さんの指摘している部分を修正して、次に向けて頑張れば問題無し。“継続は力なり”なのです。

2007年11月24日 (土) 20時33分


No.63
NAME:REI

 遅くなりましたが、感想いきますー。

・あんぱんさん「恋愛雁字搦め」

 あんぱんさんは本当に姉御が好きなんですねぇ〜。もう、あんぱんさんの「愛」がひしひしと伝わってくるようですw
 一番好きなキャラが智代で姉御は二番目なのが信じられないくらいです(めっさ智代に失礼
 リキ君の物理的な雁字搦めと姉御の精神的な雁字搦めをいい感じにかけたオチも美味しく頂きました〜。

・東雲さん「デート」
 よいほのらぶSSでした。
 姉御とリキ君のカップリングでありながらリキ君が弄られたり、弄り返したりというのがないのは珍しいなぁと思いながらも、こんな終始ほのらぶな雰囲気の姉御もアリだと思いましたねー。
 ともあれ、お疲れ様です!

・しゅーろうさん「公認された外泊」
 姉御母の登場に全私がオギオギした!
 登場や挨拶を見る限りキャラ立ちが無難すぎるなぁと思いましたが、次の瞬間にはリキ君コスプレショーで強引に納得させられましたw ゴチです♪
 思ったんですけど、何で皆さんリキ君を狼さんにしないんでしょうね?? はぁ…←エロ馬鹿

・ロップレイヤーさん「僕と彼女、私と彼」
 色々な意味で惜しいっ! 思わず唸ってしまう作品でした。
 姉御に残るもの、姉御とはるちんの関係に突っ込んだその着眼点と発想は素晴らしいものがありますね。今までなかっただけあり、GJでした。
 初々しい姉御もいいよねっ♪

 さて、「い」ステージのテーマは初リトバスSSということで(約1名違いますがw)、皆さんお疲れ様でした。
 リトバスSSを書いて発表する事を通して多くのことを学べたと思います。
 私も作品を本格的に発表するのはこのリトバスが初めてのようなものなので偉そうなことは言えませんが、他の皆さんの応援に応えるべく、これからも一緒にがんばっていきましょうっ!
 ではー。

2007年11月24日 (土) 23時54分


No.71
NAME:っておい!?

いや、ようやく読み終えました・・・遅れてしまって申し訳ないです。
もう最近忙しくて・・・あ、どうでもいいですね。

>あんぱんさん
さすが唯湖を語らせたら右に出るものがいないというあんぱんさん!!そしてみんなもいってるように赤くなる姉御が大好きなんですねぇ。SS筋にでてますよ?

そしてあまーい!!さすがあまあまに定評のあるあんぱんさん・・・甘すぎて・・・もう俺が赤面しちゃいましたヨ!!(キモイ)
とにかくお疲れ様でした!!

>東雲さん
ほのぼのした!!理樹と姉御にほのぼのした!!(絶望ティーチャー風)。ハイ。失礼しました。
まあ文の違和感や健吾?に関しては皆さん言ってるので省略して・・・

とても和みましたヨ〜。まあせっかく尾行してたんだから恭介たちに何かしてほしかったというのが個人的願望ですが・・・楽しませてもらいました!!

お疲れ様です!!

>しゅーろうさん
なるほど!!母を出してきましたか!!その発想にはやられたなぁ・・・。そして割と普通の母かと思ったら、最後に姉御母らしいところ見せましたね。

こ、これが初書きだって!?俺の初作品消してこようかなぁ・・・ってくらいうまいですよ!!まぁ確かに淡々としすぎてる感はありましたが・・・普通に楽しめました!!

お疲れ様でした!!

>ロップイヤーさん
これは正統派シリアスですね。他の人があまあまだったんで新鮮でした。確かに引用が多いですが・・・そこは皆さんが言ってるので割愛。

はるちんか!!そこではるちんか!?いや、やられましたね・・・そう来たか!!みたいな。その辺の展開をみてると普通にうまいと思います。俺は楽しめましたよ!!

お疲れ様でした!!


2007年11月30日 (金) 22時23分


No.76
NAME:DILM

まだまだ追いつけてないぜ。感想いきます。
あと、アドバイスとかは既に皆さんが言ってるので割愛。


・恋愛雁字搦め

大体はメッセで言った通りなんですが、読み返してみて、姉御は理樹の疑問に「それはな、理樹君をおいしく頂くためだよ」という赤頭巾ネタの流れでいたのか、と思いました。けど理樹のヒロインぶりに敗北とw


・デート

なんとも珍しい平和でラブラブな作品ですね。姉御が映画を見てそこから影響を受けていたのが印象的でした。姉御が、そういった創作物に心を動かされるように変わったというのが、あの世界での最も大きな変化だったんだなあと。


・公認された外泊

手紙はいいですね。温かみがあります。ただ連絡手段とするのではなく、心の交流という意味合いでは、直筆の手紙が一番です。
唯湖母は、やはり一筋縄ではいかない性格のようで、掘り下げていくと色々出てきそうですね。


・僕と彼女、私と彼

姉御の一番の友達が葉留佳であることは同意です。一番色々意見が言えそうですしね。
個人的に、あの世界で姉御が手に入れたのは心だと思うわけですが、その下地自体はゲーム開始時点で出来ているんですよね。現実世界でのリトルバスターズとの交流が大切だったからこそ、姉御も理樹と鈴のための世界を構築する要素になりえたのですから。
となると、姉御シナリオではその心が『恋心』という形で花開くわけです。けれど、特殊な結末をたどったために、育った『心』が残ることがなかったりしたわけですが、そうなると仲間の幸せを願わずにはいられないんですね。
それをいう役が葉留佳ってのがやはりにくいです。葉留佳は、シナリオで最も理樹に依存していた描写があり、そこから脱却したキャラなので、姉御の一番の友達ということを除いてもふさわしいキャラだと思います。

2007年12月03日 (月) 23時39分


Number
Pass